あ、デビデボ(E010)は今回はずさせてもらいます。どう転んでもアングラな存在でしかないので(涙)。
1476983522486177398

 まずは、昨今のトイクアレーサー、中華フープのプロトコルについて。なんか通信方式とブランド名と混同したような感じで恐縮なんですが、通り名的に解釈していた方が良いとも思いますので、今回はその辺はごっちゃにしています。

・FUTABAなどで採用されている S-FHSS
・Tranisなどで採用されている Frsky 
・Flyskyなどで採用されている AFHD(AFHDS?)
・Spektrumなどで採用されている DSM2

 うち、BanggoodやGearBest等でサポートというか取り扱われているものを、その頻度順に並べ替えてみると…(サクッと調査しただけですからね><)
1位 DSM2
2位 Flysky
3位 Frsky
4位 S-FHSS

 リモート性能とかそういうのヌキにして、「購入できるか」「どの製品にてサポートされているか」を主体に調査した、うすっぺらい結果ですが、U199とかフープ系とかが主体になりつつある昨今において、「ちょっと今からFC買うわ。軽いの。」で選ぶ際はかなりここ重要ですよね?ね?

◯希望の星だったSpektrum DXe
 で、海外サイト取扱プロトコルナンバーワン!なDSM2はといいますと…

 DSM2はEU圏では使用禁止になってるという情報が!

 …ちょっとぉ。Hrizon Hobby製品だって、Blade Inductrix FPVだってDSM2じゃないですかー。なんなんですか(涙) しかしDSM2は上位互換にDSMXが!はい、こちらは互換性保たれているそうです。つまりDSMXなプロポはDSM2な受信機や、DSM2受信機を内蔵しているFCをバインド出来るとのことです。ホッ…。
 ではDSMX/DSM2なプロポで国内正規販売というか技適モデルはといいますと、Air Craftで取り扱われているDXe か、DX6iが技適付きモデルとして発売されているようです。
SPMR1000_a13


 が!

 DX6iはモード1のみ、DXeはモードチェンジできるというのに現在取り扱いしてないという…。DXeって1万円以下なので、最もお手頃に思ってましたのになにその不安定供給。DXシリーズは他にもありますが、「当商品は国外でご使用されるお客様向けに販売しております」って技適付いてないんですか!しかもどれもT10J並みの「お高いんでしょう」価格設定。トイクアレーサーや中華フープが福沢さん一人だけで済むかもしれない世の中で、何人もの福沢さんを飛ばすのは厳しいです厳し過ぎです。

 DSM2はかつて「JRプロポ(日本遠隔制御)」 のMLP4DSMというのがありました。値段も手頃で勿論技適付きだったようですが、こちらも「過去」へ追いやられているのかAmazonでも購入出来ない状態。ヤフオクで中古品狙うしか無いみたいです。

※同じMLP4DSMという型番の製品は、海外通販でも購入可能なのですが、今回はあくまでも技適ありきで記事をしたためています。ご理解よろしくお願いします。

◯Frskyには技適モデルも!?
 中国ではメジャーなFrsky。確実なのは「技適付きのFrskyテレメトリーモジュールを、対応するプロポに取り付けて使用する」方法だそうです。Frskyモジュールは数千円で絶賛発売中の様です。FUTABAのモジュールあとづけが可能なモデル(T10Jは出来ないですよね?)や、他メーカーのテレメトリーモジュール取り付け対応モデルで使用する事で、どうどうと飛ばすことが実現可能です。
 最近ではFrskyも続々と新型を市場投入しているようで、中にはクールなデザインのものもあって、しかも安くて…揺れちゃうんですよね><
HR4554_04

 テレメトリーモジュールが技適ついているのが売られているわけですから、先日お教えいただいたこのプロポにモジュールをつければ…ごくり。

・Team BlackSheep Tango
http://www.team-blacksheep.com/products/prod:tango
DSCtango7

 ま、Taranis Q X7は技適無し、Tangoは3万円近くかかってしまう事になるので…orz

◯Flyskyの技適モデルは無い!?がしかし!
 技適付きかどうかは、総務省のホームページで検索する事で確認できます。もしも技適シールが貼られていて、それが偽物なのかどうかというのも、シールの番号を元に検索すればわかるわけです。Flyskyを検索かけてみると、なにげに幾つかの製品が技適を取得済みであることがわかります。
 Flysky i6Sは、Banggood(Eachine)のRTFモデルについてきたり、JJRC JJPRO P-130 RTFにも付いてきたりして、価格を抑えたいRTFモデルでかなり採用されているプロポなのですが、この名称での技適取得はされていないようなんです。
 ここでドローン友の会メンバーの方が、興味深いものを見つけてきて頂けました!

・RC EYE Navigator 250
http://hitecrcd.co.jp/products/rclogger/navigator/index.html
img_001

 ハイテックマルチプレックスジャパンで発売中のFPVドローンです。勿論ハイテックマルチプレックスジャパンの全製品は技適付きです。で、このプロポにご注目ください。
img_007

 そっくりだとは思いませんか?

 そこで、このモデルの大元であるRC Logger本家サイトをチェック。
http://www.rclogger.com/RC-EYE/Spare-Parts-Upgrades/Spare-Parts-NovaX/RC-Logger-R8-Radio-System.html

 AFHDキター!

 検証できていませんが、RC EYE NavigatorのプロポはFlyskyである可能性が一気に上がっています!

 しかーし!

 ハイテックマルチプレックスジャパンでは、モーターセットなどのパーツ販売はしていても、プロポのパーツ販売はされていないようです…。いまのところは、
1.RC EYE Navigator 250を買う
2.プロポだけ大事に流用する
という方法しか無いようです。はぁ…。

◯やっぱりFUTABA T10Jに落ち着くのでしょうか
 いくつかのドローン情報サイトでも、すでにお勧めプロポを紹介していますね。日本では圧倒的にT10J。つまりはS-FHSS。しかし前記事にも書きましたが、大元であるFUTABAがT-FHSSに移行しつつあるようで、実際お値打ちプロポ候補だったFUTABA 6K(おいおいそれでも3万近くするんですか><)はT-FHSSのみサポートという噂が。T-FHSSではS-FHSSをバインド出来ません。←ここ重要!
imgres

 S-FHSS製品は来年には消えてしまうのでしょうか。不安ばかりが…。俺はT10J(国内正規品)買っちゃいましたが、正直3万円もするのでおいそれとは買えないですよね普通。価格面非常に重要ですから軽い気持ちでお勧め出来ないんですよ。あ、でも、T10Jは非常に扱いやすいです。レバーの具合も好みで調整できますし、ガッチリしてますし、高級感もありますし。

でかいですけど…いやなんでもない忘れてくれ!

 で、本当にFUTABA T10Jしか無いのでしょうか。否!S-FHSSプロトコル採用モデルで国内販売もされているモデルは他にもあります!しかもプロポのみ単体販売もされているモデルが!

・XK X251
http://hitecrcd.co.jp/products/xk/x251/index.html
img_002

の、付属プロポ。
・XKX7-001
XKX7-001

 ああ、私、XK X-250(多分同じプロポ)持ってたのを処分してしまってます。果たしてどこまでセッティング等が出来るのかは不明ですが、記憶ではかなりイロイロ弄くれたはず。レバーのEXPOとか、信号のリバースとか、そういうのも出来るのであれば、「あら?別にT10Jじゃなくてもいいんじゃない?」ってなるのですが…。

 XKにはX-100なるモデルも国内正規販売されていますが、こちらのプロポは…なんにも設定出来ませんもんね><

 結論:
 FUTABA T10J(3万円弱)が確実。しかし今回の「もしかして」がもしかしたら、XKX7-001(8,500円)が最もオススメになるかも知れない。さらにもう一つの「もしかして」、RC EYE Navigatorのプロポ、RC Logger R8(129ドル。国内正規販売不明)が出れば、流用性で最もオススメになるかも知れない。

 …なんとももどかしい記事ごめんなさい><