Mavic良いですよね!コンパクトに畳んでダッセーけどショルダーバッグに入って飛行は安定してて、放送レベルの映像が得られる。
スクリーンショット 2018-08-24 10.05.07

 私も「空撮機買うならMavic」と推しまくっています。へんな空撮ドローン買うより断然良いです!w

 そんなMavic、Mavic Proですと14万円くらい、Mavic 2 Proですと20万円、Mavic 2 Zoomですと16万円くらい、Mavic Airですと10万円くらい?

 今回はそんなMavicシリーズにも負けないくらいの映像性能を持ったお値打ちなドローンが近日登場するという事でいくつかご紹介しようかと。

 まずはこいつ。
・Autel EVO



 スペックは全てMavicProを超えています。付属コントローラはMavicの場合はLCDでしたがEVOはFPVモニター。ちょっとした空撮なら別にスマホをセットしなくても良いという手軽さ!
 文句なしでしょうな映像も、YouTubeで充分確認できますね。
 国内販売の予定等は入ってきていませんが、ここまでのスペックとなれば、黙っちゃ居ないんじゃないですかねー。期待して待ちましょう。

・Parrot ANAFI



 こちらはMavicには未だできていない「機体上部方向の撮影」も可能です。それと、なんといっても「出し入れ簡単」も魅力と言っておきます。機体のセットアップがMavicよりもカンタン。4K HDRの品質は誰もが満足できるレベルだと思います。
 既に国内販売中。

・GDU O2


 コントローラーも含めコンパクトに畳んで持ち運べるフォールダブルドローン。4Kです。レビューでは結構安定して飛び、映像もバッチリ。正面への衝突回避機構も備わっています。スマホアプリで自動操縦を行うインターフェイスがユニーク。こういう機能を駆使して遊ぶのも一興ですかね。
 国内販売予定は今の所無いそうです。

・Hubsan ZINO


 値段を思えば異常とも思える性能です。4K。アクティブトラックなどももちろん実装。ほんのり嬉しいところは既にローカライズされている最近のHubsanアプリがそのまま使用できるところ?予算的にMavicは無理という方もZINOなら買えるって方は少なく無いと思います。


 ここからはMavicよりも明らかに性能は劣るけれども、コスパ的に納得いただけるかも知れないドローンを。
・Xiaomi FiMI A3



 1080pなのが残念? ジンバルカメラは良い仕事しているっぽいです。低価格路線を貫くXiaomiの新作なのですが、こちらフォールダブルではありません。モニターがコントローラーに内蔵されており、本体とプロポという最低限の組み合わせでも楽しめるところも、「アリ」なのかなーと。

・SJRC F11



 世界最速レビューがまさかのベトナムw 何言ってんだかさっぱりわからないですし、残念にも実際期待に保存されたであろうSDカード内の映像は上がっておりません。ですが、ジンバルはちゃんと仕事しているみたいで、FPV映像を見る限りでは結構ブレてますね。PVではカチッと映像とれてますが(フェイク確定!?w)。

 余談。
 なにも新製品じゃなくてもコスパが高いものはあります。
・Parrot Bebop2 FPV


 ただいまセール中だからってのもあるんでしょうけど、たった31,500円でFPVセット購入可能!w
 もちろん普通に空撮機としての使用も可能ですからねー。飛行時間もBebopよりかなり長かったんじゃなかったでしたっけ。

 とまぁ、ざっくりと紹介だけしましたが、今の所私は、空撮やりたいならMavic 2 Zoomを、予算が厳しいならHubsan ZINOというのがこのジャンルでのイチオシですかねー。ZINOの日本市場投入はもう少し先の事になるのですが、やはり航空法規制対象ですから、ここはトラブル回避も兼ねてちゃんと技適とって飛行許可を得ておけるタイプのものを選びたいですね。