実はイロイロありまして。

・ FrSky Taranis X-LITE 2.4GHz ACCST 16CH RC Transmitter Red Black for RC Racing Drone - Red
スクリーンショット 2018-10-22 17.33.03
 発売が決まった時、実は別のショップから来るはずが、一向に送ってこないのでもうBanggoodで買っちゃいましたw

 既に購入され愛用されている方も多いかと思います。私はこれを手にするまではTaranis Q X7がメインだったのですが、こうも中華フープクラスタな日々を過ごすようになってますと、「ドローンがちっこいのにプロポがでっかいのは、やっぱ嵩張るし」という思いが。

 や、別にまたJumper T8SGに戻ったり、最近ちょいと話題なJumper T12(ブラックバージョン)という選択肢もあるんですが、私のSNSのTLでTaranis X Liteが好評のようでしたので><w

 発注から到着まで、気長に待ってましたが、今回はシンガポール→東京→愛知→のと というたらい回し気味な送られ方。住所間違えたかなーとか、少しハラハラもしましたが無事到着。その間の「予習」は怠ったまま(これがかなりの命取りになってしまいましたw)。

 まず、開封してみて「ヤバっ!」ってなったのがそう!

 バッテリーが同封されていない

のでした><
 mixi:ドローン友の会に早速質問。なにせ乾電池の空輸は制限がかけられていますし、失敗したくない私、今回はAmazonでのおすすめを教えてもらう事にしました。
 即座にレスポンスが帰ってきて、おすすめのバッテリーはこちらでした。

 私はこの類の乾電池って全然扱ってなかったので、充電器もオススメを教えていただきました。

 乾電池での注意点は「プラスのへそ」が出ていないタイプじゃないと入らない可能性があるらしいです。「んだよその不統一性!w」と思いつつも届いたものはちゃんとヘソの無いタイプで一安心。早速充電です。
 デジタルなタコメーターが男心をくすぐるんですよ!カッケー!w
IMG_0316

 で、充電すませつつ、マニュアルを読みつつ。

 とりあえずもう一つ「ヤバっ!」ってなった事。

 デフォルトは両方が中立状態

 MODE1な人にもMODE2な人にも対応という事でしょうか。それともこれからの時代、高度維持なレーシングドローンが来るぞって事なのでしょうか(私はそれは無いと思っていますがw)。そんなワケで、左スロットル・MODE2な私は左の上下をバネ無し状態にしなければなりません。
 Taranis X Liteの後ろ側には右レバー用・左レバー用の調整ネジが。2.0六角レンチで調整するのですが、深く穴が空いているのと、六角ボルトの頭が見えているのと、左右それぞれ2種類あります。
 左スロットルをブラブラにするには、深く穴が空いている方に付属のネジをねじ込みます。
IMG_0308
 私がつかってるこのドライバー。頭が交換できるからと重宝してたりもするのですが、こういう奥に深いネジを締めるのには不向き過ぎでしたorz
 今度長いやつ買ってきます。

 ネジをこんな状態にセットし、これも2.0六角なので締めて行きます。
IMG_0309

 で、締め切った感があるのですが、これで正解なのだろうか…。
IMG_0310

 確かにスロットルはブラブラになりましたが、本当にブラブラで、例えばスロットルを上に振り切って手を離すとスティックの重さで下に下がります。まー操縦時は指を離さないのでこれで良いのかな?

 そしてさらにもう一つ「ヤバっ!」ってのが!!!

 アンテナが付属しない

 えーっ!?アンテナついてこないのーっ!?w
 ってなりましたよw
IMG_0312

 という事はアンテナをチョイスすれば、通信距離とか良くなるかも!?
 必要なアンテナは、『RP-SMA メス(Female)』です。Banggoodではこちらがそうみたい。
・5dBi RC Drone Transmitter Antenna RP-SMA Connector for FrSky Taranis X-LITE
スクリーンショット 2018-10-22 17.22.57
 これ、5dBiですけど、例えば巷には8dBiとか12dBiとかのWi-Fi アンテナなんて売ってます。それでも良いのかしら。

 とりあえず、RP-SMA メスアンテナがあったので、付けてみましたがダセーw
IMG_0314

 バッテリーボックスは左右の「先端」をひねって開けます。右手側は内側に、左手側は外側にひねります。つまりは反時計回り。
IMG_0317

 バッテリーは奥にプラス。
IMG_0318

 それでは起動!
IMG_0321
※この画面の前に「OPEN-TX」のロゴも出ます。

ってやっぱり出ますか「THROTTLE WARNING」!
IMG_0323
 長いネジをねじ込んで左スティックのバネを封印しているのですが、なんと言いましょうか、「下に下ろしたらら下ろしたまま、上に上げたらあげたまま」になるのではなく、スティックの重さに負けてほんのり動くんですよ。
(何かコツとかあったら教えてください>< これが普通というのならそれもよし)

 で、なんの設定もしていないので、「FAILSAFE WARNING」も発動。何かボタンなり押せば消えます。
IMG_0324

 さーて、何から登録してまいりましょうかねー^^
 手に持った感じはとても良いです。親指持ちでも乳首持ちでもイケそう。最初スティックの振れ幅が小さいのが気になりましたが、Mavicとか飛ばしている身としてはこれくらいの方が違和感少ないかもって思いました。
 多分コレ、マイクロFPVドローンのスタンダードとして、しばらくの間君臨するのでは無いでしょうか。ちょっとあるとありがたい的なパーツも続々登場していますし、追加モジュールアダプターなんてのも出揃って参りました。
 多分そろそろ「TinyWhoopと一緒に収められるキャリングバッグ」なんてのも多種出るんじゃないでしょうか。

 そろそろ今回の締めくくり。

・バッテリー+充電器の環境を用意しておきましょう。
・RP-SMA メスコネクターなアンテナを用意しておきましょう。
・2.0mm 六角ドライバー(奥まで届く長いやつ)を用意しておきましょう。
・TFカードは無いよりあった方が良い(4Gで充分!?)。

 それでは動画撮影を進めてまいります。サクッとレビュー公開までもうしばらくお待ちくださいね。
 待ちきれない方は買っちゃいましょうwww