いっつもDJIに「被せ」られてましたが今度はどうでしょうか!
YUNEEC-Mantis-Q-with-Controller-8e884244

 こちらのYouTube動画でその魅力は概ねわかると思います(盛りがなければ)。



公式サイト:https://www.yuneec.com/en_GB/camera-drones/mantis-q/overview.html
 「旅のおともに」って事で今度は手軽さを売りにしたもののようです。
YUNEEC-Mantis-Q-drone-features-66d0c2e3
 ムービー見たらその凄さはわかったかと思います。
・フォールダブル
 アームを折りたたむことでコンパクトに持ち運び可能。
・ボイスコントロール
 ビデオで「ウェイクアップ マンティス!」で起動、「テイク オフ」で離陸してますね。他にもどんな機能があるのか。というか英語の発音大事だいじ〜。
・最高時速72km/h
 スポーツモードの最高速度が72km/h。もんの凄いアグリッシブな映像撮影も可能です。
・コントローラー付き
 やっぱ欲しいっすコントローラー。標準で付属しているみたいです。
・ビジュアルトラッキング
 イマドキのドローンにはなくてはならない機能。YneekといえばTyphoonHで障害物を避けつつも追いかけてくるモードがありましたが、はたしてMantis Qにその機能はあるのか。…ないっぽいですねw
・4K 13MPカメラ
 動画では4K、静止画では13MP撮影が可能のようです。また、1080p撮影ではEIS(デジタルブレ補正)も働くようです。
・飛行時間33分
 これは驚きの飛行時間ですね。私はサーファー動画を結構とってますが、なにせ待機時間が長いんです。実際に使う映像は数分w 飛行時間が長いという事は待ってる事もさほど苦にならなくなりそうです。
・リターントゥホーム
 Mantis QはGPS搭載ドローン。もちろんRTHだってこなせます。

 その他わかってる事は、
・カメラチルト角度20°〜90°
 20°って中華フープのカメラ角度ですね。ってことはFPVして遊ぶ事も出来そう?w 下方90°までなので「ドロ写」もイケますね。
・ジャーニーモード
 オートフライト機能の一つで、離陸地点を基準にぴゃーっと撮影し、戻ってくるモードみたいです。旅の記録として手軽に使えそうです。
・ポイントオブインタレスト
 最近のGPS機にはもうお約束となった機能ですね。ノーズインサークルで対象を周回撮影します。

 付属コントローラはコンパクト設計。スマホマウントが格納されています。
Mantis-Q-foldable-drone-with-controller-included-ca66bdbd
 インドアアウトドア問わず使用できるようです。インドアではIPS(インテリジェントポジショニングシステム?)と超音波センサーで飛び、屋外ではGPSとグロナスで飛ぶ仕組み。ド安定飛行が期待できます。

 そんなお手軽空撮機Mantis Q。まだお値段がおいくら万円なのかは発表されて居ませんが、低価格戦争もナニゲに始まって居るフォールダブル空撮ドローン市場ですから、私は5万円台なんじゃないかと皮算用。

 日本にもかつてはYneekの代理店があった記憶があるのですが、果たしてMantis Qは日本市場にも投入されるかも、今後チェックしたいところです。