JIZOMAEのブログ

空撮ドローン、レーシングドローン、トイクアを始め、ガジェットやゲームなど自分の興味ある事についてのブログです。 ブログタイトルがデフォルト(ユーザー名+のブログ)にしているのは、あくまでもこのブログは私じぞまえの個人趣味的なブログであって、「Droneなにがし」のような、業界に貢献しようとかそういう意図は無いものですのでご了解ください。 こんな薄っぺらい内容のブログですが、私「じぞまえ」と「JIZOMAEのブログ」に関する内容及びJIZOMAE - YouTubeチャンネルの動画は、「2ちゃんねる」と「ニコニコ動画」への転載等(リンクなどを貼る行為、固有名詞等を伏せ字を用いて表現する行為を含む)を一切禁止します。ご注意ください。ただし、TwitterやFaceBook、はてなブックマークでのシェアは問題ありません。

 日本での販売予定は3月以後。先行品につき数に限りがあるそうです!
56
・Tello WiFi FPV 720P 8D フリップ バウンスモード バージョン ポジショニング システム RC クアッドコプター
 DJI信者のみなさんこんにちは!
 いろんな憶測も飛び交う中、予告どおり中国本土から先行販売されましたDJI Tello(「テロー」って読んでだそうです。「テロ!」って読むと『警察』がきますよ)。
DJ390_1

 ではスペックをおさらいしてみましょうか。
仕様:
重量:80g(航空法適用除外)
寸法:86.6mmx80.2mm
対角距離:118mm
プロペラ:3インチ
内蔵機能:下方向TOF(0.1〜3m)、気圧高度センサー、LEDインジケーター、ビジョンシステム(下向き)、Wi-Fi/802.11n/2.4G、720Pライブビュー
ポート:Micro USB充電

飛行性能:
最大リモート距離:100m
速度:<6m/s
最大飛行時間:13分間

バッテリー:
取り外し可能なバッテリー:3.8V 1100mAh リポバッテリー

カメラ:
写真:5MP(2592 x 1936)
FOV:82.6°
ビデオ:HD 720P 30fps
フォーマット:JPG(写真)、MP4(ビデオ)
EIS:あり

セット内容:
ドローンx1
プロペラx8
プロペラガードx4
バッテリーx1

カラー:黄色・白・青(※先行モデルは白のみ)
DJ390_20

 搭載CPUはインテル14コアプロセッサ。スタートアップメーカーRyze Robotics社がDJIの協力のもと開発製造された、DJI初のトイドローンTello。
 空撮ドローンのトップシェア企業であるDJIのバックアップにより、『EZ Shot』という従来のトイドローンとは一味違うワンタッチフライト機能を用意。
DJ390_9

EZ Shotなど
 360°パノラマ撮影(一点から水平360回転)
 サークル飛行(ノーズインサークル)
 フリップ(トイクアのお約束)
 スロー&ゴー(てのひらからの離陸)
 アップ&アウェイ(上昇しながら遠のくやつ)
 スロウモード(センサー重視なセッティングと予測)
 クイックモード(オプティカルフロー等を解除したセッティングと予想)
 電子画像安定化処理(一貫してクリアな映像をキャプチャするためのブレ補正機構)
オプショナル的な用途への用意として
 ゲームコントローラ対応(MFi対応?)
 VRヘッドセット対応(2画面表示対応?)
 プログラム対応(スクラッチ。ブロックベースのシンプルなビジュアルプログラミング)
 SDK(ソフトウェアデベロッパーズキット。開発者向けのソリューションを用意)
 DIYアクセサリ(まだ一個も無いんですが、カスタマイズ関係もサポートされるようです)
09

安全性能
 自動離着陸(シングルタップで離陸/着陸)
 低電力保護(電池残量が低くなるとアラームがなるらしい)
 フェイルセーフ保護(リモート切れで安全着陸。注意:リターントゥホームしない)
 ビジョンポジショニングシステム(正確なホバリングを簡単に)

Tello App
 Telloのために用意された独自アプリ。初心者でもわかりやすいユーザーフレンドリーなインターフェイスだそうです。

 「もう散々みた」とは言わないで!w 紹介ビデオです。


 日本での発売はまだまだ先。3月からと言われていますが、最初に手にする人はごくわずかでしょう。先行ロットのため、価格も公式発売予定価格よりも若干のっかっちゃってるそうです。
 SureHobbyでも在庫数がごくわずからしく、先行販売品が売れたら次は3月から通常価格(1.3万!?)での販売になる予定だとか。

 先行入荷品をドヤ顔で飛ばすもよし、じっくり待って3月以後に手を伸ばすも良しだとは思います。「ちょっと待った」と言っておきながらも、宝くじ全部外れたと思えばさほどの投資でも無いモデルだけに、私も揺れてますw

 「こらじぞまえ!人柱になるんだろ!」って方がもしおられましたら、コメントなりいただければ東尋坊から飛び降りる覚悟でレビュー挑みたいと思っております。要は反響次第ですか…!?



 レビューももうちょっとしたら来ます!来るはずです><

50E3725A
 今回はプレセール品もあるのでそのあたり注意願います。

・Xiaomi Redmi 5 Plus Fingerprint 5.99 inch 4GB RAM 64GB Snapdragon 625 Octa core 4G Smartphone
1512634859_635_xiaomi_redmi_5_plus

 こちらクーポンコード『2BGR5PLUS』にて、$188.99に値下げされます。

・Lenovo Moto Z2 play 5.5 Inch Fingerprint 4GB RAM 64GB ROM Snapdragon 626 Octa core 4G Smartphone
moto-z2-play-lungry-1000
 こちらクーポンコード『2BGMZ2P』にて、$300.79になります。

・Huawei Mate 9 Pro 5.5 Inch 2K Display NFC 6GB RAM 128GB ROM Kirin 960 Octa core 4G Smartphone
_SX425_
 こちらクーポンコード『2BGM9P128』にて、$570.39に値下げされます。

・Huawei Mate 9 Pro 5.5 Inch 2K Display NFC 4GB RAM 64GB ROM Kirin 960 Octa core 4G Smartphone
download
 こちらクーポンコード『2BGM9P64』にて、$486.67に値下げされます。

・Dibea C17 Cordless Stick Vacuum Cleaner Handheld Dust Collector Household Aspirator with Docking Station Portable Sweeper
Dibea-c17

 こちらクーポンコード『DBWIN20』にて、$119.99に値下げされます。

・Dibea SC4588 2-in-1 Bagless Lightweight Corded Stick Vacuum Cleaner with Cyclone HEPA Filtration
UTB8tBpmnMQydeJk43PUq6AyQpXaq
 こちらクーポンコード『DBWIN20』にて、$69.99に値下げされます。

 Banggoodって普通に掃除機も扱ってるんですね。前にiRobotっぽいのは幾つか見かけたんですが。
 Dibea C17なんて、我が家で使ってるのとそっくりですよ!こんな事ならBanggoodでDibea C17買って、かみさんには「あー、これ名前違うけどダイ◯ンだから。」とか言いくるめる事も出来たかもしれないだろうに。
 しかしまぁ品揃えの豊富さに圧倒されます。

 私的にはどっちも持ってて損は無いって思ってますよー。
Mavic
 写真はMavic Airとあるニュースサイトによるとその大きさスマホサイズ!(大爆笑)
 などとおちょくりツイートしてしまいましたが、厳密には「よ、横幅は積算ポケット手帳より小さいんだからねっ!」といったところでしょう多分。

 で、YouTubeで「MAVIC AIR: DON’T BUY!! ANOTHER DJI DRONE COMING SOON!」
とおっしゃってる人がいます。
 ソースを元にアホな私なりに解説しましょう。


 冒頭で彼は、みんなMavic Airの登場にクレカ引っ張り出してコーフンしてっだろうけど、財布のお金はまだしまっておいて、Mavic Airは買うなと警告しています。
01

 さらに今回発売されたMavic Airの主たる性能を解説。カメラ性能や3つの障害物センサー、新しく導入されたソフトウェアなどについて褒め称えています。

 そして数週間内にNew DJI ドローンの発表があるはずと予言しています。

 Mavic Pro 2

 主だったソースは2つあるそうです。1つは中国人からの情報。
 彼は既に様々な情報をリークしており、Mavic Airはもちろん、Zenmousのことも、さらにはPhantom 5の情報もリークしていて信頼できるとか。
40

 もう一つは匿名ですがDrone DJより。で、それらの情報を元に彼は予測しているんですかねー。

 Macvic Proに対しMavic Pro Platinumは、センサー及びカメラについてはなんの進化も遂げませんでした。その次に出たMavic Airはバッテリーは21分に落ち、レンジも2.4マイルに落ちたと(Mavic Proは4.3マイル?)。

 お次に中国の方のツイートを紹介。
 あ、間違えたw
 YouTubeで紹介しているのはこのツイート><(わざと!?)

 どうやら削除したみたいです。魚拓?
51
 最新ニュース。Mavic Pro 2はPhantom 5よりも先に発表されるよ。試作開発の進捗はP5よりもはるかに速く、ほぼ完成したよ。ベータテストは今日終わります。多分ですが私たちは来月の終わり(1月末!?)にそれを見ることができます。

 
 Mavin Pro 2はもうすぐ。3月下旬にリリース予定です。詳細は前に投稿した私のツイートを御覧ください。

 そして、さらにYouTubeではOsitaLVさんのツイート貼りが続きます。

  DJI Mavic Pro 2(なんか正式名称はDJI Mavic Pro IIになったとかも言ってます)の最新リーク:新しく設計された3軸ジンバル。15.2Vのより大きなバッテリー容量で、Mavic 1と比較して飛行時間3分追加。後方障害物センサーは無いっす。


 1インチセンサーはMavicに収まらないですと!?ハハハハ!あまりにも若すぎ単純すぎ。それってまさにMavic Pro 2がやってますから。成り行きを見守っててね。


 YouTube動画はこのあとも彼のツイートの解説みたいになってるみたいなんで、私はここでギブアップ。お家帰ってご飯食べて寝たいですw


 …ごめんなさい途中で妥協しちゃってw

 まとめますと、

 Mavic Pro II は3月下旬に発売予定
 1インチセンサー搭載
 バッテリー容量アップ
 後方センサー無しのまま

 んー、私は別に良いかな。まだ今のMavic Proで務まってますし。

 ですが、これから空撮ドローンに手を出そうと考えている方で、春まで辛抱できる方は、たしかにMavic AirよりもMavic Pro IIまで待ったほうが良いかもしれませんね。

 ただ、私的にはMavic Airでも十分楽しめるレベルだと思います。特に初心者が絶対といえるくらいやってしまいそうな操縦ミス等による衝突回避は、各方向多く備わっているほうが良いに決まってますから。
 それとあまり知られていないマニュアルに記載されている内容に、スポーツモードって空撮向きじゃないからってイイワケしている文言があります。アグリッシブな撮影がしたいなら、やっぱりInspire買いなさいよって事ですかねー><

 それか操縦をちゃんと覚えて、3軸(Acroモード)で200mmクラスのレーシングドローンにGoPro積んでた方が良いかも!?

 というわけで3月下旬まで待てないって方、激しい空撮をお望みな方は、レーシングドローンから始めるというのも一興だと思います。
 もちろん本当に初めてって方は、私はとりあえず中華フープの素でも買ってお家でビュンビュンして楽しみながら、遊びながら上達してみましょう。




 冗談とかからかいで言ってるんじゃなくて、半分本当。確かに最近のトイクアは安定して飛ぶものも多くなりましたし、DJIドローンは墜落しづらい安全設備が備わってますが、自分の思い通りに舵をとれるか、取れないかの差は、それまでにどれくらいただの6軸ジャイロのドローンを飛ばしていたかに大きく関わってると思います。
 実際に聞いた話しですが、「プロ」フライヤーの多くの方が、暇つぶしに、気分転換に、練習に中華フープを飛ばしていますから。

 Lightningケーブルって、すぐちぎれませんか?熱収縮チューブ補強は買ったら必ずしている私です。
タイトル絵
 アマゾンで売ってます。

 ちなみにこれで3台目?
 私の場合、自宅用はコレ。

 あと、コワーキングスペースにおいてもらっているのがコレ。


 今回レビューしたのは最新機種、なのでしょうか。コンパクトに畳めるのがグッドです。というか畳んだ状態でも充電出来るので、用途が広がります!

 私はまだiPhone6s Plusを使用しています。iPhoneでQiに対応したのは最近発売されたiPhone8以後の機種。そこでこういうのを使ってます。


 アンドロイド用もありますぜ。


 うわぁ…なんかリンクだらけになってしまいましたね><

 それではサクッとレビューです。ご覧いただけたら嬉しいです。


 些細なガジェットですけど、あればあったでホント良く使います。導入して損はないと思いますよ。私みたいにLightningケーブルを次々だめにしている人間からすれば…(汗)












 今回もユニークな商品が…!
sIM587-en_700x374_clearance
 クリアランスセールも開催中なCAFAGO。例によってイチオシ製品のクーポンコードを教えて頂きました。

・SONOFF S20 ITEAD Wifi Wireless Remote Control Socket
S1724EU-1-c7e5-JSDc
 ただのスイッチです。コンセントとプラグの間にかます事でボタン一つでオン・オフが可能に。「そんなのホームセンターに売ってる」と言われそうですが、こちらはそのオン・オフがIoTです。スマホアプリをインストールし、シンクロさせておけば、いつでもどこでもスイッチのオン・オフが。音声による操作やスケジュール操作も可能ですので、使い方次第ではかなり強力なものとなります。
※使用にはWi-Fi インターネット接続環境が必要です。

 こちらクーポンコード『L1724SE』で$14.1に。2/12まで有効です。


・KKmoon Wireless 960PH(960*960) Mini Panoramic Fish Eye WIFI 360 Degree Camera LED Light Bulb IP Camera
S1609-1-ef34-CatI
 実はまだレビュー出来ていませんが、私の周辺では防犯カメラが流行っています。コストコで買うと数万円するソリューションが、ネットスキル(まー言ってみれば英語マニュアル読みながらWi-Fi接続してアプリをインストールするくらいのレベル)さえあれば数千円で手に入るのですから。
 「防犯」と言いましても用途としては、「ちょっと◯◯の様子をみてくる」。
 これがまた大いに役立っているようです。
 ハックされて盗撮(盗み見?)されるニュース記事も少し前に見た記憶がありますので、くれぐれもそういう事前提での運用が大事かと思います。
※こちらも使用にはWi-Fi インターネット接続環境が必要です。

 クーポンコード『L1609S』にて$26.21になります。2/12まで有効です。


・HOMTOM S7 4G-LTE Fingerprint Smartphone
PZ0165B-EU-1-1640-nKFr
 Android 7.0搭載スマートフォン。指紋認証もついてセキュリティも安心。顔認証が流行の兆しですが、あれってホームボタン取り除きたかったがための苦肉の策にも思えます。なにやら指紋認証させるユニットが透過パネルに埋め込めるテクノロジーも出来たみたいですし、そっち路線にまた舵取りするかも!?
 最近どこぞの果物屋がバッテリー老朽化を想定してわざとパフォーマンス落とすなんて仕組みがバレて散々な目にあってるようですが、こちらはバッテリー取り外し可能だそうです。

 クーポンコード『L156PZ』にて$106.88になります。2/15まで有効です。


・Xiaoyi Vehicle Data Recorder Camera
PAV0005-1-6a94-xB4q
 アクションカメラです。仕様としてはツキナミです。一応我が家もファミリーカーには車載カメラついてるんですけど、普段乗り回している私の車には付いてないんですよね。事故を始めとして色々な珍現象を運転中に目撃する事もあるので、「あー!車載カメラ積んでおけば良かった!」っていつも後悔しています。何故付けないんでしょうね。ちょっと付けてきます…w

 クーポンコード『L05PEU』にて$39.31になります。2/15まで有効です。


・FW1S YG300 LED Projector for Smartphone Laptop PC EU Plug
V2344EU-1-d946-KKCk
 実はプロジェクターも私の周囲で注目あつまり中なんです。なんといいましょうか、ビジネスプレゼン向けというよりは、ちょっと動画鑑賞用、みたいな。ワタシ的価値観ですが、ド迫力な映画や特撮映画はやっぱり劇場で、ナイスな音響と緻密に投影された映像で楽しむのが一番だと思います。でもYouTubeとかの内容さえ判れば良いレベルって、スマホでみると画面がちょっと小さいかなーって感じ。テレビは家族のものですし。そんな微妙な立ち位置に登場するのがこういったプライベート(パーソナル?)プロジェクターかも知れません。解像度が1080p『対応』とあり、ネイティブは240pなのでそこがどれくらいの「ボヤケ感」なのかがネックですが、そこを妥協できる方であれば「買い」です。なにせ小さくてカバンにすっぽりですから。
※iPhoneなどと接続するには、別途コンバータモジュールが必要です。

 クーポンコード『L2344VM』にて$37になります。2/18まで有効です。

 セール情報は以上です。
 参考までに私がいつも持ち歩いているのはコレです。



 なんか微妙だなーって思うのは、プレゼン用のプロジェクターを常備している施設って一世代も二世代も前のものなので、HDMI端子が無い場合が多いです。流石にお高いだけあって、高輝度なのは凄く有り難いのですが。いちおう持っては居ますが、不意のプレゼン(そんな時ってあるの!?)のために、さらにこれも必要になったりします。MacBook Proでもこのケーブルが必要になるので、こちらも私は常に用意しています。嵩張ります…orz

 あとはネット環境。KeynoteでiCloud保存してますので、変な話いつでもどこでもプレゼン出来ますなんです。

 タブレットでKeynote開いて肩寄せあってって作戦もありますけどね。おっさん同士肩寄せあってスマホやタブレットを一緒に眺める構図って…///
 こういうのって「いかにも」感は大事なんだなーって思いました。

 『道具は使い方次第』

 これ大事。

 し、シャンチー? 中国語って難しいですね。

RM7192GR-US-1-fc39-ik4l
・XIONGQI 989-393 2.4GHz Amphibious Stunt Waterproof All-terrain Sand Lake Pool Grass Snow Slippery Road High Speed RC Tank Boat
 日本限定クーポンでました!『XNG2』。是非ご利用ください^^

 とにかくでっかい!結構重い!w
 そのため、走ってる姿には本当に迫力があります。

 車でもキャタピラでもない、ドリルで移動するユニークなラジコンです。
RM7192GR-EU-10

 私実は大きさについてちゃんと確認もしていなかったのですが、現物みてその大きさにちょっと驚きましたw
RM7192GR-EU-4

 通電して初めてフロントの「目」が光ることをしりました。色んな色で光ってるので、何かのエラーを警告しているのかと焦りました。
RM7192GR-EU-7
 動きやもろもろのことは是非レビュー動画でご確認ください。


 高度維持でもフープにはハズレが無い気がしてますw

DM104s
・DM104s Mini RC Drone - RTF - RED
 今回は地元の方に4歳になる息子さんがドローンが欲しいとせがまれて、オススメを教えてほしいという相談をうけてのレビューです。何機種かを紹介してDM104sを選んで頂きました。


 安定ホバにシビれました!
 こういう感じにスムーズに事が進めば、レビューさせていただく側としてもかなり楽になるんですけどねー。惜しいのはカメラ!なんでワイドレンズにしなかった!w なんで720pで作れなかった!w

 ですがDM104sは、「回りで中華フープって人気でてるけど、まだドローン飛ばしたことないし、でもどんなものなのか体験したい!」って方にはオススメできるモデルです。
 もう普通に高度維持無しで飛ばせている人には、別にコレじゃなくてもってなりますが…w

 キャノピーやフレームが他モデルとほんのり違ってますし、カッコイイので、スペアパーツ的にも欲しいところですね。DMってあまりパーツ売りはされてないんでしたっけ。
 色々解剖などして見たかったのですが、このDM104sは、先程松さんのもとへと巣立って行きました。予備のバッテリーをオマケさせていただきました^^
 息子さん、喜んでくれるといいなぁ。

 なんか、メディアミックス(文と動画)への自分の限界が見えたぞ!?
タイトル絵

 前回のナレーション方式による動画が好評でしたので、どんなアプリ使って作ったのかをそれとなく紹介する動画をつくりました。



 私のチャンネルはすっかりレビューだらけなわけですが、もうちょっと色んなものを動画化して公開できるよう頑張りたいと思っています。
 特に懸念されるのは、YouTubeって再生数に応じてお金を払ってくれるんですけど、その数が少なかったら当然駄目、放送内容が偏っていても駄目みたいです。AIでその内容をある程度審査しているようで、私のレビューは結構引っかかります。私はその都度審査請求なりをしていますが、レビューってグレーですよね。
 私なんてレビュー提供されたものも、自腹で買ってるものも一緒くたですから。

 最近は動画の編集も生業になってきているわけですが、ぶっちゃけ1人工でも厳しいですよ。品質の問題ではなく、拘束時間という意味で。

 それを、『数千円のおもちゃ提供するから動画作ってブログで紹介して?』

 ですとなんだか割に合ってないような…。
 賢い方はお気づきでしょうけど、私のリンクには基本追跡コードがついています。ですがコレ、私が収益をあげるために貼っているのではなく、マーケティング担当さんが追跡できるようにと貼っているんですよ。

 ですので、「アフィカス!絶対お前のところから踏まないからな!」って方は、その考え方もどうかとは思いますが、私には正直どっちでも良いことなんですw

 そうですね。YouTubeにはクリエイターを支援する仕組みも用意されています。
 もしも私がその支援でお金を受け取って、それを自身の遊びにただ使ってしまったとかだったら、それは本当に謝罪すべき事でしょう。受け取った事が一度も無いんですが…w

 動画を作るため、レビューの品質を少しずつでも上げるがためにナニゲに結構投資しなければならなくなっていて(既に幾つかの持ち出し(?)ありw)、瓦仕事が出来る春ならまだしも、収入なくなる冬になんでお金使うことになるかなと、ぼやきつつ…w




 インフルエンザが大流行だそうで!この流行は乗りたくないものですね。お陰様で私はインフルエンザに無縁な毎日を送っています!?
12

 まずはセール中製品からご紹介です。
・Syma X8HG RC Quadcopter Barometer Set Height Drone - RTF
RM5922EU (1)
 8.0MPカメラ搭載。その大きさ故にパワフルな飛びが期待できます。カメラにはリアルタイム画像伝送がありませんが、機体にAIOカメラ付けてFPVで飛ばしている映像をみた事があります。それくらいの重さ、X8HGにとっては余裕なのでしょうね。

 現在10,214円で2月28日までセール中です。


・Syma X8HW Wifi FPV Drone RC Quadcopter
RM5541EU (1)
 こちらはカメラ解像度が720Pになりますが、Wi-Fi FPVでリアルタイム伝送が可能になっているモデル。勿論高度維持機能付き。先に挙げたX8HGと価格差がさほど無いので、Wi-Fi FPVをとるか、高解像度カメラをとるかに悩むかも知れませんね。

 現在8,284円で2月28日までセール中です。


・MJX Bugs 3 2.4G 6-Axis Gyro Brushless Motor Independent ESC Drone Support C4000 Gopro 3/4 XiaoYi Action Camera RC Quadcopter
RM7325R-US-1-cb31-QmqF
 これは空撮入門機として登場した製品でしょうか。カメラホルダー付きですが、テイストはブラシレスレーシングドローンを彷彿させます。GPSや高度維持などある意味余計とも言える機能を取り除き(搭載せず?)、純粋に飛行を楽しみたい方、操縦の腕を上げたい方に最適に思えます。
 DJIがドローンデビューな方は、「自立飛行モノ育ちのモヤシちゃん」なので、飛行の際はくれぐれもお気をつけを><

 こちら現在9,873円にてセール中です。2月28日まで。


 続いてクーポン情報です。

・GEPRC Sparrow 139mm MX-3 Micro 5.8G HD Camera High Speed 170Km/h Brushless FPV Racing Quadcopter BNF with FrSky ReceiverRM9628-1
 かっとびマイクロレーシングタイプのBNF。カメラがRunCamである時点でもうこれは「出来上がっている」感を抱いてしまうのは私だけではないはず。3セルで時速170kmでちゃうわがままドローンですねw
 こういうのも飛ばしたいんですが、まだまだ外は寒い(氷点下泣けてきます)ので暖かくなったらw

 こちらクーポンコード『GEPRC9628』にて28,260円が27,125円になります。2月28日まで。


・Original MJX B3mini 2.4G 6-axis Gyro 4CH Angle/Acro Mode High Speed RC Racing Drone
RM9340-1
 MJXは先をイッてると思いませんか?CES2018では、マイクロFPVレーシングドローンのRTFな製品がやたらと話題を呼んでいたのですが、MJXはそのコンセプト同様なモデルをもう投入してるんですよね。ただしこちら、CESで話題になっていたドローンと違い、高度維持やらオプティカルフローがありません。そう、普通に飛ばせる人にはあんな機能は飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ!
 アングルモード・アクロモードの切り替えスイッチも付いてますので、これはもう立派にレーシングドローンだと思います。2セルね^^

 こちらクーポンコード『MJXB3MINI』を適用すれば11,349円が9,079円になります。2月28まで。


・Zhiyun Smooth-Q 3-Axis Handheld Gimbal Stabilizer
あ
 スマホ用スタビライザー。これ使って撮影するのと、スマホを直接手で持って撮影するのとでは全然映像品質は違ってきます。面白いもんですね。Zhiyun Smooth-Qは日本のユーザも結構いるようで、サイトの商品ページの後半はレビューが投稿されるわけですが、そちらには日本語のレビュー投稿がいくつも見受けられます。

 こちらクーポンコード『ZYSQXX』を適用すれば13,507円が12,372円になります。2月28日まで。


・Assemble 4 In 1 Educational Science Learning Solar Robot Toy Drilling Machine Dinosaur Insect DIY Kit
T2108-1-3e68-Q74Y


 太陽光モジュールをつかった教育玩具。小学校での導入とか無いんですかね。太陽光パネルの仕組みとか、何がどう効率が良くて、どうなると悪くなったりするのかとか、知らないオトナが多過ぎます!電柱の影ひとつがパネル面にかかるだけで発電効率は一気に下がるんじゃ!
 っと、全然はなしがそれてしまいましたが、そんな無知なオトナを増やさないためにも、全国の児童に、そしてオトナに、この知育玩具をオススメしたいと思います。

 こちらクーポンコード『SOLAR2108』を適用することで1,134円が828円になります。2月28日まで。


・No Face Money Box Coin Box Saving Pot Piggy Bank with Music Creative Children Christmas Birthday Gift Home Decoration
T1403-1
 えっとこれは…あんまり詳しく言っちゃいけないのかな?w
 某アニメ映画に登場していた、食いしん坊なキャラクターの貯金箱です。世の中ビットコインで盛り上がって、それに便乗するかのように各銀行さんも仮想紙幣でおこぼれ狙いが始まるという『仮想通貨』ブーム到来な中、あえてリアルにコインで遊びを取り入れつつも貯金が出来るソリューションを提案してくるところ、さすがTomTopです。

 こちらクーポンコード『NOFACE3』を適用することで、2,155円が1,814円に。2月28日まで。

 今回はここまで。

 ぼちぼちと新製品ラッシュの気配がしてきましたね。このところリリース予定とされるものの殆どがそのカテゴリのテクノロジーの底上げがみられて、探してるこっちもちょっとワクワクします。

 パロってみたら思っていた以上に手間掛かって泣いた。
RM9465-2 (2)

・GoolRC T36S 5.8G 48CH 800TVL Camera F3 Flight Micro FPV Racing Drone Quadcopter with Flysky Receiver - BNF
 ひさびさに6mmモーター飛ばしたら、結構キビキビしていて、重さやパワーなどのバランスが取れていれば、結構楽しいぞと思ってしまいました。7mmばかりを推奨しちゃってごめんなさい。

 クーポンコード出していただきました!
『RCT36S』にて5,674円になります!2/28まです!

 「いいね!」と思えたのは、まずデフォルトでのセッティング。今回の動画でもおわかりいただけるように、現時点でもまだBETA Filghtなどの設定アプリは使っておりません。T8SGに新しくモデルファイルを作り、プロトコルをFlyskyにし、機体とバインドさせて、スティックの上下左右の関係を整合させただけで飛びました。機体は文句なしに安定していて楽です。7mmの重たい飛びに慣れてしまっていたので最初はスロットル加減に手こずりましたが、慣れればOKでした。それでも下手は下手なんですけどね><
 800TVL 150°視野角なFPVもグッド。ゴーグルのせいなのか、カメラのせいなのかちょっと緩い映像ですけど、さしずめ問題なしです。
 バッテリー抜きで20.7g。これはやはり飛びに影響しますね。普段もっと重たいものを飛ばしていた私、最初に飛ばした時の上下の動きで「軽い!」と実感できるくらいです。

 受信機も含めて1枚のボードにしている影響もあるんでしょうね。T36SはFrskyバージョンとFlyskyバージョンがあるみたいですが、これでSFHSSバージョンもあったら日本のファンの皆さんはどれだけ喜ばれることか。モーターがプラグ接続なのでこの軽い手応えは色々有り難いと思います。
IMG_7671

 「残念」なのは最初のバインド。キャノピーを一旦外して、リンクボタンを押しながらバッテリーを挿します。手があと1個若しくは2個ないとスムーズにこなせないこの儀式。1度やってしまえばOKなので「まー最初は我慢して」って事なのでしょうけど。
 同じくキャノピー外さないと出来ない事として、VTxのチャンネル変更。しかもボタンがAIOカメラの上側についているので、私は棒としてドライバーを使いましたけど、かなりやりにくいです。基盤にはLEDが付いていて、AだのBだのの列(長押しでチェンジ)と、CH(短押しでチェンジ)の列とで構成されているので、バンド表があれば手早く合わせられます。
 さらに同じくキャノピー外さないとアクセスできないUSBポート。セッティングのたびにキャノピーを外さなきゃならないのは面倒くさいですね。横着者な私にはそれすら億劫ですw

 あとバッテリーが残念ながらワルケラプラグ。私の持っているバッテリーはE011やB03 Pro用のプラグなので、余ってる(余らせていた)充電ケーブルを潰してプラグを半田付けしなおしました。
IMG_7673

 私のT8SGが旧バージョンだからなのか、ファームアップデートしてないからか、ELEとRUDが逆になってました。ですのでメニューからMixerに入ってそれぞれをriversさせて事なきを得ます。
IMG_7674

 飛びについてはほんと文句なし。今回は室内のみでの撮影であり、レビューの主旨としてBNFで簡単バインドな中華フープを紹介したかったので、BETA Flightによる調整は割愛しましたが、ぜひAcro切り替えも出来るようにして飛ばしまくりたいです。

 では今回無駄に手間ばっかり食ってしまったサクッとレビューを御覧ください。

 Taranis Q X7の国内正規販売も待ち遠しいですね(誰か進めてる?)。
21
 なにやら国内でもPanasonicがプロポの開発を進めているとか、Jumper T8SGの次バージョンが出るとか、明るくなりそうな送信機カテゴリ。Instagramでマーケティング展開を加速しているFrskyから実に興味深いネタが上がってきました!

◯今度のFrskyコントローラはゲームコントローラ型!
 「The New X-Lite」と紹介されたこのプロポ。公開された概要としては、
・デジタル高精度ホールセンサジンバル
・オープンソース・オペレーティング・システム - Open TX
・簡単にアクセスできるバッテリー
・人間工学に基づいた設計
・内部及び外部アンテナ
・外部モジュールをサポート
・ミニUSB-Bポート、ヘッドセットポート、マイクロSDカードスロット
・スマートポート
・128x64 屋外でも読み取り可能なLCD

 もしかしたらというか当然iRangeXなりのモジュール追加でマルチプロトコル運用もOK?
 色は赤と黒が用意されるようですね。
14

 確かにこの質感とこの形、握りやすそうです。
19

 ゲームコントローラ型はトイクアなどでは割りと多く採用されていますね。DJIの最近のラインナップでもゲームコントローラに基づいたものへとシフトしている感があります。ひょっとしたらドローンを操縦する上での理想形がこの形なのかも。
49

 発売時期や価格等については情報見つけられませんでしたが、中華フープBNFや、マイクロレーシングのBNFには必ずといえるくらいFrskyプロトコルは用意されています。勿論Open-TXなわけですから、既に市場を賑わせているiRangeXマルチプロトコルモジュールをセットして多くのトイクアをバインドしコントロールする事も可能であると予測できます。

◯近日発売予定のApus MQ60 RTFセットを狙っての発表かも!?
 先日開催されたCES2018に於いても幾種類かのエントリー向けブラシレスマイクロレーシングタイプが紹介されていましたが、そちらの多くもコントローラの形状はゲームコントローラ型なんですよね。
 Frskyもそんな市場展開を予測してX-Liteの開発を進めていたのかも知れません。既にFrskyプロトコルでのマイクロレーシングRTFを展開したdys ELFなんてのもありましたが、そんな動向をみていると、殆どのシェアを維持し続けている中国ドローンの、特にレーシングもののスタンダードプロトコルはもうFrskyで決まり、なのかも知れませんね。
 私も何時かは国内イベントに参加してみたいという気持ちでFUTABAさんを持ちましたけど、なんか無駄にあちこちのプロトコルでやいやい振り回されるくらいならもうFrskyで絞り込んでおつきあいしていく方が、ドローンフライヤーとしてもっとも経済的で合理的なスタイルなんじゃないかと思うようになってきました。最終的には各々のユーザーの好みとなるのでしょうけど、もうなんかジャパンスタンダードは肥溜めへと流れるしかなくなって行きそうです。先ず持ってお高いですし。

 2018年は従来の箱から棒が生えたクラシックタイプからゲームコントローラタイプへとシフトが加速する年なのかも知れませんね。
 また発売時期や価格等についても情報入りましたらポストしたいと思いますのでご期待ください^^

 ブラシレスフープがどんどん!
20180123173214850

スペックも公開されました。
Motor: BE1104-5400KV
ESC: 4-in-1 BLheli_S F18A
VTX: 5.8G/ 40CH/ 25-200MW
Propeller: 4 blade 2035
Camera: 150° / NTSC
Battery: 3S 11.1V 25C 600mah
Remote control: 2.4G

 カラーはオレンジとグレー。

18
 分割型フレームによるクイックアセンブリー。

30
 RTFセットも発売予定。
00

 コントローラはMr.Qって名前?

47
 あったりまえでしょうけど200g以下(航空法適用除外)
23

 まずは1/31よりPNPバージョンが先行して出荷される見通しのようです。

 「太ったサメ」という名前のところが出すFPVレーサーモデルはブラシモーターで細身ですが、こっちのサメの方が、太ってるように思えますねw

 無いかなと思っていたら有ったw

26
・Pair of Heating Warm-keeping Half-finger Gloves for Winter
 値段がさほどでもないものなので、何かのついでに買うってのがオススメではありますが、ホントこれ持ってて損はないです。
 最近の人ってなんやかんやでモバイルバッテリーくらい持ってますよね?私も勿論、それにMavic Proには予備バッテリーと、予備バッテリーからUSB出すアダプターもありますし、寒い中飛ばす時はバッテリーが冷えぬようポケットに入れてたりしますし。

 今回紹介する手袋はUSB給電することで熱を出す板が仕込まれた「指ぬき手袋」です。指が出ているのに抵抗がある方もいるでしょうけど、何せ昨今のドローンとかスマホで操作補助しなきゃならないのが殆どですし、精密な操縦はやっぱ生でしょ!

 というわけで今回は動画もサクッと、記事もサクッとです。

 熱がネットで伝えられないのがちょっと残念。
 気になる方はとりあえず買ってみてくださいな。後悔しないと思います^^

 MacBook ProがMacBook Airよりスペックが上という考えは正しい。ですがMavic ProがMavic Airよりスペックが上か?それは『否』でした。なんてものを出してくれたんだDJI!
medium_a7f3e87a-e907-4eef-8755-4a704155b682
 とりあえずは紹介ビデオでもみましょうか。






 もしMavic ProとMavic Air、どっち買ったらいいの?と聞かれたら、私はMavic Airをすすめると思います。

 ですが…

 悩みどころは4つ。

 1つ目です。Mavic Proの飛行時間は27分。実際にはバッテリー残量が少なくなってアラームがなったら引き返したいという気持ちになりますから、安全運用時間とでも言えばよいでしょうか、それが20分と考えています。
 対してMavic Airは21分。実際に飛ばしたわけでは無いのですが、安全運用時間は12分くらい、といったところでしょうか。

 2つ目は、Mavic Proには前方に障害物センサーが搭載されています。つまり前進しながらの撮影はさほど問題無いのですが、後退しながらの撮影、ドローンは前にカメラついているから、例えば移動する被写体を後ろから追いかけたり、FPV撮影を前進しながらするのはさほど問題ないのですが、被写体を前から撮影しながらバック飛行するのはチョー苦手なんですよ。FPV画面みても前だけしか見えませんから。
 Mavic Airは後方にもセンサー搭載。
 この恩恵は大き過ぎます。

 3つ目。カメラ性能です。Mavic Proに遅れて登場しただけあって、Mavic Airは1080P 120fpsスローモーション撮影イケます。

 そして4つ目。
 価格はProが基本セット999ドル、フライモアコンボが1,299ドル。Airが基本セット799ドル、フライモアコンボが999ドル。
 コスパはAirの方が魅力的です。で、やはりなネタとしてSparkが価格を大幅に下げてきました。基本セット399ドル、フライモアコンボ599ドル。金額面でドローンを選びたい人にはこの価格設定は揺れますね。

◯飛行時間重視ならMavic Pro
◯被写体を前から後退しながら撮りたかったらMavic Air
◯決定的瞬間をスローで表現したかったらMavic Air
◯安くあげたりならSpark

 !? Mavicどっち買ったら良いのって話しで切り出してSparkも選択候補に上げるのか私!そうかもう2時になろうとしていますもんね…w

 んじゃまなんか記事構成的に逆なんじゃないのかとも考えられるDJI Mavic Airの、その他私が特筆したいところをば。

・コントローラはMavicじゃなくてSparkじゃん!

40
 LCDモニターが消え失せてます。ただ、これは私さほど悲観する事では無いかなーと。実際にフライト時はスマホ画面のOSDを注視しています。LCDは全く見ないってわけでもないですが、無くても大丈夫かなと。一番LCDをみているのは、起動時くらいかも!?
 また、コンパクトに持ち運べるよう、スティックは取り外してスマホホルダーの内側にしまい込め、のっぺりんとした形状にしてポケットに入れちゃう事も可能なのはちょっとうらやましく思えたり。でも、バッグの最終的大きさでの判断にもなるでしょうけど、別にそこまでコンパクト化せずともしまえるものがあれば(従来機Mavic Proのフライモアコンボについてきたオッチャンバッグ程度)、優先度としてはチャチャッとセッティングしてピャピャッと飛ばせる方が有り難いと思います。

・プロペラが1体構造に!
48

 実はこれ、ちょっと評価したいところかも知れないんです。Mavic Proは2枚のブレードが軸固定されていてブラブラ。構成部材が多いからコストもかかりますし、イコール不良品率もアップ。Mavic Pro Platinumのプロペラが静音設計になったからと、購入したものの不良品っぽかったって人も、私は少なくないはずと思っています。プロペラが一体に戻ったことで、ひょっとしたら機体のブレも減少しているかも知れませんね。

・フライトアナトミー2.0に期待!
12

 今回新たに採用されたビジョンセンシング機能。バージョンアップが性能を下げるなど有りえません。ドローンの性能の良し悪しは正確なホバリングは勿論、「ぶつからない仕組み」は依存度が大きいのでなおの事です。『ドローン警察』に突っ込まれそうな例えですが、後方センサーによって、「FPVでランニングする被写体を前から撮影しながら後方移動する」が、目視せずとも出来ちゃうかも知れないんです。撮影表現の引き出しが増える事は大いに歓迎したいですよね。

・使いこなせば一気にプロな映像も撮れそうな!
50

 水平・垂直、180°パノラマ撮影が実現しました。25枚の写真を8秒でチョー綺麗な32MPの半円パノラマに仕立て上げてくれるそうです。DJI Gogglesを用いてVR体験も出来るみたいです。

 さらに6種類のQuickShot(クイックショット)を搭載。選んでGOで撮影開始なお手軽さで「プロですか」っていうような高品位な映像が得られそうです。
ーAsteroid(アステロイド)撮影写真を球体で表現するためのネタ撮影を行なってくれる飛行方法!?
ーBoomerang(ブーメラン)被写体周辺を、ブーメランのように、太陽系を回る惑星の用に(?)飛んで撮影してくれる感じ?
ーRocket(ロケット)被写体を上昇に合わせて置い続ける撮影。ロケットが宇宙へ飛び立つ時の「下向き固定カメラ」みたいな感じ?や、そうでしょ。ドローンの高度が低い時は被写体もほんのり前向きで捉えるわけですが、上昇に伴って真下向きになる感じ?
ーDronie(ドロニー)被写体を画面の中心に捉えた状態で後退上昇するやつですね。
ーCircle(サークル)被写体の回りを円を描きながら被写体を捉えながらまわるやつ。
ーHelix(ヘリックス)トルネード、かな?渦巻状に被写体を撮影するやつ。

この動画が参考になりますか?


 基本的な操縦技術があれば、コマンド類を上手に活用してYouTube映えする空撮も余裕で作れそうですね。

 そんな感じでMavic Airは「買い」だと思います。
 Mavic Proを既に持っている私は多分指をくわえてみているだけになりそうですが、このブログを読み始め、H36なりHubsanなりを飛ばして4K空撮やFHD空撮に憧れを持っていた人には、ぜひ勧めたいドローンです。

 今回重さについては見つけられなかったのですが、Sparkでも200gは切れてないんですから、当然Mavc Airも200gオーバーでしょう。購入後は速やかに保険や航空局への申請をお忘れなく!w

 今回は少しだけ。
35
 ↑
 こちらも是非チェックしてみてくださいね。

・SJ RC S70W 120°広角720P HDカメラWifi FPV GPS RCドローンクアドコプター - RTF
RM8656W (1)

 あれ?見覚えのある機体。こりゃアレですね!
 遠隔で90°のカメラチルトも可能な、GPS搭載Wi-Fi FPVモデルです。120°広角カメラ解像度は720P。GPSセンサーを利用してフォローミーも可能。飛行時間15分、リモート距離300m〜400mとトイクアとしては申し分の無いスペックです。送信機も充電式で経済的ですね。

 こちらクーポンコード『SJS70WJP』を適用する事で11,349円になります。2月28日まで有効です。

・LEPIN全製品が15%オフ
29

 これはどうやらLEGO互換なブロックトイのようですね。本家と比較するとかなりお値打ち!私も息子とたまにLEGOで適当に色々つくって遊んだりします。ベーシックセットだかいう、バケツにごっそり入ったやつとか持ってますが、アレ全部使うのは結構たいへんですよね。遊んだあとの片付けも。
 そう言えばレゴブロッグで自在にカスタマイズ出来るドローンが幾種類かでましたけど、最近見かけなくなりましたねー
 こちらクーポンコード『LEPIN』を適用することでオール15%オフとなります。2月28日まで有効です。
 私はWall Eが欲しいっすw ミレニアム・ファルコン号っぽいのも作り甲斐ありそうですね!
T1480-1-ab48-ANFw

 
 今回はこれまで。
 また新たなセール情報をゲットしましたらポストしますねー!