これはこれで。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_94e
・KINGKONG/LDARC ET V2 ET100 ET125 Micro FPV レーシング ドローン F3+OSD FC(V2)+4in1 ESC 12A BLHelis PNP(DSM2 RX2A PRO AC900(S-FHSS+D16)受信機付き)
 「V2」なわけですが、V1といいましょうか、旧版の事を私は知りません。一応、大きく異なるところとしては、OSD搭載とESCが上がったところ?
hr3673_4
 こうして比較されると、レーシングドローンも日進月歩なのを実感します。

 ちょっと前ならありがたかったはずな「電源プラグがJST」なのも、最近ではXT30が私の2Sバッテリーの大半をしめています。これ、付け替えられる人は先んじて付け替えていても良いかも!?
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_80c
 本製品はPNPもしくはBNFなわけですが、FUTABA派な方にも嬉しいのが「AC900」というレシーバー。FrskyとSFHSS両対応です(同時にバインドできるというものではないのでご注意を)。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_813

 また例によって、バインドボタンを押しながらの通電。スイッチ付きオスメスプラグなカマセアイテム(?)が欲しい今日この頃です。

 VTxチャンネルの変更は下の写真。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_812
 こちらはキャノピーを外さずに行えるので、チャンネル変更もさほど億劫に思えないはず!?

 LDARCの十八番(オハコ)、キャリングケースに全部入りなパッケージ。何気にありがたいです^^
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_810

 中身はキャノピー系多め。何気にレンズ角度が違うものだったりもして。プロペラも多いですね。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_80f

 動画はこちら。


 私の記事を楽しみに読まれている方はすでに2S Whoopなりにも手を伸ばしちゃってる方は多数いらっしゃると思います。ET100V2はそれら2SWhoopとは少し違った手応えだと思います。
 時々、2S WhoopにもブザーやLEDがあったらいいなという声が聞かれます。ET100V2はブザーもLEDも備わってますので、もしも、そういった装備面を重視したい考えの方がいらっしゃるのであれば、ET100V2はいい具合に気に入られるんじゃないかと思います。

 パワーを重視したいのであれば、ET115や、3Sに手を出して良いと思います。

 ちょっと不思議なのはET115ではFPVゴーグルにOSDが映ってたのに録画された画像にはOSDが残っておらず、ET100V2はOSDも録画されてる事。OSDはオペレーティング時には無いよりあった方が良いと思いますが、空撮映像には別に要らないと思ってます。