Eachine E010、redpawz R010、BOLDCLASH BWhoop B-03 Proの比較です。

IMG_6390

 これは念を押したい事なのですが、あくまでも「私の手元にあるもの」での比較と、サイトなどにあるカタログ値をもととした比較ですので、個体差や、製品の仕様変更は考慮できません。それと私自身の私見ですので、どうかご参考までにという心構えをお忘れなく。

◯最もお手軽に買えるredpawz R010
 はい、私は国内通販はAmazonが最強と思っています。とりあえずリンク。もちろんアフェリエイトリンクw





 外観はごらんのとおり、キャノピーにカメラ付けて使ってねという佇まい。しかしこの「蓋」はペンチなどで強引に取らないとならず、取ったところでリューターなどで削るなりしないとカメラは納まりません。

IMG_6391
 ただ、Blade Inductrix FPVやその他キャノピーってネジでフレームに留め付けるのに対し、これは横のピンを使って固定するスタイルなので、カメラの据え付けが済めば、付け替えはお手軽なんですよ。そこは評価したいです。

IMG_6394
 付属バッテリーは3.7V 260mAh 30C。

IMG_6392

 基板構成。モーターはハンダ接続。

IMG_6395
 今回紹介する3機種、ベースとなってるメインボードは同一と言えます。違いはプラグソケットが用意されているか否か。あと中に焼き付けられているプログラムの違い、といったところでしょうか。

IMG_6396
 コントローラーはE011と同じ。LRボタンは無く、フリップや飛行レートはスティックを押し込んで発動させるシンプルな方式をとっています。
IMG_6397
 マニュアルになんと日本語もあるんです!英語が苦手な私にはこれは有り難いです。って、全然ちゃんと読んでませんけどね><

IMG_6398

◯安定のBanggood 安定のEachine E011
 トイクアのラインナップはアレですが、レーシングものや関連パーツの開発ペースやコストパフォーマンスはEachineが頭一つ出ている気がします。レゴブロック対応のお人形が付いてるユニークさ(実はこの人形が目視練習での機体方向視認に大いに役立っているというw)も評価高いです。
・Eachine E011 Mini 2.4G Headless Mode With 60000RPM 716 Coreless Motor Toy Brick RC Quadcopter RTF
外観…と言いたかったのですが、ええ、私コレ全部中華フープ化してしまってまして…。オリジナル状態なのが一台もありませんでした><

IMG_6400

 キャノピーはピンでとめられてます。取り外し簡単♪
 お人形もレゴブロック互換で、子供ウケ抜群!初心者の目視練習時に、結構前後がわかりやすい!飛ばしやすい!との感想を頂いてます。
IMG_6401

 付属バッテリーは3.7V 260mAh 30C。5個セットのパーツ売りもされています。
IMG_6404
 基板は3機種共通。違いはプラグ付きか否か。このあと紹介するB-03だけ上面にもソケットがあって、それがカメラを据えるのに邪魔になったり。
IMG_6402

 裏面。モーターがプラグ接続なのがわかりますか?付属モーターも色分けされていて時計回り・反時計回りの区別が、プラグ側でもわかりやすい工夫が施されています。
IMG_6403

 コントローラはR010と同じ。全く同じ。LRボタン無し。
IMG_6411

 マニュアルは英語と中国語とスペイン語(?)などなど。しかし日本語は無し。
IMG_6410

◯余計なくらいにソケット付きなB-03 Pro
 Tmartって、いままでたまに使ってた程度だったんですが、こいつのせいでかなり頻度アップですよw
・ Roll over image to zoom in Share This: BoldClash BWHOOP B03 Pro 716 Motor 61500rpm EDF RC Quadcopter 260mAh 3.7V Gray
 外観…ってこっちも中華フープ化しちゃってます><
IMG_6414

 キャノピーはシンプル。前後がわかりづらいという意見もありますが、プロペラの色がグレーとブラックのツートン。フレームがクリアホワイトなのもなんとなーくいい感じです。なんとなーくですけどねw

 付属バッテリーは3.7V 260mAh 35C。
IMG_6415

 基板上面にソケット。あ、カメラへのプラグは中華フープ化する際に私がつけたものです。3Pソケットがデフォルトで付いてます。聞くところによるとコレ、Syma X5Cなどでお馴染みのカメラソケットで、電源と信号線の配列も同じだとか。ひょっとしてB-03C(2MPカメラ搭載モデル)なんてのも開発していたのかも知れませんね。ニーズ薄そうですがw
IMG_6417

 基板裏側。モータープラグと、なんと改造してくれと言わんばかりにArdrino用のソケットまで搭載済み。ROMの書き換えが捗ります。

IMG_6416

 コントローラーはLRボタンもあって、R010のものより一回り大きく、これならおっさんでも操縦出来そう。私ですか?ええ、普通にデビデボなんで…w
 左レバー周囲のボタンは実はトリムボタンではなく、隠しコマンド的にカメラ&ビデオスイッチになってるという事らしいです。マニュアルによると3Dロールやヘッドレスモード、飛行レート変更はもちろん他にも隠しコマンドみたいなのがあるみたいなんですが…。
IMG_6418

 マニュアルは英語と中国語。日本語は無いです。
IMG_6419

◯モーター回転速度の違いが、飛行性能の決定的差ではない
 実はそれぞれのモデルでモーター回転速度が違う事を教えてもらいました。カタログ値なのでアレですけど。
・R010 49000 rpm
・E011 60000 rpm
・B-03 61500 rpm

 R010はともかく、E011とB-03は僅差。実際にフープ化して飛ばしてみても、ここに飛行性能の差はあまり感じられないんです。極限飛行をした際に如実に出るのかも知れませんけど。

◯個体差?運?バッテリー品質にバラツキ
 基本中華フープ化してでの話ですので、信憑性は激薄ですが、R010付属のバッテリーは私の持っているものは明らかにパワー不足気味です。ですがそれはE011付属と比較しての話。もともと中華フープって重たい手応えは否めません。その度合の違いでしょうけど。
・R010 3.7V 260mAh 30C
・E011 3.7V 260mAh 30C
・B-03 3.7V 260mAh 35C

 R010とE011は同じ30C。ですが実際に混ぜて使用していて違いを感じています。B-03とE011は35C vs 30Cですが、違いがわかりませんw 私が鈍感なのかも知れませんが、スペアバッテリーを検討されている方は、BanggoodでもTmartでも良いと思います。ポイントとかで有利な方を選べば良いと思います。後日Tmartからスペアバッテリーも届きますので、もしも何か違い等があった場合はレポートさせて頂きます。

◯結論:どれが一番いいの?
 ホントこれ、『どれでも良い』となります。なっちゃいますw
 すぐに欲しい人にはR010ですし、BanggoodでポイントとかためてるならE011でしょうし、ソッコーAcro化やブザー取り付けとかやりたい人ならB-03でしょうし。
 プラグを使用していない分、軽量化ではR010が有利です。
 3機種共通でBayangプロトコル。モーターパワーは別売りのパーツで如何用にでもなります。Acro化もブザー増設も、どの機体でも改造で可能です。そこに至るまでの度合いに差があるといった所でしょうか。

 というわけで、全然結論が見いだせない記事になりましたが、判断のお役に立てれば…えっ!?たたない!?ますます迷った!? ホントごめんなさい>< ま、そういうのも中華フープの醍醐味ですよね?ね?w