JIZOMAEのブログ

最近は、おもちゃのクアッドコプター、トイクアの事に偏ってきていますが、iOS app、3DS、WiiU、映画など、テキトーに書いてます。 ジャンルにとらわれず、生暖かく見ていただけたら嬉しいです。 ちょっと色々リニューアル気味なのでお見苦しいところもあるかと思いますがよろしくお願いします。

 双11の熱も冷めやらぬ中、今度はブラック・フライデーです!
300x100
 そしてどうやら今回も、「予熱」からはじまるようです。
・予熱内容
 開始時間:11月21日11時〜11月24日18時(日本時刻)
 セールページ:http://www.gearbest.com/m-promotion-active-263.html

 セールページに表記されているものは25日から開催の正式イベントの開始時間ですが、実際のところ、21日11時より「Black Friday Savings Guide」と「Product You Might Like」の項目に於いてはフラッシュセールとお得なクーポンが放出されるそうです。

 さてその予熱セールに放出されるフラッシュセールとクーポンコードはこちらの共有表にまとめられています。

追記:GearBest担当より


大変申し訳ございません。m(_ _)m


セール情報にて書き間違うクーポンコードがあります。


xiaomi 12 air のクーポンコードは共有表に間違っており、


正しいクーポンコードは「xiaomiair12」となります。


ご迷惑をかけ致しまして、誠に申し訳ございませんてした。

今後共よろしくお願いします。

 

https://docs.google.com/spreadsheets/d/19NNZQdI9XGtp3cE7md5Rd0bs-E34xe0MHyK5O-BiwBU/edit#gid=0

 特にお得なのは最近話題(盛り過ぎPVという意味でw)のセルフィードローン JJRC H37 だそうですよ!
・JJRC H37 Mini RC Selfie Drone
http://www.gearbest.com/rc-quadcopters/pp_568643.html
クーポン「BH37
開始時間:11月21日 20:00時より開始
価格:19.99ドル

 H37ってどんなのか。まるで某Dobbyのようなセルフィードローンです。それがクーポンを利用することで19.99ドル!
 もうプンプン臭ってきますねw
 参考までにJJRCのプロモーションビデオもYouTubeに上がってますのでご紹介します。

 ほんのり可愛らしいモデルさんが印象的です。値段的にGPSは搭載していないんでしょうけど、なんか機能説明にはスマホコントロールで付いて来るみたいなニュアンスも書かれていたり。

 他にも今回のセールではJJRC、Hubsanなどブランドセールもあるそうです。「双11セール」を逃した方や、セールの後にお目当てが出来た方、次はブラック・フライデー狙い目かもw

 さてさらに今回も割引などお得なクーポンを集められるページが登場するそうです。
http://www.gearbest.com/coupon.html
53

 ※こちらはすでにクーポンの入手が可能の様です。
 そして今回もレアなクーポンが登場する時間があるみたいですよ!ポケモンかよ!w
 レアクーポンは毎日1時が狙い目だそうです。眠い目こすって集中しましょう。

 今回のセールについても、数に限りがある商品多数。売り切れ御免ってやつですね。決めたら早いとこポチるが吉。

http://www.gearbest.com/m-promotion-active-263.html
680x400
 

 いやあ!トイクアFPV楽しいっすね!
IMG_2136
 
・JJPRO T2
http://www.surehobby.com/ja-jjpro-jjpro-t2-85mm-naze32-flight-controller-micro-fpv-racing-drone-quadcopter-bnf-p242046.htm
JJ307_1
 FCはNAZE32とDSM2レシーバーを一体にしたコンパクトサイズのものを採用。動画のとおり組み上がった状態でした。つまりはBNF(?)
 カメラ部はEF-01同等品だと思います。JJPRO P130のカメラと同じ。底部をクッション付き両面テープで固定しているのみなのですが、フレーム上部は角度をつけてもアンテナが当たらないように切り込まれているので、お好みのカメラ角度が決まったらホットボンドとかでカメラの何処か(多分フレームのスペースバーか、アンテナの切り込みか)を固定した方が良さげです。

 CleanFlightに繋ぐには基盤後部のマイクロUSB端子を使うわけですが、これがフレームの立ち上がりで被っていて基盤を持ち上げないと接続できません。基盤はクッション付き両面テープで止まってるだけなので、繋ぐ事自体はワケないんですが、USB接続した状態と外した状態で基盤の傾きが違う事になりますから、何か考える必要あると思います。

 問題はバッテリー。付属の3.7V 600mAhバッテリーはどうもこのクラスのメジャーなものになってるっぽいですね。他のトイクアレーサーも同種類を採用しているものが目立ちます。おっと問題はですね、バッテリーの固定方法。
 輪ゴムをフレーム下部の出っ張りに引っ掛けて、バッテリーをそこへ通して固定するわけですが、フレームの輪ゴムかける出っ張りが小さすぎてすぐとれます。俺はホームセンターで売ってたケーブルタイを使って固定する事にしました。
IMG_2137

 折角スキッドというか足がついているのに、バッテリー付けるとその足が付かないでバッテリーが先に地面に。これからのトイクアレーサー製品の課題だと思います。RTF状態でスタイリッシュで性能維持。欲張りですかねw

 さてレビュー動画です。


 自分が想像していた以上にリモート距離があってちょっと感動しましたw
 前に持っていたSciskyのFCでもグランドの隅まで行けてましたが、RTFトイクアはいいとこグランドの真ん中あたりまでですからね。

 リモートが切れない = 安全

 という俺の定説があるのですが、まさにコレですね!

 最初、deviation化したDEVOとT2がバインドせずに変な汗がでまくりましたが、マニュアルに小さく書いてありました。本体を起動して10秒ほど待つと赤LEDが細かく点滅するので、その時になるべく近くでコントローラーを起動して赤LEDが点灯したらバインド成功と。以後、何度かこの作業をやり直すシチュエーションがありましたが、本体起動してバインドしなくなったら、この手順を再度行えばOKのようです。

 アーム・ディスアームは、左スティックを右下に極振りで行うのですが、deviationのデフォルトな設定ですと、最大の数値が1800程度までしかあがらず、アーム出来なかったりしました。
 解決するには、deviation側のミキサーで振れ幅を大きくすれば良いのですが、俺はこの動画と、ドローン友の会の皆さんにアドバイスいただき無事バインドに成功しました。

 でも、DEVOにはスイッチがありますので、HOLDスイッチをARMに割り当てましたw
 この方が便利というか確実にアーム/ディスアーム出来ると思います。

 FMODEスイッチをANGLE・HORIZONに割り当てました。
 その方法についても上記動画で確認できると思います。

 俺はまだまだFPV系は下手くそ(いや、操縦そのものがまだまだ下手くそw)なので、レーシングといってもトイクアに似た感覚で飛ばしたいので永遠にANGLEモードかもw

 そろそろ誰かがCleanFlightでトイクアレーサーしよう的な本なりを出してくれると信じてます><
 俺も何がどうだって説明が出来ないレベル。ええ、全然理解できてません(涙)
 フタバとかJRとか使われている方々って、どうやって理解とかしているのかが俺には想像も付きませんw

 モーターを受けているゴムの輪っか、凄く良い具合に固定できているので、今後3Dプリンタなどでフレーム作ったりする時に利用させてもらおうと考えたりしたんですが、ドローン友の会の方からサクッと教えていただきました。これって、本来はオーディオとかの配線を箱などに通すための部品なんだそうで!

 8520なブラシモーターですと内径7mmでキツめ(ゴムなので穴が小さくても通せるそうです)に固定がオススメだそうですよ。8mmってのもあるのですが、どうでしょうね。
 それくらいメジャーな部品であれば、地元のホームセンターにもあるんじゃないかと電気コーナー探してみましたら、あるにはあったんですが、デカすぎて…w

 Eachine、JJPRO、さらにはCheersonなんかもこのジャンルが続々リリースされているようです。基本的にはNAZE32系のFCに8520ブラシモーター、そしてカーボンフレームといった構成ですが、カウルに収まったものも出てくるみたいですし、このあたりのジャンルは今後さらに賑わいそうですよ!
 なにせ、屋外は勿論、頑張れば室内でも遊べるレーサー。パワー的にも怪我しにくいですし、日本の環境にはこれくらいがベターマッチなんじゃないでしょうか。 

 ちょっと前まで結構苦労してた事が、今じゃ難なく実現できてしまう。こういうのを日進月歩って言うんですね。
IMG_2097
・MJX X101 (GoPro用ジンバル付きバージョン)
49073_300

http://www.surehobby.com/ja-mjx-x101-6-axis-gyro-headless-mode-one-key-return-rc-quadcopter-rtf-2-4ghz-with-gimbal-for-gopro-3-p242134.htm


 MJXは箱がしっかりしていますね。輸送物なのでコレは結構重要というか、有り難いです。
 21cmのプロペラ、7.4V 1200mAhバッテリーの恩恵でしょうか、俺の持っているGoProクローン・カメラはAKASO EK7000というの。
参考記事:AKASO EK7000 アクションカメラ サクッとレビュー
 カメラマウントに取り付けてみたところ、EK7000だと本体上部にあるシャッターボタンが隠れてしまいます。Wi-Fiで繋げば遠隔操作も出来るものなのですが、そこまでしなくてもと今回は割愛w
 取り付け取り外しは簡単なので録画ボタンを押してから取り付ける方法で撮影しました。

 まーなんと言いましょうか、X101はパワフルです。撮影時はもうスグ集中豪雨が来るというので急ぎでする必要があり、風があり過ぎで無茶しているわけですが、全然オッケーだったので驚きです。
 ただ、やっぱりカメラはブレてますw
 ダンパーによる部分の、前寄りに取り付けるようになってるからなのか、俺の取り付けが悪かったのか、なんか、2本の小さいビスで頑張って留めている感じ。ちょっとコレ、留め方というか固定方法に工夫が必要だと思いました。

・レビュー動画
https://www.youtube.com/watch?v=U7HD2d0wOUM



 これは憶測ですが、こんだけパワーがあるならWalkera G-2Dあたりの軽量ジンバル程度なら余裕でイケるんじゃないでしょうか。スキッドももともと長めというか大きめにできていますし、ちょっと工夫しなきゃならないかも知れませんが。
・Walkera G-2D ブラシレスカメラジンバルプラスチックバージョン
http://www.surehobby.com/ja-walkera-g-2d-version-ilook-gopro-hero-3-p236730.htm
42524_300
 

 前にクラウドファウンディングで見かけた記憶があって…。本当に製品化するとは!w
HR3239_1
 ・HoverCamera
http://www.surehobby.com/ja-hovercamera-follow-me-360-spin-with-4k-hd-camera-gps-rc-quadcopter-p242321.htm
 そう、SureHobbyで既に発売中です。この記事執筆時点では11.11セール真っ最中ですから、10%オフクーポンも使えます。

 で、なんで気になっているかと言いますと、この動画みてもらいましょうか。
 
 セルフィードローンと言えばDobbyがありますが、Dobbyでもまだサーポートされていない(後日されるそうです)顔認識や、自動追尾(これはDobbyでも出来ます)、オートチルトなど値段もですが機能面でもかなり差があります。
 でもこれはプロモーションビデオ。先日紹介した記事の様に「どうせ盛ってるんでしょ?」と思っていましたが、どうも盛っては居ないようです。
 あ、冒頭3分30秒ほどは飛ばしても良いですw
 
 どうです?
 特筆すべき点はその安全性。プロペラ部は完全に覆われた状態になります。ですので不意に触っても大丈夫。離着陸、というか飛ばすさいも本来ドローン飛ばす際にはやっちゃイケナイ機体をつまむように持ってそのまま離すという方式。それがHoverCameraですとOKなのですから。
 セルフィードローンとしての立ち位置を理解し、それを実現しようとしてリリースされたのがよく分かると思います。勿論飛行時にはスマホによるバーチャルスティックにて操縦する事も出来ますが、基本的にハンドリリースしてムービーなり写真なりとって引き戻す、ホバリングさせて自動追尾させて撮影させる、高いところから見下ろしての記念撮影をさせるといった感じ?

 また、映像についても多少のブレこそあるものの、プライベートな記念撮影なら充分鑑賞に耐えうる品質だと思います。つまり「使い物になるセルフィードローン」と言えます。

 本当に惜しいのはその重さ。200gをちょっとだけオーバーしてるんですよ。カタログ値では242gですね。ですのでオモチャ扱いにはならず、まともにドローン扱いになってしまうところが本当に残念。
 しかしそんなところは撮影利用する側が弁えていれば問題でもなくなるでしょう。そしてもう見た目的に充分安全なカタチをしています。正直、セルフィードローンとしてのこのカタチじゃなくても、普通に飛ばすドローンも見習うべき安全性だと思います。
 価格帯としては、Dobbyの倍、Bebopと同等ととらえると、決して安くは無いこのHoverCamera。ただし、映像品質でも操作性でもなく、安全性は他のどのドローンにも追いつけない領域まで達しています。この安全性が如何に重要なファクターであるかは、既にドローンを所有し、クラッシュ等の経験をされている方には充分にわかると思います。絶対に人に怪我をさせないドローン(いや、この製品はドローンではなくあくまでもHoverCameraと言いたいのかも知れません)でこの価格。まぁ、ありなんじゃあないでしょうかねー。

 皆さんはどうお考えか、是非コメントください。 

 や、これくらいシンプルなのもアリだと思います。
surehobby_784_20161109
 SureHobbyの11.11イベントは現表示価格をクーポンコード「NOV10」を利用することでなんと10%オフにするものです。売り切れたら終了のようです。そりゃそうだ。

 実際に買うまでの流れをやってみましょう。
 まずはログインを忘れずに。まだアカウントを作られていない方は、登録からです。

 最近気になってるマイクロサイズFPVレーシングドローン用のフライトコントローラー。SP RACING F3 EVO Brush
http://www.surehobby.com/ja-sp-racing-f3-evo-brush-flight-controller-control-with-futaba-sfhss-receiver-racing-for-tiny-quadcopt-p242225.htm
 リリース直後はReceiverが別途必要で、さらに調達したならば自分ではんだ付け作業を行う必要があったんですが、新発売された同製品は、FUTABA対応、DSM2/DSMX対応、Frsky(Flyskyじゃないので注意)対応のReceiverが搭載されたものが登場。最近はDEVO7eでDSM2を使う事が多いんですが、ここは敢えてFUTABAでw
23
 
 カートに入れると、
54
  こうなります。買い物を続けたい方は「買い物を続ける」をクリック。決済したい方は「チェックアウト」をクリック。
 チェックアウトを押すと次の画面へ。ここで「割引きクーポンを持っていますか。ここで検証してください。」のところをクリック。
29
  画面にクーポンコードを入力する欄が現れるので「NOV10」と入力して検証。
05
 
 10%相当額が割引されましたね。

 あとはお会計を進む。っとまあ、シンプルです。

 高額商品であればあるほど10%の恩恵は大きいと思います。お目当ての製品がある方は今がチャンスだと思います。是非ご活用ください。 

 予熱セールから本格セールへいよいよシフトされるようですよ!
300x250
 
   http://www.gearbest.com/m-promotion-active-252.html
 今回のセールは主会場、分会場、ギフトの雨、クーポン取得、GET IT FREEで構成されるそうです。

・分会場(5つのカテゴリ)

タブレット会場:

http://www.gearbest.com/promotion-intel-special-627.html 

スマホ会場:

http://gearbest.com/m-promotion-active-261.html 

電子製品まとめ会場:

http://gearbest.com/m-promotion-active-259.html 

家電製品会場:

http://gearbest.com/m-promotion-active-260.html 

服装会場:

http://gearbest.com/m-promotion-active-258.html 

トイ&ホビー会場:

http://gearbest.com/m-promotion-active-257.html 

・プレゼントの雨
   http://www.gearbest.com/m-promotion-active-253.html

 1)毎回カウントダウン終了時、プレゼントの雨が配布されます。
 2)プレゼントにはクーポン、ポイント、ギフトカードがあり、さらにXiaomi MI5が無料でゲットできるチャンスもあります。
 3)このイベントに参加するには、Facebook、Twitter、VKなどでシェアする必要があります。 


・クーポン取得
   http://www.gearbest.com/coupon.html
 回数限定のクーポンがもらえます。さらに期間中毎日AM1時にかなりお得なクーポンがページに表示されます。

・GET IT FREE
 主会場ページの一番下にあります。
 「GET IT FREE」のボタンを押すと専用のリンクが生成されます。このリンクをSNS等でシェアし、リンク経由での購入がなされれば、その商品を無料で入手する事が可能です。


 さらにセール情報来ました!

「アクションカメラセール」

開始時間:東京時間11月9日朝1時

セールページ:http://www.gearbest.com/top-brands/yi/91.html

xiaomi YI II は21503円の価格で出しております。

参考記事:http://gigazine.net/news/20160714-xiaomi-yi-2-review/


「DJI Phantom 3 Professional クーポン」 

商品ページ:http://www.gearbest.com/rc-quadcopters/pp_173535.html

クーポンコード:GBDJ3P 

クーポン後価格:75419円


「DJI Phantom 3 クーポン(激安)」 

商品ページ:http://www.gearbest.com/rc-quadcopters/pp_173536.htm 

クーポンコード: GBDJ3A 

クーポン後価格:60356円


「xiaomi band2 クーポン」 

商品ページ:http://www.gearbest.com/smart-watches/pp_362705.html

 クーポンコード:xiaoMiBand2

 クーポン後価格:2492円 

200回限定


「OnePlus 3 クーポン(史上最低)」

 商品ページ:http://www.gearbest.com/cell-phones/pp_363558.html

 クーポンコード:GBOnePluss 

クーポンご価格:45604円 

100回限定


「Xiaomi Air 12 Laptop NOT ACTIVATED バージョン セール」 

セールページ:http://www.gearbest.com/laptops/pp_425390.html

価格:54019円

 残点:293 

 なにせ取り急ぎな情報ですのでテキストばっかりで…汗

 GearBestの公式ツイッターでも随時クーポンコード公開など情報だしているそうなので、この期間はそちらも要チェックですね! 

 最近ではトイクアもドローンと呼ばれるようになり、実際に機能面でもその境界線は薄れてきている感がありますが…。
HR3200_7
・KAI DEN K80 PANTONMA
 SureHobbyでも新発売されましたね。
http://www.surehobby.com/ja-kaideng-pantonma-k80-air-press-altitude-hold-wifi-fpv-with-2mp-camera-infrared-obstacle-avoidance-r-p242292.htm
 特筆すべき機能としては、「赤外線センサーによる障害物回避」なんですよ!
 本体下部に搭載されている赤外線カメラセンサーで周囲の障害物を検知して距離を保つようです。
00

 勿論最近のトイクアにある気圧センサーによる高度維持も付いてますし、となると「墜落しないトイクア」に成り得るんじゃあないでしょうか。
 では、公式PV動画を御覧ください。

 とてもオモチャとは思えない映像品質。ええ、フェイクだと思います。
49
 障害物回避機能があるので人にぶつける心配もありません。
54
 しかしQuadcopter101氏のレビューを観ると、思いっきりぶつかってますね…。
57
 そう、赤外線センサーなので屋外では日光に負けて機能しない模様です。惜しい!惜しすぎです!
 もちろんカメラ映像もPVとはかけ離れた品質。
17
 でも「トイクア」 の中で考えれば「普通」レベルじゃあないでしょうかね。カメラは遠隔操作で角度変更できます。これはミニサイズでは珍しく高機能ですので評価出来ると思います。

  他にもオススメできるポイントとして、コントローラーもリポバッテリーっぽいんですよ。乾電池でも良いという人も多いでしょうが、俺的にはここはポイント高いです。
 また、本体のバッテリー、カメラ、赤外線センサーなどはモジュールになっており、容易に取り外しが可能です。バッテリーがケースに入っている状態というのは、応用が効きませんから不便とも言えるのですが、剥き出しのリポバッテリーって危険物的なイメージなんですよ。それがケースで保護されているというだけでも少しは安全面で効果があるんじゃないかと思います。
 カメラがモジュール化されているのは、SureHobbyで発売中のK80はWi-Fi FPVカメラですが、どうやら今後5.8Gカメラモジュールなども出るみたいなんです。それらを抜き差しして使えるというのはトイクアとしては魅力的な機能と言えるのではないでしょうか。
55

 赤外線センサーもモジュール化されているのはちょっと不思議ですけど、壊れた時の交換が容易という事でしょうかね。

 あと、トイクアである意味最も重要なポイントであるデザイン。KAI DENGブランドのドローンって基本的に色使いもデザインも「かっこいい」「クール」だと思います。ええ、どこぞのヒトデ型ドローンよりも明らかに俺好みですw

 実際に自分も購入して飛ばして、サクッとレビューしたいところですが、今のところ予定は無いです。公式PVとQuadcopter101氏のレビューとの温度差を、「トイクアもここまで来たか…」と納得される方であれば、迷わず買いでしょう。
 俺的にはあとはリモート距離がちゃんとそこそこ有ってくれれば買いですね。

 しかしネーミングが微妙ですね。パントンマ…。カイデンパントンマ…。かいでん…パン…トンマ…。 

 GearBestから「大」セールのお知らせ来ました!
300x250
 11月11日が「独身の日」と以前書きましたが、中国では「双11」と呼ばれるそうです。GearBestも年内最大規模のセールを開催するとお知らせが来ました。「割引などは、年中最大に成ると思います。」だそうですよ!

 その「予熱セール」(ぷ、プレセール!?)のお知らせです。
予熱セールページ:http://www.gearbest.com/m-promotion-active-252.html

 初回購入のお客様限定の商品
41
 GearBestで初めて購入されるお客様のみに発行されるクーポンが付く商品。画面では4つの商品のみですが、

ここでまだページ中披露しておりません商品を提出致します。
初回購入のお客様:
xiaomi band2 
クーポンコード:MIBANDE11
クーポン後価格:19.56ドル
使用可能期間 東京時間:11月7日朝11時から11月9日まで
毎日150回使用可能
 
というお得情報も教えていただきました。

 購入経験のあるお客様限定の商品
58
 こちらはまさに「俺ら」ですかね。実は最近MacBookProの新型が発表されたわけですが、スペックはともかくポート類がクソなので、「Xiaomiどうよ?」なんて思ってたんですが、そしたらこちらにも「ページ中披露しておりません商品を提出いたします。」との事。んー揺れますw
 
購入経験のあるお客様:
xiaomi 12 air ノートパソコン
クーポンコード:XIAOMIAIR
クーポン後価格:509.99ドル
使用可能可能 東京時間:11月7日朝11時から11月9日まで

 カテゴリごとのセール商品
46

 「Cool Categories」の下に羅列されているアイコンをタップする事で表示項目が変わります。ドローン系はもちろん「Toys & Hobbies」で。画面右に「More」とありますからそれを押せばさらにセール品が見れる…んだと思います。

 ホットなブランドごとのセール商品
32
 ブランドごとのセール品を紹介しています。やっぱり今年はHubsanですね!もういつ届くかわからないDJI Mavic ProキャンセルしてHubsan H109 Pro2台持ちとかしてしまおうか!w
 「今年ナンバーワンなドローンはMavic Pro」なんて記事にしたかったですが、俺の手元に届くのが来年ならば「今年ナンバーワンなドローンはHubsan」って事に。いやでも本当にH501シリーズはトイクア部門ナンバーワンだと思いますよ。
 こちらも右側に「More」があります。気になるブランドがある方は是非チェックしてみて!

 タダで手に入れるチャンスも!?
 18
 これはどうなんだろう。SNSでシェアする事で、その製品の金額に応じて定められた数が売れれば、シェアした本人にも無料で提供されるというもの。
 例えば、”SJ7000” が欲しいので、「GET IT FREE」ボタンを押すと各種SNS用のボタンとリンクテキストがポップアップウィンドウに出ます。これを「シェア」すれば準備完了。あっ、最初にログインしておくことをお忘れなく。
  ↑
 Twitterに貼ってみました。ポップアップウィンドウでTwitterを選択するとリンクが出ます。一言なり書き添えてもURLが短縮されるみたいでもっとイロイロ書けましたかねw
 こういうサービスというか販売方法、日本の通販も真似したら良いのにって結構思ってる俺です。

 SJ7000は「$20.01〜$50.00」なので5つ売れれば無料で貰えるというわけです。何せ英語で中国な通販サイト、まだまだマイナーな世界ですからね。

 既に「予熱セール」で狙い目製品がセールされているんですケド、11日には終わってしまうわけなので、迷いますよねー
 「9日に思い切って買ったら11日に爆安されていた…orz」ってのは避けたいところです。 

 毎年恒例、ですかね?
surehobby_784_20161105
 11月11日は、中国では「独身の日」というそうで、Alibabaがこの日に大規模なセールを開催したのが発端らしいです。規模としても最大だそうで、通販各社はこの日ばかりは気合を入れてセール販売するそうな。
 SureHobbyも勿論11日に向けて準備を整えているそうです。取り敢えず現時点では11日のプレセールとして全ての商品が6%オフに、さらに60,000円以上の買い物であれば8%オフになるとのこと。
 購入決済の際にクーポンコード「N6」若しくは60,000円以上のものであれば「N8」をお忘れなく!


 と、ここで終わってしまうとブログ記事として薄っぺら過ぎるのでw
 最近気になるネタを幾つか…w

 mixiコミュ「ドローン友の会」でも「トイクアレーシング」トピックが最近伸びています。ブラシレスモーター搭載機についてのトピックも物凄いペースで話題が進んでいるのですが、今回は乱立するブラシモーターを採用し、お手軽にFPVレーサー気分が味わえる幾つかの製品を紹介したいと思います。

・Kingkong Q100 DIY Micro レーシングフレームキット
http://www.surehobby.com/ja-kingkong-q100-100mm-diy-micro-mini-quadcopter-rc-racing-frame-kit-support-8520-coreless-motor-p242260.htm
hr4278_3

 mixiでも「なかなかカッコいい」と評判なブラシモーター機用100mmフレーム。
 モーターは8520(φ8.5mm、高さ20mmのブラシモーター)に対応。
 FCは最近多種多彩にリリースされているブラシモーター用のFCが乗っかります。ただ、カメラ部については、最近中華フープ等で活用されているアンテナ+VTx+カメラ一体型のものを収めるには加工が必要で、カメラとVTxがセパレートされたものじゃないとスッキリ行かないっぽいです。
 モノはコレですかねー
http://www.surehobby.com/ja-kingkong-q25-mini-5-8g-25mw-16ch-vtx-600tvl-cmos-1-4-micro-fpv-camera-p242180.htm

 フレームのお値段も¥330とお手軽価格ですし、「やっぱりシェルで保護されたカタチのレーサーが良い!」 って方はコレ挑戦してみるのは如何でしょうか。

・SP Racing F3 EVO Brush Futaba SFHSS受信機付き
http://www.surehobby.com/ja-sp-racing-f3-evo-brush-flight-controller-control-with-futaba-sfhss-receiver-racing-for-tiny-quadcopt-p242225.htm
hr4272_1
 ちょっと前までこの手のFCはDSM2くらいしか選択肢が無かったのですが、やはりアメリカで人気な製品だからか、受信機ボードが別途搭載出来る(させられる)ものも出回りだしてますね。こちらはオンボードでは無いものの、FUTABAの受信機が付いています。そう、国内でもメジャーなFUATABA T10Jなど、SFHSS対応のプロポでバインド出来ます。
 また、1S(3.7V)、2S(7.4V)の電源に対応し、いずれの場合でもUARTから5Vの電源を出力するそうです。1セルなトイクアレーサーのパワーに飽き足らない方は7.4Vで組んでみるというのもオツですね。

 また、同じFCにFrsky(Flskyではないです。ご注意を)受信機をセットしたものもあります。
http://www.surehobby.com/ja-sp-racing-f3-evo-brush-flight-controller-control-with-frsky-receiver-racing-for-tiny-quadcopter-raci-p242224.htm
 勿論、DSM2受信機をセットしたものも。
http://www.surehobby.com/ja-sp-racing-f3-evo-brush-flight-controller-control-with-dsm2-dsmx-receiver-racing-for-tiny-quadcopter-p242226.htm
結構値段の差があるのですが、手持ちのプロポにあわせて選びましょう。

 SP Racing F3 EVOとフレームが既に合体したものも登場しています。

・SP  Racing F3 EVO Brush PDB フライトコントローラー フレーム一体型
http://www.surehobby.com/ja-sp-racing-f3-evo-brush-pdb-flight-controller-with-self-quadcopter-frame-for-fpv-indoor-drones-p242185.htm
hr4249_1
 あとはモーターと電源、カメラを用意すればOK?

 多分モーターはコレが推奨という事でしょう。
http://www.surehobby.com/ja-4pcs-8520-strong-magnetic-dc-coreless-motor-3-7v-50000rpm-for-tiny-drone-f3-racing-drone-p242184.htm
 
hr4248_2
 
 写真ではプラグ付きとプラグ無しがあるようです。これは購入前に確認が必要かも知れませんね。

 BNFモデルも乱立始まってますね。
 SPCMAKERSって初耳なメーカーから複数のモデルが登場しています。
 多分、FCや受信機については先に挙げたF3 Racing EVOで、受信機の種類によって金額が変わってくるという事なんだと思います。

・SPCMAKERS SPC90X(FUTABA受信機)
http://www.surehobby.com/ja-spcmakers-spc90x-micro-fpv-mini-racing-drone-tiny-quaducopter-free-adjustment-bnf-7-4v-input-with-f-p242146.htm
HR4209_5
 
・SPCMAKERS SPC80X(FUTABA受信機)
http://www.surehobby.com/ja-spcmakers-spc80x-micro-fpv-mini-racing-drone-tiny-quaducopter-free-adjustment-bnf-7-4v-input-with-f-p242142.htm
HR4205_5
 これらいずれも送信機は別途必要なBNFモデルです。受信機はFUTABA、DSM2、Frskyがあります。それぞれ金額が異なるので、手持ちのプロポにあわせて選択しなければなりませんね。

 北陸は早くも冬の気配です。今日なんて晴天でありながらも風が強くてとてもドローン飛ばしていられるような状態じゃあありませんでした。これからそんな日ばかりが続くでしょうし、となると室内でも結構飛ばせるモデルに目が行きがちです。それでも思いっきり飛ばせたらなお楽しいでしょうから、ホント廃校の体育館とか、運営を停止してほったらかしてる社会体育館とか、ドローンの練習に開放して欲しいところです(田舎には結構そういうところがあるんですけどねー)。

 秋も深まり、そしてGearBest日本向けセールです!
32
http://www.gearbest.com/promotion-japan-fall-special-935.html

 GB日本担当さんから幾つか注意して欲しい事をお詫びなどと共に連絡うけたのでお知らせします。

 先日に起きました日本郵政発送に時間がかかってしまった件について、原因究明とクレーム処理を優先しておりましたので、今回のセール開催を延期しておりました。申し訳ありませんでした。
 現時点で「日本郵政」発送は中断しております。現在はExpedited ShippingのDHL選択がオススメです。
 また、「在庫充実」と語っておりますが、実はXiaomi Mi5s Plusについて先日入荷した商品が品質検査不合格でしたので、再入荷が10月31日を予定しております。
 このところ新入荷商品が激しく、セールページ作成に間に合わなかったものも幾つかあります。そちらはクーポンコードを発行しますので、是非ご利用ください。

「Xiaomi 5 3+32GB 国際版」
クーポンコード: Mi5GBGB
価格: 28463円
30点限定

「Xiaomi New 1TB WIFI Router」
クーポンコード: COXMWR
価格: 13400円
30点限定

「Xiaomi Mi5s 4G」
クーポンコード:mi5sFR
価格:33450円
30点限定

 ご利用の際はコードの打ち間違えと住所の記載漏れにご注意ですよ!

 中国ショップはスマホ&タブレットがラッシュのようですねー。
 勿論今回のセールでもちゃんとRC製品もクーポンでお得に買えるようにラインナップされています。
 俺個人のオススメはやっぱりHubsan。今年のベスト・オブ・トイクア間違い無しでしょう。もうH501Sでも2万円台ですか>< 安くなったもんだ!w

 RW832もなかなか使えますよ。こちらバッテリーは別売りですので、その辺はご注意を!って、FPVやってらっしゃる方ならJSTプラグなバッテリーの1個や2個、既に持ってらっしゃる!? 

 しまったなー。俺的に名機なMJX X906T(って現時点で充分格安なのですが…汗)も日本向けセールのラインナップに入れておいてもらうようおねだりしとくべきでしたかねw

 またその他のセール情報についても、引き続き日本市場担当さんのツイートは要チェックですね!
参考:GearBest 日本のための日本語によるサービスがどんどん増えてる!
 

 先に言います。オススメです。
1471317932277019
・MJX X906T
GeaBestにて絶賛発売中。なんか誰もレビュー動画あげてなかったっぽいんで人柱的に…w
http://www.gearbest.com/rc-quadcopters/pp_347074.html

 マイクロサイズな5.8G FPVトイクア。先ず一押しポイントはそのコンパクトさ。コントローラーもモニター付きながら小型にまとまっています。付属品含め全てコストコのパン・オ・ショコラの空き箱に入ってしまうので持ち運びに非常に便利です。製品がもともと納められていた箱も縦長ながらかなりコンパクト。箱ごと持ち歩くのもイケそうです。俺のトイクア選びの指標として、「手軽さ」は非常に重要なものなのですが、X906Tはその基準を見事に満たしています。
 さらに一押しポイントは、FPVがチャンネル切り替えできます。本体底部にディップスイッチがあり、周波数切替が可能になっています。コントローラーの方も8chループで切り替え可能。ということは、コントローラーのモニターが、他のFPVシステムに流用可能!?大抵のFPVトイクアはチャンネル固定であったがために、「ぼっち飛行」が普通だったのですが、チャンネル数から考えるに、X906Tは最大8台が同時にFPVで飛ばせるかも知れません。1台しか持ってないので検証できませんが…。
 さらにさらに一押しポイント!なんと別途必要と思われていた乾電池が不要です。コントローラーは充電式バッテリーが内蔵されており、USBで充電して使用します。モニター付きコントローラーは、なにせバッテリーを喰います。Hubsan H502Sの付属プロポなんて、数回使ったらもう電池切れしますからね。あ、俺はエネループで節約しています。
 バッテリーはHubsan 旧H107シリーズ、JJRC H6シリーズでお馴染みの3.7V 380mAh。X906Tのバッテリーには引っ張り出しやすいようにつまみが付いていますが、そんなのセロテープで作っちゃえばOKですからね^^
 ワンボタンによる3Dロール、ワンキーリターンやヘッドレスモードも勿論搭載。プロペラガードの取り外しも簡単です。
 リモート距離は50m(カタログ値)。自分が飛ばした限りで30m程度範囲ですがリモート切れなどの症状は一切みられませんでした。広めの室内や狭い範囲での屋外であれば問題無く飛ばせそうです。

 残念なところもあります。まず、パワー不足。プロペラガードを取り付けて飛ばすと結構重たいっぽくて、屋外飛行時の旋回などで高度が落ちるのをリカバリしきれない感じでした。あと、飛行モードはL・Hの2種類。Lでもちょっとトイクアには厳し目の風でも抗う事が出来るくらいの傾きでした。感覚としては、X600等のMモードとLモードの中間くらいのパワー配分だと思います。で、残念なのは旋回速度。動画にも残しましたが、俺的にはもうちょっとHモードでの旋回速度は速くていいんじゃないかと思いました。旋回速度が緩慢だと周回飛行時に大きく回ってしまうので個人的に飛ばしにくい感じうけます。
 あと、本当にいい加減Hubsanを見習って欲しいところである「カメラがノーマル」。改造してワイドレンズ化すれば良いんでしょうけど、ここまでナイスな機能満載モデル、カメラをワイドレンズにしていればもうコレは今年最強のマイクロサイズ FPVトイクアになれたと思っています。そしてまあしょうがないというか慣れっこになってしまいましたが、480pです。720pじゃあございません。Hubsan H107D、H111Dのように映像をリサイズしないと鑑賞出来ないとかじゃあなく、素で720x480pのaviファイルですので、そこは良かったと思います。

 では、サクッとレビュー動画。実は制作そのものはちょっと前に終わっていたのですが、ムービーを吐き出す際にレンダリングエラーが出て、その箇所をカットする事で回避したのですが、それを見つけ出すのにえっらい時間がかかってしまいましたorz


 この記事執筆時点でGearBestはこのモデルをセール販売中!
 そのお値段なんと4200円!?
 ちょっと!こんなにナイスなモデルが5千円しないですと!?
48
 この機能でこのお値段なら俺、強くオススメしたいです!w
・MJX X906T
http://www.gearbest.com/rc-quadcopters/pp_347074.html

 

 サクッとレビュー予告です。
1474831682174263954
 ・RW832 5.8G to WiFi Receiver 
http://www.gearbest.com/fpv-system/pp_463446.html
 付属品はJSTプラグな電源ケーブルと、AVケーブル。供給電源は5〜12Vと記載されています。前にAmazonで買ったZIPPY 500 2SバッテリーがJSTプラグでしたので繋いで見たところ利用できました。


 さて、ここからが苦労の始まり。何せアプリがわからない!「RW832」で検索してもダメ。散々検索しまくった挙句、GearBestの商品ページにヒントが。
55
 そう、このアプリ、「FPV」って名前なんです!w
https://itunes.apple.com/jp/app/fpv/id1048363411?mt=8
 iOS版はこうして見つけられましたがAndroid版が見つかりません。GBには教えてと問い合わせ済みです。また、リンクを商品ページに貼るようお願いしておきました。早く反映されると良いですね。

 ついでに画面の説明をしますと、左上はWi-Fi状況、左下のもはや懐かしいアイコンは多分コレ公式ページなんでしょうけど、中国語でちんぷんかんぷん。右上はヘルプ。英語でした。そして、右下がFPV画面へ移動です。

 5.8Gの周波数はマニュアルで合わせる事もオートでチャンネルサーチかけることも可能です。とりあえず手短なところに先日FPV改造を施して結構遊べているFQ777 128改がありましたのでテスト。
 この機体にはEF-01が搭載されているのですが、画面は白黒でした。チャンネルをオートで合わさせたので、先に白黒なチャンネルを選んでしまったかと、今度はマニュアルで一個ずつ探すも、やっぱり白黒。

 皆さんが最も気にされると思うのは、Wi-Fiによって遅延が発生するのではというところだと思います。普通に飛ばしてみた分にはさほど感じられなかったのですが、手で持って振り回してみた所、遅延を体感しました。どうも、Wi-Fiというのは映像の情報量で遅延が変化するようです。
 FPVの遅延を検証する方法として、ストップウォッチをFPVカメラで撮影し、同時にモニターとストップウォッチそのものを写真撮影すれば、その時間のずれで遅延速度を測る事が出来るわけですが、Wi-Fiにはその方法は通用しないかも知れません。なにせ映像の情報量が異なる度に転送速度も異なるのですから。

 ですが、実際に飛ばしている分には、室内だったためか特に問題はなさそうです。つまりですね、最近お安く種類も豊富に出回っているスマホ用VRゴーグルで、5.8G FPVが代用出来るという事になります。あっ!残念ながらこのアプリ、2画面表示は出来ないようなので、使用できるのは1眼なもの限定となりますね。


あと問題は屋外でまともなレーサー機で果たして通用するかといったところでしょうか。
 どうしても遅延が嫌ということであれば、Wi-Fiは諦めてAVケーブルでモニターに繋ぐという手もありますね。

 映像をスマホアプリに依存する事で便利な事がもう一つあります。レコーディングとスナップショットがダイレクトにスマホに保存されます。自分が持っているFPVモニターRC732-DVRはその名の通りDVR機能も付いています。本体下部にSDカードスロットがあり、そこにSDカードを刺して使用することで録画が可能。RC732は保存された動画ファイルの再生も可能ですので、その場で記録された映像がちゃんと写っているかも確認できますが、ちょっとコレTwitterに投稿したいとか、Instagramしたいってなると、やはり一旦はPCに読み込ませないとなりません。そういったファンクションがRW832なら要らなくなるかも。 

 というわけで、これから仕事の合間や時間の都合をつけて、このRW832のレビューを製作してまいります。
 実は今回このように先んじて記事としてポストしたのはですね…

ナ ニ ゲ に い き づ ま っ て る ん で す ! !www

 トイクアのレビューであれば、Unboxやその飛びっぷりやカメラの映り具合等が動画で表現できれば、興味があるけどどんなものかを知りたい人には参考にはなってくれると思っているのですが、こういった周辺機器(?)となると、果たして皆さんどんな事が知りたいのかが今一つつかめないもので…。
 ですので、是非「RW832のココが知りたい!」「RW832でこんなことをして欲しい!」があったら是非コメントをください。すべて出来るかは約束できませんが、レビュー作成時に取り入れられるものは取り入れさせて頂きたいと考えております。 

 先日紹介したFLYPRO X Jaguar、キット販売なので。
32

参考記事:FLYPROからレーシングタイプ登場

 こちらがその動画。タイトルは中国語なので焦るかも知れませんが、本編は日本語字幕が付いています。中国映画を鑑賞する気分で観てる俺。最近観た映画では「イップ・マン」シリーズが面白かったです。
 

 実際に販売されているキットと同一のものを順を追って丁寧にレクチャーしてくれているので、これを見ながら一緒に組み立てて行けば完成間違い無し!?

50
 
 しかしこの男性、手がキレイですね。手袋の跡なのか、ほんのりと手だけが日焼けしていないところ、親近感を覚えますw
 はんだ付け作業も少々あります。若いっていいなぁ。RGKとか要らないんだよなぁ。
31
 
 Jaguarのヘッドでヒョウヘッド。なるほど!w
 ヘッド部はFPVカメラ(チルト可能)が収まります。
24

 FCと受信機(動画の場合Walkera)を接続して…。
34

 それぞれのモジュールを取り付けて…。
00
 
 30分たらずで完成!
25

 凄いですね!
 機体が組み上がったらアセンブリ等もしたいところ。FLYPROさん、設定編も是非お願いします!><

 FLYPRO X JaguarはSureHobbyにて絶賛発売中です。
・FLYPRO X Jaguar
http://www.surehobby.com/ja-xjaguar-sb15-pi1-c3605.htm
 ビュンビュン行きたい派な方、この機会にどうです? 

 フルパッケージなレーサー、どんどん出てきますね!
48
・JJPRO P-130 RTF
https://goo.gl/L0hDJG
 SureHobbyで絶賛発売中です。
JJ285_1
 色は3色あります。俺は青を選びました。
 130mmピュアファイバーフレームに1806 2300KVモーターを搭載。
 バッテリーは付属のものが3S 850mAh 30C リポバッテリー。
IMG_1891

 三葉プロペラで3045。迷彩カラーがイカしています。
 ESCは12A。FCはCC3D。送信機・受信機はFLYSKY FS-i6です。カメラはVTx一体型のクローバーリーフアンテナで、これ、側をとったEF-01そのものに思えます。チャンネル切り替えはカメラ側部にあるボタンで順に切り替わる仕組みです。

 バッテリーストラップはまっすぐなマジックテープで、フレームにバンドを通す穴等が無いので、ちょっとぐらつく感じがして不安です。付属品ではなく、バックルの付いたものに変えたほうが良いかも。
IMG_1886
 
 マジックテープのシールも付属しており、双方を機体トップとバッテリーに貼って、さらにストラップを巻いて飛ばすわけですが、しっかり締めないとグラグラします。これも何か工夫したいところですね。例えば、Walkera F210に付属していたバッテリーと本体とに挟む黒いシートは接着性も衝撃を和らげる性能もあるっぽくて、なかなか良いのではと。
 多分、カー用品コーナーなどで売ってるすべり止めだと思います。

 バッテリーの乗せる位置が中心よりもやや後ろに重心が来てしまう感じです。テイク・オフ時に後ろへ飛ぼうとしますが、一瞬でジャイロ安定しますのであとはステーブル。ビュンビュンに前進しつづけるレーシング的飛ばし方なら問題は無いと思います。俺みたいにちんたら飛ばしていると、旋回舵切った際にバランスを崩しがちなのがわかりました。目視だとこの具合が判別し辛いので基本ゴーグルで飛ばす事をオススメしたいです。俺ももっとFPV練習せねば…。

 P-130はなにせお手軽です。箱から出してバッテリー等準備するだけでもう飛ばせるのですから。まるでトイクア。しかしながらブラシレスモーターパワーはやっぱり凄いです。普通にMobiusやRunCam積んで飛んでくれますからね^^
IMG_1880
 動画はこちらです。

 YouTubeでは既に受信機を交換してる人も居ますね。そういったカスタマイズが可能な所もレーシング・ドローンの醍醐味であり魅力なのかも知れませんね。俺もDEVOで飛ばそうか、飛ばせるようにしようか、FUTABAでイケるようにしようか等考えてましたが、いやいや付属のFLYSKY FS-i6は軽くて、側はちゃっちいと感じるかも知れませんが、なかなかのスティック具合。
 スティック先端のギザギザが良い具合に指に突き刺さって操作性も良いです。良いですねFLYSKY。

 気を付けなきゃと思ったのは、機体とプロペラの位置関係がギリギリどころか、僅かながらもプロペラがフレームに食い込んで来ているので、バッテリーケーブルやアンテナケーブル等に緩みがあった場合、プロペラに当ててしまうかもしれません。ここはフライト前に必ずチェックですね。
IMG_1888
 というわけでJJRCのレーシングブランド、JJPROを初めて体験しましたが、俺的には折角トイクアを散々出してきたノウハウがあるわけですから、ユニボディや、もっとトイクアとレーシングとの境界線を見失うくらいのものも出して欲しいところです。
 JJRC H1や、H6にFPVカメラ(ワイドレンズ)を付けるだけで俺的に大満足なんですけどねw

 P-130はSureHobbyにて絶賛発売中です。トイクアの次なるステップアップに良い感じですよー。 

 JJRC、Hubsan、そしてMJXお前もか!(大歓迎)
49041_300
 トイクアのブラシレスモーター採用の波がMJXにも押し寄せてきています。
 MJXのトイクアと言えば、名機X400&X300(俺はもってないんです)を始め、X800がかつてのメジャーどころでしたね。当時はWi-Fi FPVカメラ搭載がメインで、無線資格が不要という事もあり、日本でも正規販売されていますし、トイクア・ファンの方々にもウケは良いと思います。

 最近では、5.8G FPVをおもちゃレベルで採用し、更には某クラウドファウンディングで成功したにもかかわらず未だに発売に至っていないセルフィードローンLillyをパk…インスパイアしたMJX X916なるものも登場し、あの手この手でニューモデルを出している感が否めないのですが、ブラシレス空撮トイクアのラインナップも出してくるとは思っていませんでした。

 X916のコントローラー、カッコカワイイですよねw
70852c7c-44fa-45a1-93e2-0bb40273e77a

・MJX  Bugs 3
SureHobbyで先行予約が始まっています。

https://goo.gl/aq5ohZ


 今のところわかっている主な仕様は、
MT1806 1800kvブラシレスモーター採用。
バッテリーは2セルで、7.4V 1800mAhリポバッテリー。 
飛行時間は19分間。
MX318_3
 GoPro等のアクションカメラをマウントするカメラホルダーを採用(2軸や3軸のジンバルではありません)。
MX318_9
 飛行モードは低速、高速の2種類。
 ブラシレスモーター搭載でも一応トイクアなのでワンボタンでの3Dロールも可能。
MX318_16
 ブラシモーターはトイクア、ブラシレスモーターはホビーみたいな篩分けをしてきてた俺ですが、この辺の境界線がますます微妙になってきましたね。