「これホントにおもちゃで撮ったの!?」って思われたら誰でも嬉しいに決まってるじゃないですか。
IMG_2957

 というわけで、俺なりにどうやったら「スゲー!」な空撮動画をどうやったら作れるかを考えているところです。
 映像を構築していく上で「静」と「動」のコントラストって重要なのを空飛ぶモアイさんが教えてくれました。確かに映画なんかみていてもそのカメラワーク一つで見る側の印象はかなり変わってきます。最近じゃ言われなくなりましたがSFXやCGは本当に気付かれるレベルじゃない高度な部分で映像表現に貢献していますよね。トイクアでの空撮にSFXはまだまだ難しい領域ですが、ネットというそこらへんで低価格だったり無料だったりで提供されている動画編集アプリを使って、都合の悪い部分をカットするだけでも、実は結構塩梅のよろしい動画ってつくれるもんです。
 使い方がわからない
って人もいるかと思いますが、そこそこメジャーなアプリであれば、そんな使い方やTipsなんかもネットで公開されていたりします。ぜひ探してみてください。

 俺はMacユーザー歴が長いので、動画編集はもっぱらiMovieです。テレビ関係者が好んでつかっているMac用のビデオ編集アプリ「Final Cut Pro」ってのもあるのですが、そっちは高機能な分扱いも複雑になるので「お手軽に」とはいきません。というかそこまで使いこなしてより凄い映像に持っていけるスキルを俺は持ち合わしてないんですw
 そこそこ適当に飛ばして、傾きとかそういうのが無いシーンだけを残したムービーはこちら。

 景色はいつもの所なので、そういう意味でのインパクトは薄いですが、最近トイクアのモデル名でYouTubeにて検索してヒットする空撮動画の中ではマシなレベルだと自負しております。

 俺にはテクニックは無く、センスも不足しています。それを証明している動画が次のもの。そんな俺なりに、「魅せる動画」を取るコツを動画の後半でレクチャーしています。ぜひご参考になさってみてください。
 今回の「コツ」は「静」の空撮動画を得るためのもの。正直、ケツホバさえできれば誰でも作れると思います。あと必要なのはほんのちょっとの気遣いだけです。多分今日からでも実践できますよ。

 「操縦しない時間を作る」「悪い映像は切り捨てる」「モーターの音などの雑音を下げる」ところがポイント。


・操縦しない時間をつくる
 トイクアにはジンバルがないので、舵を切れば機体は傾き、一緒に映像も傾きます。すーっと一定に動く様に舵をとるとか、ほんのちょっとくらいなら見苦しくもないのですが、初心者レベルでそれをやるのはまず不可能です。いや、熟練でも限られた人でしょうね。
 微風時や無風時であれば屋外であってもトイクアはかなり定点ホバリングしてくれます。その状態を利用すれば「美しい映像」を得ることが出来ます。風があると無操縦では風に流されてしまいます。ですがこれを利用するという手もあるのです。
 風向きを読んで上流へ機体を持って行き、無操縦で風に乗せて、通信が途絶える前に引き戻す。そのまま通信が途絶えてロストするんじゃないかという恐怖心との戦いです。
 無操縦時の映像はまるで安定してパンをしているかのような映像になりますのでこれを使います。

・悪い映像は切り捨てる
 これに結構抵抗ある人が多いのか、単に億劫なのかはわかりませんが、操縦時の映像は機体が傾きますし、映像も傾きます。しかも不特定にしかも短時間に。普通に手でハンディカメラもって歩き回ってる映像でも、どんだけ手振れ補正が効いていてもかなり見苦しいです。見る側からすれば、予測できないカメラ目線の移り変わりは酔います。ですので切り捨てる勇気(せっかく撮った映像なんですけどね)は絶対に必要です。どんどん切り捨ててください。

・モーター音などの雑音を下げる
 カーアクション映画の様にハイチューンされた車の爆音を乗せるため、といった感じに効果を得るための騒音は必要不可欠ですが、今回のように「静」な空撮動画に爆音は不要です。どちらかといえばピアノソナタのような静かなBGMの方が効果的だと思います。俺は基本レビューっぽい動画ばかりつくるので、参考になる程度にモーター音も残している場合が多いですが、魅せたいなら雑音は不要だと思います。

 不要といえば…俺のアップしている動画はスーパーがやたらでますが、それも不要ですねw

 また機会があれば書こうと思ってますが、ホバリング以外の「練習」というメニューも正直不要かもって思う今日この頃です。飛ばすときに何か課題、例えば今回はこの範囲から出ないように飛ばそうとか、右回りで飛ばそうとか、そういうのは是非どんどん実践してほしいと思います。対面ホバの練習とかいって、機体とにらめっこするのも不要。前進舵をゆるくとりながら右舵+右旋回、左舵+左旋回という動きを続けていれば、自然に側面ホバも対面ホバも身につくと思います。しかも楽しい。

 先の動画にあるように、ベンチからベンチへとか定点ホバするとかの練習って、イライラするだけでやってて楽しくないですからw

 関連サイトや関連書籍にはトイクアの練習メニューみたいなのが掲載されている事がありますが、きっと著者の方はヘリラジコンなどの経験を根底にして模索しているところなんだと思います。そういうのを素直にこなすのも上達への一歩だとも思いますが、よくよく考えるとおもちゃなんだから自身が楽しむのが第一だと俺は思いますよ。

 下手くそな俺が「コツ」を語るのもアレですけど、この記事に触発されて「いやいや俺ならこうする」とか「俺の空撮の方がじぞまえのより遥かに美しいぜ!」ってのがあったらどしどしご紹介いただけたら俺もまだ頑張れそうですw
 よろしくお願いします。