JIZOMAEのブログ

空撮ドローン、レーシングドローン、トイクアを始め、ガジェットやゲームなど自分の興味ある事についてのブログです。 ブログタイトルがデフォルト(ユーザー名+のブログ)にしているのは、あくまでもこのブログは私じぞまえの個人趣味的なブログであって、「Droneなにがし」のような、業界に貢献しようとかそういう意図は無いものですのでご了解ください。 こんな薄っぺらい内容のブログですが、私「じぞまえ」と「JIZOMAEのブログ」に関する内容及びJIZOMAE - YouTubeチャンネルの動画は、「2ちゃんねる」と「ニコニコ動画」への転載等(リンクなどを貼る行為、固有名詞等を伏せ字を用いて表現する行為を含む)を一切禁止します。ご注意ください。ただし、TwitterやFaceBook、はてなブックマークでのシェアは問題ありません。

 FUTABA T10Jを愛用している…いや、あえて言おう、しょうがなく使ってるんですが、この子が生まれた背景が不憫に思えてきました。
imgres
 T10Jの製品発表は2014年後期にあったようです。「S-FHSSがハックされ、けっこう焦ってるのかもしれない」という記述をみつけました。
 メーカーって自社仕様を普及させたくは無いの?プロトコルをオープンソースして広く開発してもらうことに期待したがらないの?

 このお話から数年たった今、T-FHSSに取って代わられ消え失せてしまうかもと懸念されていたS-FHSSはおかげさまで健在で、やっとトイクアにも搭載できる超小型な受信機も出回るようになり、「買って損はしなかった」を実感できるようになりました。

 でもなぁ。TinyWhoopがらみ、トイクアレーサー絡みのプロトコルは圧倒的にDSM2なんですよねー。

 ただT10Jにしろ、その他汎用プロポってのは、やはり俺的には
飛行機・ヘリ用を流用させてもらっている
感が否めません。

 空撮用ドローンやトイクアには専用のコントローラーが付属します。まだまだ試行錯誤中的な体ですが、「この方が万人が飛ばしやすいと思う!」を前にだして付けてくれているように思います。
 その形はT10Jのように四角い箱からスイッチとレバーが突き出ているデザインではなく、どっちかと言えばゲームコントローラー型。プレイステーション用ゲームパッド型なんですよね。
ワイヤレスコントローラー (DUALSHOCK 4) ジェット・ブラック
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2014-02-22

 自分が使ってきた中で、持ちやすいな、操縦しやすいなと思ったのはHubsanのコントローラー。
HUBSAN 送信機 (X4 DESIRE) H502E-7 【日本正規品】
ハイテック マルチプレックス ジャパン
2016-09-03


 なにゆえ持ちやすいと感じたんでしょう。自分がゲームばっかりやってる人間だからってのもあると思いますw
 プレイステーションも、イロイロなものを操縦するのに適した形を研究してこの様な形にたどり着いたんでしょうし。

 HubsanコントローラーのPSコントローラーでいうところのアナログスティック部は、どちらも摘むか親指で押さえて振るかに対応していると思われますが、ドローンを操縦する上では、俺はやっぱりこの部分はレバーの方がしっくり来ます。振れ幅が大きい分、微細な操作が出来るんでしょうね。

 そういえばMavicProのコントローラーも、折りたたんで仕舞うというコンセプトこそありますが、開発者は「ゲームコントローラーを研究してこの形にもっていった」みたいな事を言ってた記憶があります。
 Parrot Bebop2のFPVコントローラーも、かなりゲームコントローラーに似た形状ですよね。
bebop_2_fpv_product_image

 実はこの形の方が、ドローンは飛ばしやすいんじゃないかと思わざるをえないわけですよ。

 で、汎用技適プロポとでも呼びましょうか、国内正規販売されいる、レーシングドローンに使えるプロポで、ゲームコントローラー型のものは無いんですよ。あるような感じですがうまく見つけらんない。これってやっぱ飛行機さんやへりこぷたーさんの間借り的存在だからでしょうか。飛行機でもヘリでも、ゲームでもそれらを飛ばすものって昔からありましたし、ひょっとしたら飛行機もヘリも実はゲームコントローラーで飛ばす方が飛ばしやすいって人も多く居そうにも思っています。



 で、ここで海外に目を向けると、あるんですよねこれが。

・Turnigy Evolution
https://hobbyking.com/en_us/fpv-racer-radio-mode-2-white.html/
99065_3_
 昨年末頃からじわじわ人気上昇中みたいですよ。
 自分的に驚いたのは、液晶画面が白黒なわけですが(これは俺的には高評価です。なにせどこぞのカラー液晶付きプロポは電池喰いまくりですから)、

 タッチパネルなのです!

 これまでのプロポは、設定操作するためのレバーの役割をするボタンが付いていて、「おお、これは便利」と感心していましたが、Turnigy Evolutionはタッチ操作です。すでに和製プロポでもタッチパネルなものはあるんですけど、当然お値段が法に抵触しそうなくらい高額ですw

 さらに驚いたのは、

 スティック部が光ります!

 好きな色を設定で選べるようです。どうもプロファイルをスティックの色で確認するなんて事もできるっぽいです。

 汎用プロポで、液晶がタッチパネルで、光っちゃったりするんですもの、さぞお高いんでしょう?って思ってたら、

 さほど高くはないんです!

 冒頭で触れた、FUTABA T10J発表時の会話のなかで、入門者へのお勧めという観点では、「安い」「仲間内でデバイスが共通」「操作を教えてあげられる」が3つの条件としてあげられていました。
 俺の感覚では、この第一条件である「安い」を満たしているものが見当たらないんですよね。

 デバイス(この場ではプロトコルと呼ぶほうが良いのかな?)については、さほど高いものでもなくなりましたし、別に共通せずともって思いますし、操作も教えてもらうならYouTubeでってほうが手軽で良いかも。もちろん近くにラジコンクラブ的なものがあって、そこで教えて貰えるのであればそれもアリですよね。

 レビュー動画も既にいくつも上がってます。
 

 サポートしてるプロトコルは勿論S-FHSSでは無いみたいで、AFHDS。んだよそれ!わっかんないよ!w Flskyでバインド可能という情報も入ってきています。ホビキンだからDSM2なんじゃないの!?とも思ったりしてたんですが…。

 当然いまのところこのTurnigy EvolutionはFCCやCEが付いていても技適ついてませんので、フツーに日本では使えないシロモノです。メーカーの方で設計認証さえしてくれれば技適付くんですけどね。偉い人、働きかけお願いします><

 「ドローンを始めた」って人がこのところ爆発的に増えてるように思います。MavicProから始める人、トイクアから始める人、いろいろなスタートラインが出来たなーって感心させられています。
 で、やっぱり見かけました「技適ついてますか?」という人。総務省の方なんですかね。「技適なしだぞ!逮捕しろ!処刑しろ!火あぶりだ!」って鼻息あらくしているみたいで怖いですよね。
 法改正で製造者(個人じゃダメ)はFCCやCEに合格している事を添えて申請すれば技適だしてくれる、それが「設計認証」って制度で、最近ではHubsanやSymaなどの幾つかのモデルで設計認証済みだったりしてます。技適がないモデルなら、技適をとるよう「メーカーに働きかける」のがスジであって、流れ的にはこう。「その製品、技適ついてますか? 付いてない?それはお気の毒に。ひょっとしたらメーカーで技適取得してるかもしれないので調べてみましょう。あ、ついてないですね。付けるようにメーカーに打診しましょう!」ってのがベテラン(?)さんの役割なんじゃなかったのかなーって思ってます。
 自分も、スルーされ気味ですが、メジャーなメーカーに日本市場をもっと視野に入れて、技適付きで発売してってお願い活動は続けたいと思っています。たのんますよJJRC!

 おっと話が逸れました><
 プロポについては、日本ではFUTABAかJRしか選択肢が無いのであれば、せめて両メーカーがドローン操縦に特化した、ゲームコントローラー寄りのグリップ性の高い、それでいてお安いプロポを発売してくれれば…。出す気すらないですよね…? 

 3周年、大盤振る舞いです。
45
 今GearBestのFacebookでアンケートに答えてPhantom4が当たるキャンペーンやってるみたいです。
https://www.facebook.com/gearbest/posts/1297550600293572

 え、英語!?
 是非チャレンジしてみてください。

 先日紹介した、3周年記念福袋ですが、

 期間中毎日更新されます。
C6cgUYxVAAIzGRY

 結構人気らしく、自分も頼んでるのですが、それから程なくして売り切れ。たしかまだ数ピースは残ってたと思ったのですが。結構競争激しいんですね!
 で、この福袋、3/9から3/14まで毎日、11時、15時、17時、19時に中身が更新(変更?)されているそうです。
http://www.gearbest.com/m-promotion-active-283.html
 ですので買うタイミングも結構重要だったのかも!?

 まぁ福袋というのは運試し的なところもありますから、届くのを楽しみにして待ちましょう。

 さらに、本日仕入れたセールクーポンへのリンクはこちら^^
※数多すぎて紹介しきれないからGoogleスプレッドシートへ降っちゃいます(汗)
 

 俺がレビュー等で「旋回極振り」という表現をする理由がわかっていただけるかと思います。
49

 スロットル、ピッチ、ヨー、ロール。ラダー、エルロン、エレベーター。欧米のレビューとかでも結構耳にしますし、大抵のドローン操縦How To 本(?)でも出て来る言葉です。これは、「空を飛ぶ元祖が飛行機」であるところから来ています。

 飛行機は、翼の形によって空気の流れ、風を「揚力」に変換して飛んで居ます。翼の下側に遅い風、翼の上側に速い風の流れを作りだせば揚力が得られます。
bernui

 飛行機は風の流れを、翼の形を変形させる事でコントロールし、機体の向きを変えさせたり、上昇したり下降したりします。

  • スロットル:プロペラやジェットなどの推力。車で言えばアクセルの役割。
  • ラダー:機首を振る動翼。語源は船の「舵」だそうです。
  • エルロン:機体を横転させるための補助翼。
  • エレベーター:昇降舵。機首を上げ下げするための水平尾翼の動翼。
1480238364_24

 飛行機のシミュレーターゲームなどでわかると思いますが、上昇したかったら「エレベーターアップ」という、操縦桿を手前に下げる動作をします。プロポに置き換えると「レバーを下に倒したら上昇する」という事に。ほーら、どんどんややこしくなったw

 飛行機で上昇したかったら、
1.スロットルを上げて加速し推力を得る。
2.エレベーターを引いて空気の流れを揚力に変える。

 曲がりたかったら、
1.スロットルを上げて加速し推力を得る。
2.ラダーで機首を振りつつ、エルロンで機体を傾けて墜落しないようにバランスをとる。
 という複雑テクニックを要します(実はシレっとシンクロしてたりw)。

 
 なにせプロポは飛行機もヘリコプターもドローンも共通というか、
 飛行機のプロポをドローンが流用させてもらっている
んですよ。

 だからややこしい事になっています。

 飛行機はまさに航空力学を肌で覚えていないと、まともには飛ばせそうにないですね。飛行機は。

 続きまして、ヘリコプター。メインローターとテールローターの、2つのプロペラで飛びます。メインローターが揚力の役割を果たしているのは、誰もが想像できる事でしょう。しかしどうして前後移動や左右移動を行っているのか、ちょっとピンと来ないですよね。
 これには「反トルク」が利用されています。
 例えば、電気ドリルで板に穴をあける際、力加減が弱いと自分が回ってしまいます。板を手で押さえておかないと板が回ります。
images


 回転するものは、その回転の逆方向にも力が働く
これが反トルクです。

 ヘリコプターはメインローターを回転させて揚力を得ています。メインローターは電気ドリルの如く空気中に穴を開けて突き進もうとする事で揚力とし、同時に反トルクによって機体は逆方向に回転しようとしてしまいます。これを押さえこむ「手」の役割をするのがテールローターです。
url

 さらにテールローターにも反トルクが生じます。で、それを抑え込むのがメインローターと。ヘリコプターはこの2つの微妙な回転バランスによって静止しています。

 で、ここから訂正して再勉強して解説です。

 ヘリの場合の前後左右移動は、なんとブレード角度を回転するタイミングに合わせて変える事で、揚力の大小を生み出しているそうです(このブレード角度を「ピッチ」と表現するそうですが、それやっちゃうとごっちゃになりそうなので「ブレード角度」で行きます。)。
 ブレード角度がゆるいと揚力は下がり、きついと揚力はあがります。
 で、前進したい場合は機体の前の揚力が下がるよう、機体の後ろの揚力はあがるように、回転しながらもタイミングを合わせ、ブレード角度を変えているそうです。
 このように、回転し続けながらも機体のそれぞれの位置でそれぞれ微細にブレード角を調整する事を「サイクリックピッチコントロール」と呼ぶそうです。

 で、単純に考えれば、機体の前にブレードが来た時にブレード角度をゆるめ、機体の後ろ側にブレードが来た時にブレード角度をきつくすれば、機体前部の揚力は下がり、機体後部の揚力はあがり、前進するんだろうと思ったんですが、そうじゃないんですね><

 回転する物体に加えられた力は、90度ずれて効果を出す

 これを「ジャイロスコピック・プリセッション」(単に「ジャイロ効果」と表現されたものも。これも誤解されそうなのでジャイロスコピックプリセッションでいきます。)と呼んでいると。
 ジャイロスコピックプリセッションは、地球ゴマで解説しているサイトがありました。しかもブーメランの飛行理論…。なるほどわからんw

 メインローターが時計回りで回っている場合ですと、機体の前部で揚力を下げるために、機体の左でブレード角度をゆるめ、機体の後部で揚力を上げるために、機体の右でブレード角度をきつめる。

 ヘリコプター考えた人、アタマいいわ…w

 ※今回ヘリの飛行について指摘された中で、メインローターを移動したい方向に傾けて移動しているという話もありましたが、俺は見つけられませんでしたが、そういう簡単な方法も今ではあるのかも知れません。

 ドローンは、あえて言い換えるならマルチコプターは、揚力のコントロールをヘリコプターの様にブレードの角度を変化させるのではなく、単純に4方向などに配列したプロペラの回転数調整によって効率よく飛ぶ事を目的としたものです。

 時計回り(ClockWise)、反時計回り(CounterClockWise)のローターを交互に配置することで、お互いの反トルクを相殺すれば静止します。
 左移動したければ、右側2つのローターの回転数を上げれば、機体が左へ傾き左へ移動します。
 左旋回したければ、右前と左後ろのローターの回転数を上げれば、反トルクのバランスが変わって反時計回りが勝ち、左旋回します。

 機体の姿勢制御する方法が4つのローターの回転数調整だけで済むのが、マルチコプターの利点ですかね。

 ここまで来て全く残り3つの言葉「ピッチ、ヨー、ロール」の説明をしていないわけですがw

 よくトイクアの性能表記に「6軸ジャイロセンサー搭載」なんてものがあります。厳密に言えば、3軸センサーにそれぞれの軸の加速度もわかるセンサーなんですけどね。
 3軸センサーはX軸に1cm動いた、んで、6軸センサーはX軸に時速1kmで1cm動いた、みたいな。

 空間座標はX、Y、Zで表現されることが多いですが、飛行機の場合は座標ではなくベクトル?モーメント?回転軸的表現が適用されます。そりゃそうだ。飛行機は空中に静止する物体ではなく、常に空中を移動しつづける物体ですから。
  •  ピッチは、エレベーター操作による昇降舵で変化する軸
  •  ヨーは、ラダー操作による方向舵で変化する軸
  •  ロールは、エルロン操作による補助翼で変化する軸
8-4-01

 基本前進ありきで、ピッチ、ヨー、ロールがゼロ(変化なし)なら真っ直ぐ前進飛行。
 ピッチがあがると機首が上を向いて上昇。
 ヨーがあがる(左)と機首が左を向いて左旋回。
 ロールが上がる(左)と胴が左回転。

 あーくそややこしい!w

 ドローンを飛ばす上で、雑学的に知ってて損はないのでしょうけど、知ったところでどうよってのはありますね。飛行機の場合は、「エレベーターを操作してピッチをあげ、機首を上に向けて上昇させる」という結果までの流れ動作を理解する必要があると思いますが、ドローンでは「上昇させたいならレバーを上へ」 で済む話なんです。操縦方法も機体のベクトル動作をレバー動作に連動させているわけですが、今のところコレが最も直感的だからとされているからで、そのレバー動作を具現しているのが、飛行機用・ヘリ用プロポであって。飛行機でいうスロットルは前進ですが、ドローンでいうスロットルは上昇ですし(ヘリコプターもかな?)。

 自分の場合、あえてヨーだピッチだは使わず、右移動とか左旋回とか、日本語で分かりやすいと思われる言葉を多用しています。おかげで自分自身も、プロポのセッティングとかで「あれ?PITCHって前進後退だっけ?」みたいなややこしくて混乱して困ってしまう事態に陥る事しばしば。

 トイクアではレバーを使わず、スマホのジャイロセンサーと、トイクアのジャイロセンサーを連動させて飛ばすタイプも出てますね。飛行機やレーサードローンの様に常に前進させる飛ばし方ではない、どちらかというと「空中静止ありき」な操縦方法であれば、スマホのジャイロコントロールによる飛ばし方の方が、より直感的なのかもなと思ったりしています。
_SX342_

 レバータイプにしたって、最近ではゲームコントローラーを意識したものも。中にはまんまプレステと同じものもありますよねw そう言えばゲームでキャラクターを操作するのに、「速く移動するには方向レバーを2回倒す」なんてのがありましたが、ひょっとしたらこれからの人は「あれ?方向レバー2回倒したのにスピードアップしないジャン!」なんて人も出てくるかも知れませんね。 

 このところ、TinyWhoopネタかMavicProネタばかりをYouTubeにアップしているワケですが。
10

 中華フープの映像は、DVR付きFPVモニター、RC732で録画したものをiMovieで編集し、720Pとか1080Pとかで書き出してYouTubeにアップロードしています。
 iMovieでの動画編集ではいわゆるワイドスクリーン映像、アスペクト比16:9というイマドキな映像編集のみなんです。ですがDVR732で記録したMP4ファイルは、720 x 480が実際のサイズと表記されています。
01
 iMovieで編集するとなると、上下を切り取ってしまってアスペクト比16:9にするか、左右に黒い部分をつくらせて、フィットさせるか、任意にやっぱりアスペクト比16:9で切り取るかしか選択できません。しかもRC732は7"ワイドスクリーンなのでRC732上で視聴したりモニターしたりする分には違和感なく見れているのですが、作り出されたMP4ファイルは若干左右が詰まってしまって映像がみんな縦長になっているような…。
 18
 ということは横幅720を維持しつつ、アスペクト比16:9になるよう、画像を横にリサイズしてしまえば良いわけですが、iMovieには(以前は有ったはずなんだけど)そのような機能がありません。

 そこで登場いただきましょうかつてイロイロな方面で大活躍していたらしいアプリケーション、Handbrakeに!
53
 なんか久々の起動。アップデートを促されたのですが取り敢えず旧バージョンで。
 変換したいMP4ファイルを開くと…
BlogPaint

  で、PictureSettingをクリックすると…
17
 あれ?Width 720ではなく704に、Heightは480になってました。
 ここで、AnamorphicをCustomにし、Width 704に対し、16:9のアスペクト比になるHeightは396。というわけで480を396に変更。
 んで、Startをクリック。デスクトップに新しいファイルが生成されます。
 開いてみると…
30
 ちゃんとワイドスクリーンサイズになりましたー!

 きっちりアスペクト比16:9の動画になりましたので、これで普通にiMovieで編集すればOK。見た目もちゃんと自分がゴーグルやモニターで観た映像に同じものになったと思われます。

 無事フルスクリーンでもオッケーな映像でアップロード、公開完了!
40

 といっても元データは480pですから画質は…w

 以前はこういった動画のアスペクト比変更を、いちいちWindowsにリブートして沢山あるWinのこの手のアプリを使用して行なったりもしていましたが、これで全てをmacOS上で行えるようになりました。良かった良かった。

・RC732 -DVR FPV 7" Monitor
http://www.gearbest.com/fpv-system/pp_265750.html
1447720791750-P-3398940
 付属するアンテナ、一個はクローバーアンテナに取り替える事をオススメされています。そうすると、どっちか電波条件の良い方を選択する仕組みなので、より確実に映像を受信するそうですよ。

 なにげに1年使い続けてますね。ゴーグルにDVRが付いたらお役御免となりそうですが、いまのところそんな予定も無いのでまだまだ使い続けますよー!

 中華フープの練習コースとして使用している日本家屋ステージ、mixiドローン友の会の方限定で開放する事にしました。会員の方でお近くにお越しの際は、是非お立ち寄りいただければ嬉しいです。
 飛行可能ドローンは当面はTinyWhoop限定です。お持ちでない方で体験したい方もいるでしょうから、予備機と予備ゴーグル、予備プロポも1セットのみですが用意できました。
 TinyWhoop、中華フープに興味ある方、近県にお住まいの方など是非ご連絡くださると有り難いというか、嬉しいです。

 日本家屋ステージ紹介動画(?)はコチラ〜
 

 GearBestって以外と若いんですよね^^
970_250
  70% オフ、ラッキー抽選、無料ゲットとどうやらこりゃかなりお値打ちどころの騒ぎじゃなさそうです!

 プレセール、今年もやるそうです。

 ↓セールのメインページはこちら↓
http://www.gearbest.com/m-promotion-active-283.html
45
 既にカウントダウンが始まっています。

 今回も、「ケーキゲーム」(抽選ゲーム)、「クーポンページ」など多岐多彩な激安品揃えに期待できそうです。

 注目イベントを幾つか教えてもらいましたので紹介いたします。
●クーポン会場
http://www.gearbest.com/coupon.html
32

 ブランドごと、カテゴリごとなど、分類されたクーポンコードが公開されています。
  こちらも既に公開が始まっており、既にに使用可能になっています。

●誕生日ケーキゲーム
http://www.gearbest.com/m-promotion-active-284.html
03

 7つ以上友達のシェアを獲得できれば参加出来るゲーム。当たる商品も、スマホやヘッドホン、GBポイント等イロイロです。チャンスは1度きり!?


●ポイント抽選
http://www.gearbest.com/m-promotion-active-285.html
49
 GearBestで買い物をしたりすると獲得できる「ポイント」を使用して抽選に参加できるようになっています。溜め込んで使いみちに困っていたら是非チャレンジしてみては?

●各カテゴリごとの分会場
スマートフォン:
http://www.gearbest.com/promotion-top-brand-phones-special-586.html
タブレット:
http://www.gearbest.com/promotion-tablet-top-brand-special-634.html
パワフルギア(スマートウオッチやアクションカメラなど):
http://www.gearbest.com/promotion-cool-consumer-electronics-sale-special-513.html 
スマホ周辺機器:
http://www.gearbest.com/promotion-iphone-accessories-special-385.html
家電製品:
http://www.gearbest.com/promotion-home-and-garden-2nd-anniversar-special-476.html
アウトドア商品:
http://www.gearbest.com/promotion-outdoors-amp-sports-special-490.html
RC製品:
http://www.gearbest.com/promotion-gearbest-anniversary-rc-special-481.html 


●追加購入特典
 購入金額が60ドルを超えた場合には、特定の関連製品を3.33ドルの価格で購入する事ができます。
 方法は、下の画像を参照してください(クリックして拡大です)。

追加購入説明画像
 特定の関連製品の中には、60ドルどころか100ドルを超える物も!?ただし全て数に限りがありますので、早い者勝ちになります。

●ラッキーバッグ(福袋)
 一定価格にて、値段分を遥かに超える価値の商品が入れてある福袋を購入する事ができます。福袋に入れた商品は、開封後に了承する事が出来るそうです。200ドル以上する商品も入っているそうですが、やはり数に限りがあるそうなので、決断はお早めにって事ですね。 
 

 本日仕入れたGearBestのクーポン情報です。
 49
 プロモーション期間は3/14から3/18まで。インテルプロセッサー搭載タブレットをお値打ちセールされます。
http://www.gearbest.com/promotion-intel-special-627.html

 数に限りがありますので、ご購入はお早めに!

 さらに、クーポン情報です。
タブレット、スマートフォン、アクションカメラの3月31日まで若しくは売り切れたらおしまいなクーポンが発行されています。

 まずはタブレット。
・Xiaomi air 12 Laptop
http://www.gearbest.com/laptops/pp_416105.html
1487051415723877383
 こちらの商品、クーポンコード「GBBLOG」を使用する事で、54,817円になります。

CHUWI HI10 PLUS Tablet PC
http://www.gearbest.com/tablet-pc-accessories/pp_443070.html
1487050597383985159
 こちらは、クーポンコード「PLUSPC」を使用することで、179.99ドルに。

 続いてスマートフォン。
・XiaoMi Mi5 64GB
http://www.gearbest.com/cell-phones/pp_452989.html
1488850562623348224
 こちらは、「Mi564GBA」で27,408円になります。限定個数は500個。 

Xiaomi Redmi Note 4X 4G Phablet 
http://www.gearbest.com/cell-phones/pp_613146.html
1488155462812170736
 こちら、「Note4XR」で20,556円になります。

 そしてアクションカメラ。
・Elephone ELECAM Explorer S
http://www.gearbest.com/action-cameras/pp_615727.html
1488849722345948657
 こちらは「GBEXS」入力で、4,453円に。限定数100個です。

 以上です。いよいよGearBestは3歳の誕生日を迎えます。誕生日セール(?)、創業祭(?)の情報、入りましたらまたポストさせていただきます。 

 いやぁ、スゴかったですねー!

公式サイト:
http://droneraceishigaki.com/

16344021_1867096650200392_1582286378_n
 日本トップクラスのプロレーサー達による熱い戦いでした。半袖の方や短パンの方が居たから本当にあっちは暑いんですね!こっちは雪予報。今この記事書いているときはまだ気温も10℃ですが、ブルブルですよw

 今回のレースでは、AMIMON社のProSightHDが全選手に採用されていたそうです。このカメラ、何が凄いって1080pで遅延の少ないFPV放送が可能なんです。リアルタイムでのレース放送に耐えうるクォリティって事でしょうか。ドバイでは別途1080p60fpsアクションカメラの搭載が条件でした。それが要らなくなった分機体も軽量化されるわけですし、参加者も飛ばしやすかったのかも。
 リアルタイムFPV映像は、通常アナログ放送(0.3MPとか?)なわけですし、生放送では厳しいところだったんでしょうかね。

AMIMON公式サイト:
http://www.amimon.com/

 で、生放送と言えばUstream…ではなくニコニコ動画だそうで、アカウントすら忘れていた俺焦りましたw アカウントはなんとか思い出し、いざMacからアクセスすると今度はFlashを入れろと…。あー面倒くさい!時代はHTML5でしょうに!w というわけでHTML5を選択して観覧。既に予選は終わって居て、いきなりDJのお姉さんの胸アップに「ほう…」とフルスクリーン化したのはいうまでもありません。
 しかし、ニコニコ動画って、プレミアム会員にならないと最悪な解像度と、なんか満席になったとか言ってはじき出されるんですね。

 ProSightHD導入もカネ払ってる人以外には意味の無いおはなしでした。

 なんでUstreamやYouTubeじゃなかったんでしょうね。何か主催者側が儲かる(儲かってもらわないと衰退するから困るんですけども)仕組みでもあるのでしょうか。
 放送みているとコメントがひっきりなし。印象深かったのは、「俺も始めたい!」というコメントや、「幾らくらいするの?」とか「何が必要なの?」みたいな質問コメントが結構あったこと。FPVレーシングの知名度はまだまだそんなもんなんですね。

 いよいよ準決勝が始まりまして、有名所な方々の飛びっぷりみてもう脱帽です。前に韓国のレースで優勝した少年のクレイジー過ぎる飛びっぷりをYouTubeで観たことがありますが、もうそんな領域なんですね。しかし、俺はそこに不安を覚えました。

 人間の知覚を超えた映像を見せつけられると、多くの人は酔います。

 ゴーグルによるFPVを始めたばかりの人も、大半は画面酔いするそうです。お陰様で俺は酔わないまま今に至ってます。相変わらずカラダは動いちゃってますけどw
 今回の放送のしんどいところは、ただでさえ画質の粗い映像にさらに超次元なFPV映像しかも3画面同時とかもうね…

 選ばれし者のみご鑑賞ください

 という風にしか、とれませんよ…orz
 度々起きるはじき出されにリロードしながら、そしてリロードしたらフルスクリーンして続きをみると。
 生放送故にレースとレースの継ぎ目が長くなりがちなのを、様々なネタで間を繋ぐ努力をされているのとかわかって生放送でドローンレースの迫力を伝えるというのは凄い試みだよなぁと感心しっぱなしでしたが、ニコニコ動画じゃ…ねぇ…。撮影スタッフ、運営スタッフもニコニコ動画なら出してもらえるとかそういう流れだったのかも知れませんね。

 で、FPV慣れしている方やそのスジの方はあの迫力のある、あったであろう(しつこいようですが、俺は低解像度で何度もはじき出されているので…w)映像に「スゲー!」ってなったと思います。それと同時にギュンギュンまったくわけの分からない映像で「酔った…」って方も多かったんじゃないかと。
 まださほど浸透しきっても居ないFPVレーシングの世界で、早くも一般人とプロとの温度差が生じてしまったかも知れません。自分の憶測ですが、FPVレーシングの放送というか映像に求められているのはこういう映像なのかも知れませんね。

 レーサーのレベルが上がればあがるほど、付いてこれない人もどんどん増えそうです。F1レースのFPVってずっと流しませんし、そうやって流さないのは、多分そのあたりをわきまえているのかも。勉強になりました。
 また、決勝戦でのマシントラブル、さらに予備機でもトラブルという生放送でもっとも有って欲しくなかったトラブル。優勝候補者が最後の最後で全力を出せぬまま終わってしまったり。「レースには魔物が居る!」とか良く言われますけどまさにそれでしたね。
 トラブル処理中のグダグダな「間」。重苦しい空気は低解像度な俺にも伝わって来ました。
 本来ならこういう時、谷プラスワンさん(?)が例の一発芸を披露するというのも出来たんでしょうけど、何せ谷選手も決勝戦でしたからねwww

 実は今回、いつも大阪に帰省した際にお世話になっている方も出場されていて、応援したくて観ていたのもありまして…w
 優勝は逃しましたが、俺的には彼のFPV映像が最も滑らかで見易いものでした。後で聞くと、「今回は勝ちよりも滑らかに飛ばす事を意識してみました!」との事。いやぁ流石です><
 ドローンレースはタイムアタックありきな傾向ですが(レースだもんそりゃそうでしょうw)、観戦する側としては、抜きつ抜かれつのデッドヒートとか、あたかも自身が飛んでいるかのようなバーチャル体験とか、一種映像芸術のようなところにも重きを置く流れをつくらないと、ついてこれない人には敬遠されてしまうかも知れません。

 以前DRL(Drone Racing League)の動画を紹介したことがありますが、こちらは何せ生放送ではなく、録画放送。俺的にはどうも録画放送の方が安心して観れますし、カット割りなんかも上手くて、やっぱHDでみると見栄えも違いますね。 
 

 今回のレースも、というか以前より行われていたレースにしてもですが、ダイジェスト番組みたいなのを観る機会が全く無かったんですが、そういうのって、あったんでしょうか(汗)
 あるんだったら観てみたいです。あ、ニコ動はプレミアム入る気無いのでYouTubeでおなしゃす!

 しかし今回の生放送もなんでYouTubeじゃなかったんだろう…(しつこい!w) 

 法改正以後、とうとう出ちゃいましたね。
8452ea9429f7c2fc62a71c6ace1f7d17-1


 聞く所によると、操縦士は50時間オーバーのベテラン。電波干渉により操縦不能になったところでクレーンに激突して墜落。下に居た作業員に直撃して顔を数針縫う怪我。

 最近、ドローンの中でもMavicProが爆発的に売れているみたいで、YouTubeでもすんごい数の関連動画が紹介されるのですが、同時に墜落動画、ロスト動画もすんごい数ですね。

 俺が心配してしまうのは「初めてのドローン」でMarvicPro出してドヤ顔しちゃってる人。操縦技術云々ではなく、こうしてベテランクラスのドローンパイロットでも操縦不能になったらどうしようもないこの世界にあって、いきなり飛ばしてミスって(操縦できなくて?)クラッシュとかしたらもう立ち直れないだろうなと。 それともアレかな?YouTubeの再生数でアフェリエイトいただけるから、話題になってお金稼いで巻き返すのかな。

 今回の事故は電波干渉による操縦不能状態が一番の原因。でもこれって50時間以上飛行経験のあるベテランパイロットさんでも、数時間なビギナーさんでも関係なく起こり得るおはなしに思います。で、操縦経験があれば対処できるかといえば否と。

 以前、おもちゃのドローンを複数台同時に飛ばしたら、1台ぶっ壊れたという話を聞かせてもらった事があります。原因の詳細は分からないので電波干渉だったのか、おもちゃ故の「たまたま」だったのか。
 憶測ですが、ビル街・オフィス街はWi-Fi電波(2.4GHz帯)が飛び交いまくってます。それが直接ドローンを操縦する事は考えにくいですが、「干渉はあり得る」と思います。幸いにもWi-Fiは比較的微弱ですから、改正航空法で物件から30m以上の距離をとるというのはあながち間違った規制では無いのかなと思います。

 なにせ電波は目に見えません。「うわぁ…この辺、メッチャ電波濃いやん!」とか出来ればよいのですが…。若しくはLucyさんみたいにまんま目で見えれば…。
 
LUCY/ルーシー (字幕版)
スカーレット・ヨハンソン
2014-12-18

 脳を100%使えるようになったら、見えるようになるでしょうかねw

 操縦技術は訓練・練習で上達はします。あとは抑えておきたい状況把握ですね。飛ばす前に留意しておくと良いと俺が考えている事です。
  • オフィス街・工場・住宅地など、何かしらの電波・ノイズ出していそうな場所は避ける。
  • 高圧電線付近は避ける。
  • 人の気配がある場所は避ける。冷やかし半分で邪魔してくる人や、許可とってんのに通報する人もいたそうです。結果何事もなかったにしてもモチベーション下がりますから避けて正解です。
  • 飛行ルートに電線。
  • 臥梁下やトンネル、洞窟、渓谷や谷間など、GPSが薄いところは避ける。
  • RTH発動時の機体上昇高さの設定。そもそもRTHしなきゃ飛ばせないようなスキルやシチュエーションなら飛ばさない方が良いです。大抵のパイロットは(自力で帰還余裕だけど)面倒くさくてRTHしてると、俺は思ったりしてます。
  • 保険。
  • ぶっ壊しても泣かない決意w

 空撮の飛行ルートは、安全幅考えまくってると、結果退屈な映像しか得られないかも知れません。対象物にギリギリ寄ってみたくなる事もあるでしょうけど、そこは我慢も大事だと思います。

 今回の事故ってひょっとしたら障害物センサーがあったら起きなかったのかなと思うと悔やまれますね。電波切れしてRTH発動し、帰還の道中に建物等があったのを上手いこと避けて無事帰ってきた動画をみました。
 
 そもそも電波切れるくらいの離距離と障害物(建造物)があるところで挑んじゃダメと言いたいですが、兎に角無事で良かったっす…。

 ドローンの学校なんてのがあちこちに出来て居て、ドローンを始めたい人はまるで必須かってくらいの啓蒙と、学校出ないとドローンは飛ばせないみたいな風潮の発言を結構目にするようになりました。

 ええ、ごもっともです!

 空撮業者で安全を重要視していることを前面にだしているところも結構目につきますね。また、大型ドローン飛ばしている人は、俺みたいなおもちゃのドローンを紹介しているようなヤツに好感を持っていないようですw
 そんな方々にあえて聞きたい。

 墜落経験した事あるの?

 と。

 俺ですか?勿論ありますありまくりです。お陰様で事故に至る事も、至りそうになったことも無いのが幸い。運ではなく、予防として先にあげた事を心がけているお陰でもあると思います。それにレーシングドローンはクラッシュありきと言いましょうか、操縦の限界に常に挑んでるわけですから当然クラッシュもつきものですよね。

 飛んでる最中に電池切れて墜落。
 ランディング直前に雑草に触れて墜落。
 飛ばしている最中目の前で電波切れてそのままゆっくり上昇しロスト。
 レーシングドローンのクラッシュ。

 あげたらキリが無いです><

 こういった事故は、防ぎようが無いというか、予防しても気をつけていても起きうるものだと思います。マーフィの法則ですね。

「墜落する可能性のあるものは墜落する」

 おかげで、墜落してどう対処するかの引出しと、未然に防ぐための引出し、飛ばさない決断力もかなり身についたと思います。そう、全て「トイクアのおかげ」です。

 ドローンの学校ではたいてい高価なホビー機をつかわれているようです。高度維持+GPSで、初めての人でもビターって飛びます。スイーって移動してコントローラから指を放したらビター。どうですかね。もしそこでGPS切れたり、気圧センサーに異常が起きたら…。
 俺は相変わらず「ドローンやってみたいんだけど」って人には、オモチャのドローンをまずオススメしています。最近はJJRC H36。

 室内向けですし、バッテリー容量も小さいので、飛ばす回数を稼げます。高度維持やGPSすら搭載されていない、まさに自身の腕で飛ばします。クラッシュしても、人にぶつけても怪我や破損の恐れも少ないです。これでクラッシュ経験を経験したところで、心の傷も財布の傷も浅くて済みます。ここからさらにステップアップというのも良いでしょう。Hubsan H502S。

 気圧センサー、GPSついてます。おもちゃであるだけで、飛ばすに至るまでのセッティング(コンパスキャリブレーションなど儀式とよばれるもの)や、画面をみながら機体状況を確認するといった、ホビー空撮機さながらのオペレーションが体験できます。RTH機能もありますからね。

 これらを経験し、自分なりでも「そろそろ良いかな」と思えた時に初めて一歩間違えたら凶器にもなるホビー空撮機にステップアップするのが、もっとも確かなんじゃないかって、俺は思います。もちろんそこに至るまでに数々のクラッシュや、故障、修理なども経験するでしょう。しかしそれらが全て、経験として後に活きてくると思っています。スクールじゃ教えてもらえない経験として。

 現在、法による飛行許可申請において、同一機種による延べ飛行時間10時間という一つの基準があります。それがもっとも分かりやすい基準とも思いますのでそうされているのかも知れませんが、Phantomを10時間飛ばした人と、H36を5時間、H502Sを3時間、Phantomを1時間飛ばした人とでは、操縦技術とやらも、安全に対する基礎も、後者の方が勝ってるんじゃないかなって思います。比較したことがないのですけどね(てへぺろ)

 でもまぁそのトイクアを馬鹿にしていた方のPhantom4による空撮動画は拝見させていただきましたが、さすがにここには貼れませんね(汗)、ええ、とてもお世辞にも「上手い!凄い!」とは…。
 あ、でも流石Phantomさんです。映像解像度はピカイチでした^^

 ホントすいませんほんのり上から目線的な記事で。ドローンによる事故は起きてほしくないですし、ドローンの可能性や面白さをより多くの方に知ってもらいたいという気持ちは誰もが持っている事だと思います。ただ、自分が思うのは、「スクールや講習で教えるべき事の骨子は、もっと見直す必要があるのではないか」「単に飛行時間がドローンパイロットの技術指標にはならない」という事。

 ドローン検定なるものがありますが、果たしてその合格者の方々は、ノークラッシュでのコース周回とか出来るのでしょうか。こうしてドローン事故がまさに今も起こり得る中で、教えるべきこと、まなぶべきこと、考え直してもらいたいですね。 

DJI GO 4が4.0.5にアップデートです。
 
今回のアップデートにより、以下の機能が追加・改善されています。

Unknown
Inspire 2 :
-TapFly(タップフライ)モードにCSGスイッチを追加しました。
-ActiveTrack(アクティブトラック)モードにプロフィールモードを追加しました。
-トライポッドモードでの速度とヨーの滑らかさの設定のサポートを追加しました。
-カスタマイズしたジンバル設定のネーミングに対応しました。
-スマートLED設定を最適化しました。
-DJI G0 4 アプリ用のFPVディスプレイを追加しました(スマートフォンバージョン)。

P4P :
-離陸地点を正確に記録する機能を追加しました。

Mavic Pro :
-離陸地点を正確に記録する機能を追加しました。
-ActiveTrack(アクティブトラック)モードでの最大飛行速度を15m/sに上げました。
-第1送信機と第2送信機で、機体を同時に制御するサポートを追加しました。

Editor :
-画像のスライドショーを可能にするFree Eye(フリーアイ)機能を追加しました。
-予備フィルター、カーブモード、映像反転モードを追加しました。ミュージックライブラリーを更新しました。
-AutoEdit(自動編集)の完全リセット機能を追加しました。

一般 :
-SDカードが一杯になる、または使用できない場合、モバイルデバイスのキャッシュに映像を保存できるサポートを追加しました。
-中国本土での飛行制限条件を更新しました。
-映像をキャッシュメモリに保存しながら録音する機能を追加しました。
-韓国でもアプリが利用できるようになりました。



MavicProで2台の送信機による制御サポートが興味深いですね。
トレーニングにてコーチと一緒に、フレンドとの協力プレイ等、用途は広がります。
動画より写真派な人への、画像のスライドショー、Free Eye機能でクリエイターさん達の表現の幅も広がりました。
本体ファームウェアアップデートはどうなんでしょうね(現時点未検証)。

 DJIもPhantom 4 Proという表現ではなく、P4Pと略してます。Phantom 5は「P5」になったりして。アトラスから文句言われそうw

ペルソナ5 - PS4
アトラス
2016-09-15

 mixi:ドローン友の会のメンバーの方々もここに来てこぞってMavicPro導入です。みんな金持ちですね><b
 既に円安値上がり前に導入してしまった俺は詳細がイマイチ理解していませんが、なんだか楽天で少しオトクに買えるようなカラクリがあるようで。サポートもDJI ジャパンがやってくれるらしく、既に初期不良と思わしき不具合もあったようで、しかしそこはDJI、早速回収診断(無料?)してくれているそうですよ。キッチリ直って一日も早く返ってくることを願っています。
[送料無料・最短翌営業日発送]ドローン DJI Mavic Pro Fly More Combo 賠償責任保険付
[送料無料・最短翌営業日発送]ドローン DJI Mavic Pro Fly More Combo 賠償責任保険付




 ダメです。何が駄目かって、ノイズが酷いんです。
imgres

・Kingkong Q25-Mini 5.8G 25MW 16CH VTX 600TVL CMOS 1/4 Micro FPV Camera

http://www.banggood.com/Kingkong-Q25-Mini-5_8G-25MW-16CH-VTX-600TVL-CMOS-14-Micro-FPV-Camera-p-1097798.html
 サイズ的にはなんとかなるレベルだっただけに本当に惜しい…。

 カメラ部は小さすぎるくらい。何かにハメて固定する事が出来ない小ささだったので、カメラ固定パーツをあてて水平、垂直を確認。
IMG_3508

 ホットボンドでキャノピー内部と接着して固定。固まったらカメラガイドを外してしまいます。
IMG_3510

 キャノピーのケツの穴をリューターつかって広げ、そこからVTxアンテナを出すことにしました。
IMG_3511
 
 VTx基盤が縦長なので、内部の突起を切り取って、基盤を斜めにして収めます。やっぱりボタン位置が合わないのでチャンネル変更はキャノピー取って行う方向で。一応ホットボンドで固定。
IMG_3512

 FCの電源に直結して蓋して完成です。
IMG_3513

 薄暗くてごめんなさい。そういう環境なんですよ、古民家ですからw
IMG_3514
IMG_3515

 アンテナも良い具合に出てますし、「こりゃええわ!」 と思っていました。

 で、ゴーグルつけて飛ばしてみた所…

おわーっ!!!! ノイズで何も見えない!!!

 惜しい、惜しすぎる結果です。ノイズを無くすためにレギュレーターをかます考えも浮かびましたが、このクラスでさらにレギュレーターとなると、お金的にも重さ的にも厳しくなります。というか最初からVTx基盤内にのっけとけよ!KingKong!(怒)

 というわけで、今回は失敗談。このカメラ、本来マイクロサイズのものに使おうと思っていましたが、こんなにノイズ出るんじゃそれもヤメておいたほうが良いかも。
 

 本家のカメラ、入手困難です。
feature-1
 「中華フープカメラカタログ」をまとめたいところなのですが、試行錯誤中過ぎてできずに居ます。問題点というか留意点は、
  • サイズが合わない
  • 消費電力が大きかったりしてバッテリー持たない
  • アンテナ邪魔で収まらない(キャノピーばっさり切断しないとだめ)
  • 本家Blade Inductrix FPVのカメラがプラグ式になってるがために電気食うらしくオススメ出来ない

 んな感じで「これがベスト!」というのがまだ見つけられずに居ます。絶対にキャノピーの加工は必要ですし、カメラの加工も必要だったりする場合も。
 ドローン友の会のメンバーの方々にもご協力いただきつつ、いろいろ試している最中ですが、この調子じゃ一生みつからないかも知れませんw 妥協と努力は必要と心得てください。

 そんな中、こちらのカメラを紹介されましたので試してみました。
Boldclash F-02 AIO Separated Type 5.8GHz 48CH 25mW 4.6G A/V Camera & TX Support 2.9V-5.5V NTSC/PAL for Tiny Whoop FPV Inductrix
http://www.tmart.com/Boldclash-F-02-AIO-Separated-Type-5-8GHz-48CH-25mW-4-6G-A-V-Camera-TX-Support-2-9V-5-5V-NTSC-PAL-for-Tiny-Whoop-FPV-Inductrix_p356305.html
imgres

 サイのマークのBoldClash。TMARTで売ってます。カメラとVTxが最初からセパレートになっています。重さ4.6g。そう、ちょっと重いです。
 Amazonでも扱ってるみたいですね。AIOの方が引っかかりました。きっと割高なんだろうなぁ…。


 発注から2週間。無事に到着。
IMG_3576
 開けてみたらマニュアルとカメラ・VTxのみ。
IMG_3577

 取り敢えずカメラをキャノピーに収めようとすると、どうしても傾きます。
IMG_3578
 カメラ基盤のこの部分が、キャノピーの受ける部分にあたって入らない感じです。
IMG_3580
 キャノピーの方の写真でいうとこの部分です。
IMG_3581
 削り取ることにしました。「コ」の字のフロント側だけを削り取ります
IMG_3582
 だいぶよくなりました。
IMG_3583
 VTx基盤の、チャンネル切り替えボタンの位置とキャノピーのボタンを押すためのピンの位置があいません。そりゃそうだ。モノが違うんですから。チャンネル切り替えはいちいちキャノピーをとらなきゃ出来ないのはちょっと残念ですが、思い切って切り取りました。
IMG_3585

 あとはVTxの電源プラグは取っちゃって、配線をFCの電源のところに直接ハンダ付けでOK。
IMG_3588

 上記モデルのレシピ
フレーム:Blade Inductrix FPV
モーター:FuriBee F36
FC:JJRC H36
キャノピー:Blade Inductrix FPV
カメラ:Bordclash F-02
バッテリー:Crazypony 3.7V 220mAh 50C
バッテリーケーブル:JJRC H20の充電ケーブルぶった切り
プロペラ:JJRC H36(グレー)

Blade Inductrix FPVのキャノピー・フレームはGearBestでセット販売されています。

・G83 Body Shell Chassis Propeller Combo

  -  YELLOW
http://www.gearbest.com/rc-quadcopter-parts/pp_598315.html
1481860993133920556
 モーターは、コレでも良いです。ただしモーターって当たりハズレがあるので注意。

 ケツが緑と黒が目印。F36よりちょっと回転数が上という調査があがっていますが、体感するレベルでは無いというのが俺の感想です。お急ぎの方はAmazonですかねー。倍以上の値段なのが痛い。

・Original FuriBee Brushed Motor

  -  SILVER
http://www.gearbest.com/rc-quadcopter-parts/pp_597298.html
1481688202129074010
 こちらも当たり外れがあるので、予算の許す限り予備を買っておいたほうが良いです。

 バッテリー、タイミング逃すとホント入手出来ないですね。GearBestでPriority Lineオプションを使えば、今のところ無事にちゃんと届きました(いつダメになるかも知れないのが怖いところ。しかし国内での調達は高いどころか売り切れ続出です><)。

・Crazepony 3.7V 220mAh 50C LiPo Battery
http://www.gearbest.com/multi-rotor-parts/pp_605727.html
1483470071732759466
 で、これ一個一個がカプセルに入ってました。簡易梱包で箱が潰れてましたが中身は大丈夫。
1478885480_188
 コネクタが1.25mm JST-XHっていうのと互換らしいです。
1478948596_225
 自分は、JJRC H20のバッテリー&充電器セットを以前購入していまして、そのケーブルをバッサリ切って使うことにしました。単品でも売ってるらしいのですが、どうせ高いんでしょうし、手元にあるもの使って無くなったら補充すれば良いと思いましたので。
 で、繋いで見たところ極性が逆でした><
 ピンセット使って一旦プラグのピンを抜き、プラスとマイナス入れ替えて突っ込み直して対処。
IMG_3518
 充電用のケーブルも極性入れ替えてスタンバイ。
IMG_3519

 この組み合わせで飛ばしてみたところ、3'00"余裕で飛んでくれましたので良しとします。

 やっぱキャノピーは良いです。手持ちの中華フープ、TinyWhoopでカメラを輪ゴムで搭載しているものに、ep-modelsのHyperWhoopなるものがあるのですが、クラッシュするたびにカメラがズレたりするので、いちいちカメラ整えるのが面倒くさいですw
 より軽く、より汎用性のある(最初からAIOカメラ想定したデザインとか)ものが発売されたら嬉しいんですけどねー>< 

 最近になってやっと連日飛ばせたりできてます。
mavic-pro-review_featured
 コンボセットでしたので、バッグも付いてきたわけですが、これが…ダサいというか…これを肩から下げて新橋で飲んでても誰も突っ込まないと思うw 
IMG_3569

 ですので俺はコイツを「おっちゃんバッグ」と呼んでいます。50目前な俺にはお似合いなのですが、スーツとか着ないので浮いちゃいますね、バッグが。
 本体とコントローラーが並んで入ります。これが結構ギッチギチなので気をつけないと折角のブレードが傷んでしまいそう。本体の出し入れは慎重に。縫い目とかに引っ掛けようものならもう…。結構この出し入れでペラダメにしちゃった人も居そうな気がします。
 コントローラーもスティックが入った状態になったり。パワー落としてるから問題無いのかもしれませんが、スティック内のバネにクセとかつかないんですかねぇ。
 一応サードパーティやThingiverseでスティックを養生するパーツがあったりします。自分も一応造形して持ってるんですが、今日は車に忘れてきちゃったみたい。無くした!?また印刷すれば良いだけのこと(時間かかりますが…)。
IMG_3570

 で、本体入れてる蓋のところにもポケットが。俺はここに付属のUSBケーブルを入れています。表側のところにもポケットが付いています。ここにはmicroSDカードアダプターや、Wi-Fiアダプターが入ってます。
 フロントのポケットにはAC/DCアダプターが。それとバッテリーをモバイルバッテリーとして使うためのUSBアダプター。MavicProのインテリジェントバッテリーがUSB機器2台同時充電可能な優れものになります。
IMG_3571

 左右のメッシュポケットそれぞれに予備バッテリーを入れてます。電池残量確認ボタンを外側に向けて入れれば、いちいち取り出さずとも外からボタンを押して電池残量を確認できますね。
IMG_3572

  基本車移動な俺です。車にはCOSTCOでセールしていたシガーソケットからAC電源とUSB給電が出来るコンバータを積んでいるので、シガーソケット用充電器は持ち歩いていません。ただ、惜しいのは、4個のバッテリーを同時に(実際は順番に)充電してくれる、バッテリーパワーバンクアダプターってのがあるんですが、スペースに余裕はもう無く、バッグに入れられません。 
IMG_3573

 もう一回り大きくても良かったのに、付属品全部がバッグに入らなかったのはちょっと残念かな。
 こんな感じで天気が良さげな日はなるべく持ち歩くようにしています。

 追記:バッテリーパワーバンクアダプター、一旦本体とコントローラーを取り出し、パワーバンクアダプターを左側のポケットの底に敷き、そこにコントローラーを、本体を右側に突っ込んで入りました!
 お教えいただいたたかっしーさんに感謝です^^


 飛びについては本当に安心出来ますね。勿論俺は空撮ドローンは相変わらず信用していないので(YouTubeでも既にクラッシュだロストだと物凄い多くの方の動画をみてしまって正直ビビってるところもありますw)今のところリスキーな飛行は避けています。先ずは自身がちゃんと操舵できるところまで慣れておかなきゃって感じ。天候の悪い日ばかりで、それなりに用事もあるので飛ばせたり飛ばせずじまいだったりで、なかなかスムーズに上達していないのも正直あります。

 で、一発目は既にブログでも紹介したかもしんないですが、こちら。
 
 そうですね、最初MODE1での納品(っとっ!余計なことすんなよ!…うそですごめんなさい調整いただきありがとうございました)でしたので時間を無駄にしてしまった一発目でしたね。
 実はこの動画の一部のシーンが、関西テレビ系 旅番組「にじいろジーン」にて使っていただけました!

 担当者の方もぽろりと申しておりましたが、ワンシーンのために30万とかは正直キツイそうですw
 自分の映像はたまたま自分が趣味として(?)撮っているものであり、広く観てもらうためにYouTubeに公開しているわけですし、一応YouTubeでも再生数に応じてアフェリエイトが加算されているわけですし(これは再生数が10万とか100万とかいかなきゃ満足な金額にはならないです多分。しかも俺の場合、使ってるBGMが人の曲なのでアフェリエイトはそっちに行きますw)。ということで、それでも何か記念になるものをと思い、にじいろジーンの番組グッズが欲しいと伝えましたところ、ごっそり来ましたよ!w にじいろジーン番組スタッフの方々、担当者様、本当にありがとうございます^^

 「おねだり」は番組放映前というかオファーがあって直ぐに言ってしまってたんですが、後でそういえばにじいろジーンには、NHK連続テレビ小説「まれ」や、当時息子が大好きだった「仮面ライダー フォーゼ」に出ていた清水富美加さんも出演されていたんでしたね><
 ぐぬぬ…「じぞまえさんへ」でサインおねだりしておけば良かったと後悔半分…w

 それからしばらくまともには飛ばせず、「飛ばせそう…いやでもなー」的な日々を過ごし、久々に飛ばしたのがこちら。
 
 昼間の明るい映像に憧れるんですが、大抵そんなときって風が強めなんですよ。ちなみにMavicProは風が強くて機体が不安定になりそうな場合、「強風警報」が発令されます。もう一台買えるくらいのお金持ちさんや、どれだけの事故でも保証する自信がある方以外は、この警報が出たなら撤収する勇気を持っていただいた方が、俺は良いと思います。これ以上「MavicPro墜落」動画を増やさないで欲しいですし。

 続きましてこちら。実はポケモンのジムが青色チート…チームに乗っ取られてましたのを取り返しに行ったところ、パラパラ降っていた雪が止んでいたのでちょっと…w

 でも途中で強風警報発令したので帰還させました。地上ではせいぜい風速5mあるかないかってところでしたが、上空は違うようですね。確かに機体は静止ホバリング時に結構ぐあぐあしてたり。それがあんまり映像に現れないところ(よーく注視していると「おや?」って気付けると思います)、MavicPro
恐るべしです。

 地元というか隣町には「チーム柴垣」という、なんだろう、柴垣を愛するオトナ達の集まりがありまして、定期的に海岸清掃ボランティアなどをされていたり、地元愛が凄い方々がいらっしゃりまして、非力ながらも自分はこの柴垣・長手島を空撮してYouTubeすることで知名度アップ?にならないかなって思ったりもしてまして。

 生憎の曇り空でしたが、サーフィンをされている方の姿もチラホラ。ポイントが結構沖の方で、こりゃ目視で波乗りシーンをおさえるのは、今の俺にはとうてい無理と思い、風景だけ撮って退散w いい加減度胸つけろよ自分!w

 うちの親父は絵が趣味でもありまして、彼の生まれ故郷でもある福浦を題材とした油絵を、暇をみてはコツコツと描いています。先日、「志賀町を描く」的なコンテストがあって、油絵部門で入賞。調子に乗って絵を描く時間が増えた気がしますw
 そんな福浦ですが、映画「リトル・マエストラ」の舞台として一躍有名…にはなってないような…。撮影は冬に行われていたそうで、実は俺、高校時代Tubaを吹いていたわけですし、映画でエキストラで良いから使ってもらえば良かったと(というかエキストラ募集している事はクランクアップしてから親から聞いた)、出来ることならヒロインと絡みがあったらとかなおよろしかったのにと後悔したり。映画みると物凄いニアミスを何度もしていたようです。是非「リトル・マエストラ2」の製作をおなしゃす!
 
 途中うまい具合に鳥さんが画面を横切ったりしますが、iPhoneのFPV画面ではさすがにそれを追いかけ続けるのは無理っぽいですね。一応障害物センサーも稼働させているので速度もさほどは出ない、のかな?

 そしてコレは今朝撮り。ゼロの焦点でも出てきたのかな(まだみてない)。「巌門」。
 「広末涼子が巌門に来とったぞ!」と、本人が帰ってから俺に教えにくるんだもの…。

 朝なら風も無いと踏んで現地到着時は確かに風もなかったのですが、飛ばしているうちに風が出始め、挙句には強風警報発令。地上70mオーバーの高低差の事や、山側は木がせり出していて「こりゃRTHコマンド発動はたしか50mにしか設定してなかったはずだから手動帰還だわなー」とか俺ビビリモード突入。気温0度、悴む手。下がるモチベーション、切れる集中力。もう映像もグダグダw
 巌門関係者の方、イマイチでごめんなさいw 次機会作って頑張ります。

 はい、まだ一度もタップフライとかPOIとかやらせてないです。勿論障害物回避の検証もしていません。なんだっけ、自動車のブレーキアシストをわざわざ自分の車で試す人みたいな?そういうのはちょっと…w

 YouTubeで物凄い再生数伸ばしているのが、MavicProのクラッシュ動画なのが皮肉にも思えるんですが、多分動画あげてない、報告していない結構多くの方がやらかしちゃってるんじゃないかって俺は感じています。初めてのドローンがMavicProという方も見受けられました。
 これは持論ですが、確かにMavicProは、初心者でもかなりまともに飛ばせる充分すぎる安全性と機能を備えています。飛ばせない時はシミュレータで練習も出来ます。しかし、MavicProでおいそれと経験出来ないことがあります。それが「墜落」「クラッシュ」「ロスト」という失敗です。これやっちゃうといきなり十数万円がパーです。DJIは保険も用意されていますけど。これらを経験すればあまりにもの痛さ(お財布的も精神的にも)にズタズタになって立ち直れなくなると思います。そして二度と失敗しないぞという気持ちも持てるでしょう。その金額が十数万円。馬鹿らしくないですか?
 過信するのも人間ですししょうがないですよ。でも人間ですから絶対失敗します。その失敗の重さが軽いのはやっぱトイクアなんですよね。勿論トイクアでもクラッシュしたら凹みますが…。しかし高くても1万円とか2万円。安けりゃ2千円で失敗という経験を積めます。なんか変な言い方ですけど。

 トイクアをまともに飛ばせるようになってから、そこそこイロイロ経験してから高価なドローンという流れの方が、俺はやっぱり良いと思うんですよ。
 時折、トイクアを小馬鹿にして「当方は安全第一で空撮業務を」とかおっしゃってお仕事されてる方が居て、「この人はGPSが無くなったら、気圧センサーが効かなかったらどうなるんだろう」とか思った事があります。
 MavicProの墜落動画でも、渓谷の撮影でGPSロストして勝手に横移動とかはじめちゃってるのに飛ばし続けるもんだから結果クラッシュとか、高度維持信頼しすぎて低空飛行して地面に接触とか。トイクア飛ばしてきた人はこうなっただろうかってつい思っちゃうんですよね。同時にそんな失敗をYouTubeに晒した勇気も俺は讃えたいと思います。それらがこれから「初めてのドローンをMavicProで」って考えている方への警鐘として響いて頂けているのでは無いでしょうか。商売でやってる人は失敗を晒そうものならもう仕事もらえなくなるかもしれませんから。

 実際に被害にあわれた方には、心よりお悔やみ申し上げます。飛ばす勇気よりも飛ばさない勇気。

 明日は我が身。俺もふんどしの尾を締めなおすとします>< 


 

 一体オノレは幾つ作るつもりなんだと。
IMG_3508

 キャノピー、高いですね。しかも入手困難。なんか量産したら千円もしないものにも思えるのですが…。
 そんな貴重なキャノピーが、ep-modelsに入荷していたのでゲット。今回試してみたFPVカメラはコレ!
・Kingkong Q25-Mini 5.8G 25mW 16ch VTx 600TVL CMOS 1/4 Micro FPV Camera
http://www.banggood.com/Kingkong-Q25-Mini-5_8G-25MW-16CH-VTX-600TVL-CMOS-14-Micro-FPV-Camera-p-1097798.html
e0925c6f-2b76-4134-bc40-49e11748e4e4
 
 キャノピーを切り刻む事なく搭載できないかと期待してみました。しかし、VTx部分が結構嵩張るので、結局内側に出ているピンは切除。カメラは小さすぎるくらいでした。
IMG_3510
 オレンジ色のパーツは、本来カメラを固定するためのものですが、カメラが小さすぎるので使わなくて良いです。付けているのはカメラの向きと位置をあわせる目安として。ホットボンドでキャノピーの内側側面と固定。ボンドが固まったら余分なところはニッパなどで切り取って、カメラ固定パーツは外しちゃいます。
 VTxから伸びているアンテナ、ケツの穴を広げて通すことにしました。
IMG_3511
 VTxは最初から絶縁されています。シェル内に斜めにねじ込む感じ。
IMG_3512
 こちらもホットボンドでキャノピーに固定。VTx基盤にチャンネル切り替えのためのボタンが。つまり、チャンネル切り替えたかったらいちいちキャノピーを外さなければなりません。裏表逆にとりつけて、キャノピーにボタンを押すための穴を開けても良いかも。
 で、あっけなく完成したのは良いのですが…。
IMG_3513
 実際テストフライトを行なったところ、ノイズがぁぁぁぁ!!!
 モーターの回転とともにノイズ出まくって使い物になりませんでした。おいおい今更こんな粗悪品売るなよ!Kingkong!(怒)

 で、すっかり外は暗くなってしまいましたが、今度はep-modelsで買ってあったAIOカメラを、カメラ基盤とVTx基盤をリューターの丸のこでぶった切り、LANケーブルを分解して取り出したリード線(色がよりどりみどりになり、繋ぎ間違えしにくいです)を3cmくらいずつ用いてそれぞれ半田付けして接続。AIOが分離型に(写真とりわすれ)。
 こちらはカメラ基盤が少々大きいので、リューターで内部を限界まで削り取ります。今回はなるべく外部からの切込みを無くしたかったので頑張って内側のみ削りました。
 カメラの固定はやはりホットボンド。H36基盤の上にダイソークッション付き両面テープを貼り、その上にVTx基盤をのせ、アンテナをケツの穴に通して電源をハンダ付け。
 あっけなく完成。
IMG_3514
IMG_3515
 現在、Bamggoodでのバッテリー購入が困難になっているようです。ですので黒ラベルもお手軽入手といくわけには行かなくなりそうです。というかバッテリーそのものが入手困難に!?
 春節前に、GearBestはJapan Priority Lineオプションを利用することで、バッテリーが比較的安心して買えるようになったと報告を受けてましたので、バッテリーをこちらにシフトする事にしました。
・Crazypony 3.7V 220mAh 50C
http://www.gearbest.com/multi-rotor-parts/pp_605727.html
1483470071732759466
 重さは5.6g。黒ラベルが5.0gでしたので0.6g重くなります。また、プラグがさらに小さいものに(サイズというか型式わかんねーw)。幸いにもJJRC H20 と同じもので、以前SureHobbyから買った5個+充電器セットのケーブルで対応する事ができました。が、問題が。
IMG_3518
 プラスマイナス不明www
 ノルカソルカ、とりあえずアダプターケーブルを打った切ってH36基盤に半田付け。おそるおそるバッテリーを繋ぐと…
 暴走したー!!
 プラスマイナスは、H20とは逆ということになります。面倒くさいですが、ピンセット使ってソケットのピンを抜き取り、プラスマイマス入れ替えて再度挿入。充電用ケーブルも差し替え。
IMG_3519
 出来上がった機体の重さ、20.7g。まずまず。
IMG_3522
 CrazyPonyのバッテリーにシフトするために、バッテリーボックス部は切除。フロントのバッテリーを受ける板部はガム型電池が突き出せるように幅をあわせて切り取りました。輪ゴム最強。
IMG_3523
 勿論バッチリ飛びます。少々もっさり気味?
 このところHyperWhoopに慣れてきたのか、スピードに若干物足りなさを感じるくらいにw

 そうそう、HyperWhoopはデフォルトが屋外飛行向けのチューンだと思われます。家の中では速過ぎるぶっ飛び仕様。そこでmixi:ドローン友の会のメンバーさんからアドバイスをいただきました。
その名に恥じず速そうですね~ 屋内ではパワー持て余し気味ですよね。そんな時、面倒なFC触らずに調整するにはプロポの出番かも。D/RとEXPO触ってみてはいかがでしょうか。
多分、エレベーターの前後の動きが機敏過ぎなので、D/R70 EXPO-30くらいに落としてみて下さい、回転技のフリップロールに影響でますけどね。2CHがEVEVだったかな。
下にあるSWDはD/RとEXPOの組み合わせSWで切り替え出来ます。例えば屋外用と屋内用とか。
 名称未設定
 ありがとうございますプリコグ様!一気に飛ばしやすくなりましたよ^^

 お家FPV狙ってる方はコレオススメです。おかげで今のところまだ一度もHyperWhoopをCleanFlightに繋がずに居ますw
 HyperWhoopはコネクタが黒ラベル、H36、F36と同じタイプ。バッテリーをCrazyponyにシフトするとなると、ケーブルを取り付け直さなければなりませんね。「ザク」は引き続き黒ラベルで飛ばすようにし、他はCrazyponyにして行こうかと思っていますが、今日はここまでとしますw

 今後の予定としてはHyperWhoopのバッテリーケーブル交換。やっぱ付けたいキャノピー化。なにせHyperWhoopのカメラって輪ゴムで固定されているだけなのですぐズレちゃいます。そりゃクラッシュしなきゃなんの問題も無い話ですが、しますもん。 

 日本のショップでもWhoopっす!
IMG_3415
 
・Hyper Whoop F3 Racing
http://shop.ep-models.com/index.php?main_page=product_info&products_id=8113
 受注生産な完成機です。プロトコルはS-FHSS。そう、これ、FUTABA T10Jでリンクするんです!
 モーターにはいわゆる「シャアモーター」(RX0615-19)を採用。
 ブレードはRKH31mm三葉ペラ。
 FCはF3 EVO。 
 そして受信機にS-FHSS。
 カメラはサイトの写真では直線タイプですが、実際はクローバーでした(これは指定可能?)。俺はコレでOKですが、気になる方は問い合わせされると良いでしょう。
 バッテリーは300mAh 45Cがオススメとの事。ごめんなさい俺持ってなかったです(汗)

 バッテリー、プロポは別途用意しなければなりません。デビデボで行こうかともちょいと思ったのですが、今回は折角T10J(フタバ産業正規品)があるんですから、それで。

 送付されてきたものの中には完成品の機体と、ペラ紙な「設定および操作説明」のみ。こりゃ初心者には優しくないかも。俺もちょっと苦戦しましたし(って、FUTABA T10Jの使い方熟知している人にしてみれば他愛もない事っぽいんですけど…)。

 先ずは機体とのリンク。
 T10Jを起動し、「+」長押しでメニューに入ります。「モデルセレクト」→「SELE」で空いているモデルNo.をチョイス。「RX」は「S-FHSS」をチョイス。
 分かりやすい様に「モデルネーム」で「HyperWhoop」なり名前もつけちゃいましょう。
 次に「パラメーター」で「TYPE」を「MULTI COPT」に。これをやんないでHERICOPTER(デフォルト?)のままですと、後で出てくるAUXチャンネルでCH6がイジれないんですよ。ちょっとここはあやふや(俺が理解していない)なのですが、「パラメーター」5ページのSTICKを0%に。ってのはほら、マルチコプターって高度維持でスロットルスティック中立なんてのもあるんで、デフォルトは50%になってるのかなって。
IMG_3421

 「エンドポイント」で1~4chを、デフォルトで100%になっているのを125%にします。各チャンネルのプラス側、マイナス側の移動がまさかのスティックでなんて、ユーザーインターフェイス破綻してるじゃねーかFUTABA!www ここはフツーにMULTI FUNCTION SWITCHで動かしたかったです。これに気付くまでに数分かかりましたし…。
IMG_3417

 「リバース」にてELE、THR、GYRをREVに。
IMG_3418

 「AUXチャンネル」でCH5をSwFに、CH6をSwFに。これは出荷時の設定で、CH5のEスイッチにフライトモード(ANGLE、HORIZON、ACRO)切り替えが、CH6のFスイッチにブザーのオン・オフが割当てられていますので、その辻褄を合わせるために設定します。
IMG_3422
IMG_34202

 アームはMODE2ならば左スティック右下極振り。ペラが回り始めます。
 ディスアームは左スティック左下極振りです。

 トリム調整はプロポのトリム調整では行いません。
 機体とプロポの電源を入れた後、スロットルを全開+傾く方向と逆の方向にスティックを倒します。
 調整はエレベーターとエルロン方向のみ。調整量はスティックを打つ回数で調整できます。

 今回俺のは全く調整不要にビタホバってくれましたので、余計な事はいたしませんw

 ここに至るまでに幾つかの試行錯誤をしてしまいました。機体は起動時にピーピー、T10JのセッティングミスってHELIでやってたら、スロットルが中立以下状態ですと常にピーピー、低電圧警告でピーピーと、兎に角ピーピーでしたw
 夜のリビングで独りあーでもないこーでもないをしてしまい、二階で寝ているかみさんから「うるさい!」とLINEが…(滝汗)

 そんなこんなでサクッとレビュー。
 

 兎に角速い! 
 「現行TinyWhoopとは違うのだよ!」 ですわw
 で、乗りこなせて無い俺かっこ悪い…w

 惜しいなってのは、カメラマウントが輪ゴムなので、盛大にクラッシュするとズレてしまいます。俺がキャノピー派たる所以の一つでもあるのですが、クラッシュが日常茶飯事なTinyWhoopにおいて、カメラのズレはなるべくなら避けたいんですよねー。
 あとはホント自分の腕前orz 

 外飛ばし派な方や、自身がニュータイプ過ぎて現行中華フープ、TinyWhoopじゃ満足出来ないカラダに成ってしまわれた方、HyperWhoopでより高みを目指してみるというのはどうでしょうか。 

 とりあえず初日だけ頑張ってみたw
gen2_email_banner
 多分もう多くのトレーナーの方が経験し終わったと思いますが、兎に角最初の内がクソ重たかったです。どうやらモデルデータの更新に時間がかかっていたみたいで、この調子でダイヤモンド・パール(?)さらに種類増えた時にはどうなっちゃうのかと。
 アップデート終えて再起動したらいきなり5匹捕まえた事に。ああ、ベビーポケモンですね。
IMG_3361
 久々にブラックシルエットみるとテンションあがります!!
IMG_3364
 しかし重たい…。この時、朝のジム奪取に向かうところだったのですが、ゲーム内は晴天でもリアルは春一番な雨。暴風雨www 傘さしてましたが壊してしまいそうなくらいの暴風雨でした。起動したてだったので動作が物凄く遅く、ジムレベルさほど高くないのに苦労しましたorz

 初ゲットはコイツ!CPが千超えですがすんなり捕まって早速制覇したジムに。
IMG_3365
 このジム、なにせ徒歩じゃないと(若しくは船に乗って海からならイケるかもしれませんがテトラポットだらけなので危険過ぎ) これない場所にあります。周りも開けているので、誰かが近づいて来たら直ぐわかります。ポケモンGOが始まったばかりの頃は天気の良い日は左右にあるポケストップ回しつつ、ジムレベルをあげつつなんて人も何人か見ましたが、こちとら今は冬。くっそ寒い海の風くらいながら、長々とジム戦に挑む人はそうは居ません。田舎なのでジムもストップも、駐停車して届くような場所に割りと多くある中、徒歩じゃないとたどり着けないジムは貴重でもあります。
 なにせここ羽咋は青一色なんですよ。青色好きが多いそうですが、実はジムで一際強いトレーナーがおります。まぁ最初は「ガチ勢すげー!やっぱ違うわ」と一種尊敬していたところもあったんですが、ある日の夜の事。基本的にジムは全て青色。それを解体して赤に置き換えるというのが弱小勢赤チームの俺。その日も「やれやれこれで10ポケコイン稼げるわい」 と、とぼとぼ歩いて立ち去りつつ画面みたら、誰も居ないのにジム戦が…そして青にまた塗替え工事完了。

 そうか!これがGPS偽装か!

 GPS偽装すれば、お家でヌクヌクしながらもジムだろうが、レアポケモンゲットだろうが、たまご孵化だろうが出来てしまいます。それらを繰り返してりゃそりゃトレーナーレベルが40目前までいきますがな。色々調べましたが、どうやらGPS偽装チートプレイヤーの中でも、偽装がバレ難いよう、ゲームパッドのようなものが画面に出て操作して進むものや、目的のポイントまで徒歩スピードか、自転車速度かを指定するものもあるそうです。Androidアプリだそうですが。
 俺個人としては、チートして楽しみたい気持ちも分からないではないのですが、それはあくまで仲間内(ぼっちプレイやせいぜい家族内)での話で、今のゲームシステムのようにソーシャルな要素があるものについてはやっちゃダメでしょうって考えですし、なにせ課金システムもあるのでカネも動いてます。課金することで直接ジム戦に貢献するわけでも無い(それが救い)わけですが、何千何万ものお金をつぎ込んでプレイしている人にとって、チートで楽々ジム制覇は歓迎できるものではないです。つぎ込んだお金お前が皆に返しやがれです。

 チート対策とチート行為はいたちごっこでしょうけど、良心の欠片があるならどうぞジム戦くらいはちゃんと現地までお出かけしてやりましょうよ。

 というわけで、全然話が逸れましたが2月17日、アップデート直後は重すぎて殆どプレイできず、昼前から夕方にかけてあっちこっちぶらぶらしつつ集めたポケモンを紹介する動画をアップしてみました。今回はYouTuberっぽくドキュメンタリータッチに自撮りしつつとかも考えたんですが、俺がそれやると「気持ち悪いおっさんが、いい年こいてポケモンに夢中になってるキモい動画」しか想像できなかったのでヤメましたw
 ま、それが俺がレビューなりで自分を出演させない理由でもあるんですけどね><
 

 取り敢えず50種類でしょうか。イーブイの進化、ことごとく失敗して手持ち高個体値イーブイが居なくなりましたが、あとで「名前変えたら1回だけお目当てになる」 のを思い出し、今回もやはりその攻略があるみたいで、しまったしまった…orz

 自分自身、ポケモンをプレイしたのは黄バージョンが最初で、以後ずっとやったことが無く、白黒を息子とやって、またずっとやってなかったというもうニワカとしかいいようが無いポケモン愛なわけですが、いやぁ!金銀のポケモンは可愛さ倍増ですね!ヒメグマとかキュンキュンしますよw
 で、進化させたときのおっさん化っぷりが凄いんですけどね><w