もうね、月並み感(だがそこがいい!?w)

 かつては私、「Wi-Fiで良いからカメラはワイドレンズにして!」とか「GPS来る!」とか「オプティカルフローはローコスト安全性能の要」とか言っちゃってましたが、いざ製品が出揃ってくるとこれまた微妙に不満が。
 DJI Mavic Proなんか持っちゃったからですかねー。
スクリーンショット 2018-08-24 10.05.07

 最近になって久々にそういったジャンルに目をむけると、「Training Drone」なんて表現がされていたりするんですね。そう、要は本格的なドローンを頻繁に飛ばして訓練・練習していると、やっぱクラッシュさせてしまったり、ロストしてしまったりとかあるんだと思います。1台十数万円とかするドローンをぶっ壊したりしたらもう立ち直れませんから。そういうのがホイホイ買えるご身分になりたい…w

 「訓練」となれば、それはそれで選択肢が生まれると思います。より実機(この場合、例えばPhantomとかMavicとか)に近い操作性や性能を持った、実機よりも断然安いトイドローン(中にはもうトイとは呼ばない方が良いものも!?)と、純粋に操縦スキルを上げるためのトイドローンと。
 私の経験則ですと、FPVがこなせるようになって来て、一気に空撮が楽になったというか、思い通りに飛ばせている手応えを感じる様になりましたので、レーシングドローンを飛ばして楽しむというドローンとの向き合い方は外せないと思っています。ですが、いきなりはどうも初心者には厳しいかも。大事なのは継続する事とモチベーションを保つ事。飛ばせないものを悶々と飛ばそうと頑張っていてもつまらなくなる事になると思いますし、トレーニングドローンの存在もないがしろには出来ないのかなーって。

 トレーニングドローンは、高度維持はもちろん、GPS若しくはオプティカルフローなど、自律飛行型と言いましょうか、とりあえず手放しでホバリングさせられるドローンを呼ぶ事にしましょうか。さらに低価格なトイドローンで高度維持のみ搭載しているものも多数ありますが、私的にはあれほどつまらんものは無いと思っています。

 初体験者がまず行き詰まるのは確かにスロットル操作で、それを高度維持でフォローしてくれるというのはありがたいと思います。ですが、スロットル操作なんて、1日こんつめて飛ばしていればそこそこ体が覚えてくれますから。でも初体験者が求めるところって、自分で飛ばしているという実感でもあるんですよね。高度維持って高さはキープしてくれますが、目を離している間に明後日の方向へと飛んでいきますから、「考える」余裕が無いんです。その点、自律飛行するトイドローンであれば、手を離せばとどまっていてくれるわけですし、対面だの、8の字だの、ゆっくり考えながら行えるってもんです。そう考えられる様になりました。

 というわけで、今回は「自律飛行するトイドローン」を紹介です。前置き長い。

 自律飛行には大きく分けて今の所2つのアプローチがあると考えています。
・高度維持とGPS
 主に屋外向けのソリューション。衛星からの信号を受信して位置を学習しますので、お外じゃないとその機能は発揮できませんのでご注意を。また、一口にGPSと申しましても、デュアルGPS(グロナスとの併用)ですとさらに精度もアップしてより安定する傾向にあるようです。

・高度維持とオプティカルフロー
 主に屋内向けのソリューション。機体の底部に下向きにカメラがついており、瞬時に画像解析して機体の位置を学習する仕組み。このカメラの解像度とアルゴリズムによって精度に差が出ているみたいです。

 また、高度維持についても性能差がありまして、単純に気圧センサーによるもの、気圧センサー+赤外線センサー、気圧センサー+超音波センサーという仕分けができると思います。赤外線センサーも超音波センサーも、地面に対しての離距離(高度)が多くなりますと機能出来なくなります。地上1.5〜2メートルまでは超音波センサーや赤外線センサー、それ以上の高度では気圧センサーで制御というのが多そうです。高度維持付きトイドローンの場合は、この気圧センサー「のみ」なものが当たり前に多いので、地上スレスレとか、1〜2mとかではふわふわしてしまうんですよ。また機体が軽いがために風の影響も受けやすく、上昇しつづけたり高度下がってしまったりとか。これがいただけない><

 ですが重さがあると、航空法の対象機体となってしまいますので、痛し痒しなんでしょうね。

 さ、そんなこんなを踏まえながら、トレーニングドローンとして持ってても良さげなトイドローンを紹介してまいりましょう!

 まずは、高度維持+オプティカルフロー。
・JDRC JD-X34F WIFI FPV With 2MP Dual Camera Optical Flow Positioning Foldable RC Drone Quadcopter RTF
スクリーンショット 2018-10-02 17.37.17
 2MPで撮影と0.3Mでオプティカルフローをこなすトイドローン。PVの空撮映像は盛りだと思って良いと思います。

 ビジュアルトラッキングもあり、オートフォローミーやジェスチャーによる写真撮影もサポートしています。手動でのカメラチルトも可能。真下の写真撮影はOF用のカメラを利用して行います。
 3.7V 650mAhリポバッテリーで飛行時間は7〜9分。
 重さは110g。


・JJRC H59 Ferry WIFI FPV APP Control With 1080P HD Camera Altitude Hold Mode RC Drone Quadcopter RTF
スクリーンショット 2018-10-02 17.46.27
 結構小さなタイプですが、カメラが1080pという凄さ!プロペラが覆われた形状ですので、室内でも安心して飛ばせると思います。ナニゲに7.4V 500mAh。飛行時間は5〜6分です。カメラも90度範囲で手動チルト可能です。コントローラーは付属していないと思います。スマホによる操縦。


・SG900 WiFi FPV Foldable Drone With Double 720P HD Camera Optical Flow Positioning RC Quadcopter RTF
スクリーンショット 2018-10-02 17.52.33
 ジェスチャーコントロール搭載。ビジュアルトラッキングもサポート。バッテリーの容量で種類が異なります。買うなら2200mAhが良いと思います。720pカメラは手動チルト可能。最大飛行時間22分。重さはギリギリ199.8g。


・DJI Ryze Tello Drone RTF with 5MP HD Camera 720P WiFi FPV GameSir T1s Bluetooth Remote Control
スクリーンショット 2018-10-02 18.04.03
 オプティカルフローものでいえばやっぱりTelloは外せないでしょう。今の所このクラスで画像の傾き補正までついているものはまだ有りません。こちらのセットは最初からコントローラー(Bluetooth接続)が付いてきますので、今から買うならこのセットの方が楽しめると思います。より安定したリモートを得るために、Wi-Fiエクステンダーは買っていて損は無いと思います。


 いずれの機種もカメラ映像についてはWi-Fi依存かと思われます。720p 24fps、フリーズ有りとなってしまいますので、割り切り感は否めません。何かの間違いでSDカード保存も対応しているモデルがあったら、ぜひお教えいただければと思います。また、最近ではSQ12などの軽量小型な1080pカメラや、RunCam Split mini、Caddx Turtlesなんていうものもあります。10g程度ですので、工夫すれば搭載させる事も可能かと思います。留意点としては5V稼働ですので、3.7Vなトイドローンですと、ステップアップレギュレータなどで安定電圧供給が求められるかもしれません。


 つづいて、高度維持+GPS。
・JJRC X7 SMART Double GPS 5G WiFi with 1080P Gimbal Camera 25mins Flight Time RC Drone Quadcopter RTF
スクリーンショット 2018-10-02 18.14.05
 まず残念ながら航空法規制対象です。480g。しかしジンバル搭載1080p、7.6V 2600mAhで25分間もの飛行が可能。ブラシレスモーター。ダブルGPS。リモート距離も500〜800mとトイドローンとはもう言えないスペックです。それでいて本当にこのお値段なのかはまだ発売前ですので><


・SJRC Z5 5G Wifi FPV With 1080P Camera Double GPS Dynamic Follow RC Drone Quadcopter
スクリーンショット 2018-10-02 18.19.00
 デュアルGPS。1080pカメラ。ブラシモーターですが1020とパワーはありそうです。7.4V 1200mAhで14分の飛行が可能。こちらも残念ながら重さ242g。そう、アメリカの基準では対象外なんですよねー。つまり、高性能なドローンは199gでは厳しいんですよね。50gの差によるマイナス経済効果の責任を総務省に取らせたいw
 なお、こちらのモデルはさらに高性能なブラシレスバージョンもあります。

・SJRC F11 GPS 5G Wifi FPV With 1080P Camera 25mins Flight Time Brushless Selfie RC Drone Quadcopter
スクリーンショット 2018-10-02 18.24.12
 重さ490g。うう。


・AOSENMA CG033 1KM WiFi FPV w/ HD 1080P Gimbal Camera GPS Brushless Foldable RC Drone Quadcopter RTF
スクリーンショット 2018-10-02 18.28.30
 各種グレードがありますが、ジンバルカメラやリモート性能を思えばサーボジンバル&1Km FPVに手を出したくなりますね。350g。ぐぬぬ。


・SG900-S GPS WiFi FPV 720P/1080P HD Camera 10mins Flight Time Foldable RC Drone Quadcopter RTF
スクリーンショット 2018-10-02 18.31.55
 先に紹介したSG900のGPS版です。重さ199.8g。外飛ばし用と中飛ばし用とそれぞれ使い分けて持つという作戦もありですね。



・VISUO XS812 GPS 5G WiFi FPV w/ 2MP/5MP HD Camera 15mins Flight Time Foldable RC Drone Quadcopter RTF
スクリーンショット 2018-10-02 18.35.40
 VISUOの新型はGPS付きだったりします。他にもminiなんてのも出てますね。1080pでも映像はガクガクw ね?割り切りが必要なの、わかりますでしょうか。VISUO製品はトレーニングドローンとしてのニーズを把握していますよね。予備バッテリー付きセットを最初から用意しています。これ結構大事ですよ。



・C-Fly DREAM GPS WIFI FPV With 2-Axis Gimbal 1080P HD Camera Optical Flow RC Drone Quadcotper RTF
スクリーンショット 2018-10-02 18.41.13
 もうこの形は何をオマージュしているのかバレバレなんですが、お値段は半分くらいになってます。ちゃんとジンバルも付いての1080pで、トレーニングドローンとしてというより、まんま空撮ドローンとして活用したくなるところでもあるのですが、重さ248g。ぐぬぬー!


 んな感じでGPSで高性能を狙うと、どうしても重さの壁にぶち当たります。Hubsan H216AはブラシモーターでU199なので、今の所H216Aやそれらの類似品を探す方が無難なのかもしれません。


 最後にダークホースなドローンを。
・HighGreat Mark VIO Positioning 4K WIFI FPV With 13MP Camera Foldable RC Drone Quadcopter
スクリーンショット 2018-10-02 18.49.45
 GPSでもOFでも無いこちらのドローン、VIOという新しい考え方で飛びます。カメラ映像解析によるAI飛行とでも言いましょうか。そして重さがジャスト200g。1g削れば…ごくり。カメラも4Kを搭載しており、映像品質にも期待が持てます。ただし、スマホによる操縦ですのでリモート距離は期待出来ないとおもいつつ4500mとカタログ値。発売されて結構経っているはずなのですが、レビューが投稿されていないところが不安要素です。









 下手なセルフィードローンを買うよりMarkで十分じゃないかと思えますが、果たしてどんなものか。


 紹介しましたドローンを見比べると高度維持+OFなものはU199と規制対象外が多いですね。GPS搭載はブラシレスモーターなものが目立ってきましたが、その重さとしてはアメリカ市場を見据えての250g未満なもの。

 ただ、そうがっかりもしなくてよいかもなのは、現行のレーシングドローンはU199が普通に存在しているのですが、Beta Flightで「GPSレスキュー」がサポートされるようになり、フライトコントローラが対応していればGPSモジュールを取り付けてGPS制御も可能に。高度維持もオンオフのスイッチ制御が可能に。カメラについてもRunCamやCaddxから1080p 60fpsのものがあります。それらを組み合わせてU199を実現しています。つまり「製品として出てこないなら自作すれば良い」という考えでいける事に。
 現時点で厳しいのはジンバル。無いんですよ。軽いジンバルってのが。ブラシレスモーターも超小型軽量のものがUx65で賑わいだしましたし、SQ12用ジンバルとか、プラスチック製で良いからとにかく軽い3軸ジンバルが登場する事を心待ちにしております。もしリリースされれば、もしくは誰かが作ってくれれば、あとはその重さを考慮したGPSレーシングドローンを組めば良いのですから。


 今の所どの機体も私はレビューの予定がありません。ぜひご興味がある機体をコメントいただければ、検討させていただきたいと思っています。