いつもカメラを壊してしまう私。果たして今回は…!

0_dc6d8c31-8694-47c0-bfdb-269a54124a39_1024x1024@2x
 BETAFPV75X。2Sフープの代表格でしょうね。Banggoodでも取り扱うのかと思ってたのですが、どうも消えてしまった様子。もしかしたらEachineから来る!?

 衝動買いしてしまって全然レビューせぬまま。ホントごめんなさい><
 まーすでにYouTubeやFacebookの該当コミュニティではどんすかその飛びっぷり出てますから、そっちでご確認くださいw

 で、私はといいますと、RunCam Split 2が届いてました。
・ RunCam Split Mini 2 FOV 130 Degree 1080P/60fps HD Recording & WDR FPV Camera NTSC/PAL Switchable
スクリーンショット 2018-11-12 22.06.41
 以前のバージョンでは二枚基盤構成だったのが一枚になり、フルハイビジョン60fpsの撮影も可能なFPVカメラ。もちろんFPV映像は480pっていうかアナログ放送なんですけど、私の感想は「ハイビジョン放送をブラウン管テレビで観たらきっとこんなんだろうなー」ってなくらい綺麗です!

 このところコンディションに恵まれず、ちょっと夜の古民家ステージで映像を確認したんですが、昨今のAIOカメラって中途半端に蛍光灯とかの明るさだと、画面がチラついたりするじゃないですか。RunCam Split 2はそれがないです。正直、それだけでも私は「買い」だと思いますw

 75mmダクトフレームなBETAFPV 75X。普通に乗っけるのにも苦労しそうだなと思ってたら、mixi:ドローン友の会で興味深いものを紹介いただきました。

・ご予約専用 Beta75X 2S Whoop Frame & RunCam Split Mini 2 用 Camera Mount [VTF]
スクリーンショット 2018-11-12 22.13.50
 なんとBETAFPV Beta75X 2SにRunCam Split 2をマウントさせるためのもの。3Dプリンターで印刷されたものです。

 構成は基盤をマウントさせるためのパーツ、カメラマウント2種類。カメラマウントはロープロファイル(今回私が挑んだもの)タイプと、フロントに立てるタイプの2種類でした。
 そしてその写真を撮り忘れている私orz

 まずはBeta75Xの分解ですね。
 キャノピーを外すと3Dプリントされたカメラマウントが。ネジは流用するので取っておいてくださいね。しかしカメラマウントの印刷荒い><
T%DpnBBeT6ua9ECldizScQ_thumb_886

 カメラマウント、カメラを外した図。
wi8pvv6tRciBjedTwMKETg_thumb_877

 そう、カメラのVTxって基盤とピン接合なんですね。差し込むだけでセットできるので、分解が楽〜♪

 では、AIOカメラに注目してみましょう。
 なんとも勝手の良さそうなカメラですね。カメラ部とVTx部は3つの線で繋がっており、写真でいいますと、奥からVideo、GND、5Vの順です。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_87b

 基盤を熱し過ぎぬようきをつけつつ、ハンダで熱しながら、基盤から線を抜きます。3秒ルール(基盤にハンダゴテをあてる時間は3秒まで)でなんとか成功した、と思います。
WXQJk0NSSXacQqaXF5pejA_thumb_887

 RunCam Split 2に付属のケーブル、RunCamの基盤にさす方とは反対の方をカットして、BETAFPVのVTxに付けます。

 確認をかねて、どっちがどっちかは一度Split2の基盤に挿して確認しておいても良いかも。
J9ano+CsQFi+HTpIPeMMtg_thumb_87d

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_873

 ※私はプラグのところ数ミリ残してしまいましたが、これ、もっと長くないとかなり苦労します。多分、プラグの根元ギリギリでカットしてなんとかなるかなーってところです。

 VTxの下ごしらえができたところで、恐怖。RunCam Splitに手をつけます。まずは、基盤とひっついてるカメラを一旦外します。基盤側のところ、薄っぺらい何かで慎重にこじるとケーブル取れます。力余ってちぎったりしないように。私は大抵ここで失敗する、んじゃないでしょうか。SQ12の悪夢が頭をよぎります。

 RunCam Split 2のフラットケーブルそのものは割と丈夫に出来ている感触があります。や、もちろんちぎったりしませんよ><
 取り外せたら、ヘリモンマウントの足の間にケーブルをくぐらせておきましょう。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_87a

 で、細かくて大変なのはこの先、フラットケーブルをRunCam基盤にとりつけ、金属プレートをあてて、RunCam付属の6角ネジでヘリモンマウントにねじ込んでとめます。これがまー厳しい厳しいw

 私は先走ってカメラをカメラマウントに固定してしまったのでさらに苦労しています。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_87e

 ちなみにヘリモンマウントには取り付けマニュアル等がありません。ただ袋に造形された3つのパーツが入っているだけ。あ、もちろん飴ちゃんも付属しますw

 BETAFPVのVTxをFCにぶっ挿して取り付けます。基盤に半田付けしたプラグは外に向けて出しておきましょう。
 あとはヘリモンマウントをネジで固定すればOK。概ねOK。
 hnJR8VoZSZGCe5937PZQQw_thumb_87c

 カメラをカメラマウントに固定したら完成。UNADJUSTEDNONRAW_thumb_874

 重心がかなり前にいっちゃってますが、ダクトが映りこまなくてグッドです。でも、ぶつかった時は真っ先にカメラがご臨終するだろうなと、飛ばす前からビクビクしています。

 横から見てわかりますでしょうか。ケーブルがカツカツです><
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_86c

 何かの弾みでちぎれなきゃ良いんですけどね。
 反対側にSDカードスロットがあるのですが、足が邪魔なので取り付け・取り外しに苦労しそうです。ヘリモンマウントの素材が柔軟性のあるものなので、なんとかなるかも!?

 斜め後ろからためてみた。6角ネジをしめるための道具が欲しいw 指とピンセットで回して今の状態になってましが、ゆるくて何かの弾みで無くしそうです><
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_875

 上からみた図。
yclWesqsTee9FS+Ph%saoQ_thumb_881

 ヘリモンのマウントのてっぺん、「HELIMON」そしてなんかモンスターw 結構かっこいいですよね^^

 そう、今回はカメラをお釈迦にすることなく、組み替え成功です^^
 ばっちり映ってるもんねー!w
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_872

 FHD映像の塩梅を確認したかったのですが、SDカードが一枚も手元になく、フライトレビューはまた後日です。明日SDカード買っておきます><

 どれを買うか、参考までにこちら。
・SDメモリーカードの選び方
 Class10でUHSスピードクラス3がよろしいようで。果たしてこちらのようなクソ田舎でもちゃんと正当な価格で売られているでしょうかw


 で、映像は記録しません(できません)でしたが、ちょろっと古民家ステージで飛ばしてみました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_876

 少し「重さ」を感じる飛びです。ですが然程問題視するほどの重さでは無い気がします。とにかくFPVであっても映像が綺麗です!前にも述べましたがハイビジョンをアナログテレビでみている感じ。蛍光灯の下で画面がチラチラするあの現象はみられませんでした^^

 多分SPCMAKER K1と同様、
通電と同時に録画スタート
だと思います。

 ですので、フライトと撮影を終えた時は、RunCam Splits 2の録画ボタンを押して録画を停止させてください。そうしないと折角のフルハイビジョン動画が消え失せてしまいます。

 今回も、カメラ配線がわからず、mixi:ドローン友の会メンバーの方々にお助けいただきました^^;

 最近いつもおんぶにだっこでごめんなさい><