JIZOMAEのブログ

空撮ドローン、レーシングドローン、トイクアを始め、ガジェットやゲームなど自分の興味ある事についてのブログです。 ブログタイトルがデフォルト(ユーザー名+のブログ)にしているのは、あくまでもこのブログは私じぞまえの個人趣味的なブログであって、「Droneなにがし」のような、業界に貢献しようとかそういう意図は無いものですのでご了解ください。 こんな薄っぺらい内容のブログですが、私「じぞまえ」と「JIZOMAEのブログ」に関する内容及びJIZOMAE - YouTubeチャンネルの動画は、「2ちゃんねる」と「ニコニコ動画」への転載等(リンクなどを貼る行為、固有名詞等を伏せ字を用いて表現する行為を含む)を一切禁止します。ご注意ください。ただし、TwitterやFaceBook、はてなブックマークでのシェアは問題ありません。

 今日には予備バッテリーが届くと思いますが。
 死んでいたとばかり思っていたバッテリーを装着してMacにつないで充電してみたら片目点灯!
 嬉しくて鼻水でまくりですよw 花粉?
 この日、「波浪警報」(注意報じゃなく警報)が発令されるくらいの荒れっぷりだったんで外で飛ばせるわけがなく、室内のみでした。 
 うまい具合に9gの重さの0.3MPのスパイカメラが出てきてくれたので、背負わせて空撮もさせてみました。

 Rolling Spiderの何がまず良いかと申しますと、「墜落しない」こと。これに尽きるのではないでしょうか。よっぽど荒っぽい操作とか、「わざと」ぶつけたりしない限り、まず墜落はあり得ない、そう思わせる飛びっぷりです。自立飛行って、トイクアには非常に大事な機能に思うんですが、それって俺だけ?
 JJRCやWLtoyにも見習ってほしい、それくらい格が違う飛びっぷりです。

 逆に、スマホでのみの操作なので、レバー感のない操縦は物足りなささえ感じます。Bluetooth接続のせいなのか、操縦に1秒ほどラグがあるような。それと、操縦可能距離が20mと短すぎ。しかし安心して飛ばせる機体、これなら息子にも遊ばせられそう。いや、これはお父さんのおもちゃです!w 

 今回はH8CとH6C、連続して飛ばせました。1フライトずつ。
 ずっとCFモード発動方法がわからなかったんですが、どうやらこういうことのようです。

1.CFモードとOPARは同じボタン。なので同時に発動する。
2.ボタンを押すととりあえずOPARが発動。
3.一気に迫ってくるけどこれをうまくやり過ごせれば(墜落しなければ)CFモード発動。

 今回試したのは、アドバイスをいただいたとおり、機体の後方に立ち、バインドをし、プロポを機体と同じ高さ(地面)にもっていって、CFモードボタンを押す。
 プロポからピーッピーッピーッと音が鳴り出します。
 離陸するや否や自分の方へ向かってくるんで(多分OPAR発動)、前進と上昇で交わす。 
 以後はCFモード。機体がどっち向いていようが、前進は自分の前方へ移動、左右等も同じく。確かに操縦しやすいです。動画では、自分てっきり海を撮影しているんだと思っていたら、実は機体は最初から反対側を向いていたというオチ。

 あと、H8Cと比較して音とか画質とか気になる方も、もしかしたら居るかもと思い、ピクチャーインピクチャーしてみました。一体iMovieはいつからこの機能をサポートしていたんでしょう。これでファイナルカットプロ買わなくて済みましたw や、高くて遊びで買えるシロモノじゃございませんが。 
 

 短編映画ですが、アナ雪人気はまだまだ続きそうです。
 「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」(原題『Frozen Fever』) の予告編が公開。アメリカでは3月13日より劇場公開されるそうですが、日本ではどうなんでしょう。

魅力的です。
SKU165687_21

メーカー: Flying3D 
機種名: 6 Axis 2.4G GPS RC Quadcopter 
型番: X6 
通信 : 2.4G 
飛行時間: 4-15min 
制御範囲: About 500m 
バッテリー: 7.4V 1000mAh 20C 
プロポのバッテリー: 1.5VAA*4(OSD Version) 
バッテリーサイズ: 6.5*3*1.3cm 
飛行精度: ±0.2m/s 
最高速度GPSモード: 5m/s 
最高速度通常モード: 10m/s 
長さ: 235mm 
重さ: 400g(with propellers and battery) 
セット全体重量: 1380G 
飛行重量: 640g 


特徴: 
GPS- 安定したホバリング、強い風への抵抗 
UFO 自動回転 
墜落防止策として自動帰還着陸、ワンキーリターン 
インテリジェント飛行モード 
GPSによる高度ホールドで安定モード 
飛行データのリアルタイム表示機能を装備するように更新することが可能 
オートマチッククルーズコントロール、ヘッドレスモード 
低電力防止機能 

パッケージ内容: 
1 x X6 6 Axis GPS Quadcopter 
1 x トランスミッター 
1 x バッテリー 
1 x 充電ケーブル 
1 x ユーザーマニュアル 

Banggoodで$195.99

 ブラシレスモーターといえばRC EYE One Xtremeが実売2万円弱ですが、こちらはさらにGPSが付いています。
 ただパワーがちょっと弱く、GoPro+ジンバルは厳しいようです。

GoPro同等の画像が得られるM10を搭載して飛んでいる動画がありました。
 

 うーん、720pと大差無い感じうけますね。
 ロシア語は「スパシーバ!」しか知らない俺なのでもう何を言ってるのかさっぱりな動画ですが、後半にオンボードカメラによる空撮動画が観れます。
 どうもH12Cレビューとかで飛ばしている有名な方のやつは、レビュー用としていただくもので、カメラがついてなかったりしていたようですね。いいなぁ。いいご身分だなぁw


 この写りっぷりなら、カメラ無しにしてMOBIUSアクションカムをくくりつけて飛ばす方が良い気がします。Quadcopter101さんみたいに。

 H107Cってカメラスイッチリモコンじゃないんですね。でも、どうせ空撮動画って余計な部分はiMovieでカットすること出来るんですし、リモコンじゃなくても良いかも。逆に先日の俺みたいに墜落して以後オンオフが逆になってたりしますし。

 SE/30以来ずっとApple製品を買い続けている俺です。あ、全機種とかじゃないですよ。

 3月9日(日本時間3月10日午前2時)、Appleがスペシャルイベントを開催することを発表しました。予想されるネタはもちろんAppleWatch。MacBookの新型も噂されていますが、世間はAppleWatchに注目しているようです。
 モバイルデバイスとしてのiPhoneは、本当に大成功をおさめていると思います。思い返せば、iPodとケータイ(折りたたみでもなかった東海デジタルホンのやつ)を持ち歩いて、
「なんでケータイにiPodみたいな音楽再生機能つけないの?mp3再生出来るようにすりゃ良いだけなのに。」って友人に言ったら笑われ、
「じゃあiPodに通話機能つけたら良いじゃんね?」って言うと、
「http://iphone.comって入れてみな?」って。
なんとAppleのサイトにジャンプしたんですよ!まだiPodしか世に無かった時から! 

 そしてiPhoneの発表。日本では発売の予定も無かったのが本当に悔しかったです。しかし孫氏はやってくれた。日本にiPhoneをもたらしてくれた。当時auだった俺はかみさんにも相談せず、auからMNP。なにせ10年前から欲しかったカタチですからね。

 そんなAppleが次に出すのがAppleWatch。すでにそこそこの詳細は発表済みで、お値段がまだハッキリしていない。噂では10万円以上するとかしないとか。普段時計をしている俺ですが、現場仕事なのでもちろんG−Shock。しかも1万円もしないやつです。そんな人間が、どれほど機能的だろうが、どれほどオシャレだろうが、10万円(以上?以下?)も出して買いましょうか…。
 多分、AppleWatchは売れないと思います。ひょっとしたらかつてのAppleの失敗、ピピンアットマークくらい売れないかもしれません。
54be7f7cee589468c263abf32ad5440f
 
 しかしながら、iPhoneをポケットから出さずとも、メッセージ(だいたいかみさんのツムツムのハートプレゼント、若しくは楽天の鬱陶しい販促メール)確認やら出来たらいいなとは思っています。心拍や万歩計は俺には不要。1万歩あるこうが、50歩でやめていようが、人間死ぬ時は死にます。健康になりたいなら野良仕事に精を出しましょうよ。

 そんな俺が現段階で欲しくて欲しくて仕方ないのがコレ。
Pebble Time

 リンクはキックスターターへジャンプします。そちらに説明等はありますが、Pebble Timeは現在絶賛発売中のPebbleのカラー版。もちろんそれだけじゃなく、イロイロなギミックも凝ってます。SDKでアプリ開発も可能です。そして何よりも魅力なのが、カラーといってもLEDではなく、カラーペーパーディスプレイなのです!つまり電池が長持ち!なんと7日間無充電で過ごせます。

 スマートウォッチの最も懸念されているところ、『バッテリーが1日持たないんじゃねーの?』が見事に克服されたPebble Time。これこそ、スマートウォッチなんじゃないでしょうか。対応スマホは勿論iPhone、そしてAndroid。俺の予想ですが、こっちの方がじわ売れすると思います。アプリが出揃って来るまではさほど時間はかからないでしょうが、 この画面っぷりからして俺が出して欲しいゲームアプリはやはり『たまごっち』ですねw

 なあに、ロストしたところでまだH8Cもあるもんねー♪
 仕事あがって店に戻ってもまだ陽が沈んでいなかったんでチャンスとばかりに外へ。
 風は前より強めでしたが、思い切って飛ばしてみようと決意。びびってんじゃねーよ!海じゃなきゃなんとかなる!そんな気持ちでw

 いやあ、安定しないままだと本当に凄い動画になりますね。お見苦しすぎ申し訳ないです。
 墜落後はまたもやビデオのオンオフが逆になっていたようで、ほぼ全部のビデオが離陸前動画でした…w
 墜落したら一旦プロポの電源をオフって再度バインドさせてから飛ぶほうが確実かもしれませんね。 

 自然をナメちゃダメ。

 屋内ではかなり安定して飛びます。小さいから6畳間程度でも充分練習できそう。
 大荒れな天気でしたが、雨が止んだので途中から外でのフライトに。風がやはり強かったんでなるべく家の影で飛ばしてみましたが全く落ち着かないです。もちろん下手なのもあります。

 OPARの方法は左側十字キーの右ボタンなのがわかったのでポチッとしたらびゅーんと戻ってきました。そしてその勢いで墜落。何度か試しましたが「びゅーん」は絶対で方向はでたらめなのもわかりました。プロポのある方向へ戻って来る仕組みならまだしも、遠のいて行く事の方が多かったり。
 「正確でない」どころか信用ならない機能です。無くていいかも。変に誤解もってしまいますし。

 CFモードについては未だに発動方法わかりません。ボタンはOPARと同じなので長押しとかダブルプッシュとか試してますが、それらしき機能が発動したかは確認できないままです。

 トイクア購入の際、CFモード&OPARがついているのを優先すべきと思っていますが、これほど使い物にならない機能なら、別に無くてもいいんじゃないかって思います。
 カメラについては、H8Cと同じ解像度、720pなわけですが、心なしかH6Cの方が綺麗に思えます。ピンととかの関係かもしれません。H6CはHubsan X4 H107Cと同じくレンズをラジオペンチ等で回してピント調整が可能なタイプ。俺の機体は調節はしていません。

 プロペラの予備ももう使ってしまったんで、現在注文している予備プロペラの到着が待たれるところです。外のフライトで結構墜落繰り返してしまって、ペラがボロボロになってきてますw 

 いや、「余計なもの」が入っちゃってるんでしたっけ?w

 もうかれこれ1年はマクドのバーガーを食べていないかもしれない俺です。あ、コーヒーは100円なんで時々飲んでましたが、コンビニでも100円で結構うまいのが飲める時代になったんで、どんどんマクドが遠ざかってます。
 CMみてもあまり食べたいって思わなくなったし、ハッピーセットに息子も食いつかなくなったし。うちの「市」にはマクド一件だけ。しかもバーガーショップもそのマクドが独壇場。 もしもマクドが潰れようものなら…そろそろほとぼりも冷めただろうし、たまにはマクド食べようかな。もうそこそこ年とりましたし、嫁や息子に内緒なら…。

 80年代。かつて数多くのバーガーショップが軒を連ね、あの手この手のサービスや価格競争でしのぎを削っていました。池袋の学校に通っていた俺はウェンディーズがお気に入りでした。知っている人は知っているでしょうが、深くは語りません。

 マクドが低迷を続けているそうですが、その打開策は80年代にあるように思えるんです。そんなわけでYouTubeの動画紹介。どうもこれ、「研修ビデオ」のようですがこの服装…ああ!ウェンディーズ!w
 
 ソウルな雰囲気のラップで見事にバーガーの作り方をレクチャー。フル動画じゃなくてちょっと残念ですね。このシチュエーションにデジャビュー…ああ!これですね!

 3の登場が待たれます。パラッパ君の息子世代のストーリーとか面白そうなのですが、もう作られることは無いんでしょうね…。

 今のマクドに足りないもの。それはソウルなノリなんじゃないでしょうか。「余計なもの」は省いてっていうか混ぜないでよまったくw 「ノリ」を加えて盛り上がって欲しい、そう願う俺です。 

 俺はゲーム開発はしてませんが…デベロッパ契約はしてますw

 ソニーやニンテンドー、WIndowsでゲームしてらっしゃってMac持ってない人にはわからないネタかもしれませんね。ニュースサイトで話題になってたんでつい…ここで反論というか、ネタ投下です。
 俺も「Macでゲームはなぁ…すでに空容量厳しいし。」て事であまりチェックはしてませんでした。
 そして、今チェックしてみると、結構出てますね。
 海外のものが目立ちます。
20
 ゲームの定番であるゴルフゲーム、レースゲーム、パズルゲームはあります。
 アクションRPGも見受けられますが洋ゲーRPGが苦手な俺にはどれが面白そうなのかわかりません。
 しかし、トゥームレイダーやコールオブデューティといった、ビッグタイトルっぽいのもちゃんと売られていたり、マリオのパ…クローンっぽいアクションものもあるんですね。

 iPhone用アプリも、Mac用アプリも、開発にはXCodeという同じアプリを使用します。かたやタッチパネル、かたやタッチパッドもしくはマウスもしくはキーボードというインプットの違いこそあれど、コアとなるソースコード群は同じものなのです。
 「iPhone用アプリ作ったけど売れ行きイマイチになってきたからMac版だしとこか(倍額で)」とか「スタバでおしゃれにプレイして頂きたいゲーム考えました」とかはイケる気がします。

 かつてiPhoneも米国発売から年月がたってから日本でも発売開始されたわけで、その当時といえば、ゲームなんて洋物だらけで、ぼちぼちと日本のゲームが出始め、iPhoneの普及とともに一気に市場拡大したイメージがあるんですが、今の所まだ洋ゲーが目立つこの業界。抜きん出るなら今がチャンスって思うのは俺だけでしょうか。

 俺的には、ドラクエXをいちいちWinに切り替えずにMacで、スタバでWi-Fiつないでドヤ顔でプレイしたいのですが…w だめですか?スクエニさん。 

 先日届いて早速iPhone5Sでバインド(?)。アップデートを即されましたがとりあえず飛ばしたいということで飛ばしてみました。
rolling_hand

 H6CやH8Cとは比べては行けないくらいの安定っぷりです。TakeOffボタンタップでひゅんと浮き上がります。そしてピターって空中静止。その静止っぷりを写真に収めようと思ったら、そう、iPhone使用中w
 バカです。

 室内でのピターっぷりはわかったので、外でちょっとどうよと思い、とりあえず玄関先でフライト開始。風が少しあるかなってところでTakeOff!ピターっ…クククッ…ピターって感じにやはり静止飛行してくれます。

 Rolling Spiderがピターって出来るのは、ほかのトイクアにはない「目」があるからなんです。本体下に。地上付近では超音波で地表までの距離を計測し、浮遊位置については60フレームでカメラ撮影し、前の画像との相違性で位置を把握し、高く上がれば気圧計で高さを把握する仕組み。目からウロコのハイテクです。当然、カウンターをチチチッて当てる必要も無し。

 飛行するとTakeOffボタンがLandingに変わります。Landingについてもボタン一発。機体は徐々に降下を始め、地面近くまでおりるとプロペラがとまってどすんと着陸します。これもセンサーのおかげでしょうか。

 なにせこの機体、カメラが飛行維持用についているんで動画は撮れず、静止画もその腹の映像という事に。本当にもったいないマシンです。なんでJumpingSumoやAR Drone2.0には動画カメラ付いてるのにRolling Spiderにはつけなかったんでしょう。空撮用にもう一個カメラつけていても良いじゃない。
 そして本日、今度は飛行っぷりも朝から納めてみようと昨夜のうちから充電放置していたわけですが、身内がPCのコンセントを抜いたまま放置してしまい、つないでいたRolling Spiderは完全放電状態。今朝、それに気づいて充電を試みるももううんともすんとも。バッテリー死亡です。もしくは本体故障!?
 泣けてきます…。
 しかもParrot純正のバッテリーは2千円以上するという…。Amazonにはサードパーティからもバッテリー+充電器が出ています。俺はそっちを買いました。評価がイマイチなのが気になりますが、もう結構使い込んでしまってカツカツです><

 適当に撮った動画、一個だけ。ホントとりあえず感満載ですが、貼っておきます…。3秒動画w
 

 どうせ春節が終わってからの到着だろうと思っていたんでびっくりでした。
 まず、外箱が違うようです。
IMG_1825
  以前のものよりもコンパクトになっています。よこから引き出すと、機体その真下にプロポ、そしてスペアパーツ等。横の隙間にマニュアル(英語と中国語)が挟んでありました。

 自分はモード1を頼んでいたつもりでしたが、どうもそうでは無いようです。どうせ初心者、慣れもへったくれも無いですし、H8Cと同じでしょうからあまり気にはしていませんw
IMG_1831
  このITEM NO.がモードを表してるんだと思います。

 更にレバーの下の十字キーも逆のようです。しかしOPAR発動はマニュアルどおり左がわの十字キーの右押し。完全に混乱中ですw

 さて本体ですが、Hubsanと違う点を言いますと、カメラボタンが無いです。そう、プロポからコントロールできます。それとプロペラガードが足の下から上へお椀のように伸びている形になっていて、X4のようにいちいちプロペラまで外さずともOK。
IMG_1827
 
 やっと飛ばす時間が少し出来たので飛ばしてみた映像です。


 全然上達してなくて本当にお見苦しい動画ですね…精進します。

 新型となり、CFモード、OPARがついたわけですが、実際にやってみたところ、OPARは機能してんだかしてないんだかわからない感じ。明後日の方向へ飛んで行きました。
 CFモードは、地面に置いて、真後ろにプロポを構え、左十字キーの右を長押しで「ぴーぴーぴー」なりだしたんで多分発動したんでしょうけど、離陸させるやいなや、後ろへ向かって飛んでいく有様。
 CFモードを解除して再度離陸させるとちゃんと真上に飛びました。これは信用ならない機能です。
 なにかコツとかあるのかもしれませんね。

 H8Cよりも小ぶりなので、室内で遊ぶには最適なマシンだと思います。
 外で飛ばすには風が心配。いくらでも風に流されても見通せるもっとだだっ広い平原で思いっきり飛ばしてみたいです。この時期まともに穏やかな天気なんて望めない場所に住んでいますので、そういう意味でも室内飛行向きのものを選んだのですがw

 近日中にCFモード、OPARをうまいこと発動させられるかも報告出来たらと思っています。 

 「室内でテキトーに飛ばしたい」そんな方々が結構いらっしゃるのを知りました。
 世界最小クラスなナノクアッドは、値段も5千円程度と手頃で、基本室内飛行仕様なのでちょっと飛ばして暇つぶしってニーズにはかなりガッツリハマるらしく、さらに超小型でありながら飛行はいたって安定しているそうです。
 人気なのは京商 クアトロックス(QuatroX)やG-Force ピクシィ(PXY)。おもちゃ屋さんでも売っているそうです。 
UnknownUnknown-1
 そしてこれらのナノクアッド、プロポもナノなのですw
images

 ツワモノさん方はそのプロポに改造を施して操縦しやすくしていたり。

 細かなカウンターが要求される飛び物おもちゃ。コントローラーこそしっかりしたものを選びたいと思うのは贅沢なのでしょうか。

 いえいえそんなこたぁございませんぜ。
・WLtoys V272
 2n1fho1
4チャンネル機能は、安定した飛と簡単な操作を提供します。
ジャイロスコープや防具ミニシャフトヘリコプターの設計
USB充電ケーブル、充電がより便利になる。
WLtoys V272 RC ヘリコプター
リモート距離: 40メートル
バッテリー:3.7V 100mAh (同梱)
飛行時間:約4〜5分
充電時間: 30分
送信機用バッテリー: 6本× 1.5V単三電池(付属しません)
パッケージサイズ: 19.6x 17.4x 8cm
重量:800g 

 みたところ、ナノスパイダーそのもの。しかしナノスパイダーもプロポは小さいヤツですね。ちなみにこのV272付属のプロポ、他のWLtoys製トイクアはもちろんの事、JJRCにも使えるとの噂なのです。俺に財力がないので実際の検証ができないところがモドカシイわけですが…。
 室内飛行ならロストの心配もありませんし、エントリーマシンとしてこのV272、プロポのおまけで機体まで付いているというスタンスでもオッケー!おすすめであります! 

レビュー動画はこちらが参考になるかと。無言で英語字幕ですが、概ね言いたいことはわかります…か?