JIZOMAEのブログ

空撮ドローン、レーシングドローン、トイクアを始め、ガジェットやゲームなど自分の興味ある事についてのブログです。 ブログタイトルがデフォルト(ユーザー名+のブログ)にしているのは、あくまでもこのブログは私じぞまえの個人趣味的なブログであって、「Droneなにがし」のような、業界に貢献しようとかそういう意図は無いものですのでご了解ください。 こんな薄っぺらい内容のブログですが、私「じぞまえ」と「JIZOMAEのブログ」に関する内容及びJIZOMAE - YouTubeチャンネルの動画は、「2ちゃんねる」と「ニコニコ動画」への転載等(リンクなどを貼る行為、固有名詞等を伏せ字を用いて表現する行為を含む)を一切禁止します。ご注意ください。ただし、TwitterやFaceBook、はてなブックマークでのシェアは問題ありません。

 一口にドローンって言っても…ねぇ…?
1483416082847541624

 時折「これはドローンじゃない!」とか、「Best Micro Drone !」とか、目にされる方も多いと思います。「ドローン」という言葉が一人走りしちゃってるのは事実で、ですので巷のドローンの重鎮さん方は「これはドローンじゃない!ドローンじゃないから!」的な発言をさせてしまってたり。
 そうなるとドローンについて興味を持たれたばかりの方は「えっ!?ドローンじゃないの?」ってなりますし、欲しいのはドローンでしょうし。んで、いきなりマジなドローンに手を出して、ソッコークラッシュして終了とか。
 これから自分なりの解釈にもとづいてドローンを分類していこうと思います。勿論浅はかな俺知識ですからツッコミどころも満載だと思いますが、気楽に考え参考にしていただければありがたいです。

 そもそも「ドローン」とは?
 関連書物やインターネットの解説などでは、「無人航空機」と表される事が多いですね。でも言わせてください。
parrotsumo-white
 コイツもドローンです!w
 Parrot mini Drone Jumping SUMO

 ジャンプこそしますが飛びません。
 プロペラも無し。偉い人はこれを「こんなのドローンじゃないから!」と言い出すのは間違い無しな製品ですが、なにせメーカー自ら「ドローンです」と販売しているのでしょうがないですよ。認めましょうよ。

 ということで、

 ドローン=無人航空機ではない。

 結構これ大事です。テストには出ませんが、この寛容さは大事です。
 トレビア的に言いますと、Drone=オス蜂です。つまりは働き蜂。1935年あたりにイギリスで標的機として無人飛行機が開発利用され、その機体が「Queen Bee」という名前だったのですが、1940年あたりにアメリカでも標的機が製造、利用されるように。「Target Drone」と名付けられました。プロペラ機なので「ブーン」て飛びますし、イギリスの「嬢王蜂」にちなんでるんでしょうね(イギリス敬意を払っているとも!?いや皮肉でしょw)。
 つまりドローンは無人標的機がルーツであり、今日の「ドローン」とはかなり違ったものであることを知っておきましょう。
 英和辞典的には「(無線操縦する)無人機」という表現がされていたり。うん、かなり広義ですね。「居候」という意味もあるようです…w これは関係無さ過ぎかw

 憶測混じりですが、ドローンというものが話題になる前は中国のオモチャのマルチコプターはこぞって「UFO」と名付けられていました。それがアメリカが軍事偵察機としてのドローンを開発した(マルチコプターではなく固定翼のもの)と話題になった途端、それらのオモチャのマルチコプターに「Drone」と名付けだしていたように感じていました。
 「(とりあえず話題の)ドローンって付けときゃ(人々は)飛びつくんじゃね?」的な匂いがプンプンしますw

 それぞれが「ドローン」と一絡げに発展と迷走を始める事となった、と解釈しています。あ、さらに同時に「業務利用」の流れもですね。これは俺的に「どうでもいい」事なので割愛です。

 と言った具合で、ドローンとは、「名付けたもん勝ち」なところが多く、それが世間を混乱させている原因でもあります。かつては自分もおもちゃとホビーとを住み分けした方がわかりやすいと「トイクアとドローン」などと使い分けていましたが、売ってる方が一緒くたにしているようなのでもうどうしようもないですw
 さらに記憶にも新しい数々のドローンにまつわるトラブル続出で、航空法が改正されました。航空法では「200g以下は適用を除外」するところもあったり。日本の法的には200gが(官邸潰すくらいヤバイ)ドローンか、オモチャかの境界線になりましたが、オモチャのドローンでも200g超えのものはありますし、200g以下のホビードローンなんてのも登場していますし、悪意をもってすれば20gくらいしかないTinyWhoopで人を殺める事も可能に思います。

 この業界は、こういったアンバランスで脆いところに、人々の良心だけで成り立っているところが多いです。

 ドローンのなんたるかが、ぼやっとながらもつかめた(と勝手に思い込み)ところで、分類はじめましょうか。

◯空撮ありきなホビードローン  
◯レースありきなレーシングドローン
◯イロイロあるよトイドローン

 しつこく言いますが、業務用ドローンは割愛ですw
 ホビードローンでもカネを稼がせれば業務用にもなりますし、レーシングドローンにサーボ付けて農薬撒かせる事も不可能では無い。屁理屈ですけどね><

◯空撮ホビードローン
 代表されるモデルはやっぱりDJI Phantom 4でしょうか。

 GPS、気圧センサー、障害物センサーなど、自立飛行が可能なように様々な機能を搭載。カメラもジンバルによって安定した映像が得られるように。今日日4Kは当たり前!?
 グレードによる違いもあります。基本GPSと気圧センサーにより位置と高度は自動制御されますが、障害物センサーはP4Pでは四方と下方に、MavicProではフロントと下方に。Bebopシリーズは下方のみ。ブツケちゃう不安が拭えない方は、なるべく障害物回避センサー付きのものまで頑張るか、飛ばす際に障害物の無い場所を選ぶか、操縦の腕が上がるまで手を出さないのが吉と思います。
 んな感じに、空撮ホビードローンは性能や単純に価格で分類できると言えるでしょう。また、空撮と一口に言いましても景色を撮影するか、自分を撮影するかでも分類できますかね。最近では空から自身を撮影する「セルフィードローン」なるジャンルのものも登場しています。Dobbyはまさにその代表モデルと言えます。

 しかしこれ、重さが200g切ってるんです。つまり航空法上は「おもちゃ」扱い。ですので法的にはトイドローンです。GPSや気圧センサーは搭載されていますが、障害物回避はありません。下方に超音波センサーがついていますが、離着陸時の手のひらを感知するためといったところです。避ける機能はありません。またカメラはBebopなどでおなじみデジタルジンバル。カメラ視野角がBebopのような魚眼レンズではないので、「この機能は果たして意味があるのか」ってくらいに酷い「耳」が出ます。静止画ならばかなり鮮明に撮影できますので、静止画撮影メインであればこれほどお手軽なセルフィードローンは無いかも。

◯レースドローン
 モーター、プロペラ、ESC、フライトコントローラー、受信機、送信機、VTx、カメラ、アンテナ、バッテリー、そしてフレームと、それぞれ自身の好みに応じて調達し、組み立て、接続し、調整して飛ばすというスタイルがレースドローンとしての常識だったのですが、ショップでのキット販売、PNP(Plug and Play)、ARF(Almost Ready to Fly)、BNF(Bind not Fly)、RTF(Ready to Fly)など多様化しています。


 私が管理人をさせていただいている「mixi:ドローン友の会」ではブラシレスモーターか、ブラシモーターかで大別しています。本来のレースドローンはブラシレスモーターでより速く、よりパワフルにという流れだったのですが、手軽さや飛ばしやすさ等からブラシモーターのレースドローンもどんどん開発されています。Parrot Rolling Spiderフレームにブラシモーター用F3フライトコントローラーを搭載したり、JJRC H6Cのメインボードを搭載したりしてFPVするというのを紹介していましたが、それらもレースドローンの中に入ると思います。
 ブラシレスモーター搭載機でも、小型軽量のものもどんどんリリースされています。勿論200g以下のものも。

 ブラシレスモーターは、GPSや各種センサー、そして高解像度カメラなどを搭載しても飛ばせるパワーがあります。ですのでホビードローンにも採用されています。MavicProやBebopには専用のゴーグルを使用して飛ばす事により、レースドローン同様のFPV体験が出来たりします。また、レースドローンでもGPSを搭載しRTHが可能なモデルや、気圧センサーによって操縦をフォローするものもあります。
 こんな具合にレースドローンとホビードローンのいいとこ取りなモデルも出始めています。

◯トイドローン
 私自身が最も長いおつきあいをさせてもらってるジャンル。読んで字のごとく「おもちゃ」です。しかし、中には200gを超えてしまうものもありますから法的にはおもちゃとは言えなかったりしますが、おもちゃですw

・純粋に飛ばす楽しみを味わうためのモデル


 目視飛行の練習機として最適で、手軽にどこでも飛ばせます。飛ばす機会が多ければ多いほど経験値は貯まりますし、それによって操縦技術は勿論のこと、危険予測やクラッシュする悲しみなどを経験できます。今初心者に最もオススメなモデルと言うかカテゴリーです。

・カメラ搭載でトイならではの空撮が出来るモデル
 今のところメジャーなカメラ性能は720p。1080pカメラ搭載モデルもチラホラ出始めていますが、まだしばらくは720pがメインラインナップでしょう。遠隔操作によってカメラの撮影、ビデオの撮影開始、停止が可能になっています。まだジンバル搭載機は少なく、カメラ角度を変更できるモデルもありますが、基本的にドローンの水平よりもやや下向きとなっているモデルが多いです。


・Wi-Fiや5.8G(要免許及び登録)を利用してFPV出来るモデル
 とてもレーサー機には及びませんが、Wi-Fi を利用してスマホでFPVが出来るモデルと、レースドローンのVTx&カメラを使用してFPVが出来るモデルとにさらに枝分かれしますが、何故かトイドローンのカメラはどちらも視野角が狭いものが採用され続けています。ですので、画面だけ見ながら飛ばすという、レースドローンならではの楽しみ方をトイドローンで行うのはかなり無理があります。


 しかしその流れも良い方向に変わりつつあります。自分もかねてより散々「カメラはワイドレンズにしてー!」とショップを通してメーカーにお願いしていますが、世界的に大ブームとなっているTinyWhoopの登場によって、各メーカーもワイドレンズ採用の動きが加速しています。今年後半あたりはワイドレンズが当たり前になるかも知れませんよ!?

 このように、「ドローン」は大きく3つに大別され、更にそれぞれが枝分かれする分類が分かりやすいと思います。

 また、空撮、レース、トイそれぞれはサイズによっても枝分かれします。YouTubeなどでレビューされている方のサイズによる分類を参考に、私は次の様に分類しています。

◯ラージドローン
◯ミニドローン
◯マイクロドローン
◯ナノドローン

◯ラージドローン
 とにかくでっかいものw
 Inspire シリーズ以上の大きさがコレに該当すると思われます。


 Matriceは「業務用ドローン」でしょう。Inspireも人によっては「ホビー」なんでしょうけど。はぁ…そんなご身分になってみたいもんですw
 レースドローンではさすがにこのサイズはナンセンスでしょうかw
 あるにはあるんですが…w

 トイドローンでもナニゲにデカイのありましたねー。
Huajun W609-8 サクッとレビュー
 ラージサイズは人前で飛ばす時もっとも警戒しなければならないモデルだと思います。もうね、殺人兵器ですかって言われるくらいのツッコミがあるそうです。「これ、プロペラ当たったら死ぬやろ?」とか「うるさいから通報した」とか嫌がらせレベルな事案も耳にした事があります。
 正直、プロとしての覚悟と許可を持たない限りは、手を出さなくても良いんじゃないかと思えるカテゴリです。基本安定していて楽っちゃ楽なんですけどねー

◯ミニドローン
 自分的には概ね30cm内外から下のものをそう呼んでいます。Phantomは350mmなんですが、サイズ分類的にはミニドローンなのかと。

 レースドローンのかつてのメジャーどころは対角寸法250mm。はい、ミニドローンにあたると思います。結構気に入ってるRTFレースドローンの代表格、Walkera F210はその名のごとく210mmですが、これもミニドローンで。

 トイドローンではやっぱりこのモデルが分かりやすいですよね。

 航空法的にはおもちゃとは認められない重さであったり、一般の方ももっともドローンとして認識している大きさに思えます。実用性と携帯性の許容バランスというか限界バランスというか、それがとれているのはこの大きさだと思います。

◯マイクロドローン
 大体100mm前後なものをそう呼ぶようにと思っているのですが、ホビー機ではどうでしょうね、しいて言えばDobbyでしょうか。
 レースドローンではブラシレスでは

 ブラシではBlade Inductrix FPVなどがこれに該当しますかねー

 上記2モデルはどちらもフープフレーム採用ですが、もちろんフープフレームではないものも多数あります。

 トイドローンですと、
HUBSAN MODELS HUBSAN X4 CAM PLUS H107C [日本正規品]
ハイテック マルチプレックス ジャパン
2015-12-24

 微妙なのは、TinyWhoop系の「60mm」が果たしてマイクロなのか、ナノなのかといったところです。実際H36をナノドローンと呼ぶ人も居ます。また、気をつけて頂きたいのは「マイクロドローン」とはサイズによるカテゴリ分類であって、決してイコールTinyWhoopでは無い、TinyWhoopはマイクロドローンのうちの一つ、といったところであること。

◯ナノドローン
 自分的には50mm内外以下をナノドローンと呼んでいます。なのでTinyWhoopは微妙な位置付けなんです。実際「友の会」でのTinyWhoopは「ナノドローン」トピックにて展開していましたから(現在はトピックが埋まり、TinyWhoop・中華フープという専用トピックを設けています)。
 さすがにホビードローンでナノサイズは無いです。ですが近い将来にはナノサイズでホビー機と呼べるものが出る事でしょう。なにせもうナノサイズでも気圧センサー付きは登場していますからね。
 レースドローンではどうでしょう。Tomo Quadではこんなのが登場しています。
17190451_1655633664466170_7511864764599487643_n-1-500x650
http://tomoquads.miiduu.com/tiny-swift-frame-new-limited-initial-production-preorder
 59mmです!TinyWhoopと変わらない大きさでいてブラシレス!
 この調子じゃ文句なしのナノサイズなレースドローン登場も時間の問題に思えます。
 トイドローンではナノドローンは数々のラインナップがありますね。ちょっと前までは「ただ飛ばすだけ」のものでしたが、今日ではカメラ付き、Wi-Fi FPV、そして気圧センサー付きなんてのも登場しています。



 「ドローンの学校」なるものがどんどん出来ていて、これからドローンを始めたいという人を獲得すべくマーケティング展開されています。一般的なドローン認識では、そういった学校からスタートするというのも選択肢としては「あり」だとは思います。
 ただ、これは持論ですが、ドローンの操縦は経験ありき。そしてその経験とは、墜落、ロスト、クラッシュ、修理と、「お前それPhantomでやれるの?」な事案ばかり。これらを学校が経験させてくれるかは微妙です。学校では飛ばし方、安全対策、法的対策なんてのは教えてくれるんでしょうけど。で、そういったスクールのゴールはどうも空撮や業務利用(?)を見据えた形のものであって、「FPVレースに出ていつかは優勝したい」「じぞまえのようにオモチャのドローンとか飛ばしまくりたい」というニーズに答える学校は無いみたいです。

 悪い言い方をしますと、「政府のお墨付きを盾にかざし、素人からカネを巻き上げて、とりあえず飛ばせるように教えるのが学校。それでおまんま食べていけるかとか、業界の第一線で活躍できるかなんて知ったコッチャない」のが、ほとんどのようです。そしてそれらはこれからどんどん増えていく事でしょう。スクールのみならずセミナーなどでもそういう傾向のものが多数あるそうですので、お気をつけを。いや、そういう被害者(?)のもとにこの業界が成り立っているのであれば「どうか皆さん騙されてやってください」、と私は言うべきなのでしょうか。

 かつて自分、某建築資格学校で教材つくるお仕事に携わってた経験がありますが、資格一つとるのにかかる費用というか、その資格を合格するために知るべき内容を網羅するには週に3日でも1年以上掛かるボリュームでしたし、そんだけ受講するとなると、それなりの費用も掛かりますわなと思えるのですが。ドローンってどうでしょう?何十万も払ってまでして身につく事って、かなりしょぼいように思えます。

 ご自身のやりたいことが見えているなら、例えば空撮したいならDJI製品一択でしょうから、DJIがやっているドローン体験会やセミナー、スクールに参加すれば間違いないと思います。
 レーサーに成りたいのであれば、都市近郊ではFPVレース場がありますから、そちらに相談されるのが間違いないでしょう。多分。
 トイドローンで遊びたいのであれば、最低限のマナーや心得でオーケー。でもオモチャであっても法を犯せばつかまりますから、その覚悟は必要です。わざと法を犯すつもりは無くても事故を起こした場合の責任追及は免れません。「国内正規品」を買っても、必ず保険がついてきているわけでは無いですし、保証をしてくれるわけでもありませんから。

 私の場合は、ホビーも、レースも、トイもやるわけですが、比重としてはトイが圧倒的に多いですね。それが偏った考えにもなっているのかも知れませんが、自分的にはあながち間違いじゃないなと思えています。
 空撮ではすっかりMavicProがメイン機になっていますが、飛行時間もだいぶなりますけどトラブルもクラッシュも墜落も無し。絶対にあってはならないという気持ちで飛ばしてますから、正直つまらないと感じてしまう事もしばしばあります。
 レースドローンは正直クラッシュしてナンボという勢いですよね。ミニサイズなどのデカイやつは、プロペラなんて直ぐに折れちゃいますし、お金が無くなっちゃう怖さが先に来て躊躇しちゃってますw
 ということで、結局はトイドローンでホケラーと飛ばしたり、多少ブツケてもなんともない中華フープ飛ばしたりしている方が、気が楽というか楽しめています。勿論基本的、応用的な飛行練習にもちゃんとなっていますし、クラッシュなり何かあっても被害はもっとも少なく済んでると思います。「ちりも積もれば」なのでそれでも細心の注意は払っていたいところですが。

 だらだらと長ったらしく書いてしまいましたね(汗)

 昨今の業界の啓蒙っぷりに不安を抱いてしまって、自分なりの考え方を伝えたく記事つくってみたわけですが、果たしてお役にたつものなのか…。
 特にスクールに関しては、自分はどこのスクールにも通ったわけでもなく、カリキュラムを知るよしもなく、人からお聞きしたくらいの情報です。ひょっとしたら、「卒業後(?)の仕事依頼を保証する」学校や、「FPVレースでも通用するくらい操縦技術が向上する」学校もあるのかも知れません。
 自分の、独学でここまで来ての感覚としては、

 ドローンはPC並み。

 じゃあないでしょうか。使っていくうちにわかるものや、予め教えてもらっていた方が良いものもあって、機械に自信が無いなら、不安があるならスクールに通ってスッキリすれば良いですし、その中で目的や目標が見いだせればなお良いですし。
 それなりに探せば使い方などの情報も入手できますし、Tips・コツといったものは経験者みつけだせればなお入手しやすくなるでしょうし。
 一応飛行許可だの無線免許資格だのもつきまといます。好きなTPOで飛ばしたければ許可貰っていて損はないですし、FPVしたいなら無線資格持ってて損はないです。が、正直ドローンの資格、「ドローン操縦士」ってのはある種危険に思います。確かに仕事を得るための「箔が付く」かも知れませんが、一級建築士や二級建築士のように、「一級でなければビル建てられない」「家の設計には二級以上の資格が必要」というのとはワケが違いますし、「1級ドローン操縦士なら、満足のいく空撮動画が確実にとれる」というものでも、「絶対に事故らない」というものでも無いようです。
 ドローン操縦士資格制度がまかり通るのであれば、「冷蔵庫操縦士」や「洗濯機操縦士」も作るべきでしょう。ただ、事故における責任の所在をハッキリさせるための資格制度ともとれますね。メリットないじゃん。
 国認定の資格ですので、今後の啓蒙次第では、「資格持ってないと飛ばせないから」的方向へ持って行かれるでしょう。そうするとどうでしょう。おいそれと飛ばせなくなりますし、日本でドローンが「また」大して売れなくなれば、海外メーカーも撤退を考えるでしょうし、ユーザーはますます日本国内正規品の、大して性能もよくない、クソ高い製品を涙と汗を流し流し買うハメにあうでしょう。
 その様な流れにならぬよう、業務用とホビーをきっちり住み分けた方が良い気がしますし、そもそもまだ敷居を高くする必要の無い業界にも思います。

 スクールやセミナーでおまんま食べてる方々には、まだあるであろうその「良心」 に期待したいですね。

 先日、お世話になってる建材屋さんのフェアに初めて出展させていただきました。瓦屋として。
IMG_3821

 急に決まったワケでも無いのですが、正直工事店として何をどうしてよいやらのノウハウがイマイチ。ウチは屋根調査にドローンを活用しているので、取り敢えずドローンなんか展示してればよいかなーと思って、いつも使ってるMavicProをちょんと置き、民宿で使っていなかった14インチの液晶テレビにタブレットつないで瓦屋のプロモーションビデオっぽいのを垂れ流し。
 あとは使ってる瓦とかチラシとかパンフレットとか並べてました。

 で、来場されるお客さんは瓦の事はぜんぜんと言える程興味なくて…orz
 能登沖地震で古い屋根は淘汰され、リフォームも世代的に終わりを迎えようとしていますから、予想はしていましたがコレ程までに冷めているとは。

 しかし、ドローンへの食いつきは凄かったです!

 MavicProを見て、その映像を観て、「欲しい!」と言われる方もかなり居ました。が、値段でひきましたね。やっぱ10万を超えるとパパのお小遣いではとうてい無理ってなるみたいでした。


 MavicProが会場で飛ばせない事を想定して、ドローンのデモンストレーション用にJJRC H36(布教活動用)を持って置いてたんですが、そっちにも凄く食いつくんです。一緒に来場したお子さんやお父さんに飛ばしてもらったりしましたところ、「欲しい!いくら?」ってなって!?
 以後、来る人来る人(特にお父さん)が「買うわ!」…!!


 H36は室内向けですが、フープが付いているので怪我や家具の痛めも心配なく飛ばせますし、飛びも安定していますから練習機としてもかなり優秀。
IMG_3829
 しかし、予想はしていましたが体験してもらっている中で、10m近く上昇させて焦ってそのまま墜落させてしまって、思いっきりアスファルトに叩きつけられてフレーム破損。1台終了〜。予備機用意しておいて良かった…いや、損失でかいんですケド><
IMG_3830

 自分の(お客さんが来なかった時の暇潰し目的も兼ねてw)中華フープもセッティングし、フライトデモなども行い、
「このH36を改造するとこういった遊び方も出来ます。ドローンは基本的にH36と同じ仕組みで飛びますし、まずはH36で練習を積み重ね、イロイロ経験されてから本格的なドローンを購入される方がスムーズです。なにせMavicProは1度でも墜落なりクラッシュなりしたら、精密機械ですからそれでパーになります。ノートパソコンを床に落としたら壊れますよね?それと同じ感じです。」 
などと偉そうに説明したりして。たいした腕前でも無いのにー><

 SureHobbyでは10台以上の購入で技適マーク付きとなるそうなので、それの検証が自腹でせずとも出来る運びとなりました。到着が楽しみです。

 また、お客様からは「カメラ付きだと幾ら?」みたいなお話がかなりありました。中華フープだとどうしてもアマチュア無線資格&基地局登録の問題と、モニター・ゴーグル、プロポなどのイニシャルコスト面での問題が。初めての人には敷居高いですね(汗)

 パフォーマンスは落ちてしまいますが、ほどほどにFPV、オールインワンパッケージ(RTF)、初心者でも最初から楽しめるモデルを再確認したくなりました。

 金額の目安として、昨今のゲームソフトと照らし合わせてみると…そうですね、先日発売開始となったモンスター ハンター ダブルクロスが5千円強。


 というわけで5千円強あたりですかねー。

 で、それくらいとなると、Wi-Fi FPVで割り切って行くしか無さそうです。せめてワイドレンズを…><

 期待しているモデルはこれです。
・Cheerson CX-17
http://www.surehobby.com/ja-cheerson-cx-17-cx-17-cricket-mini-rc-selfie-drone-wifi-fpv-with-camera-rc-quadcopter-p242830.htm
HR3269_2

 噂ではコレ、ワイドレンズらしいです(といっても60度らしいです(汗))。ワイドレンズが本当だったら是非俺も体験したいところ。Wi-Fi FPVで果たしてウチの「古民家ステージ」を周回出来たら良いなと思ってます。
 初心者の最初の難関である「スロットル加減で高度を維持」も、High Hold機能付きですので安心(逆にこれ、そこそこ飛ばせるようになると、邪魔な機能でもあるのですが><)。
 またスマホ操作時ならではのユニークな機能として、指でなぞったとおりに動く、なんてものもあります。FPVじゃなくても飛ばす楽しみも持ち合わせているので、価格分は遊べそうです。
 Cheersonも結構メジャーなブランドですよね。このところメジャーどころの国内電波認証ものがじわじわ増えていますし、Cheersonと言えばCX-10は既に技適とおってるとか(調べてないんですが><)聞いた記憶もあります。ですので、CX-17もひょっとしてひょっとしたらひょっとするかも!

 ただ、不安も少々。

 当日「カメラ無いの?」と尋ねられたお父さんの中には、ドローンでのぞきを企んでいるような話も出ました。勿論冗談で言ってるのでしょうけど、現状でも、そこそこ性能のあるドローンなら容易いことにも思えます。ドローンって飛行音が結構していますし、こっそりというわけにはいかないのが救い!?
 この業界は各人の「良心」でなんとか持っているんだなと感じました。多く普及すればダークサイドな人間も含まれる事になりますし、ではそれが現状航空法による許可制度で抑制できるのかというと、そうとも言い切れませんよね。ドローン資格制度なんてのもささやかれてますが、必要なのは操縦技術や安全への配慮、そしてそれら以上に「心理学的適正検査」が必要と思いました。

 3周年セールの余波、バースデーアンコールってやつ!?
12
 Intelタブレット特集セール
 Intel搭載タブレット・ノートPCのお値打ちモデルが勢揃いです。大幅値引きされているもの、クーポン利用でさらに安くなるもの、半額のものがあります。結構売り切れてる!!

 XIAOMI製品特集セール
 かつてはiPhoneそっくりなスマホと話題にもなっていたりしたXIAOMI。こうしてみるとホント色んなカテゴリに登場するメーカーなんですね。驚いたのはロボットまで出している事。ドローン好きな立場からすればXIAOMI MI Droneが気になるところです。

 AWEIスポーツイヤホン特集セール
 ヘッドセットやインナーイヤホンの(中国での)メジャーブランドだそうです。うちの親父は「ダイソーのイヤホンええな!」ですが、俺自身はあまりこだわりが無くって…(汗)本当に私は高校時代にブラバンやってたのかという疑問も。後輩達は割りと音に拘ってるみたいなんですけどねー。

 Intelタブレットはコレ気になります。
・Jumper EZBOOK 3
1490319422944073821

 通常300ドルくらいなのが、クーポン使って189.99ドル。日本円で2万円くらいですか!?
 2万円でWin10マシン!?
 日本のAndroidタブレットよりも安いんじゃないでしょうか。
 ホント中国の価格価値が見えてこないです。VIDEOみるとまーお安いが故のちゃっちさも見え隠れしていますが、価格を思えば納得しちゃいますし、満足できそうに思います。

 ちなみにGearBest目玉商品は
・XIAOMI Air 13
1490307602006858539
 クーポンコード「3reAir13s」を使用する事で79,942円に。限定品ですので数が無くなり次第終了です。期限は3/31まで。

・XIAOMI Mi5s
1487043075681313235
 クーポンコード「Mi5GSA」で31,976円。限定200台で4/21まで有効です。

・Elephone C1X 4G Phablet
1487809146160368427
 クーポンコード「GBC1X」を使用して9,820円に。限定100台で4/21まで有効です。

 さらに3月25日から有効となるクーポンコード情報も教えていただきました。例によってGoogleスプレッドシートに飛びますので是非チェックしてみてください。
 Googleスプレッドシート
 お目当ての製品が値下げされていると良いですね。 

 そもそも「自撮りドローン」とは。
maxresdefault

 はい、Dobby持ってます。200g以下で本人のマナー次第で飛行制限は無いセルフィードローンでありながら、GPS搭載、HD画質、ブラシレスモーター、コンパクトに畳んでポケットにしまえるという、スペック的には優れものなわけですが。

 SureHobbyから興味深いお知らせが来ました。

Zerotech Dobby、JJRC H37、JJRC H36、MJX X400は、10台以上の購入で技適マークを付属するそうです。
一つのモデルで10台でも、複数モデルで10台でもオーケー。
詳細は不明ですが、大人買いする人は得をするよって事でしょうか。

・Zerotech Dobby
http://www.surehobby.com/ja-zerotech-dobby-pocket-selfie-drone-fpv-with-4k-hd-camera-gps-mini-rc-quadcopter-p241984.htm
※サイトには15台って書いてありますが、キャンペーンで10台という事の様です。
 48881_300
 私もレビューしています。



・JJRC H37
http://www.surehobby.com/ja-jjrc-h37-elfie-alitude-hold-wifi-fpv-0-3mp-camera-foldable-packet-drone-rc-quacopter-p242397.htm
49357_300

 参考になりますでしょうか。レビューです。
 
 公式PV!?
 

で、セルフィードローンとはちょっと違うかも知れませんが、
・MJX X400
http://www.surehobby.com/ja-mjx-x400-v2-4ch-6-rc-rtf-2-4ghz-p238356.htm
45009_300
 
 あ、コレは私レビューしてませんね。かつての名機として一世を風靡してました。

 これらのモデルが
10台以上の購入で技適マーク付ける
 ということだそうです!

 詳細は是非ともSureHobbyにお問い合わせいただきたいと思います。

 国内でも「セルフィードローン」のリリースラッシュが続いていますね。
 Dobbyは勿論のこと、エアセルフィーなるiPhoneなどのスマホで操作する手のひらサイズのものも国内販売が決定したようです。
20161126-00064852-roupeiro-002-2-view

 はい、クラウドファウンディングで資金集めに成功して製品化できたモデルです。言わんとしている事はおわかり頂けると思います。

 この記事を執筆している日に国内プレス向けの発表会もあったようです。ザンネンながら、「映りっぷり」がまったく紹介されていなかったです。それは後日となるのか、発売まで内緒なのか。ちなみに国内販売価格は31598円の予定の様です。

 で、セルフィードローン(あ、そうそう、『エアセルフィー』はドローンではなく、空飛ぶカメラとおっしゃっていたそうですよ)は何もこれらだけではございません。
・HoverCamera
http://www.surehobby.com/ja-hovercamera-follow-me-360-spin-with-4k-hd-camera-gps-rc-quadcopter-p242321.htm
HR3239_1
  ドローンの最も危険な要因の一つであるブレードを完全に覆うことで安全面をアピール。まさしく「折りたたんで」持ち運ぶ事も出来ます。実は自分の中では「これぞセルフィードローン」と思ってたりw
 映像の映りも「まずまず」なんですよ。YouTuberさんが既にレビューしています。
 映りっぷりがわかる動画はコレでしょうか。

 どです?割りと「まずまず」と思いませんか?

 で、セルフィードローンにしておくには勿体無いレベルのものも。もしかしたらスカコン無しのBebopよりも良いんじゃないかと勝手に思っています。
・J.Me
http://www.surehobby.com/ja-j-me-follow-me-wifi-fpv-with-4k-camera-gps-quadcopter-controlled-by-phone-p242842.htm
HR4632_03
 レビューはこちらが良いですかね。19歳大学生 身長169cm 体重49kgの吉吉さんがレビューしています。
 
 セルフィードローンのお約束、「フォローミー」は勿論の事、飛行範囲制限、ウェイポイント飛行など、Bebop Droneよりも安全航行機能が多いです。無いのがザンネンですが衝突回避センサーがもしもあったら、ジンバル不良品騒動の真っ最中なMavicProよりもおすすめ度あがっちゃいます。ホント無いのがザンネン。ですが画質はこれまで紹介したセルフィードローンの中で最もハイクォリティーに思われます。

 実は先日、要注意なセルフィードローンがクラウドファウンディングに名乗りをあげています。
 Kudrone。
IMG_3779

 手のひらサイズ、4K、GPSによるオートフォロー。そして予定価格1万円。もしこれが本当だったらもう「買うっきゃないでしょ!」なシロモノです。本当だったら。
 動画をご覧いただきましょうか。
 
 是非YouTubeサイトに飛んで御覧ください。なぜなら関連動画で全否定されてますからw
 

 ただですね、昨今のトイクアやセルフィードローンをみていると
「出来ない事はない…かも知れない」
んですよ。 

 例えばGPS。既にHubsan H502Sでブラシモーター(ギアダウンしてるけど)機への搭載を実現しています。
・Hubsan H502S
http://www.surehobby.com/ja-hubsan-x4-h502s-5-8g-fpv-with-720p-camera-gps-rc-quadcopter-with-two-batteries-p242130.htm
あら、今なら予備バッテリーもついているんですね。
49069_300
 さらにまだ発売には至っていないようですが、Hubsanはスマホアプリによってウェイポイント航行も可能にしたモデルも投入される予定だそうです。スマホオンリーで飛ばしたい人は新製品にも注目ですね。俺はどうかなー。やっぱ飛ばす楽しみも大事なので、スティック操作したいですね。

 ピジョンポジショニングは、Parrot mini Droneでとっくの昔に実現済み。機体の下に超音波センサーとカメラを搭載し、常に画像解析しながら機体位置を固定しようとする技術です。MavicProやBebopDroneにも採用されていますが、Parrot mini Droneのようなマイクロサイズでも搭載しているのですから、小さな機体に載せるのはすでに可能という事ですね。
 カメラについても、Dobbyのような手のひらサイズでも搭載しています。ただしDobbyはブラシレスモーターで一応それなりのペイロードはあるんですが。

 GPSがあれば、スマホアプリコントロールであれば、アプリ制御によって様々な機能が実現できます。フォローミーは勿論、J.Meのようにウェイポイント自動航行や、飛行範囲制限なども不可能では無いはず。
 問題はトータルウェイト(全体の重さ)。GPS、ピジョンポジショニング、4Kカメラ、そして気圧センサーと高性能フライトコントローラーを、果たしてブラシモーターで持ち上げる事が出来るかですね。昨今のトイクアレーサーブーム(mixi:ドローン友の会の中だけでない事を祈ろう…w)により、8.5mmブラシモーターにも2セルの波が巻き起こっています。そう、8.5mmでも同クラスのブラシレスレーサーに負けず劣らずなパワーが実現しています(っとこれはちょっと大袈裟かもしれませんがw)。

 ですので、Kudroneは一口にフェイクとも、絵に描いた餅ともいい難いところでもあります。

 ま、今のところは発売中のものに目を向け、それでいて新製品に目移りしつつ過ごそうじゃありませんか。

 ああ、J.Me飛ばしてみたいなぁ…。 


 

 SureHobbyのバイヤーさんは、時々物凄い感性を発揮しますよねw
 HR3268_4
LEFLY F2 DIY ミニ ブロック RC クアッドコプター ドローン RTF 2.4GHz
http://www.surehobby.com/ja-diy-mini-blocks-rc-quadcopter-drone-rtf-2-4ghz-p242787.htm
 フレームがブロックなのです。しかも後で確かめてみたところ、レゴブロック互換。

 モーター部は8.5mm x 2.0mm ブラシモーター。フライトコントローラーはオリジナル品のようです。今のところプロトコル等は不明。
 ブロックで組み立てると言っても、このキット(セット)に含まれるブロックは必要最低限のもののみですので、組み立ての自由度は無いのですが、結構おもしろむずかしく作るように出来ているのでそれなりに楽しめます。
 丁度組み立て動画が出ていましたので紹介。
 

 自分もレビューを公開。組み立てに手こずるのがわかってましたので(笑)タイムラプスを使用しています。じゃないと長編レビューになってしまいます><
 
 ホントこれで飛ぶんだからドローンって不思議ですね。

 ペイロードにも少し余裕があって、レビュー動画公開後に小学生の息子に渡したら…
 IMG_3774
 パイロット搭載!!www
 さらにテレビニュースでドローンによるピザ宅配を紹介されていたからなのか…
IMG_3775
 ピザの宅配モード!?www

 実は能登にはピザのデリバリーサービスがありません。理由は田舎過ぎているから、でしょうね。かつてケンタッキーやモスバーガーなどのファストフード店もあったそうですが、それらもとっくの昔に撤退。あ、マクドナルドは健在です!

 この様にした息子本人に聞いてみたところ、
「前側に人を乗せただけだとバランスが悪くて前に飛んでいったから後ろにピザ台作ってバランスをとった」
 やるな!機体バランスの重要性を肌で感じ取ったか!

 こんな感じにお子様とドローンを作って学び、遊ぶ事ができるおもちゃです。今かなりお安くなってますね!

 レゴブロックのあるご家庭にオススメです。 

 今回、ドローン友の会の皆さんにはいろいろ大変助けてもらい、なんとか形にできたことを心から感謝いたします。
IMG_3755
 DSM2/DSMXプロトコルは、欧米ではかなりメジャーなプロトコル。日本では「かつて」はJRプロポだかが採用していたそうです。
 …ほんとね、業界はドローンというものを普及させたいの?させたくないの?知れば知る程「えーっ!?なんで!?」が増えますね><

 おっと逸れました。

・Makerfire MICRO FPV
http://www.gearbest.com/multi-rotor-parts/pp_591322.html
1482717062290348930
 ユニークだなーって思ったのは、フレームはJJRC H36をカ使用しています。スティック型の電池、Crazeponyの3.7V 200mAh 35Cリポバッテリーを搭載させるがため、バッテリーボックス部を加工。 ゆるゆるサイズとなるのを防ぐためにスポンジ素材のアダプターを使っています。
 そしてキャノピー。自分はいつもBlade Inductrix FPVのキャノピーに苦労しながらカメラを入れ込んで作ってますが、Makerfireは開き直ってキャノピーの外にカメラを乗っけています。

 ホントね、これを機会に「国内電波認証済み()」のSpektrum DXシリーズのうち、お手頃なものを買って、皆さんに安心して使用いただけるソリューションの提案も考えていたんですよ。
 なのにね、実際は…

入手できませんでした><

 謝る気はありません。俺は悪くない!売っていたものを売らなくなった販売店が悪い!業界が悪い!(責任転嫁)

 ですので、今回のレビューは、自分なりに「あんまりブラシモーターなレーシングタイプのセッティングを知らない人でも、飛ばせるようにもっていけるように」と噛み砕いてみたんですが…。

それも力不足でした><

 ここにこぎつけるまでの最初の難関(?)はバインドでした。過去に自分が使用したF3フライトコントローラーの受信機にバインドボタンがついているタイプって、電池さしてからバインドボタンを押せばリンクしていたんですよ。それがこのMakerfire Micro FPVはリンク成立する気配が全く無く、初期不良だと勘違いしていました。それをふとしたアドバイスから解決。
 動画でもバインド方法を解説していますので、是非参考になさってください。

 Spektrumプロポが入手できませんでしたので、DSM系プロトコルもサポートしているWalkera DEVO 7E deviation改造(通称デビデボ)を使用してのレビューです。ホント何度も言い訳させていただきますが、Spektrumが売ってたらそっちでのバインド方法や設定方法を紹介したかったんですよ><



 もうこの中華フープについては、飛びは安定して当然、操作の具合はデビデボなので細かなカスタマイズも可能ですし、気に入らない部分はカスタマイズ(ミキサーによる調整など)で好みに持っていけば良いですし、評価するのも変なお話かも知れません。
 1万円以上掛けてパーツを寄せ集め、自作した中華フープと比較すると「ちょっと…重たいのかな?」程度の感触こそありますが、それだってプロポ側でスロットルカーブなり弄くれば問題にもならないと思います。

 Makerfire MICRO FPVは今なら1万円もしないBNFセット。あとはゴーグルとプロポを用意すればOKです!予算に余裕がある人は、予備バッテリやコースづくりにお金かけても良いですね^^

 こういうタイプは今後ますます増えます。俺としては、少しでも多くの方が安心して(ここでいうところの「安心して」は、始める本人以外の方からの、正直どうでも良いチャチャを入れられる心配をしなくて良い「安心して」です)始められるような具体的提案レビューもしたいところなのですが…。
 「この組み合わせが最強!文句なし!というか文句言わせない!」
 ってならないもどかしさがまだあるんですよー。

 で、文句言われまくるかも知れない公園フライト公開。
 

 んー、やっぱ小さい、軽いが故に風の影響モロうけますね><
 ブツケても安心なのは救いです。
 

 「予熱セール」で既にイロイロ買っちゃった方も多いでしょうが、大創業祭いよいよ始まります!
680_400
 開催期間:日本時間3月14日 18時 から 3月18日 18時まで

 メイン会場となるページはこちらです。
http://www.gearbest.com/m-promotion-active-283.html

 そして、注目の分会場は、
クーポン会場http://www.gearbest.com/coupon.html 
55
 ブランドごと、カテゴリごとにかなりの値引きとなる期間限定クーポンが登場。
 決済時にこれらクーポンコードを記入する事で割引が適用されます。
 こまめにチェックしましょう。

Intelセール会場http://www.gearbest.com/promotion-intel-special-627.html

600X300
 インテル製品大幅値下げです。アド・オンでさらにお買い得になるもの、半額になってるもの、さらにお安くなってるものイロイロ紹介されています。
 ハイスペックなタブレット等もありますので、空撮ドローンのモニター用にいかがですか?

スマホセール会場http://www.gearbest.com/promotion-top-brand-phones-special-586.html
23
 XiaomiやAsusなど、日本でも知名度があがったスマホが期間限定格安販売されます。スマートウォッチや、スマホ用アクセサリも多数の品々が大幅値下げで販売されます。

 いずれも数に限りがあります。早い者勝ち!(お約束!?)


 さて、今回のセールの攻略のカギとなる情報も教えていただきました。

◯アド・オンを上手に使ってさらにお得に買い物をしよう
 購入金額が60ドルを超えた場合、特定の関連製品を3.33ドルの価格で購入する事が出来ます。

・追加購入は、カートの中身を見る事で発動可能かを確認できます。また、こちらのページは、条件を満たした場合に3.33ドルで購入できる商品が陳列されており、カートの合計も表示されるようになっています。
・特定の関連製品には、通常価格100ドルを超えるものもありますが、全て総数限定になっています。つまり、数がなくなったらそれまでです。
・製品の中には、数量が更新されるものもあるそうなので、こまめにチェックするのも良さそうです。タイミングが肝心ですね。

◯福袋の更新タイミングを覚えてチェックしよう
 「3」にまつわる一定の値段で、値段分を遥かに超える商品が入っています。

・200ドル以上する商品も入っていますが、全て総数制限があります。
・福袋の更新は、期間中毎日行われ、午前10時、午後2時、午後4時、午後6時となります。

 おっとそれから日本限定(!?)セール情報です。はい、恒例にもなりそうな「クーポンコードを入力する事でさらなる割引が適用される」アレです^^

 今回も結構な数のクーポンコードが発行されたので、1つひとつ紹介する時間の無い俺を許してください><
 こちらのリンクでGoogleスプレッドシートが開きます。

 GearBestの3周年PVが結構面白くてついついみてしまいました。
 
 なんかこう、年を経るごとにデカくなるもんなんですね^^
 昨年より日本語対応スタッフが配備されるようになり、自分もイロイロ助かりましたっけ。さらにPriorityLineで5日間とか1週間とかで商品が届くように。どんどん買い物が楽になってしまって、俺らの財布は小さくなる一方です><w

 さあ、次はJapan Warehouse開設に向けて、もうワンプッシュと行きたいですね! 

追記です!
3月14日のセール情報を頂きました!

ドローン関係ではFuriBee F90が狙い目ですね!
MJX B3 Bugsはブラシレスモーターでパワフルに飛ぶそうですよー

さらに追記です!
3月15日のセール情報を頂きました!
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1x6NU_7hwfIjYDrRH06AdkHrWkml4mRs8VqVVaL1PfGI/edit#gid=712116369

Hubsan H502E が$71.99 て><(売り切れたら終了です!)
1487878922031683462
 3月16日のセール情報を頂きました
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1x6NU_7hwfIjYDrRH06AdkHrWkml4mRs8VqVVaL1PfGI/edit#gid=1247617377

 目玉商品は、色んな意味で気になるGPD-WINです。

GPD WIN GamePad Tablet PC - INTEL CHERRY TRAIL X7-Z8750 BLACK
http://www.gearbest.com/tablet-pcs/pp_612245.html?wid=21 
1486952522793800149



3月17日のセール情報いただきました!
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1x6NU_7hwfIjYDrRH06AdkHrWkml4mRs8VqVVaL1PfGI/edit#gid=1726303478
iDrone i6sが2千円ちょっとで買えちゃう!
http://www.gearbest.com/rc-quadcopters/pp_356761.html
1487963102070695714

 セール情報は随時更新されるものもあるので、GearBest JapanのTwitterをフォローしておくと乗り遅れせずに済むかも!?

 

 え!?もうこんな時間!?

 中華フープゴリ押しで、如何に俺がコレにハマっているか、半分呆れながらも記事に目をとおしてくださってる皆さん、あたたかく見守ってくださっていること、感謝しております。

 実は今宵、mixi:ドローン友の会メンバーのFlyingToyger様が能登くんだりまでわざわざお越しいただける機会がありまして、一緒に中華フープを飛ばして楽しいひとときを過ごす事が出来ました。

 FlyingToygerモデルは、FCにH36、モーターにドムモーター(紫)、プロペラは三葉、送信機にデビデボ。
1480656610_176

 俺は確実に飛ばせるモデルということで、FCにH36、モーターはF36、プロペラは二葉、送信機デビデボでご一緒させていただきました。
IMG_3190

 ゴーグルから観る自機以外の機体を見るのは初めて。追尾しているとほのかに光るテールライトがなんともカッコいいんですよ!
 デッドヒートも体験しました。ドローンですので抜く時は横からよりも上から下からといった感じになるのですが、下になった機体は風圧にやられて押しつぶされる感じが凄いです!これがまた「駆け引き」みたいな感じで、スリリングこの上ないです!
 深夜まで2人で盛り上がり、宴も酣といったところで散開。各自のムービーを編集しサクッと動画つくって今に至ります。 
 動画から楽しさが伝わると嬉しいのですが…w

 普段はただ黙々とコースを飛ばしていましたが、これほどまでに複数で飛ばすのが楽しいとは!
 中華フープもどんどんお手軽になってきました。RTF、BNFでも自分で組むよりも安くあがるかもしれないものがこれからもどんどん出てくると思います。是非とも中華フープの世界へ飛び込んでいただき、航空法に関係のない日本家屋ステージや自宅内等でガンガン飛ばしてくださり、飛ばしているところの動画をどんどん投稿くださると一層盛り上がると確信しています^^ 
 うう、流石に眠い!乱文過ぎる記事恐縮でした>< 

 あ、デビデボ(E010)は今回はずさせてもらいます。どう転んでもアングラな存在でしかないので(涙)。
1476983522486177398

 まずは、昨今のトイクアレーサー、中華フープのプロトコルについて。なんか通信方式とブランド名と混同したような感じで恐縮なんですが、通り名的に解釈していた方が良いとも思いますので、今回はその辺はごっちゃにしています。

・FUTABAなどで採用されている S-FHSS
・Tranisなどで採用されている Frsky 
・Flyskyなどで採用されている AFHD(AFHDS?)
・Spektrumなどで採用されている DSM2

 うち、BanggoodやGearBest等でサポートというか取り扱われているものを、その頻度順に並べ替えてみると…(サクッと調査しただけですからね><)
1位 DSM2
2位 Flysky
3位 Frsky
4位 S-FHSS

 リモート性能とかそういうのヌキにして、「購入できるか」「どの製品にてサポートされているか」を主体に調査した、うすっぺらい結果ですが、U199とかフープ系とかが主体になりつつある昨今において、「ちょっと今からFC買うわ。軽いの。」で選ぶ際はかなりここ重要ですよね?ね?

◯希望の星だったSpektrum DXe
 で、海外サイト取扱プロトコルナンバーワン!なDSM2はといいますと…

 DSM2はEU圏では使用禁止になってるという情報が!

 …ちょっとぉ。Hrizon Hobby製品だって、Blade Inductrix FPVだってDSM2じゃないですかー。なんなんですか(涙) しかしDSM2は上位互換にDSMXが!はい、こちらは互換性保たれているそうです。つまりDSMXなプロポはDSM2な受信機や、DSM2受信機を内蔵しているFCをバインド出来るとのことです。ホッ…。
 ではDSMX/DSM2なプロポで国内正規販売というか技適モデルはといいますと、Air Craftで取り扱われているDXe か、DX6iが技適付きモデルとして発売されているようです。
SPMR1000_a13


 が!

 DX6iはモード1のみ、DXeはモードチェンジできるというのに現在取り扱いしてないという…。DXeって1万円以下なので、最もお手頃に思ってましたのになにその不安定供給。DXシリーズは他にもありますが、「当商品は国外でご使用されるお客様向けに販売しております」って技適付いてないんですか!しかもどれもT10J並みの「お高いんでしょう」価格設定。トイクアレーサーや中華フープが福沢さん一人だけで済むかもしれない世の中で、何人もの福沢さんを飛ばすのは厳しいです厳し過ぎです。

 DSM2はかつて「JRプロポ(日本遠隔制御)」 のMLP4DSMというのがありました。値段も手頃で勿論技適付きだったようですが、こちらも「過去」へ追いやられているのかAmazonでも購入出来ない状態。ヤフオクで中古品狙うしか無いみたいです。

※同じMLP4DSMという型番の製品は、海外通販でも購入可能なのですが、今回はあくまでも技適ありきで記事をしたためています。ご理解よろしくお願いします。

◯Frskyには技適モデルも!?
 中国ではメジャーなFrsky。確実なのは「技適付きのFrskyテレメトリーモジュールを、対応するプロポに取り付けて使用する」方法だそうです。Frskyモジュールは数千円で絶賛発売中の様です。FUTABAのモジュールあとづけが可能なモデル(T10Jは出来ないですよね?)や、他メーカーのテレメトリーモジュール取り付け対応モデルで使用する事で、どうどうと飛ばすことが実現可能です。
 最近ではFrskyも続々と新型を市場投入しているようで、中にはクールなデザインのものもあって、しかも安くて…揺れちゃうんですよね><
HR4554_04

 テレメトリーモジュールが技適ついているのが売られているわけですから、先日お教えいただいたこのプロポにモジュールをつければ…ごくり。

・Team BlackSheep Tango
http://www.team-blacksheep.com/products/prod:tango
DSCtango7

 ま、Taranis Q X7は技適無し、Tangoは3万円近くかかってしまう事になるので…orz

◯Flyskyの技適モデルは無い!?がしかし!
 技適付きかどうかは、総務省のホームページで検索する事で確認できます。もしも技適シールが貼られていて、それが偽物なのかどうかというのも、シールの番号を元に検索すればわかるわけです。Flyskyを検索かけてみると、なにげに幾つかの製品が技適を取得済みであることがわかります。
 Flysky i6Sは、Banggood(Eachine)のRTFモデルについてきたり、JJRC JJPRO P-130 RTFにも付いてきたりして、価格を抑えたいRTFモデルでかなり採用されているプロポなのですが、この名称での技適取得はされていないようなんです。
 ここでドローン友の会メンバーの方が、興味深いものを見つけてきて頂けました!

・RC EYE Navigator 250
http://hitecrcd.co.jp/products/rclogger/navigator/index.html
img_001

 ハイテックマルチプレックスジャパンで発売中のFPVドローンです。勿論ハイテックマルチプレックスジャパンの全製品は技適付きです。で、このプロポにご注目ください。
img_007

 そっくりだとは思いませんか?

 そこで、このモデルの大元であるRC Logger本家サイトをチェック。
http://www.rclogger.com/RC-EYE/Spare-Parts-Upgrades/Spare-Parts-NovaX/RC-Logger-R8-Radio-System.html

 AFHDキター!

 検証できていませんが、RC EYE NavigatorのプロポはFlyskyである可能性が一気に上がっています!

 しかーし!

 ハイテックマルチプレックスジャパンでは、モーターセットなどのパーツ販売はしていても、プロポのパーツ販売はされていないようです…。いまのところは、
1.RC EYE Navigator 250を買う
2.プロポだけ大事に流用する
という方法しか無いようです。はぁ…。

◯やっぱりFUTABA T10Jに落ち着くのでしょうか
 いくつかのドローン情報サイトでも、すでにお勧めプロポを紹介していますね。日本では圧倒的にT10J。つまりはS-FHSS。しかし前記事にも書きましたが、大元であるFUTABAがT-FHSSに移行しつつあるようで、実際お値打ちプロポ候補だったFUTABA 6K(おいおいそれでも3万近くするんですか><)はT-FHSSのみサポートという噂が。T-FHSSではS-FHSSをバインド出来ません。←ここ重要!
imgres

 S-FHSS製品は来年には消えてしまうのでしょうか。不安ばかりが…。俺はT10J(国内正規品)買っちゃいましたが、正直3万円もするのでおいそれとは買えないですよね普通。価格面非常に重要ですから軽い気持ちでお勧め出来ないんですよ。あ、でも、T10Jは非常に扱いやすいです。レバーの具合も好みで調整できますし、ガッチリしてますし、高級感もありますし。

でかいですけど…いやなんでもない忘れてくれ!

 で、本当にFUTABA T10Jしか無いのでしょうか。否!S-FHSSプロトコル採用モデルで国内販売もされているモデルは他にもあります!しかもプロポのみ単体販売もされているモデルが!

・XK X251
http://hitecrcd.co.jp/products/xk/x251/index.html
img_002

の、付属プロポ。
・XKX7-001
XKX7-001

 ああ、私、XK X-250(多分同じプロポ)持ってたのを処分してしまってます。果たしてどこまでセッティング等が出来るのかは不明ですが、記憶ではかなりイロイロ弄くれたはず。レバーのEXPOとか、信号のリバースとか、そういうのも出来るのであれば、「あら?別にT10Jじゃなくてもいいんじゃない?」ってなるのですが…。

 XKにはX-100なるモデルも国内正規販売されていますが、こちらのプロポは…なんにも設定出来ませんもんね><

 結論:
 FUTABA T10J(3万円弱)が確実。しかし今回の「もしかして」がもしかしたら、XKX7-001(8,500円)が最もオススメになるかも知れない。さらにもう一つの「もしかして」、RC EYE Navigatorのプロポ、RC Logger R8(129ドル。国内正規販売不明)が出れば、流用性で最もオススメになるかも知れない。

 …なんとももどかしい記事ごめんなさい>< 

 中華フープ自作するのに1万円とかいう時代も終わったと思ってたら…
IMG_3522

 TinyWhoop、中華フープの定義をはっきり出来てないと思うようになったのも束の間。早くもフープ系ドローンにブラシレスバージョンが続々登場しています。

CORETEXRC TINY 90 90mm Mini FPV Racing Drone DIY Kit
http://www.gearbest.com/multi-rotor-parts/pp_607571.html
1486492322819917585
 90mmとなると、ちょっと中華フープよりは大きいですね。時速80キロらしいですよ!しかし調整すれば屋内でも飛ばせると思います。こちらはキットで別途バッテリーと送信機が必要です。

GB90 90mm Mini Brushless FPV Racing Drone - PNP
http://www.gearbest.com/multi-rotor-parts/pp_604293.html
1482984315057125854

 同じく90mmのブラシレスフープ。こちらはPNP(別途バッテリーと送信機、セッティングは必要だけど組み立て済み?)でしょうか。やはり2万円ちょっと。

Eachine Aurora 90 90mm Mini FPV Racer BNF
 http://www.banggood.com/Eachine-Aurora-90-90mm-Mini-FPV-Racing-Drone-BNF-wF3-OSD-10A-BLheli_S-Dshot600-5_8G-25MW-48CH-VTX-p-1114799.html
c4e71dcb-4a65-4b89-9937-f9b58ae37e53
 先に挙げたTiny90と同じ様にも思いますが、BNFで2万以下。

 で、今日注目したいのはコレ!
dys 83mm Micro Brushless FPV Racing Drone - RTF
http://www.gearbest.com/brush-fpv-racer/pp_616204.html
1488851764509166480
 現在入荷通知受付中。
 さらに小さく83mm、そしてクラッシュも安心(?)なシェル構造。さらにこちら、RTFです!RTFなのに2万円!中華フープでもプロポを何とかしようとしたらプロポだけで2万は超えちゃいます><

 こんな形のコントローラーが付属するようです。
cad159d4-c505-4884-8e99-f1d4d0b5d4d8
 しかもコレ、プロトコルがFrskyだそうです!
 Frskyは技適付きのモジュールが出ているそうなので、ちょっと無駄な出費もありますが合法使用も夢じゃないですね。
 ※国内ショップでTaranis X9Dの販売されているところがありますが、どうもどれも技適付きでは無いようなのでだまされないようにお気をつけを(付いているなら教えて頂けると非常に嬉しいです)。技適無しでまかり通るなら海外で「安く」買うわっ! 

 自分自身、ブラシモーターな中華フープに不満はないのですが、それでもブラシレスでフープってなったら、試してみたい気持ちがふつふつと…。
 フレームは3Dプリンターで、FCはF3 PIKO(?)、受信機はS-FHSSの1gのやつ(今HyperWhoopに載ってます)がありますし、頑張れば自分で作れそうですけど、多分こんなお安く組めるとは思えないです。RTFじゃなくてBNFとかキットで出てくれたらなぁ…。 

 FUTABA T10Jを愛用している…いや、あえて言おう、しょうがなく使ってるんですが、この子が生まれた背景が不憫に思えてきました。
imgres
 T10Jの製品発表は2014年後期にあったようです。「S-FHSSがハックされ、けっこう焦ってるのかもしれない」という記述をみつけました。
 メーカーって自社仕様を普及させたくは無いの?プロトコルをオープンソースして広く開発してもらうことに期待したがらないの?

 このお話から数年たった今、T-FHSSに取って代わられ消え失せてしまうかもと懸念されていたS-FHSSはおかげさまで健在で、やっとトイクアにも搭載できる超小型な受信機も出回るようになり、「買って損はしなかった」を実感できるようになりました。

 でもなぁ。TinyWhoopがらみ、トイクアレーサー絡みのプロトコルは圧倒的にDSM2なんですよねー。

 ただT10Jにしろ、その他汎用プロポってのは、やはり俺的には
飛行機・ヘリ用を流用させてもらっている
感が否めません。

 空撮用ドローンやトイクアには専用のコントローラーが付属します。まだまだ試行錯誤中的な体ですが、「この方が万人が飛ばしやすいと思う!」を前にだして付けてくれているように思います。
 その形はT10Jのように四角い箱からスイッチとレバーが突き出ているデザインではなく、どっちかと言えばゲームコントローラー型。プレイステーション用ゲームパッド型なんですよね。
ワイヤレスコントローラー (DUALSHOCK 4) ジェット・ブラック
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2014-02-22

 自分が使ってきた中で、持ちやすいな、操縦しやすいなと思ったのはHubsanのコントローラー。
HUBSAN 送信機 (X4 DESIRE) H502E-7 【日本正規品】
ハイテック マルチプレックス ジャパン
2016-09-03


 なにゆえ持ちやすいと感じたんでしょう。自分がゲームばっかりやってる人間だからってのもあると思いますw
 プレイステーションも、イロイロなものを操縦するのに適した形を研究してこの様な形にたどり着いたんでしょうし。

 HubsanコントローラーのPSコントローラーでいうところのアナログスティック部は、どちらも摘むか親指で押さえて振るかに対応していると思われますが、ドローンを操縦する上では、俺はやっぱりこの部分はレバーの方がしっくり来ます。振れ幅が大きい分、微細な操作が出来るんでしょうね。

 そういえばMavicProのコントローラーも、折りたたんで仕舞うというコンセプトこそありますが、開発者は「ゲームコントローラーを研究してこの形にもっていった」みたいな事を言ってた記憶があります。
 Parrot Bebop2のFPVコントローラーも、かなりゲームコントローラーに似た形状ですよね。
bebop_2_fpv_product_image

 実はこの形の方が、ドローンは飛ばしやすいんじゃないかと思わざるをえないわけですよ。

 で、汎用技適プロポとでも呼びましょうか、国内正規販売されいる、レーシングドローンに使えるプロポで、ゲームコントローラー型のものは無いんですよ。あるような感じですがうまく見つけらんない。これってやっぱ飛行機さんやへりこぷたーさんの間借り的存在だからでしょうか。飛行機でもヘリでも、ゲームでもそれらを飛ばすものって昔からありましたし、ひょっとしたら飛行機もヘリも実はゲームコントローラーで飛ばす方が飛ばしやすいって人も多く居そうにも思っています。



 で、ここで海外に目を向けると、あるんですよねこれが。

・Turnigy Evolution
https://hobbyking.com/en_us/fpv-racer-radio-mode-2-white.html/
99065_3_
 昨年末頃からじわじわ人気上昇中みたいですよ。
 自分的に驚いたのは、液晶画面が白黒なわけですが(これは俺的には高評価です。なにせどこぞのカラー液晶付きプロポは電池喰いまくりですから)、

 タッチパネルなのです!

 これまでのプロポは、設定操作するためのレバーの役割をするボタンが付いていて、「おお、これは便利」と感心していましたが、Turnigy Evolutionはタッチ操作です。すでに和製プロポでもタッチパネルなものはあるんですけど、当然お値段が法に抵触しそうなくらい高額ですw

 さらに驚いたのは、

 スティック部が光ります!

 好きな色を設定で選べるようです。どうもプロファイルをスティックの色で確認するなんて事もできるっぽいです。

 汎用プロポで、液晶がタッチパネルで、光っちゃったりするんですもの、さぞお高いんでしょう?って思ってたら、

 さほど高くはないんです!

 冒頭で触れた、FUTABA T10J発表時の会話のなかで、入門者へのお勧めという観点では、「安い」「仲間内でデバイスが共通」「操作を教えてあげられる」が3つの条件としてあげられていました。
 俺の感覚では、この第一条件である「安い」を満たしているものが見当たらないんですよね。

 デバイス(この場ではプロトコルと呼ぶほうが良いのかな?)については、さほど高いものでもなくなりましたし、別に共通せずともって思いますし、操作も教えてもらうならYouTubeでってほうが手軽で良いかも。もちろん近くにラジコンクラブ的なものがあって、そこで教えて貰えるのであればそれもアリですよね。

 レビュー動画も既にいくつも上がってます。
 

 サポートしてるプロトコルは勿論S-FHSSでは無いみたいで、AFHDS。んだよそれ!わっかんないよ!w Flskyでバインド可能という情報も入ってきています。ホビキンだからDSM2なんじゃないの!?とも思ったりしてたんですが…。

 当然いまのところこのTurnigy EvolutionはFCCやCEが付いていても技適ついてませんので、フツーに日本では使えないシロモノです。メーカーの方で設計認証さえしてくれれば技適付くんですけどね。偉い人、働きかけお願いします><

 「ドローンを始めた」って人がこのところ爆発的に増えてるように思います。MavicProから始める人、トイクアから始める人、いろいろなスタートラインが出来たなーって感心させられています。
 で、やっぱり見かけました「技適ついてますか?」という人。総務省の方なんですかね。「技適なしだぞ!逮捕しろ!処刑しろ!火あぶりだ!」って鼻息あらくしているみたいで怖いですよね。
 法改正で製造者(個人じゃダメ)はFCCやCEに合格している事を添えて申請すれば技適だしてくれる、それが「設計認証」って制度で、最近ではHubsanやSymaなどの幾つかのモデルで設計認証済みだったりしてます。技適がないモデルなら、技適をとるよう「メーカーに働きかける」のがスジであって、流れ的にはこう。「その製品、技適ついてますか? 付いてない?それはお気の毒に。ひょっとしたらメーカーで技適取得してるかもしれないので調べてみましょう。あ、ついてないですね。付けるようにメーカーに打診しましょう!」ってのがベテラン(?)さんの役割なんじゃなかったのかなーって思ってます。
 自分も、スルーされ気味ですが、メジャーなメーカーに日本市場をもっと視野に入れて、技適付きで発売してってお願い活動は続けたいと思っています。たのんますよJJRC!

 おっと話が逸れました><
 プロポについては、日本ではFUTABAかJRしか選択肢が無いのであれば、せめて両メーカーがドローン操縦に特化した、ゲームコントローラー寄りのグリップ性の高い、それでいてお安いプロポを発売してくれれば…。出す気すらないですよね…? 

 3周年、大盤振る舞いです。
45
 今GearBestのFacebookでアンケートに答えてPhantom4が当たるキャンペーンやってるみたいです。
https://www.facebook.com/gearbest/posts/1297550600293572

 え、英語!?
 是非チャレンジしてみてください。

 先日紹介した、3周年記念福袋ですが、

 期間中毎日更新されます。
C6cgUYxVAAIzGRY

 結構人気らしく、自分も頼んでるのですが、それから程なくして売り切れ。たしかまだ数ピースは残ってたと思ったのですが。結構競争激しいんですね!
 で、この福袋、3/9から3/14まで毎日、11時、15時、17時、19時に中身が更新(変更?)されているそうです。
http://www.gearbest.com/m-promotion-active-283.html
 ですので買うタイミングも結構重要だったのかも!?

 まぁ福袋というのは運試し的なところもありますから、届くのを楽しみにして待ちましょう。

 さらに、本日仕入れたセールクーポンへのリンクはこちら^^
※数多すぎて紹介しきれないからGoogleスプレッドシートへ降っちゃいます(汗)
 

 俺がレビュー等で「旋回極振り」という表現をする理由がわかっていただけるかと思います。
49

 スロットル、ピッチ、ヨー、ロール。ラダー、エルロン、エレベーター。欧米のレビューとかでも結構耳にしますし、大抵のドローン操縦How To 本(?)でも出て来る言葉です。これは、「空を飛ぶ元祖が飛行機」であるところから来ています。

 飛行機は、翼の形によって空気の流れ、風を「揚力」に変換して飛んで居ます。翼の下側に遅い風、翼の上側に速い風の流れを作りだせば揚力が得られます。
bernui

 飛行機は風の流れを、翼の形を変形させる事でコントロールし、機体の向きを変えさせたり、上昇したり下降したりします。

  • スロットル:プロペラやジェットなどの推力。車で言えばアクセルの役割。
  • ラダー:機首を振る動翼。語源は船の「舵」だそうです。
  • エルロン:機体を横転させるための補助翼。
  • エレベーター:昇降舵。機首を上げ下げするための水平尾翼の動翼。
1480238364_24

 飛行機のシミュレーターゲームなどでわかると思いますが、上昇したかったら「エレベーターアップ」という、操縦桿を手前に下げる動作をします。プロポに置き換えると「レバーを下に倒したら上昇する」という事に。ほーら、どんどんややこしくなったw

 飛行機で上昇したかったら、
1.スロットルを上げて加速し推力を得る。
2.エレベーターを引いて空気の流れを揚力に変える。

 曲がりたかったら、
1.スロットルを上げて加速し推力を得る。
2.ラダーで機首を振りつつ、エルロンで機体を傾けて墜落しないようにバランスをとる。
 という複雑テクニックを要します(実はシレっとシンクロしてたりw)。

 
 なにせプロポは飛行機もヘリコプターもドローンも共通というか、
 飛行機のプロポをドローンが流用させてもらっている
んですよ。

 だからややこしい事になっています。

 飛行機はまさに航空力学を肌で覚えていないと、まともには飛ばせそうにないですね。飛行機は。

 続きまして、ヘリコプター。メインローターとテールローターの、2つのプロペラで飛びます。メインローターが揚力の役割を果たしているのは、誰もが想像できる事でしょう。しかしどうして前後移動や左右移動を行っているのか、ちょっとピンと来ないですよね。
 これには「反トルク」が利用されています。
 例えば、電気ドリルで板に穴をあける際、力加減が弱いと自分が回ってしまいます。板を手で押さえておかないと板が回ります。
images


 回転するものは、その回転の逆方向にも力が働く
これが反トルクです。

 ヘリコプターはメインローターを回転させて揚力を得ています。メインローターは電気ドリルの如く空気中に穴を開けて突き進もうとする事で揚力とし、同時に反トルクによって機体は逆方向に回転しようとしてしまいます。これを押さえこむ「手」の役割をするのがテールローターです。
url

 さらにテールローターにも反トルクが生じます。で、それを抑え込むのがメインローターと。ヘリコプターはこの2つの微妙な回転バランスによって静止しています。

 で、ここから訂正して再勉強して解説です。

 ヘリの場合の前後左右移動は、なんとブレード角度を回転するタイミングに合わせて変える事で、揚力の大小を生み出しているそうです(このブレード角度を「ピッチ」と表現するそうですが、それやっちゃうとごっちゃになりそうなので「ブレード角度」で行きます。)。
 ブレード角度がゆるいと揚力は下がり、きついと揚力はあがります。
 で、前進したい場合は機体の前の揚力が下がるよう、機体の後ろの揚力はあがるように、回転しながらもタイミングを合わせ、ブレード角度を変えているそうです。
 このように、回転し続けながらも機体のそれぞれの位置でそれぞれ微細にブレード角を調整する事を「サイクリックピッチコントロール」と呼ぶそうです。

 で、単純に考えれば、機体の前にブレードが来た時にブレード角度をゆるめ、機体の後ろ側にブレードが来た時にブレード角度をきつくすれば、機体前部の揚力は下がり、機体後部の揚力はあがり、前進するんだろうと思ったんですが、そうじゃないんですね><

 回転する物体に加えられた力は、90度ずれて効果を出す

 これを「ジャイロスコピック・プリセッション」(単に「ジャイロ効果」と表現されたものも。これも誤解されそうなのでジャイロスコピックプリセッションでいきます。)と呼んでいると。
 ジャイロスコピックプリセッションは、地球ゴマで解説しているサイトがありました。しかもブーメランの飛行理論…。なるほどわからんw

 メインローターが時計回りで回っている場合ですと、機体の前部で揚力を下げるために、機体の左でブレード角度をゆるめ、機体の後部で揚力を上げるために、機体の右でブレード角度をきつめる。

 ヘリコプター考えた人、アタマいいわ…w

 ※今回ヘリの飛行について指摘された中で、メインローターを移動したい方向に傾けて移動しているという話もありましたが、俺は見つけられませんでしたが、そういう簡単な方法も今ではあるのかも知れません。

 ドローンは、あえて言い換えるならマルチコプターは、揚力のコントロールをヘリコプターの様にブレードの角度を変化させるのではなく、単純に4方向などに配列したプロペラの回転数調整によって効率よく飛ぶ事を目的としたものです。

 時計回り(ClockWise)、反時計回り(CounterClockWise)のローターを交互に配置することで、お互いの反トルクを相殺すれば静止します。
 左移動したければ、右側2つのローターの回転数を上げれば、機体が左へ傾き左へ移動します。
 左旋回したければ、右前と左後ろのローターの回転数を上げれば、反トルクのバランスが変わって反時計回りが勝ち、左旋回します。

 機体の姿勢制御する方法が4つのローターの回転数調整だけで済むのが、マルチコプターの利点ですかね。

 ここまで来て全く残り3つの言葉「ピッチ、ヨー、ロール」の説明をしていないわけですがw

 よくトイクアの性能表記に「6軸ジャイロセンサー搭載」なんてものがあります。厳密に言えば、3軸センサーにそれぞれの軸の加速度もわかるセンサーなんですけどね。
 3軸センサーはX軸に1cm動いた、んで、6軸センサーはX軸に時速1kmで1cm動いた、みたいな。

 空間座標はX、Y、Zで表現されることが多いですが、飛行機の場合は座標ではなくベクトル?モーメント?回転軸的表現が適用されます。そりゃそうだ。飛行機は空中に静止する物体ではなく、常に空中を移動しつづける物体ですから。
  •  ピッチは、エレベーター操作による昇降舵で変化する軸
  •  ヨーは、ラダー操作による方向舵で変化する軸
  •  ロールは、エルロン操作による補助翼で変化する軸
8-4-01

 基本前進ありきで、ピッチ、ヨー、ロールがゼロ(変化なし)なら真っ直ぐ前進飛行。
 ピッチがあがると機首が上を向いて上昇。
 ヨーがあがる(左)と機首が左を向いて左旋回。
 ロールが上がる(左)と胴が左回転。

 あーくそややこしい!w

 ドローンを飛ばす上で、雑学的に知ってて損はないのでしょうけど、知ったところでどうよってのはありますね。飛行機の場合は、「エレベーターを操作してピッチをあげ、機首を上に向けて上昇させる」という結果までの流れ動作を理解する必要があると思いますが、ドローンでは「上昇させたいならレバーを上へ」 で済む話なんです。操縦方法も機体のベクトル動作をレバー動作に連動させているわけですが、今のところコレが最も直感的だからとされているからで、そのレバー動作を具現しているのが、飛行機用・ヘリ用プロポであって。飛行機でいうスロットルは前進ですが、ドローンでいうスロットルは上昇ですし(ヘリコプターもかな?)。

 自分の場合、あえてヨーだピッチだは使わず、右移動とか左旋回とか、日本語で分かりやすいと思われる言葉を多用しています。おかげで自分自身も、プロポのセッティングとかで「あれ?PITCHって前進後退だっけ?」みたいなややこしくて混乱して困ってしまう事態に陥る事しばしば。

 トイクアではレバーを使わず、スマホのジャイロセンサーと、トイクアのジャイロセンサーを連動させて飛ばすタイプも出てますね。飛行機やレーサードローンの様に常に前進させる飛ばし方ではない、どちらかというと「空中静止ありき」な操縦方法であれば、スマホのジャイロコントロールによる飛ばし方の方が、より直感的なのかもなと思ったりしています。
_SX342_

 レバータイプにしたって、最近ではゲームコントローラーを意識したものも。中にはまんまプレステと同じものもありますよねw そう言えばゲームでキャラクターを操作するのに、「速く移動するには方向レバーを2回倒す」なんてのがありましたが、ひょっとしたらこれからの人は「あれ?方向レバー2回倒したのにスピードアップしないジャン!」なんて人も出てくるかも知れませんね。 

 このところ、TinyWhoopネタかMavicProネタばかりをYouTubeにアップしているワケですが。
10

 中華フープの映像は、DVR付きFPVモニター、RC732で録画したものをiMovieで編集し、720Pとか1080Pとかで書き出してYouTubeにアップロードしています。
 iMovieでの動画編集ではいわゆるワイドスクリーン映像、アスペクト比16:9というイマドキな映像編集のみなんです。ですがDVR732で記録したMP4ファイルは、720 x 480が実際のサイズと表記されています。
01
 iMovieで編集するとなると、上下を切り取ってしまってアスペクト比16:9にするか、左右に黒い部分をつくらせて、フィットさせるか、任意にやっぱりアスペクト比16:9で切り取るかしか選択できません。しかもRC732は7"ワイドスクリーンなのでRC732上で視聴したりモニターしたりする分には違和感なく見れているのですが、作り出されたMP4ファイルは若干左右が詰まってしまって映像がみんな縦長になっているような…。
 18
 ということは横幅720を維持しつつ、アスペクト比16:9になるよう、画像を横にリサイズしてしまえば良いわけですが、iMovieには(以前は有ったはずなんだけど)そのような機能がありません。

 そこで登場いただきましょうかつてイロイロな方面で大活躍していたらしいアプリケーション、Handbrakeに!
53
 なんか久々の起動。アップデートを促されたのですが取り敢えず旧バージョンで。
 変換したいMP4ファイルを開くと…
BlogPaint

  で、PictureSettingをクリックすると…
17
 あれ?Width 720ではなく704に、Heightは480になってました。
 ここで、AnamorphicをCustomにし、Width 704に対し、16:9のアスペクト比になるHeightは396。というわけで480を396に変更。
 んで、Startをクリック。デスクトップに新しいファイルが生成されます。
 開いてみると…
30
 ちゃんとワイドスクリーンサイズになりましたー!

 きっちりアスペクト比16:9の動画になりましたので、これで普通にiMovieで編集すればOK。見た目もちゃんと自分がゴーグルやモニターで観た映像に同じものになったと思われます。

 無事フルスクリーンでもオッケーな映像でアップロード、公開完了!
40

 といっても元データは480pですから画質は…w

 以前はこういった動画のアスペクト比変更を、いちいちWindowsにリブートして沢山あるWinのこの手のアプリを使用して行なったりもしていましたが、これで全てをmacOS上で行えるようになりました。良かった良かった。

・RC732 -DVR FPV 7" Monitor
http://www.gearbest.com/fpv-system/pp_265750.html
1447720791750-P-3398940
 付属するアンテナ、一個はクローバーアンテナに取り替える事をオススメされています。そうすると、どっちか電波条件の良い方を選択する仕組みなので、より確実に映像を受信するそうですよ。

 なにげに1年使い続けてますね。ゴーグルにDVRが付いたらお役御免となりそうですが、いまのところそんな予定も無いのでまだまだ使い続けますよー!

 中華フープの練習コースとして使用している日本家屋ステージ、mixiドローン友の会の方限定で開放する事にしました。会員の方でお近くにお越しの際は、是非お立ち寄りいただければ嬉しいです。
 飛行可能ドローンは当面はTinyWhoop限定です。お持ちでない方で体験したい方もいるでしょうから、予備機と予備ゴーグル、予備プロポも1セットのみですが用意できました。
 TinyWhoop、中華フープに興味ある方、近県にお住まいの方など是非ご連絡くださると有り難いというか、嬉しいです。

 日本家屋ステージ紹介動画(?)はコチラ〜
 

 GearBestって以外と若いんですよね^^
970_250
  70% オフ、ラッキー抽選、無料ゲットとどうやらこりゃかなりお値打ちどころの騒ぎじゃなさそうです!

 プレセール、今年もやるそうです。

 ↓セールのメインページはこちら↓
http://www.gearbest.com/m-promotion-active-283.html
45
 既にカウントダウンが始まっています。

 今回も、「ケーキゲーム」(抽選ゲーム)、「クーポンページ」など多岐多彩な激安品揃えに期待できそうです。

 注目イベントを幾つか教えてもらいましたので紹介いたします。
●クーポン会場
http://www.gearbest.com/coupon.html
32

 ブランドごと、カテゴリごとなど、分類されたクーポンコードが公開されています。
  こちらも既に公開が始まっており、既にに使用可能になっています。

●誕生日ケーキゲーム
http://www.gearbest.com/m-promotion-active-284.html
03

 7つ以上友達のシェアを獲得できれば参加出来るゲーム。当たる商品も、スマホやヘッドホン、GBポイント等イロイロです。チャンスは1度きり!?


●ポイント抽選
http://www.gearbest.com/m-promotion-active-285.html
49
 GearBestで買い物をしたりすると獲得できる「ポイント」を使用して抽選に参加できるようになっています。溜め込んで使いみちに困っていたら是非チャレンジしてみては?

●各カテゴリごとの分会場
スマートフォン:
http://www.gearbest.com/promotion-top-brand-phones-special-586.html
タブレット:
http://www.gearbest.com/promotion-tablet-top-brand-special-634.html
パワフルギア(スマートウオッチやアクションカメラなど):
http://www.gearbest.com/promotion-cool-consumer-electronics-sale-special-513.html 
スマホ周辺機器:
http://www.gearbest.com/promotion-iphone-accessories-special-385.html
家電製品:
http://www.gearbest.com/promotion-home-and-garden-2nd-anniversar-special-476.html
アウトドア商品:
http://www.gearbest.com/promotion-outdoors-amp-sports-special-490.html
RC製品:
http://www.gearbest.com/promotion-gearbest-anniversary-rc-special-481.html 


●追加購入特典
 購入金額が60ドルを超えた場合には、特定の関連製品を3.33ドルの価格で購入する事ができます。
 方法は、下の画像を参照してください(クリックして拡大です)。

追加購入説明画像
 特定の関連製品の中には、60ドルどころか100ドルを超える物も!?ただし全て数に限りがありますので、早い者勝ちになります。

●ラッキーバッグ(福袋)
 一定価格にて、値段分を遥かに超える価値の商品が入れてある福袋を購入する事ができます。福袋に入れた商品は、開封後に了承する事が出来るそうです。200ドル以上する商品も入っているそうですが、やはり数に限りがあるそうなので、決断はお早めにって事ですね。