こちら台風の影響というか爪痕でもうしっちゃかめっちゃかです。仕事が忙しくなってしまって色んな事が滞ってしまってホント申し訳ないです><

スクリーンショット 2018-09-10 14.35.16
・Emax Babyhawk-R RACE(R) Edition 112mm F3 Magnum Mini 5.8G FPV Racing RC Drone 3S/4S PNP/BNF
 今回手に入れたのは、Frskyレシーバー付きバージョン。

 Taranis Q X7で運用する事にします。
 とりあえずバインド。シェルの中一番上にFrsky受信機が見えているというのに、横とかてっぺんとかに通風孔みたいに穴が空いているというのに、基盤の横についているBINDスイッチがちゃんと押せません。観念して一旦シェルを外しました。
 シェルはケツのところ、それとカメラの左右のネジを外せば取り外せます。
IMG_9997
 でですね、例によって
BINDボタンを押しながらバッテリーを接続してバインド待ち状態になるタイプ
です><

 Ux65シリーズのように、通電してからゆっくりバインドボタンを長押しすればバインド待ち状態になるという仕組みのありがたみをかみしめつつ。

 片手でレシーバーのバインドボタンを押しつつ、もう片方の手でバッテリーを繋ぐ。
 レシーバーのグリーンLEDは点灯します。

 Taranis Q X7に新たにモデルデータを作ります。横着者な私はUS65のモデルデータを複製。Frsky_Dに変更し、名前をBabyHawkにして、BINDをポチっ。
 グリーンLEDの横に赤LEDがあり、それが点滅。これでバインド成功だそうです。スクリーンショット 2018-09-10 14.46.13
 写真じゃわかんねー!w

 バッテリーを外します。
 あ、今回バッテリーは、BETA FPVの3S 450mAhにしました。だってBanggoodではまだバッテリーの日本への輸送が出来ないんですもの。早くこの問題が解決され、また安心してバッテリーが買えるようになる事を願ってます。
IMG_9998

 で、PC側でBETA Flightを起動。USBにてPCと接続したところ、あれれ?レシーバーが通電していない。そこで、ぶっ壊し覚悟でUSBで接続しつつもバッテリーも接続。レシーバーはバッテリーで起動するという不思議現象でした。とりあえずぶっ壊れなかった(ドキドキ)。

 レシーバー項目でちゃんねるマップが入れ替わってました。AETR1234ではなく、TEAR1234で整合。最初基本設定の受信機項目を変更したところ、モーター回ったり止まったりさせてしまって「やっちまったか!」と焦りました。

 モードでは、スイッチAにて飛行モードを変更できるようにする私なのですが、モード項目の中にAIRへの切り替え項目がないんです。これも焦りました。
 これ、基本設定のその他の機能でエアモード常時使用ってのがありまして、それがONになってますので、「常にAIRモード」というのがデフォルトなんですね。勉強になりました。

 その他留意点があるものか、mixiドローン友の会に相談しつつ。

 112mmとはいえ、3セルというバケモノの予感がプンプンする機体です。多分お家の中で飛ばすのは無謀と思われます。が、こちらずーっと雨なんですよ>< それと、台風の被害復旧で振り回されまくってます。

 果たしていつ、フライトテストを終えてレビュー動画が作れるのか、まったく予定つけられません><
 YouTubeでみかけた、なんか工場跡地みたいなところとか、どこぞの何もない駐車場とか、近くにないものかと思ってしまったり。


 そんなモヤモヤしているところで、なんとBabyHawk Rに新型が登場です!
・Emax Babyhawk R Pro 2.5 Inch 120mm FPV Racing Drone PNP/BNF Magnum F4 25A Blheli_32 Smart Audio VTX
スクリーンショット 2018-09-10 14.25.42
 スマートオーディオですよ!
 OSDでチャンネル変更出来たりする便利機能もついた、F4搭載モデル!

 きっとこちらもクレイジーなかっ飛びっぷりなんでしょうね。もし現行モデルも卒なく飛ばせるようであれば、こっちも試してみたい気持ちありますw
 早くしないと冬がきちゃうので、少し焦りもありますが、まー頑張ります。