いいわぁ…FQ777
HR3141_1
 SureHobbyで発売中のFQ777 FQ11が到着!
・FQ777 FQ11 Mini
http://goo.gl/G1Hycm
 ナノサイズなWi-Fi FPV トイクア。
 アームは畳むことが出来、よりコンパクトになります。ですのでプロペラサイズもそこいらのナノクアッドよりも一周り大きいです。つまり「より安定した飛びが可能」です。
 ヘッドレスモード、ワンキーリターン搭載。コントローラーの電源ボタンの右横にあるボタン、右側がヘッドレスモード、左側がワンキーリターンに割り当てられています。
 360°フリップは右レバープッシュで方向舵。
 左レバー上の2つのボタン、左側はスピードモードでL/M/Hの3段階ループです。
 このあたりまではいつもの操作系統ですかね。 
 そして新たにTail-wagging turnという飛行モードが!左レバー上の右側をプッシュすると「ピピピ」って鳴ります。その状態で旋回すると物凄い速さで回ります。そう、いわゆる「ガメラモード」ですねw

 FQ777 126Cでは付属品も含め全てがコントローラーに収納できましたが、FQ11はコプター本体のみ。付属品には予備プロペラ、プロペラ交換用バール、ドライバー、USB充電器、スマホホルダーがあります。箱自体が結構コンパクトなので、付属品含め箱ごと持ち歩いても良い位の大きさです。
IMG_0909

 Wi-Fi FPVについては、ワイドレンズではないので、正直コレで画面だけ見ながら飛ばすのは無理。映像も0.3Mです。屋内で飛ばしているぶんには遅延やブロックノイズもさほど起きず、本当にワイドレンズじゃないところだけが惜しいんですよね。
49

 今回のレビューではWi-Fi FPVを使用せず、ただ飛ばして楽しんだだけですが、風があるにもかかわらずデフォルト(Middle)で充分飛んでくれました。


 アンテナがデフォルトで本体の外に出ているお陰か、リモートが不安定になる事も無く(といっても10〜15mの範囲での飛行)、屋外でも結構楽しめる性能を実感できました。それぞれのモーターの真下にはシリコン製のスキッドがついていて、ショックの吸収がかなり良いです。
 少々残念なのは、プロペラガードが無い事。いや、別に無くても良い気もしますが(なにせナノです。ぶつけたところで家具が痛むなんて事はあまり無いと考えられます)、付けるか付けないかをユーザーに決めさせて欲しいですよね。
 あとはホント切実にワイドレンズ。これがもしワイドレンズだったら、アプリで2画面表示も可能なわけですし、スマホ用VRゴーグルでFPV体験して飛ばせると思っているのですが…。

 価格もお手頃。インドア派、ナノクア派な人にはかなり楽しめる機体だと思いました。