JIZOMAEのブログ

空撮ドローン、レーシングドローン、トイクアを始め、ガジェットやゲームなど自分の興味ある事についてのブログです。 ブログタイトルがデフォルト(ユーザー名+のブログ)にしているのは、あくまでもこのブログは私じぞまえの個人趣味的なブログであって、「Droneなにがし」のような、業界に貢献しようとかそういう意図は無いものですのでご了解ください。 こんな薄っぺらい内容のブログですが、私「じぞまえ」と「JIZOMAEのブログ」に関する内容及びJIZOMAE - YouTubeチャンネルの動画は、「2ちゃんねる」と「ニコニコ動画」への転載等(リンクなどを貼る行為、固有名詞等を伏せ字を用いて表現する行為を含む)を一切禁止します。ご注意ください。ただし、TwitterやFaceBook、はてなブックマークでのシェアは問題ありません。

 HoverCameraは高い!とお感じの貴兄に。

50698_300
・AEE SPARROW360 12MPカメラ オプティカル フロー 赤外線障害回避 RCクアッドコプタースマートフォンによる制御
HR5036_01

 GPSを諦める事で低価格化とさらなるお手軽感。そうですよね、異常な高高度撮影をしなければ、オプティカルフローで充分かも知れません。AEE SPARROW360はGPSは非搭載ですがオプティカルフローで機体をビタホバさせます。

 カメラ撮影のためのフラッシュ搭載
 この手のセルフィードローンが活躍する場はやはり室内でしょうか。そして表現の矛先はfacebookやInstagramだと思われます。静止画なら機体が踊っても結構キレイに写りますが、SPARROW360はフラッシュも搭載していますので、その真価をきっと発揮できる事でしょう。

 360°パノラマ撮影モード
 どうやら機体がぐるりと旋回して、パノラマ写真を撮るモードがあるみたいですよ。AR化してfacebookに公開!なんて事も出来るかも!?(ごめんなさいそれを立証するソース見つけられませんでしたorz)

 1080p/60fpsサポート
 カメラ性能はなかなかのものだと思います。正直、4Kいうても誰も4K再生してくれませんし、1080pでも充分キレイな映像ですよね、ハイビジョン!カメラには機体ブレ補正機能もついているみたいです。果たして実際の映像がどの程度の美しさなのか、気になるところですね。カメラは段階でチルト可能のようです。
HR5036_13


 赤外線衝突回避センサー搭載
 おっ!?KAIDENG PHANTOMAでも採用されているアレですかね!4方向赤外線ビーム&センサーによって全方向への衝突を回避する機能。ガードで覆われているので万が一接触したとしてもさほど大したことはなさそうですが、避けてくれるのは良いことです。期待しましょう。赤外線センサーは屋外では殆ど効果はみられませんでしたが、屋内だと結構効いてた記憶があります。

 ちょっと合成まみれで現物感が無いPVも公開されています。



 ホント惜しいのはその重さ270g。ホント300g規制緩和して欲しいですよね。現行200gでは安全性能まで積んで飛ばせないですよ。「おもちゃが200g以下なんだよ」というスタンスも微妙。おもちゃであっても安全性能がある方が絶対良いじゃないですかー。

 日本ではDJI一択なエンターテイメントドローンカテゴリ。是非色んなところから安心で安全で高性能なドローンが日本にどんどんなだれ込んで来て、私達をもっと翻弄して欲しいですよね^^

 ドローン・フリークの皆さんにも新しいショップ(店舗としては老舗だそうですが><)の紹介は良いカンフル剤にもなったようで、日本からのカスタマーもじわじわ増えているそうです。

08
 先月のイベントもお値打ち過ぎて私もついつい手をだしてしまいましたw
 今回も爆安商品結構あります。
・TOMTOP-RC Carnival
 やはりキテますね、MavicProの値下げ販売!

49
 あれ?フライモアコンボって$2399.99もしましたっけ?
 まーそれでも半値で$1,169は破格とも言えます。

 話題のSparkも安い!><

35

 しかもそれらより更に安くPhantom3シリーズが><

42
56
 この他、安定の人気、HubsanH501シリーズや、先日購入してFuriBee F36とプロトコル同一が判明したGool RC T36が絶賛セール中です。

 また、クーポンコード「5DISCOUNT」にて5%割引されるクーポンも発行。対象商品が限られているのかな?

 是非みなさんもチェックしてみてくださいね。

 Cheersonって、ナノクアッドにすんこいものを載せまくりですね!

50707_300

 結構人気もあったそうですね、Cheerson CX-10。ナノサイズの安定飛行に酔いしれた方も少なくないのではないでしょうか。それから、0.3Mカメラ搭載、2.0Mカメラも付きましたっけ?、そしてWi-Fi FPV、んで「イラネーヨ!」と思ってしまっていた気圧センサー。

 Cheersonがやりだすと、他ブランドも追いかけるかのようにそれらを搭載する流れを何度かみてこられた方も多いかと思います。ですので、
 Cheersonがやりだしたら他もやり出す!?
 しかもナノサイズに限らず。一番最初に搭載したとかそういうのでは無いのですが、一つの中国産トイクアの「流れ」を予想するのに、Cheersonは外せません。かつてはHubsanがそうだったような気がするんですが、トイクアの世界も単純にデザインだけではまかり通らなくなり、H502シリーズのようにGPS搭載とか無茶しやがってってレベルなのかも知れませんね。

 で、今度のCheersonはなんと「オプティカルフロー」搭載です!
 オプティカルフローとは、機体の下にカメラを搭載し、その映像をリアルタイムで解析することで、機体の位置を補正する仕組み。GPSが拾えない室内でその威力は開花します。Phantom、Bebop、Mavicなど多くのホビードローンに搭載され、安全飛行、特に離着陸時や低空飛行時には無くてはならないと言っても過言ではない機能です。
HR3332_13

 実はオプティカルフローについては、とっくの昔から搭載していたトイクアが存在しています。
 そう、Parrot mini Drone。


 当時はRollingSpiderのみのラインナップでしたが、いろいろ増えましたね。でもね、私は要らない。相変わらずながらもカメラが付いていないんですもの。しかも飛行体からの物体の落下というご法度を200gだから良いじゃん的に堂々と搭載しているところも正直気に入らない。
 そんなの良いからFPV搭載しろよParrot!
 京商が取扱い降りて一体どこに不良品の文句言えばいいんだよ!

 そんな、ただ安定して飛ぶ、私のニーズとは違う方向へ進んで行ってしまったMinidrone。カメラさえ付いていればまた買おうと思っているMinidrone…。

 はい、CX-OFはWi-Fi FPVカメラが付いています!前に!前方に!
HR3332_11
 これだけでMinidroneに勝った…。

 CX-OFのオプティカルフローの有効距離(高さ)は3.5m。私より視力良いかも!?w
 つまり、3.5m以内の高さであれば安定ホバリングが実現するわけです。室内で人の立位でバストショットを撮ろうとすれば、1.5m内外でしょうか。余裕ですね!
 その間リアルタイムでWi-Fiカメラ中継が出来るわけですから、遊ぶ幅が広がります。
 顔認識もジェスチャー操作も出来ませんが、シレっとSparkみたいな事をやってみたりwww
07
 ただ、ジェスチャー操作っぽい事は出来そうですよ?
 手のひらをオプティカルフローさせれば。機体の下に手をかざし、ゆっくり動かせばCX-OFは自分がズレてしまったと誤認して追いかけてくるはず。これはウケそうですね!
 芸人さんやYouTuberさんはこういうのどうです?CX-OFが飛んでる間にコントやったり。Wi-Fi FPVで生中継的な。あ、ごめんなさいグダグダが目に見えてます><

 CX-OFはバッテリー内蔵型。まぁナノサイズではいつものパターンですが、充電は専用USB充電ケーブルを使って行います。
HR3332_14

 どうやらコントローラーもUSB充電です。ケーブルは流用出来ないみたいですね。それぞれにケーブルが付属しています。
HR3332_17
 2口USBアダプター用意してスタンバイしておきましょう。

 CX-OFは近日発売開始予定です!

 セール中なので急いで!

RM6523-1-a60b-MF8R
・NIHUI NH-010 1.0MP Camera Racing Drone Mini RC Quadcopter
※この記事書いている時は3,449円。残り時間あと1日ってところです。
 単純にEachine E010に5.8G FPVカメラが、ダース・ベイダーのようなキャノピーに収まって搭載されたモデル、という事なんですが、値段が値段なので黙っちゃいられませんw

 Amazonとかで素のE010仲間(H36)とかが大体2,500円。それに千円をプラスするだけで中華フープ実現ですからね!


 また、気をつけていただきたいのは、カメラを積んでいない、H36クローン(赤色カッコいいですよね!)もNH-010なんですよ。なんかNH-010GとかCとかFPVとか、付け足しておいてほしかったです。

 TomTopにある画像によると、完全には見えてませんが、「Nx010R」と、JJRC H36と同じ文字がプリントされているようです。ということはデビデボバインド可能!?
 RM6523-1-a60b-o4Kp
 中華フープのキャノピー+カメラ部って、TinyWhoop(Blade Inductrix)でも、中華フープ(H36、F36)でも、乗っけられるわけじゃないですかー。ということはですよ?
 3,500円(送料だのなんだのあるでしょうけど無視)でNH-010買って、カメラ&キャノピーは他のお気に入りフープに載せ替えるという利用でも、まだお買い得だと思うんですよ。レビューみてみますと普通にカメラもちゃんと写ってるみたいですし。

 ここにきてドバドバと中華フープネタ情報が飛び交ってしまって、翻弄されちゃいますね!w

 このところH36をゴリ押ししてましたが…。

Redpawz-R010-Mini-Quadcopter-RTF-Black-417528-
 Redpaws R010っていいます。AmazonでもJJRC H36同等の値段で販売されています。


 「H36よりもスペックが良い」とされるFuribee F36、GoolRC T36。これらはプロトコルの解明がいまだ成されておらず、フレームとモーターは流用できてもFCごと変えないとダメってのでイタタタだったんです。勿論付属コントローラーでOKって方には超オススメになるわけですが。

  私的にR010を推したい理由は、
  • プロトコルが判明している。
  • モーターがワンランク上。
  • バッテリーがワンランク上。
  • 見るからにカメラ入れてくださいな体のキャノピー付き。

 今回紹介しているR010。プロトコルが判明しているらしく、Bayangtoys X16のコントローラーでバインド出来るそうです。
・BAYANGTOYS X16 ブラシレス 高度ホールド 4CH 6軸 ジャイロ RC クアッドコプター RTF 2.4GHz
HR3100_647864_300


 という事は、デビデボでBayangプロトコルを選択すればOK!なはず!
 こちらのDeviationWikiを参照ください。サポートされているようです。
 勿論マルチプロトコルな送信機を持っていない方は、今爆安販売中なBayangtoys X16を買えば良いわけで。ブラシレスモーターで高度維持がついてて…GPSは付いてないんですねw 立ち位置はJJRC X1の対抗馬ってところでしょうかコレ。

 モーターは0716ブラシモーターだそうです。H36やF36は0620。パワーの違いは明白でしょう。その分重たくなってしまってるわけで、それをもフォローしているかが気になるところですね。
Redpawz-R010-Mini-Quadcopter-RTF-Black-20170628181552988
Redpawz-R010-Mini-Quadcopter-RTF-Black-20170613093558864
 …なんかモーターのグラフィックが全然別ものですケド、いつものご愛嬌ってやつですねわかります!w

 バッテリーは3.7V 260mAh。H36は150mAhでしたので、より大容量になって素の状態での飛行時間は6分。H36は約5分。
Redpawz-R010-Mini-Quadcopter-RTF-Black-20170613093559670

 付属コントローラーでも違いがあって、H36は単三2本、R010は単四3本です。リモート距離の違いも出てきそうですね!
 参考までに既にYouTubeに上がっているレビュー動画もご紹介しておきます。
 Bayangtoys X16の送信機を使って中華フープ化して飛ばしている映像では、リモート距離100mオーバーをマークしているみたいです。


 国内レビュアーの方のFPV化改造ネタは見つけられなかったのですが、多分基板のマウントやサイズ等はE010を踏襲していると思われます。つまり中華フープ用ならハマる!?
 市場は既にTinyWhoop用FCや、RTFセットも出まくっており、「フープの素」は単なる初心者向けの踏み台でしかなくなりそうな感じもうけますが、布教活動用のドローンとして推しまくる事を考えるとなくなってもらっては困るカテゴリだと思います。コレでドローンにハマった人はきっと中華フープに目覚める事でしょう。R010を叩き台として組むもよし、これはこれで取っておいて、新たに買うも良しだと思います。

 ついつい私もAmazonで1台…w

 ものが届きましたら、デビデボでのバインド検証含め、こいつを叩き台とした1台を組んでみようかと目論んでいます。

 …カメラ余ってたかな!?

 今月もTomTopセール情報をリークです!

14
◯ラジコン
・AOSENMA CG035 Brushless Double GPS 5.8G FPV RC Quadcopter RTF Drone with 1080P HD Gimbal Camera Follow Me Mode
 このドローン、何気に「ドローン友の会」でもオーナーの方はいらっしゃって、色々な検証事もやり取りされてますね。DJIなどのドローンはRTHなどのコマンドはスマホアプリ上からも出来ますが、こちらはコントローラーからの操作になるので、どれがどれという感じに確認しあったりしています。
 そんなやり取りみていると、かなりコレ、コストパフォーマンス高い空撮ドローンなんだなと思わせられますよー。
41u5gF0CILL

$189.99のところクーポンコード「TT7903」にて$168.99に!7/31まで有効です。

・Cheerson CX-OF Optical Flow Mini RC Quadcopter - RTF
 今、トイクアのラインナップの中でもかなり注目すべきモデル。オプティカルフロー搭載です。しかもいきなりナノクアッドで出すのか!とw
 オプティカルフローとは機体の下に位置認識のためのカメラがついていて、その映像差によって機体位置を補正する方法によるホバリング方法。つまり気圧センサー高度維持とコンビネーションすることにより、GPSが無くても定点ホバリングが可能となります。
 Parrot mini Droneで採用されていたホバリング機構なのですが、中国のトイクアにやっと採用され、今後のトイクアにもどんどん採用されるんじゃないかと予想される機能です。
Cheerson-CX-OF-Mini-Slefie-RC-Quadcopter-RTF-Blue-430605-12


$49.99のところクーポンコード「TT8393」にて$42.99に!8/31まで。

・MJX B3 Bugs 3 Brushless Motor Drone Support C4000 Gopro 3/4 XiaoYi Action Camera RC Quadcopter - Red
 ブラシレスモーター採用によって、GoProも余裕のペイロードなドローン。操縦に覚えの有る方にはこれは手軽に空撮が出来ると評判です。かつてのちょっとパワーのあるトイクアと値段差が無くなって、なんか凄い時代きてんなって感じですね。
87a31c7372eed5135bd76bbdcaab715b
$114.99のところクーポンコード「TT7325」にて$89.99に!8/31まで有効です。

・Original WLtoys V950 2.4G 6CH 3D 6G System Brushless Motor Flybarless RTF RC Helicopter
RM7368EU-1-5183-GdkU
$119.99のところクーポンコード「TT7368」にて$104.99に!8/31まで有効です。

・Volantex Vector28 795-1 2.4GHz 30km/h RC Racing Boat - Red
jpg_640x640
$35.99のところクーポンコード「TT7191」にて$29.99に!8/31まで有効です。

◯カメラ関係
・FeiyuTech WG2 3-Axis Wearable Gimbal
download

$299.82がクーポンコード「FWG50」にて$249.82に! 7/31まで有効です。

・Zhiyun Smooth-Q 3-Axis Handheld Gimbal Stabilizer
1498148314387860873
$139ドルのところクーポンコード「VJP4623」にて$125.1に!7/15まで有効です。

・FeiyuTech Vimble c Smartphone Gimbal
D4705-1-e481-Rcki
$119のところクーポンコード「VD0457」にて$99に!7/31まで有効です。

・Zhiyun Crane Professional 3 Axis Stabilizer Handheld Gimbal
zhiyun

$649のところクーポンコード「STBH110」にて$539に!7/31まで有効です。

・Andoer V1 360 Degree Panorama Wifi 2448P 30FPS 16M Action Camera
g_400-w_g

$65.99のところクーポンコード「VJP4121」にて$60.99に!7/31まで有効です。


 続きましてスマートウォッチのセール品紹介です。
◯スマートウォッチ
 こちらのページで紹介しているスマートウォッチ全てセール中!
58
 ちょっと前まで数万円レベルだったスマートウォッチも、TomTopにかかれば1万円前後でイケるんですね。凄いっす! 74%オフとかたたき売りでしょうかw


 続きましてスマホです。
◯スマートフォン
・AGM X1 IP68 Waterproof Smartphone 4G Smartphone 5400mAh 4GB RAM 64GB ROM
Original-font-b-AGM-b-font
 同製品の青色も同じ価格でセール中です。
 60台限定。$279.99のところセール価格$249.99に!7/31まで。

・LEAGOO M8 Pro 4G Smartphone 5.7inch HD Screen 13.0MP+5.0MP Dual Rear Camera
original-leagoo-m8-
 74台限定。$97.89のところセール価格$84.99に!7/31まで。

・Xiaomi 5S Plus 4G Smartphone 5.7 inches 6GB RAM 128GB ROM -Silver
c3145626-4220-4f2c-816b-d53f47ca2b94_480x480
 40台限定。$399.99のところセール価格$359.99に!7/20まで。

OUKITEL K6000 Plus 4G Smartphone 5.5 Inches 4GB RAM+64GB ROM 12V/2A Fast Charge
sku_462029_1
 60台限定。$179.99のところセール価格にて$167.99に!7/31まで。

・OnePlus 5 4G Smartphone 5.5 inches 6GB RAM 64GB ROM
download
$516.99のところクーポンコード「LCXPZ0076」にて$487.99に!

・UMIDIGI Z1 Pro 4G FDD-LTE Smartphone 5.5 inches 6GB RAM 64GB ROM Dual Back Camera Lens
f7c5d50a-ecda-4221-a12f-4d8dc3f38349
$285.99のところクーポンコード「DSUMIZ1」にて$276.99に!7/31まで有効です。




 トイクアのレビューをぼちぼちながらも続けていて、そんな中で「こういうの出すようにメーカーにもお願いして!」って言い続けてましたが、それがやっと出たと思いました。

・Flytec T18 Wifi FPV 720P HD カメラ ミニ レーシング ドローン RTF 2.4GHz (初心者に適する)

50086_300
 このモデルに注目したのは、この動画がキッカケ。

 タレントさんが操縦は明らかにフェイクですが、飛びやカメラ映像は合成こそしていますがワイドレンズでちゃんとそれなんじゃないかとか、だとしたらこのトイクアってかなり理想形なんじゃないかと。

 まずはデザイン。100mmレーシングにありがちなデザインに、ぱっと見みえますが、プラスチックです。そのお陰(?)でアーム部にはLEDが格納され、これが飛んでいる時に非常にクールに見えます。
 カメラは本当にワイドレンズでした!そして、評価の非常に高いところは、Wi-Fi FPVでも720pでした!しかも室内で飛ばしていてこれといったブロックノイズやフリーズは無し!
 ですが海外の方々の動画見返してみたら屋外でですが結構普通にフリーズしてます。屋外ではフリーズ覚悟で楽しめる配慮が必要ですね。ひょっとして私のコレ、当たり!?

 さらにSDカードスロット搭載です(SDカード別売り)!
 あのねSureHobbyさん、これWi-Fi FPV仕様のトイクアでは非常に重要なところなので、販売する時にWi-Fi FPVでスマホにのみ映像記録するタイプなのか、Wi-Fi FPVで別途購入なSDカードにも映像記録できるタイプなのかは載せた方が良いとおもいますよー。それで全然価値が変わってきますからね!

 という事でFlytecT18はカタログ値である720p録画が本当に可能でした。スマホに記録された動画も720pなのには驚きです!
 最近トイクアにもセルフィー型なものがどんどん出ていますが、あれ、スマホに記録される映像は480pが殆ど。確かに480pでもスマホで鑑賞する分には良いかも知れませんが、画質がキレイであればキレイな方が良いに決まってます。
 そう言えばMavicProで空撮などすると、本体側のSDがカードに4K動画ファイルが、スマホ側に720Pの動画ファイルが出来ます。Flytec T18はまさにそんなカタチで運用されているんですね。本体に記録される動画も720pだよってのがMavicProと違うだけ!?w


 ↑
 これはMavic Proで撮影し、DJI GO 4のメモリに残ってる720p動画をDJI GO 4の自動編集機能を使って作成してInstagramにアップしたもの。iPhoneユーザーであれば、Flytec T18を使って、アプリはiMovieなりを使って、そこそこ似たような事も出来るんですよ!
 というわけで今回レビューで使用したスマホに残っていたデータを使って、即席でつくってみましたw

 Flytec T18は、スマホのみの操作も可能です。これはSparkモドキ的にセルフィードローンとしても活躍しますよ!

 ではサクッとレビュー動画。


 これで5千円。トイクアのオススメモデル、久々に登場です!
 是非お友達と購入しあって、FPVレースしまくっちゃってください(室内でねー)!

・Flytec T18 Wifi FPV 720P HD カメラ ミニ レーシング ドローン RTF 2.4GHz (初心者に適する)

 あら、久しぶりにゲームネタですね。
IMG_5145
 Pokemon GOのコンセプトムービーが公開され、サービスが開始され、レイドバトルはどこ吹く風のまま1年が経とうとしているところでやっと実装されたレイドバトル。同時にジムのルールも変更となり、マンネリシリーズともおさらばでますます面白くなってます。
 ホントつまんなかったですよね、ジムバトル。ジム番といえば、最大まであげたカイリュー、カビゴン、ギャラドス、そしてシャワーズ。湿っぽいのばっかりでたまにそうじゃないと言ってもハピナス。ジムレベル10とかもう回復薬も時間も足りなくて…w

 開始当初はレベル制限があったらしく、私は参加する事が出来ませんでしたが…
IMG_5147

 ほどなくプレイ可能に。そこで手始めにレイドレベル1をやってみました。


 まぁ御年34レベル。さすがにソロでも大丈夫でした。まだレイドバトルをされてない方の参考に果たしてなるでしょうか。
 で、実は調子にのってレイドレベル4のバンギラスにも挑んでるんですよ。友人と2人で。ギリギリまで待ってもらって、結局居たのは我々2人だけで。
IMG_5234

 結構頑張ったんですが、ボスのゲージ半分も削れずにタイムアップ。全滅は避けたかったので(あわよくばクリアも考えてw)、ラストにはハピナス(但し攻撃はフェアリー属性じゃない)。

IMG_5235
 このままでは引き下がれない(バンギラスはバトル受け付け時間も過ぎて消滅)ので、さらに近くのレイドレベル3に2人で挑戦!

IMG_5270
 割りと簡単に倒し、ゲットチャレンジも無難にゲット〜。
 個体値イマイチ飴行きでした。

IMG_5271
 このレイドバトルの際の報酬に、「わざマシンノーマル」を1個ゲットしていました。そこで以前から技を変えてあげたくて仕方のなかった子が…。

IMG_5272
 個体値100点カイリキー君!
 バレットパンチにヘビーボンバーではがね揃いはまずまずですが、やっぱここはかくとうで一致させたいですよね。はい、今回はわざマシンノーマルでバレットパンチをカウンターに変えたい所です。

 わざマシン起動!!

IMG_5273
 からのーっ!

IMG_5274
 大成功!
 神様ありがとう!次は「わざマシンスペシャル」を兎に角ゲットしなきゃ!

 そして翌日。

 マックスバリュにレイドレベル4発見!既にどなたかがルアーを炊いて参加者を誘っています。この方法、良いですね!「俺はやるぜ!」感がひしひしと伝わってきます。そして時間が来て、登場したのは…

IMG_5288
 希望どおりのバンギラスぅぅぅ!!
 あとはどれ位参加されるかです。先程のルアーは2箇所で同時に焚かれていましたが、それぞれ別のトレーナー。私を含め、3人は間違いなく挑むのでしょうが、聞くところによるとバンギラスは6人でもやばいと…。まぁ始まったばっかりですし、ジムから抜けなければ、負けたとしてもチケットを追加する事なく時間内は再挑戦が出来るそうで。

 しかし集まったのは4人。刻一刻と開始時間が迫る中、もう後には引けませんし、急いでアタッカーポケモンをチョイスせねば。
IMG_5289
 そんな私の心配をよそに、1分近く時間を残して無事討伐。
IMG_5290
…イブクロカイリュー役に立ったのかな。

 さすがレイドレベル4ともなりますと、貰えるアイテムもスバラシイものばかり!

IMG_5305
 わざマシンスペシャルゲットです!

 さあ、始めようか2日連続の運試しを!w

IMG_5306
 技が揃ってないのでかえって弱くなってる(?)状態なカイリキー。ヘビーボンバーがばくれつパンチになれば…ごくり。

IMG_5307
 そして…震える指で「はい」をタップ。

IMG_5308
 スバラシイ!スパシーボ!
IMG_5309

 技一致!満点!あとは砂つぎ込んでMAXまで強化です!

 ワンリキーも捕まえなきゃですね。アメ要員としてでも。







 実は老舗だったんですね!TomTopって!

50
 13周年って。私はTomTopの存在を知ったのはちょっと前ですよ><
 うーん、情弱とはまさにこの事。
 こちらから是非13周年記念イベント会場へどうぞ!

 ※後から教えていただいたのですが、TomTopは創業13年で、現在のカタチのようにネット通販サイトを開始したのは、2年前からだそうですよ!

 ゲームも開催中です。

42

 ゲームのルールです。
1. Tomtop.comに登録すると、ポイントとクーポンを獲得するためにこのゲームをプレイできます!
2. 10ポイント、50ポイント、5ドルクーポン、100ポイント、20ポイント、賞なしの6つの賞があります。
3.各アカウントはこのゲームをプレイするチャンスは2回しかありません。最終賞金は、2つのショットの合計得点です。
4. TOMTOPウェブサイトの「マイアカウント」のポイントまたはクーポンを確認してください。
5. TOMTOP.COMは本コンテストの全ての権利を留保します。

 さらに私が教えてもらった情報によりますと、$100ドル以上の買い物をした人に抽選会が用意されており、豊富な景品が当たるチャンスがあるそうですよ!

 そして13周年記念セールの目玉として早速来ましたよ!DJI Sparkのさらなる値下げが!
・DJI Spark Mini RC Selfie Drone - BNF
 ちょっと前のセール紹介記事では、たしか$519になるコードをご紹介したと思うのですが、それよりも更にお安く、「TTSPARK2」を入力することで$510.99になります! 
 有効期限は7/31まで。

 なんか…凄いですね!

 勿論その他の製品もぐんぐんお値打ちセール開始中です。是非この機会にサイトをチェックしてみてください。

ーーーーーーーーーー6/28追記ーーーーーーーーーー
・Original Hubsan X4 Pro H109S 5.8G FPV Drone with 1080P HD Camera H7000 Smart Transmitter 3 Axis Gimbal GPS RTF RC Quadcopter High Edition 
RM6333-1
 10台限定ですが、$779.99が$559.99に!あんまり時間ないっす…!

・Original DJI Spark 12MP 1080P Wifi FPV Quadcopter with Extra Shockproof Handbag and 6pcs Waterproof Carbon Fiber Sticker
RM0069W (1)
 DJI Spark、専用キャリングケース、ステッカーのセットで$606.99のところ、100台限定549.99。

・WLtoys V977 Power Star X1 6CH 2.4G Brushless 3D Flybarless RC Helicopter (WLtoys Helicopter,V977 Power Star X1 Helicopter,Flybarless RC Helicopter)
rm785-17-6744
 ごめんなさい、ヘリは詳しくないです><
 やはりトイなヘリでもブラシレスで飛ぶモデルがあるんですね!先日のイベントでのデモ飛行でクレイジーな飛びっぷりを見せつけられてもうシビれまくってたのを思い出しました。天井にはりついてみせたりとか「凄い!」って思いましたけど、3Dって書いてあるからコレもそれが出来るのかも。
 限定85台、$95.99のところ、$56.99で。

・100% Original Hubsan X4 H107C 2.4G 4CH RC RTF Helicopter Quadcopter W/ HD 2MP Camera Black & Red (Hubsan X4 Quadcopter;Hubsan H107C Quadcopter)
RM950-1-1781
 うぉっと出ましたトイクアの金字塔!Hubsan X4です!これ、カメラが0.3Mバージョンも紛れ込んで流通していたそうで、その違いが見いだせずに泣いた人も少なくない!?
 ご安心ください。こちらは2MPバージョンです。そして価格も激安の$25.99。おもちゃと侮ってはいけません。実はHubsanのコントローラーっておもちゃとは言えかなりちゃんとしている部類。限定20台。

・Syma X8C Venture RC Quadcopter
RM2733W-EU-8-00b5
 これまた懐かしいのを叩き売りしてますね!Phantomがほしいけど買えない。そんな人の慰めになると思いますよこのX8Cは!「Wide Angle Camera」って記載が。カメラのバージョンがあがったのかも!?
 こちら限定20台、$75.99のところを$56.99で。私も前にレビューしていますが、アクションカメラ積んでもなお飛んでましたっけね。


ーーーーーーーーーー以上 6/28 追記ーーーーーーーーーー



 それと、TomTopをだらだらと閲覧しておりますと、GoolRCなるブランドの製品が目につきます。これ、TomTopのハウスブランドだそうです。TomTopはRC製品のカテゴリがあって、それがさらにDJIとかHubsanなど、メーカーカテゴリも用意されています。DJIがお目当てな人、熱烈なるHubsan好きな人には実にありがたいカテゴリ分けですね。ですがハウスブランドであるGoolRCについてのカテゴリは用意されていなかったんです。GoolRCカテゴリを用意してとお願いしてはありますが、すぐさま反映されるのは、13周年セール真っ只中の今は難しいでしょうね。そこでTipsを。

 検索にて「GoolRC」とか「GoolRC Drone」とかで絞り込めば、GoolRC製品がヒットします。私同様GoolRCが気になってる人は是非検索機能を利用してみてくださいね。

 そんなGoolRCにはT36なる中華フープの素となりそうなモデルがありまして…。
・GoolRC Scorpion T36 2.4G Mini Drone Nano UFO RC Quadcopter - Red
_SY355_
 かなり安かったんでちょいと買ってみました。
 で、皆さんも期待しちゃうネタ、そう
「T36はE010(H36)と互換性があるのか」
 これを検証したかったのです。で、開封してみたら、コントローラーがE010とは異なる形状。ここでがっかりにも
「T36はE010のクローンじゃない」
事が判明しました。しかしですよ?その異なるコントローラーがナニゲにFuriBee F36と同じなんですよ!w

 そこで試してみました。息子にあげたF36(改)を引っ張り出して。

 するとどうでしょう。普通にバインドするではありませんか!
「GoolRC T36はFuriBee F36のクローンだった」
 うーん、そっちっすかぁ。

 でもまぁ、フレームはH36よりもT36(F36)の方が優秀ですし、きっとモーターもF36同様T36もH36よりも上のものだと推測されます。
 しかしいずれにせよ、私はこの手のドローンは室内練習には最適と考えています。値段だった15ドル前後ですし、とりあえずは1台とか2台とか持っておいて、暇なときにブーンって遊んでいれば自然に操作のコツも掴めてきますし、操縦訓練にもなります。上達してよりグレードの高い製品に走るもよいですし、中華フープ化しようと思えば、最近では種類も豊富になってお値段もお安くなったフライトコントローラを買って移植すれば良いと思いますし。

 当初はデビデボでバインド出来ないならF36は別に買わなくても良いんじゃない?って思った事もありますが、「素」で飛ばすのも割りと楽しいもんです。何かの買い物のついでに、例えば今回のセールの様に$100以上のお買い物で特典がつく場合の「あともう一歩」にT36をカートに入れるってのも、アリだと思いますよー^^

 変な(失礼)トイクア買うよりも、もうコレで良いんじゃないかと思わせるRTFです。あっ!記事内にクーポンもありますので、ちゃんと読んでくださいね!w
xk-x130t-02
・Original XK X130-T 5.8G FPV 3D/6G Mode Racing Drone with HD Camera 2.4G 4CH Carbon Fiber Frame RTF Mini RC Quadcopter

 130サイズのブラシモーターなFPVレーシングドローンのRTFセットです。

◯オススメどころその1
 Futaba Transmitter Ready製品である。
 外箱にも燦然と記されています!「FTR」!!
ftr-logo

 本製品にはコントローラーも付属していますが、既にFUTABA T10JやT14SGなどS-FHSSプロトコル対応なプロポをお持ちであれば、リンクさせる事でバインド可能となります。FUTABA製プロポでより精密でハイレスポンスなコントロールが実現します。ちなみに付属プロポはXK X100と同じもの。

◯オススメどころその2
 勿論U199。そしてパワフルなモーター。
 製品の重さは58g。それでいてバッテリーは3.7V 700mAhとこの大きさのトイクアレーサーにしては大容量です。しかし飛ばしてみて重たいという感じは無く、実にパワフルに飛んでくれました。
IMG_5264
 ちょっと今手元に大きさを測るものが無いので申し訳ないところですが、搭載モーターが10mmφあるように思います。これがX130-Tの飛びっぷりの秘密なのかも!?

◯オススメどころその3
 RTFで1万円しない。
 私が初めてのドローンはJJRC H8C。アマゾンで買ったんですけど、今はその値段でレーサーが買えるワケです。勿論別途FPVゴーグルは必要ですけど、純粋に飛ばす楽しみ方をしたい人には「もうコレで充分」と思える安定感とパフォーマンスです。

 「もうちょっと安くならないのか?」
ですと!?w

 はい、なりました!クーポンコードを教えていただきまして、「VV7856」を入力する事でさらに$8が値引きされます。このクーポンの有効期限は8/31。まだ余裕はありますが、今月はRCフェアで既に特価販売中のところでのさらなる値引き。多分買うなら今でしょう!

 ではサクッとレビュー動画です。



 久々にFPVしました。このところドタバタしていて、それでいて飛ばすっちゃMavicProでの空撮ばかりでした。風に煽られながらでしたが特に持っていかれるほどでもなく。いや、X130パワーあるんで抗えた感じでした。で、ゴーグル越しに観る景色は、「ああ、やっぱ面白いわー」ですね。

 私は相変わらずのヘタレ飛行で、Acroはてんでダメですし、多分今回くらいの風がある環境ではフープくぐったりとかもやばいんじゃないでしょうか。ただ広場を行ったり来たりしているだけかも知れませんが、なんというか鳥になった気分で空中散歩する感覚は、やっぱ良いです。

 最近さらにお安くなったトイクアの、高度維持やWi-Fi FPVというのもそれはそれで面白いところもあるんですけど、バラツキが否めない個体差による邪魔な高度維持機能や、遅延やフリーズで完全FPVはとうてい無理なWi-Fiの事を考えると、やっぱりもうひと頑張りしてX130のような設定不要でいきなり飛ばせて、あとは自身のコントロールありきなドローンのほうが面白いと思える要素はあると思います。

 TinyWhoopも良いですが、もうワンランク上のパワーが欲しい方はX130、凄く合うと思いますよ。屋内飛行時は是非プロペラガードを付けて。

 つまり、どういう事だってばよ!
22

 GerarBestが新たな日本向けのセール展開をはじめましたとの連絡を頂きました。

http://www.gearbest.com/promotion--special-810.html?wxr

 フラッシュセールよりもさらに安くなるクーポンを掲載していくそうです。
 今回は駆け出し(?)という事でスマホを中心に最安値製品をあつめています。

 日本でも売れ筋となり、特に力を入れている商品を教えていただきました。

3.ASUS ZenFone Zoom ZX551ML 4GB RAM 64GB ROM - 18592円
4.Xiaomi Air 13 ラップトップ - 74254円
5.Xiaomi Mi 掃除ローボード - 33802円

 Xiaomi製品、やっぱり人気なんですね!
 低価格空撮ドローンも既に発売しているXiaomi。同社からもDJI Sparkっぽいの出たら面白そうなんですけどねー。勿論Xiaomiの「売り」である低価格路線で。

 本日紹介したページは長期に渡り毎日更新されるそうです。
 是非毎日チェックしてみてくださいねー。

 RCセール、追加情報です。

23

・DJI Spark Mini RC Selfie Drone - BNF
 国内でもレビュー等がどんどんあがってるDJI Spark。初めてのドローンがコレって人も結構多くなりそうですね。

45
 $588のところ、クーポンコード「TTSPARK1」で$538に。6万円弱といったところでしょうか。
 7/31まで有効です。

・TOVSTO V2 Aegean SEA 5.8G FPV Brushless RC Quadcopter - RTF
 4Kカメラ搭載な低価格空撮ドローン。

53
 似てますけどね、全然別物です。
 $329.99のところ、クーポンコード「TTRM8030」で$299.99に。7/31まで!

 さらにレーサー系のRTFモデルもセール開始です。

・MJX Bugs 6 B6 5.8G FPV High Speed 720P Camera Brushless Racing Drone
 2セルブラシレスレーシングドローンのRTF。MJXはトイクアも空撮機も出していますが、レーシングものにも進出してきましたね。
1497679447993551470
 $129.99のところ、クーポンコード「TT7954」で$119.99に。7/31まで!

・Original XK X130-T 5.8G FPV 3D/6G Mode Racing Drone with HD Camera 2.4G 4CH Carbon Fiber Frame RTF Mini RC Quadcopter
 1セルブラシモーターなトイクアレーサーのRTFモデル。 
download
 こちら$81.99のところ、クーポンコード「TT7856」で$74.99に。7/31まで!
 そしてX130をレビューすべくゲット致しました!届いたばかりなのでまだ箱出しすらしていませんが。
IMG_5142
 おわかり頂けますでしょうか。「FTR」ロゴ付いてます!「Futaba Transmitter Ready」です!つまりFUTABA T10JなどのS-FHSSなプロポでも飛ばせると思われます!

 ホント今日時間と天気が良ければソッコー飛ばしてきたかったんですが…(汗)

 かつてはRollingSpiderフレームにSciskyFCだの積んで頑張って来ましたが、RTFで$100以下ですもんね。無理しないでも良いかもしれませんw ドローン友の会では2セルで組まれる方もおられます。なんか、ちょっとの間で凄い時代になりましたね!あ、勿論両機種U199ですから。

 友の会メンバーの方のところにもTomTopのセールを上手に利用された製品がゾクゾク到着しているようです。
 なかでも私的にウズウズしてしまってるのが、
・VISUO XS809W Upgraded Version XS809HW 2.4G Foldable RC Quadcopter Wifi FPV Selfie Drone - RTF
42

 Wi-Fi FPVなのですが、「Upgrade」されたからなのか、元からなのか、レンズはほんのりワイドレンズ、本体脇にSDカードスロットがあるそうです。つまり、FPVはスマホで、録画や写真はSDカードに記録される(720P?)様です。同機種にて撮影された「写真」を試しにとメッセンジャーで頂きました。
 本人の許可をまだ得ていないので写真そのものは貼り付けられませんが、1024 x 576のjpeg画像(ひょっとしたらメッセンジャー側で解像度落とされているかも知れません)。写りはまずまずです。スマホに記録されるタイプよりは遥かに良いです。というか値段を考えたらかなり魅力的!
 私個人としては高度維持は要らない(「H」が高度維持、「W」がWi-Fi FPVを指しているっぽいですね)ので、「XS809W」が果たしてどんなものかも気になっています。ワイドレンズなのか、SDカードに記録されるのかが。

 今のところこのモデルの購入予定は無しです。mixi:ドローン友の会のメンバーの方に、他ショップで同製品を購入された方もいらっしゃるので、知りたい方は友の会に入会するってのも手ですね。

 これからのカメラ付きトイクアが全て広角レンズ採用になりますように…!

JJ365_1
・JJRC H38WH WiFi FPV 2MP 広角HDカメラ 付き 高度ホールド リムーバブルアーム RC クアッドコプター RTF 2.4GHz
 どうして「COMBO X」という名前なのかは不明w
サイズ:34 x 34 x 10.5 cm
重量:168g ←U199でOK? 下の写真はプロペラガード込みで170.5gという意味でしょうか。

JJ365_8
バッテリー:7.4V 400mAh
カメラ:2MP 広角120°レンズ
主な機能:高度維持、ヘッドレスモード、ワンキーリターン、3Dフリップ&ロール
カラー:ブルーのみ

 デザインが…やっぱりイマドキのドローンはMavicさんなのでしょうか。あ、H38はアームがたためないみたいです。
201705231625566501
 よくよく考えてみたら、カメラが本体に内蔵されているのですから、スキッド要らないんじゃね?
 しかし色といい、カタチといい、なかなか私好みです。これからのシーズン、屋外で楽しめる機会も多くなります。7.4Vなのでパワーにも期待したいところ。そこそこの風でも飛ばせるようであればH36かなり楽しめそうです。

 映画とのタイアップドローン!?

FP115_6
・FLYPRO Cuttlefish WIFI FPV 720P カメラオプティカルフローポジショニングRCクアドコプタースマートフォンによる制御バージョン3

 FLYPROと言えばSureHobby。ハウスブランドなのでしょうね。で、このドローン、中国本土にて8月公開の映画、「心理罪」にも登場する…らしいです。
30

 中国映画事情は全くわからなくなってる私。サクッとしらべると同タイトルのドラマがあったようで、それの劇場版なのでしょうかね。
 で、このドローン(多分名前は”Catalfish”:烏賊(イカ))がその劇中で登場するみたい。

 基本的には昨今登場しているセルフィートイクア。Wi-Fi FPVでアプリのみによる操作と、気圧センサーによる高度維持。
 ですがこのイカちゃんは期待したい新機能がさらに備わっているようです。
オプティカルフロー
26

 書いてある解説が全く意味不明過ぎて憶測の連続ですが、ひょっとしたらParrot mini Droneのように、下方にカメラが搭載されていてその映像を解析し、ズレによって生じた差を移動によって補正するヤツでしょうか。DJIで言えば「ビジョンセンサー」。これがもし備わっていたら室内ビタホバにかなり魅力を感じる事ができると思われます。勿論Wi-Fi FPVのカメラは機体正面に別途搭載。未だにムービー撮影機能を持たないParrot mini Droneよりも(カタチはともかく)飛行性能的にも、用途にも大きく水をあける事になるかも。
 さらにそこいらのセルフィートイクアと大きく異る機能が、このCatalfishには搭載されているみたいです。これも憶測なのですが、機体にはまるで仮面ライダーの目の様な大きな丸が。これ、Bluetoothスピーカーらしいんです。

 つまりこのドローン、スマホとリンクさせた上で、Bluetoothスピーカーによってスマホの音を再生させる事も可能なのではないかと。プロペラが醸し出す飛行音が妨げになるかも知れませんが、飛ばしながらiTunesMusicを再生なんていうちょいとシャレオツな飛ばし方も味わえる可能性があります。
 Music Libraryに「ドローンが参ります。ご注意ください」などのボイスメモを登録し、飛ばしながらそれらを再生すれば、あたかもドローンが喋っているかのような近未来的演出も夢じゃないかも!?

 あくまでも憶測だらけですが、一応問い合わせてみますw

6/21更新:返答きました!
 オプティカルフローはParrot mini Droneのものと同様だそうです。室内ビタホバ決定!
 「目」っぽい部分はまさにBluetoothスピーカー、なのですが、こちらについては、先に搭載されないバージョンが出るらしく、売れ行き次第ではスピーカー搭載バージョンは出ないかも知れません。いやいや出してくださいよw

 写真みるとそこそこ大きいみたいですが、1枚だけ実物写真がありますね。ふむ。手のひらサイズ(これくらいが嬉しい)。

59

 次々リリースされるトイクアも、最近では個人的にはあまり嬉しくない高度維持機能や、スマホのみのコントロールものが続いていますが、オプティカルフローでホバリングが安定するのであれば、ここでやっとそれぞれの相乗効果が得られるのではないかと思います。
 現時点では先行予約受け付け中で、お値段も¥17,232とトイクアの中でもかなり上の価格ですが、こういうユニークな視点はこれからも忘れてほしくないですね。

 もうすぐ夏ですね!いや、まだ梅雨入り宣言もされてない!?

680_400
 私の住む能登では、「赤土スイカ」「能登スイカ」と色々呼び名はあるようですが、兎に角夏はスイカです。ウチも結構知り合いから頂いたり、仕事の一服の時に振る舞われたりしますので、多分他の地域の方よりもスイカを食べる機会は多いのではないでしょうか。
 スイカって、お上品に食べるのは難しいですよね。殆どが水で出来ている食べ物だからまずかぶりついて汁がこぼれますし、モノがデカイから切り分けるのも大変。
 まだ今年はスイカにありつけていませんが、今日ちょっとした会話からスイカの話題になって、以前観たムービーを思い出しました。

 これは使える!(多分)
 というわけで人柱行きます!行かせて頂きます!w
・zanmini Melon Slicer - WHITE
 特にセール品でもなくお値段3千円強なわけですが、今年の夏もきっと鬼のようにスイカを切る、そして食べる日々が続くでしょうから即原価償却する事でしょう多分w
1487143590560794843

 動画をみると、なにもスイカじゃなくても色々切り分けていますし、年間通して使えるともいえますね。でも玉ねぎは包丁で切った方が早いと思うよ。

 一応食洗機にも対応。

名称未設定
 写真みると結構大きめなスイカでもイケそうですが果たして…。

 というわけで届きましたらレビューしたいと思います。
 YouTubeでも既にご使用になられている動画が他にもございます。夏に間に合わせるために私のレビューを待たずして買っておくというのも良いですね^^

 では、乞うご期待!w