ごめんなさい、サクッとレビューは割愛しますもう…。
IMG_3053

 なにせ届くのが遅かったですよね。見ればもう先行レビューだとか、先に入手したYouTuberさん方達が凄く分かりやすいレビューを公開してますし、俺もそういうの観て勉強しようと思ったりしている次第ですし。それに日本国内でフツーに販売されていますから、わからないことは販売店に聞けますから。


 
 もうね、12月15日に届けてもらっても、こっちは飛ばす機会なんてホント無いんですよ。仕事は師走の大詰め、晴れたら仕事、空いている日は悪天候の時。これが11月着だったらまだチャンスは有ったんですが。
 と、後悔しても始まりません。師走のドタバタ、新年のダラダラも終わりを迎え、やっと飛ばす機会が出来ました。天気予報も晴れ。
IMG_3054

 この箱で持ち歩いても良いかもなんて思ったりもしましたが、フライモアコンボには専用キャリーバッグのおまけ付き。これがなかなか。

 本体、コントローラーは勿論の事、左右のポケットにそれぞれ1個ずつ予備バッテリーが、この他、充電器(ACアダプターの方若しくはシガーソケットの方いずれか、かな?)、USBケーブル、予備ブレードなども収納して持ち運べます。同時充電出来るアダプターは諦めた方が良いかな?
 また、バッテリーをいわゆるUSBモバイルバッテリーにする事が出来るアダプターもあり、出先でiPhoneやスマホのバッテリー切れになった際、MavicProのバッテリーを使ってフル充電が可能だったりします。
 しかしこのバッグしょって歩いてたら、新橋で一杯ひっかけてから帰るお父さん気分になれそうですね。ええ、ちょっとダサい気がしますw
IMG_3066

 本体、コントローラー、バッテリーなどは、SkyLink Japan様が動作確認等を行なってくれているそうなので安心ですね。ほら、こうして封印を改めてしてくれています。
IMG_3052

 でもね、MODE1ってイマドキどうなんでしょうね。おかげで俺、アサイチの初フライトのチャンスを逃しました(というか気付こうよう先に!)。

 アプリはDJI公式サイトにあるリンクにてゲットできます。無料。なにやら現在開催中のCES 2017で新しいアプリも発表されているようですね。でもなにか嫌な予感がします。対応しているのはInspireやPhantomだけとか…そんなこと、無いですよね?
IMG_3055

 使用するにはアカウント作成が必要です。そして第二の落とし穴、現時点で「ファームウェアアップデート」を済まさないと飛ばせません。これを出先で食らうと本当に痛いです。時間がどんどん過ぎていきました。

 あと、コントローラーは最初の一発目の「広げ」はホント勇気が要ります。物凄く硬いんです。アンテナなんてもうバッチーンってなりそうで…。それとスマホホルダー部!これも最初はめっちゃ硬かったです!まるでボンドで固定してたかのように!w
 コントローラーのホールド感は抜群です。スティックの硬さ(?)もかなりいい感じ。最近ナノクアばかり飛ばしていて、DEVO7Eか「おっさんには小さすぎるコントローラー」ばかりだったのですが、持った時「ほう…!」って感じです。今後のドローンの標準にしてほしい感じw

 あと、誰だよ「起動はボタン長押し」とか言ってた人!

 起動はまずコントローラー、続いて本体なわけですが、どちらも「長押し」ではありませんでした。これに気付くまでに何分もかかり、「しょ…初期不良じゃね?やばくね?もう返品期限過ぎてるんですケド…!!!」とテンパってしまってさらに焦りましたよwww
 で、正しくは「トンツー(・ー)」です。一回ちょんと押してからの長押し。改めて考えてみると、コントローラーの電源ボタンなんてフロント部の、RTHボタンと反対側。居ないとは思いますが、もしも飛行中に間違えて電源オフったら…。そう、それの防止策なのでしょうね。DJI流石です。

 また、今回は海でのフライトでしたので波の音や風の音であまり聞こえはしませんでしたが、日本語の女性の声でイロイロ喋ります。siriさんほどウィットでも流暢でもありませんが、英語ではなく日本語なのは驚きでした。DJIが日本のドローンメーカーだと勘違いしている人が居るのも頷けます。

 取り敢えず時間も無かったので、チュートリアルをサクッと眺め、アーム方法(両スティックVの字?)と、離陸はアーム後に上昇でOK、ランディングは下降し続ければOK、さらに着陸したら自動でディスアームする事を確認。ふむ、これで飛ばせるぞと。

 で、挑んだ結果が…w

 まーなんとか動画は作れたのでちゃちゃっと編集してアップです。しかし4K、恐ろしくキレイですね!そして重い…。もう俺のMacBookPro Ratina Late2012、iMovieではどうやら厳しいようです。
 

 MavicProならではの機能が全然まだ出来てないんですが、それらもおいおい使って行きたいですね。
 勿論基本は仕事(屋根の調査)に使う事なのですが…w