前にクラウドファウンディングで見かけた記憶があって…。本当に製品化するとは!w
HR3239_1
 ・HoverCamera
http://www.surehobby.com/ja-hovercamera-follow-me-360-spin-with-4k-hd-camera-gps-rc-quadcopter-p242321.htm
 そう、SureHobbyで既に発売中です。この記事執筆時点では11.11セール真っ最中ですから、10%オフクーポンも使えます。

 で、なんで気になっているかと言いますと、この動画みてもらいましょうか。
 
 セルフィードローンと言えばDobbyがありますが、Dobbyでもまだサーポートされていない(後日されるそうです)顔認識や、自動追尾(これはDobbyでも出来ます)、オートチルトなど値段もですが機能面でもかなり差があります。
 でもこれはプロモーションビデオ。先日紹介した記事の様に「どうせ盛ってるんでしょ?」と思っていましたが、どうも盛っては居ないようです。
 あ、冒頭3分30秒ほどは飛ばしても良いですw
 
 どうです?
 特筆すべき点はその安全性。プロペラ部は完全に覆われた状態になります。ですので不意に触っても大丈夫。離着陸、というか飛ばすさいも本来ドローン飛ばす際にはやっちゃイケナイ機体をつまむように持ってそのまま離すという方式。それがHoverCameraですとOKなのですから。
 セルフィードローンとしての立ち位置を理解し、それを実現しようとしてリリースされたのがよく分かると思います。勿論飛行時にはスマホによるバーチャルスティックにて操縦する事も出来ますが、基本的にハンドリリースしてムービーなり写真なりとって引き戻す、ホバリングさせて自動追尾させて撮影させる、高いところから見下ろしての記念撮影をさせるといった感じ?

 また、映像についても多少のブレこそあるものの、プライベートな記念撮影なら充分鑑賞に耐えうる品質だと思います。つまり「使い物になるセルフィードローン」と言えます。

 本当に惜しいのはその重さ。200gをちょっとだけオーバーしてるんですよ。カタログ値では242gですね。ですのでオモチャ扱いにはならず、まともにドローン扱いになってしまうところが本当に残念。
 しかしそんなところは撮影利用する側が弁えていれば問題でもなくなるでしょう。そしてもう見た目的に充分安全なカタチをしています。正直、セルフィードローンとしてのこのカタチじゃなくても、普通に飛ばすドローンも見習うべき安全性だと思います。
 価格帯としては、Dobbyの倍、Bebopと同等ととらえると、決して安くは無いこのHoverCamera。ただし、映像品質でも操作性でもなく、安全性は他のどのドローンにも追いつけない領域まで達しています。この安全性が如何に重要なファクターであるかは、既にドローンを所有し、クラッシュ等の経験をされている方には充分にわかると思います。絶対に人に怪我をさせないドローン(いや、この製品はドローンではなくあくまでもHoverCameraと言いたいのかも知れません)でこの価格。まぁ、ありなんじゃあないでしょうかねー。

 皆さんはどうお考えか、是非コメントください。