Walkeraの逆襲。
WA1604_03
Walkera Rodeo110
https://goo.gl/zVNpz6
 さすがSureHobby。MODE1もバッチリ選べます。
 フレームサイズ110mm。バッテリー込みの重量は145gでした。はい、今度こそU199です!
 カメラは600TVL。バッテリーは7.4V 850mAh。飛行時間は約6分。
 RTFモデルにはDEVO7が付属。今回もセットアップ済み。箱からだして、充電を行い、DEVOに電池入れたらバッチリ飛びます。

IMG_3152
 内容物は、ドローン本体、DEVO7、2セルバッテリー、2セル専用充電器とEU電源プラグ、USBケーブル、トレーニング用と思われるDEVO用ピンプラグケーブル、クイックスタートガイド、予備プロペラ。

 バッテリーをどけるとカメラの周波数切替のディップスイッチが。ボタンが見えますが、これが送信電力を切り替えるボタンでしょうか。200mW〜600mWに送信電力の切り替えをサポートするとあります。その効果のほどは不明…orz
IMG_3150

 本体下部にはExternal RX Portなるものが。どうやらサードパーティの受信機を繋ぐ事もできるようなのですが、詳細は不明です。人柱様の登場を待ちましょう。
IMG_3147

 北陸ってどうしてこうも冬は荒れるんでしょうね。晴れたなーってなっても風が止まなかったり、突然ミゾレが降ってきたりして、外飛ばしがなかなかできません。そんな中1パックだけ飛ばせたのでレビュー動画にしちゃいました。
 

 小さいながらも物凄いパンチ力。あっという間にすっ飛んでいく感じがたまらんです。
 それでいて抜群の操作性。もしもWalkera F210などを飛ばした経験がある方なら、あの操作性は特筆すべきだと感じてる方も多いと思いますが、Rodeo110はそのF210のフィーリングを踏襲している手応えがあります。しかも小型軽量になりましたから、ぶっ壊れにくいとも言えるかも知れません。

 ただ、惜しいのはカメラ。自分のハズレってだけかも、電力がデフォルト(多分200mW)なためなのかも知れませんが、暗め。ゴーグルでは暗めながらも飛ばせる許容範囲ですが、モニター派な人には視認性厳しいかも。
 カメラ、交換した方が良いかもなんてアタマをよぎるんですが、形状は兄貴分のRodeo150(こっちはカメラ映像普通)と同じ様に思います。
 下の写真は白がRodeo150のカメラです。
IMG_3146
 交換したら明るくなる…のかな。んーどうでしょうねw

 レビュー動画もえっらいショートになってしまいました。ホント日本海側の天気が憎い! 
 晴れたらまた飛ばします。これは楽しいドローンです。