結構みかけますねー! ヘリモンフレーム^^
yclWesqsTee9FS+Ph%saoQ_thumb_881

 悲しいかな、iMovieにもFinalcut Pro Xにも、Motionにも、手ぶれ補正機能はあっても、広角レンズで撮影した映像をより自然にみせるための歪み補正機能は見当たらないんですよね。

 そこで、使うのが…

・Filmora

スクリーンショット 2018-11-14 7.05.12

 私だけ?w YouTubeで再生始めようとするとやたらFilmoraの広告が出るんですがw
 で、アクションカメラの補正機能をつかいます。
・アクションカメラで撮影した動画を簡単に編集する方法

 Filmoraは無料でダウンロードでき、試用することができます。ただ、無料版は書き出された映像にスタンプが入るそうです。また、アクションカメラ編集での書き出しは10回まで、だったかな?いちおう高機能な動画編集アプリですので、動作確認ができたらとっとと買っちゃいましょうw
 8千円くらい、だったでしょうか。

Filmoraを起動し「アクションカメラツール」をクリックです。
スクリーンショット 2018-11-13 22.18.33

 RunCam Split 2で撮影した動画をドラッグドロップもしくは「インポート」で読み込み、カメラの種類と解像度を指定して書き出せばOK、なのですが、RunCamのプロファイルはありません。私はGoProをあてがいましたが、正直どれがジャストなのかはわかってませんw
スクリーンショット 2018-11-13 22.18.01
 指定したらエクスポート。

 あとは、使い慣れた動画編集アプリで編集します。そのままFilmora使えばよいものの、私ってiMovieにすっかり慣れてしまって…汗

 まだ1度しか飛ばしてないので映像ネタがなくて申し訳ないのですが、とりあえず「こんな風にみえるようになるよ」って事で。

 これでオンナノコズが誰でも作れるようになる!?w
 あとは「腕」と「センス」ですね><

 まーDJIを数年飛ばされているだけのスキルじゃとうてい無理でしょう><
 私もいい加減AIRモードに慣れなきゃ><
 BETA75Xは、もちろんSTABモードでも飛ばせますが、ジャイロ効いちゃうと移動時のジャイロ補正が如実に出ますね。

 総額で数万円のソリューションですが、ゴーグルやプロポは使いまわせますし、機体も撮影専用とこだわらず、飛ばして楽しむ、FPVして楽しむのも一興だと思います。これがそこいらの空撮機とは大きく異なるところでしょうかねー

参考記事:フルハイビジョン75mmフープの映像です。