ドローン体験イベントって、もっとあちこちでやったら良いと思います。
IMG_9066
 羽咋ドローンズを結成して1年経過。ドローンの楽しさを広めるため、日々活動しています。

 巷にあふれるドローンスクールやセミナーの中には、基本的な操縦技術、しかも自律飛行するドローンの操縦方法のみ教えるスクールが乱立しており、私はそれが果たして健全で安全な運用を目指している事になるのか、疑問符が拭えずにいます。

 自律飛行するドローンが、どのようなテクノロジーで飛ぶのかは、このブログを読んでくださってる方にはもう充分おわかりいただけてると思います。また、YouTubeなんかで「Mavic クラッシュ!」とか「Spark ロスト」って、アクセス数稼いでるネタ、ありますよね?
 私が確認したものの多くは「GPS切れて流れた」「遠くまで飛ばして突然電波切れた」「なんか不明」って印象。不具合っちゃ不具合なんでしょうけど、もしも普段、GPSの無いドローンで飛ばし慣れていたら、高度維持の無いドローンを経験していたら、いっそ6軸じゃないドローンを飛ばせるスキルがあったら、ひょっとしたら防げたものもあるのでは無いでしょうか。

 私はまずは、自律飛行しない、高度維持の無いトイドローンでの練習を勧めています。この理由、先の事でわかっていただけたでしょうか。確かに最初は飛ばしにくいと思われるでしょう。しかし万が一が起きた時の事を考えると、ドローンパイロットとして最低限身につけておくべき技術だと、私は確信しています。

 mixiドローン友の会はもともとは「トイクアッド友の会」でした。当時のメンバーは、まずはトイドローンから始め、操縦に自身がついたところで空撮機やレーシング機へとステップアップしています(勿論トイドローンの「らしさ」がやっぱり好きで、トイにこだわり続け、楽しみ続けてる方もいます)。特に自律飛行する空撮機を初めて飛ばした方の多くは、その簡単さに涙するほど。
 出来上がる映像も、いきなりのプロレベルだったりします。そのままその流れでプロとして活躍している人も居ますね。それは何故か。動画の編集技術もあるのかも知れませんが、「自分が思っている構図へと正確に機体をもっていける」ところにあると。私はドローンスクールは未経験ですし、具体的にどのようなカリキュラムで操縦技術を磨けるのかは存じておりません(ちょっと見たことあるけど)。しかし、スクール卒業生(っていう言い方で良いの?)の映像や飛びをみる機会はあります。勿論流石と思える飛びと映像を叩き出してる人もいますが、「…ちょ!あぶねー!」「…えっ?なんで?」な飛びと映像な人も。最近はそっちの方が良く目に入ってくるんですよ。
 それは、センスという次元ではなく、明らかにまだ操縦が出来ていないと思わせるものでした。

 危機感です。

 もし、これからもこうして、「スクール出たから私は一人前」と勘違いし、スクールを出ていない人を見下し、挙げ句には取り返しのつかない事をしでかすとしたら。逆に私だってスクール卒業者を見下したくないですよ。どっちかっていったら「さすが大枚叩いただけのことはある!」ってなりたいです。でもこのままじゃ業界はまた凍りつきますよ。険悪な空気とともに。

 というわけで、私はこれからもトイドローンから始めて一流のパイロットを目指す(?別に目指さなくても良いですけど、楽しく飛ばせれば。勿論安全に)方向で指導したいと思います。

 前置きが長くなったところで、実際に体験会等で使っている機体を紹介します。なんか、先日「こうすれば良いのに…」が好評価いただいたので。「ドローン体験イベント運用セミナー」とかやっちゃって、お金がとれるネタだとかも言われてますが、時代はオープンソース。でもくれるなら貰いますよw連絡下さいPayPal教えますんでw

 今回はその一部、「ドローン組み立て体験」です。

 過去に指摘された問題点をまず列挙。
・E011使ってるそうだけど技適問題どうしているの?
・コントローラが小さすぎて大人にはバカにされがち
・下手な理由をコントローラのせいにされる

と。
 で、それらを加味して問題をクリアする事を目標にしました。

 こちらのセットです!w
IMG_9204
 組み立て体験ではこれらを渡す前にドローンとは何かって事やら、ドローンの飛ぶ仕組みや、ドローン法のことや、だらしないドローン脳な人の事を(これは嘘ですw)レクチャーします。Keynoteで作ってるんですが、場所というか会場によってはMac受け付けてくれないものもあるので、少し悩みどころです。パワポとか、アンチマイクロソフトな私が使うわけ無いじゃないですかw


 フライトコントローラー。
IMG_9205
 BETAFPV Liteです。

 716モーター。
IMG_9206
 ここまで高級じゃなくても良い気がしますが、BETAFPVです。

 フレーム。
IMG_9207
 これもBETAFPV。65mmスパンの716モーター用です。安くあげるために6mmでも良いかともおもったんですが、6mmと7mmだと、モーター突っ込むときの強さ(?)に違いが。7mmそこそこ丈夫なのでね。それでも無茶すりゃ組み上がる前に折れたりしますわ。


 プロペラ。
IMG_9232
これはE011とかの予備なんですけど、良さげなのをまとめ買いしても良いでしょうね。


 バッテリー。
IMG_9210
 こちらもBETAFPVのもの。最近では国内流通品もありますし、それらを上手に活用したいところですね。発注してから「やっぱ送れないわ。返金するし」って言われると、満額帰ってくるにしても時間を損してますから。あ、BETAFPVはいまのところ、単品販売じゃなければ大丈夫みたいです。是非バッテリー以外の何かと抱合せで。


 充電器。
IMG_9208

 これなんだろ。何かに付いてきたものw
 バッテリーをHVにしているのでコレです。写真では4.2Vのほうにスイッチはいってますが、HVですから4.35Vのほうにしないと、ですね。


 ドライバー。
IMG_9211
 これも…どれについてきていたものでしょうw
 百均とかにもありそうですし、別に参加者に持参して来てっていうスタンスでも良いと思います。


 用意されたパーツが揃っているかを確認し、足りなければ補充しなければなりません。フレームとか折れてないか、先に確認しておかないと、ちゃんと言うことを聞かないお子さんは平気でバキバキおってくれますのでご注意を。必ず親子でやってもらうことと、予備は別途購入いただくとほんのり警告しておくしか無いかも知れませんね。

 まず最初に「準備」としてモーターをチネチネしてもらいます。
IMG_9212
 この時、グニグニしないことと、モーター線は切れやすい事、親御さんもキレやすいことを先に注意してください。軽くチネチネすれば大丈夫。勿論かっこよくキッチリチネチネできる人は褒めてあげましょう。
 参加者全員が4つともチネチネ済むまで待ってあげてください。手こずってる人は手伝ってあげても良いと思います。これから続く工程は、優秀な人はスタスタ出来ちゃうんでしょうけど、絶対あとでミスって厄介になりますから、「待て!」(犬かよ!)はマジ大事。
IMG_9213
 綺麗に…出来てないけどまー許してくださいよw
 なぜこうするのか、このあと、この線をフレームのモーター受けの穴に通したりします。その時に絡みにくくて楽なのと、ノイズ低減に期待できることと、上手く完成しますようにのおまじないと思って下さい。


フレームにモーターをセットします。
IMG_9214
 これ、気をつけないとほんとフレーム終了します。脅かしまくって良いと思います。まず、線をモーターの穴のところに通します。モーターを受ける部分をそっと持って、隙間から指の腹の感触でモーターに触れるように待ち構え、フレームに負荷がかからないようゆっくりとモーターを押し込みます。ゆっくりとです。力はさほど要りませんが、大人にやってもらったほうが良いところです。
 事前のKeynoteでモーターの回転とプロペラの回転の説明をしてたりしてますので、「白黒のケーブルが付いたモーターは、どこに付きますか?」と質問してから始めてもらうのも良いと思います。
 これも要領の良い人はスタスタやりがちなので、1個1個、確認してもらいながら4つとも付くまで丁寧に。何度も書きますが、この工程がもっとも失敗するところです。
IMG_9215
4つともつけたら、フレームが折れなかったか、場所を間違えていないか、確認しあってもらいましょう。モーターの頭がモーター受けから極端に凹んでいたり、逆に入りきっていなかったりしたものも直せるなら直してあげましょう。モーターの線がモーター受けに変に噛んでしまったりする場合があります。ゆっくり差し込まなかった時、力入れすぎてる時に起こりがちです。そこもチェックです。


 いよいよドローンの心臓部、フライトコントローラーです。
 まず袋のネジとダンパーを出します。
IMG_9216
 ウケ狙いでわざとばらまく人も居ますので、先に「ネジ一個でも無くなったら終わり」と脅かします。ネジの数とダンパーの数を確認するため、整列させてもらいます。今回使うのは下の写真のネジ。頭の小さい方は袋に戻してもらいます。
IMG_9217

 タンパーを基盤に差し込みます。
IMG_9218
 すぐとれるので、基盤の横辺を持つように。ダンパーの溝に挟まっているかが重要だったりします。
 ドローンのFCは精密機器。小さなセンサーもあって非常にデリケートであり、振動が大敵である事を教えてあげましょう。私はジャイロセンサーをWiiのゲームと絡めて説明したりするのですが(そういえば結構食いつく)、ゲーム中に地震が来たらパニックになりますよねー?って感じで直感的に伝わるように。
IMG_9219
 4っつ付けたらそっと置くw とれたらやり直しですからねw
 ちゃんと付いたかを確認してもらってください。


 フレームに基盤をセットします。まずは電源プラグケーブルをフレームに潜らせます。そしてなるべく真上から真っ直ぐ、穴に合わせて少しずつダンパーを基盤ごとねじ込みます。力入れすぎてフレームやっちまわないように。

IMG_9220

 ただ押し込んでいたらフレームやられます。押し込むところは裏から指でフォローしてフレームが歪まないように。 
IMG_9221

 差し込みきったらすかさずネジ止め。老眼鏡必須。
IMG_9222
 これも、最初はそれぞれ抜けきらないレベルで軽くしめ、4つとも付いたら順番に追い締が基本でしょ。
IMG_9223
 ここまで出来たら確認。モーターの位置、フレームの痛み、ダンパーのハマり具合。


 機体をひっくり返してもらいます。
IMG_9224
 モーターの挿す場所、向きを確認してもらいます。
 JST-PH1.25のオスプラグとメスプラグの違いや、向きの事を解説して。目の良い人のためにプラスマイナスの違いも説明しても良いかもです。
 摘んでそっと差し込む。ツメを使って最後押し込むのもアリ。ピンセット持ってる人はピンセット活用しても良いですね。
IMG_9225
 爪つかってぎゅ。
IMG_9226

 向きが揃ってるわけではないので、一個一個確認です。
IMG_9227



 出来たー!
IMG_9228


 しかしこのままでは、プロペラがケーブルを吸い上げてしまって危険。ケーブルをアームに添わせてブラブラさせないようにします。
IMG_9229
 本当は両手使うほうが良いです、モーターの根本で軽く線を押さえ、爪つかって挟むところに線を挟む。


 ま、こんなもんでしょ。
IMG_9230


 プロペラを机に並べて、向きを確認してもらいます。中心(何もないけど)に向かってどの羽根も浮き上がっているように。それぞれが面対称になっているかを確認してもらいます。

IMG_9232
 お好みで前を黒にするとかあるでしょうけど、その時は羽根の向きも入れ替わりますからね。
 丸いところを持って、軸にゆっくりぶっ刺します。軸曲げたら終了ですし、突起なので手を怪我しないように、大人にやってもらうほうが良いかも。

IMG_9233

 向きを確認しながら4つ取り付けて、完成!!
IMG_9234

 キャノピー?今回はありませんw
 もし用意出来るのであれば、殻を用意しても良いですね。H36とか余ってたら。左右のネジ穴の位置にドリルで下穴を開けて、上からネジで止め直す事で可能です。


 バッテリーにプラスマイナスがあり、間違わないように溝が切られていることを教えてあげてください。無理に刺さないよう、慎重に。バッテリーの袋が破れると火事になりますからね><
IMG_9235

 コントローラーは、JJRC H98(アマゾンなら技適付きがあります)。本体はポイッ!w
 販売店にプロポだけパーツ売りして欲しいって連絡してるのにスルーされています。そんな程度の店なんですよきっと。他ルートでも交渉してもらっていますが、「よーし!わしがやっちゃる!」って方、是非お願いします。日本を救ってください。私の財布も!
IMG_9236

 ただ、この組み合わせで注意するところがあります。BETAFPV liteはデフォルトで9CHがローレート、ハイレートのスイッチになってます。ヘッドレスモードとか3Dロールとか知らん。スティックコンビネーションでAcroとStabを切り替えられますが。H98プロポの各ボタンと整合性をとりたいなら、SilverwareでFCを書き換えないとならないんだと思います。

 なにせ体験機ですので、終始Lowレートで良いでしょう。フリップとかもさせなくて結構。体験ではだいたいバッテリー1パックで終了としてもらっています。もっと飛ばしたいって人には練習会への参加をお誘いしています。

 これで参加者の皆さんは自分で作り上げたという達成感と、ドローンの仕組みが結構単純だということ、オリジナルである愛着をもって、組み立て体験を終了できると思っています。

 さらに同じ機体とFPVカメラで組んだ中華フープをデモンストレーション飛行。今はまだドローンの(泥沼のw)入り口に過ぎないと。上手くなればこんな楽しみ方もある。是非これを目指して欲しい。今最も熱いソリューションとか褒めまくりつつデモ。映像はスクリーンに投影です。これは、お父さんが結構盛り上がってますねー。

 しかしこのセット、普通にE011なりを買って(R010は半田付け必要なのでさらに高度になります)、分解した状態で用意するという手もあるんですが、バッテリーの問題や、プロポの問題がクリア出来ませんので困っています。文部科学省なんとかしろ!(他人まかせかよ!)

 明日は体験入門イベントです。組み立てはしませんが、飛行体験機を用意して(今回組んだものも使います)、一段落。天気が悪いので参加される皆さんが無事に参加され、無事に、満足されて帰られるのを願うばかりです。

IMG_9237

 組み立て体験・操縦指導・セミナーも何気に好評頂いています。
 基本地元でしたが、オファーいただければ出張もいたします。今回の記事に限らず、「どうやって指導してるの?」とか「体験会の事知りたい」って方も「Keynoteくれ!」って方も、気軽にご相談くださいねー^^