JIZOMAEのブログ

空撮ドローン、レーシングドローン、トイクアを始め、ガジェットやゲームなど自分の興味ある事についてのブログです。 ブログタイトルがデフォルト(ユーザー名+のブログ)にしているのは、あくまでもこのブログは私じぞまえの個人趣味的なブログであって、「Droneなにがし」のような、業界に貢献しようとかそういう意図は無いものですのでご了解ください。 こんな薄っぺらい内容のブログですが、私「じぞまえ」と「JIZOMAEのブログ」に関する内容及びJIZOMAE - YouTubeチャンネルの動画は、「2ちゃんねる」と「ニコニコ動画」への転載等(リンクなどを貼る行為、固有名詞等を伏せ字を用いて表現する行為を含む)を一切禁止します。ご注意ください。ただし、TwitterやFaceBook、はてなブックマークでのシェアは問題ありません。

 レビューが滞ってる製品を、とりあえずちょこっとだけ紹介して「間をつなぐ」新コーナー(!?)
IMG_8070
・Eachine QX65 with 5.8G 48CH 700TVL Camera F3 Built-in OSD 65mm Micro FPV Racing Drone Quadcopter
5e3fa852-6177-422d-9d9d-afbe143984ca
 届いてます。で、なんでレビュー動画が公開できないかと申しますと、

 私、すっかり7mmモーターに慣れてしまって綺麗に飛ばせないでいる!

 それだけです><
 ホントごめんなさい><

 でですね、私の中華フープ環境と、QX65との違いを。
◯モーターが6mm
 普段E011ベースやB03ベースな、つまりはBayangプロトコルをまったくファーム弄くらず、6軸で飛ばしている私。7mmモーターって重たい分、多少のスロットルワークのヘボさもカバーできたりしているんですが、6mmは、QX65はそれがシビアになるんですね。勿論慣れというのも大きいのですが、いつもの、もうコースレイアウトだって頭に入っているはずの「のと古民家ステージ」がクリア出来ないんです。情けない><

◯バッテリーがスティックタイプ
 E011ベースなのばかりなので、バッテリーの予備はコレなんですよ。慣れるにはとにかく飛ばしまくらなければならないので。ですがスティックタイプのバッテリーは、今回QX65に付属してきたの1個だけ。充電器も1口。1回飛ばして「だーっ!失敗したー!」ってなって次に飛ばすのに数十分待機。うう、慣れるわけない><
 以前紹介したGoolRCの中華フープは、6mmでしたが付属バッテリーのプラグサイズが違っていただけなので、そこを交換してしまいましたが、QX65はフレームそのものがスティックタイプ用になっていまして、まさかいきなりバッテリーボックスを切り取って輪ゴムにするとかはマズいかなと。

 ですのでバッテリー買い足してみました><
 ああっ…銭失い…orz
・5PCS GAONENG 3.7V 250mAh 1S 30C/60C Lipo Battery for Blade Nano QX CPX and Tiny Whoop
download
 5個ですよ5個!もちろん送料が別に加算されるので、さらにお金がかかってしまいました。泣ける。

 充電もなんか考えておいた方が良いかなとも思って、
・6 In 1 3.7V 1S Lipo LiHv Battery Charger Board For Inductrix 3.7V KINGKONG Tiny 6 Eachine QX65 E010 E011 E013
1e778659-d7d6-4afb-aedf-af3004bf34cb
 パワーサプライがリポバッテリーとAC/DCアダプタ経由でいけそうなのが買いのポイントです。
 USBも吐き出すので色々使えるんじゃないかと。これ1枚でもともと持ってる中華フープ用バッテリも充電出来ますし。

 DC Inに必要なボルト数が謎ですけど、まぁなんとかなるでしょw
 今も色々役立ってるコレが使えれば、また買い足します。

 使えなくてボード焼いたりして…。

 さて本体の話に戻りますが、私が頼んだのは「Frsky」だったと思うのですが、届いたのはFlyskyでした。いずれにせよT8SGで飛ばす気で居たので。

 例によって基板上にリンクボタンを押しながらUSBで電源供給。黄色と白のLEDが細かく点滅します。そのタイミングでT8SGのモデルデータ「AFHDS 2A」を選んで「BIND」をポチッ。本体とプロポを起動しなおせばOKでした。Flyskyプロトコルを選んでもバインドしないので注意ですね。英語マニュアル(ペラ紙)がついてくるのでしっかり読んでいれば大丈夫(しっかり読んでなかったおっさんここに1名)。

 有り難い事に、QX65のキャノピーって後ろがあちこちあいていまして、皆さんが持ってるであろう「何かのオマケで付いて来るドライバー」で、キャノピー外さなくてもリンクボタンが押せます。FPVチャンネルも同様で、ドライバーでボタンを押して切り替えられました。例によってボタンは1個で長押しでバンド、短押しでチャンネルってやつです。
IMG_8071
 写真暗ぼったくてごめんなさい。そんな環境で飛ばしては唸ってましたw

 あと、わかりますでしょうか。カメラは左右のネジを緩めることでチルト可能です。お好みの角度に持っていけるところは「地味にスゲー!」って思いました。

 聞くところによると、Becoreなどの基盤って、振動によって暴走し易いらしいですね。QX65は対策なのか、基盤とフレームの間にダンパーが入ってます。なのでキャノピーがフレームに密着しておらず、少し浮いた感じに収まっており、「あれ?これでいいの?」って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、「これが良いんです!」って事ですね。
 OSDがついているのに重さはたった26g(付属バッテリー込み)。普段30gオーバーな7mm飛ばしてる私には手応えが違いました。多分慣れれば今度は「7mm重てー!」ってなるんでしょうねw

 というわけで現時点でこんなところです。
 飛んでるところも是非期待していただければ嬉しいです。ちゃんと飛ばせるようになるよう祈っててください><

 正直、こういうのに最も強いかも知れないですねBanggoodは。
Eachine-E011-Opiniones-Español
 実はBanggoodにはJJRC H67は無いんです。ですので、E011が「素」となる事に。
・Eachine E011 Mini 2.4G Headless Mode With 60000RPM 716 Coreless Motor Toy Brick RC Drone Quadcopter

 うわぁ…さすがは先行して販売されていた製品だけに、価格も今最も安かったりします?

 こちらも実はRTFで買ったほうが安くあがるので、各パーツは割愛ですw
 ですが、バッテリーだけは別物。3.7V 260mAh 45Cが存在します。通称『黒ラベル』。
・6PCS Eachine E010 E010C E011 E011C E013 3.7V 260MAH 45C LIPO Battery Charger Sets
download
 明らかに飛びが変わって来ますよね。


 で、やはりカメラ。
・5.8G 40CH 1000TVL 1/3 CMOS Camera For Eachine E013 RC Quadcopter Spare Parts
jpeg_640x640
 わーもう在庫切れした!?
 1000TVLってどれくらい綺麗なんでしょうね。3g。40Chあるのでまぁ大抵は大丈夫でしょう。アンテナが突き出ているカタチは好みが別れるところでしょうか(フープ抜ける時引っかかるw)。

・Eachine Fatbee FB90 Micro Racing Quadcopter Spare Parts 5.8g 25MW 48CH VTX 520TVL CMOS 1/4 Camera
4a774736-e010-47bf-9231-5b8e5e9cd76f
 ちょっとぉ…これも売り切れ!?
 アンテナが後ろに生えているのでゲートくぐりに有利です。ボタンが2つありますが、フロント側はカメラの天地を切り替えたり、NTSC/PALを切り替えたりします。ロープロファイル(中華フープでカメラをフロントにつけちゃうタイプをそう呼んだりし始めてます)でアンテナ下側(天地逆)なんてレイアウトにもイケそうですね。こちら48ch。520TVLって私が普段つかってる700TVLよりも数値的には低いんですが、映りとかどうなんでしょうね。

・Eachine TX01S NTSC 5.8G 40CH 25MW VTX 600TVL 1/3 Cmos FPV Camera for Eachine E010 E010S Tiny Whoop
download
 売り切れじゃん!だれかカメラ買い占めよった!?w
 こちらセパレートタイプなので融通効いて嬉しいんですが、カメラからVTxまでの配線が長すぎで、しかも根本それぞれがボンドされているから、短く付け直すのがリスキーなんです。カメラをキャノピーにセットするのに苦戦してたら線をクニクニさせちゃってもげたりね…。そういったところはマイナスですけど、他は充分納得なスペックです。私はコレ、ロープロタイプで使ってます。VTxをFC基盤の下(H67でいうと、スピーカーがあった場所)に基盤と絶縁するためのテープ貼って入れてます。アンテナが微妙な長さでFC基盤の下に生える電源ソケットを交わすのがキツイです。チャンネル切り替えはバッテリーボックスにバッテリー入れずに下からドライバーなどでポチポチ。
 40ch 600TVLです。


 しかしカメラ全滅ですね…orz 他のショップ行けってか!まぁ多分ですけど、春節中の発注を捌いてみたら売り切れちゃった的な感じだと思います。なあに、すぐにまた入りますよw


 BanggoodにはEachineがある!そしてEachineにはキャノピーがある!(ここ重要w)
・Camera Protection Cap For Eachine E010 E010C E010S RC Quadcopter Spare Parts
2305648e-506d-4bd8-9a3d-a07024f5c990
 子供ウケ間違い無しなタコっぽいキャノピー。色違いもあります。黒なんて往年のアニメに出ていた記憶がありますw こういうのってどのカメラでも入ってくれるのかが正直心配ですが、「合わなきゃ削れ」ってスタンスなのかも知れませんね。

・Eachine QX65 RC Quadcopter Spare Parts Camera Canopy
1517908493_23
 新型機Eachine QX65のキャノピー。なかなかのずんぐりむっくり感が私好みかも知れないですw

・Eachine E013 RC Quadcopter Spares Parts Body Camera Cover Canopy
s-l300
 バキュームフォームなヤツ。うーん。や、カッコイイと思いますよ?

・Eachine M80 M80S Micro FPV Racer Drone Quadcopter Spare Parts Body Cover Shell
301bf853-4770-4c91-9b82-a015fb096f80
 これカッコイイと思うんですが、M80という8.5mmモーターなフープのキャノピーですので、7mm(6mm)タイプのフレームに合うのかが不明です。お値段も結構よろしいです。重さが2g(先にあげたバキュームフォームで作ったキャノピーより軽い!?)なのがホントなのかウソなのか。

 そして今ほんのり注目が集まってる「スポンジ」タイプ。
・3Pcs Foam Protective Case Cover for Eachine TX01 TX02 TX03 TX04 TX05 FPV Camera
s-l300
 キャノピーは硬いものという概念を覆す感じがニューウェーブ巻き起こしそうです。「やわらか戦車」みたいな感じでしょうか。あれは指先でつつかれたらそこから腐るのがウリでしたが、こちらはクラッシュしてもカメラ痛まないのがウリですね。


 キャノピーを用意できてもとめるためのネジだって欲しくなるはず。多分ですが、コレで間に合うかと。ネジはBoldclashやTmartでもまとめ売りされてます。いずれにせよ、合わなかったらごめんなさい。
・Eachine QX65 RC Quadcopter Spare Parts Screw Sets
1517907991_23


 フライトコントローラ。
・Eachine E011 RC Quadcopter Spare Parts Receiver Board
1039f714-78e5-48d1-ae67-f000a0e08a7e
 千円切ってるところが魅力なんですよ。それでいてフラッシュしてAcro化することだってできるわけですし。

・Eachine Beecore F3_EVO_Brushed ACRO Flight Control Board For Inductrix Tiny Whoop Eachine E010 E010S
b7d5f4b4-8261-4d19-a18a-602866383f3b
 Beecoreってどうなんでしょう。やっぱ反応とか違ってきます?
 レシーバーはオプションというか、DSM2、Flysky、Frskyから選べるようです。

 FCは他にもありますが、どうしたというのだ売り切れ続出。


 しかしこのシリーズ、どこまで続ける事が出来ますかね(汗)
 他の私が使ってるショップで果たしてBanggood以上の多彩な選択肢があるところは無いかも。
 あれよこれよとするよりも、「コレ!」と決め込んでしまいたいのが正直なところなのですが、次々に登場する新しい製品、飛び込んでくる情報に常に翻弄されている状態です。ま、それが中華フープの面白いところなのかも知れないんですけどね。

 いいのかな。昨日の今日で。
IMG_7975
 昨日に引き続き、今回はGearBestで打線を組んでみましたw

 まずは「素」。
・JJRC H67 Flying Santa Claus RC Quadcopter - RTF - WHITE
サンタ
 この記事執筆時点で2,262円。そう、実はGBの場合、パーツ寄せ集めてつくるより、RTF買ったほうが安くあがりますw ですのでパーツは割愛かな?w



 ただ、バッテリーはセット売りもされてますのでご紹介しますね。
・X6A - C05 3.7V 260mAh 30C Lithium-ion Battery Set - COLORMIX
バッテリー
 1,777円ですけど、PriorityLineじゃないと送付できませんので、別途送料が901円かかります。つまり2,678円、かな? なにせ入手が難しいバッテリー。観念するしかないです。



 続いてはカメラ。オススメはコレですかねー。私もコレ結構つかってます。
・LST - S2 5.8G 800TVL HD Micro CMOS FPV Camera - BLACK
カメラ



 セパレートタイプはコチラ。性能も重さも上記カメラより劣るのが残念。
・BLH8505 600TVL Micro FPV Camera - COLORMIX
カメラ2
 残りわずか><


 キャノピー。あるにはあるのですが、フレームもついてきてしまいますw
・KingKong Tiny 6 65mm Micro Plastic Frame Kit - RED
キャノピー
 KingKongのキャノピーってあちこち開いてるから、例えば横にカメラのチャンネル帰るボタンが付いているものでもなんとかなったりして重宝はするんですけど、デザインが微妙に私の好みでは無かったりします。嫌いじゃないんですけどねー。そうそう、いつもイチオシしているBWhoopのカメラ、B06-05/06ですが、あれっててっぺんがボタンじゃないですか。たまに通電させた時とか、クラッシュして頭から落ちた時とか、不意にチャンネルが変わったりしませんか? 最近は複数で飛ばす事があるので、そうなった都度迷惑掛けてるなーと少し反省中です。横にボタンがあると、割りとそういった「事故」は無いかなと思ったりしてます。


 お次はフライトコントローラですね。
・Lieber SP Racing F3 Brushed Flight Control - BLACKFC1
 受信機が別途必要です。DSMとPPM、S-BUSをサポート。ブザーもつけられます。そして2S対応。7mmモーターの2S対応品って、あるのでしょうか。あったらとんだ化物が作れそうですね!w


・Original KingKong Integrated F3 FC + VTX + Brushed ESC PCB - COLORMIX
FC2
 これは困惑しました。VTxがオンボードされたFCです。ただしCh数が16。ここが悩みどころかも!?
 別途受信機が必要です。DSM2、PPM、S-BUSをサポート。重さは3.2gのようです。先のものと比較して、ブザーが無い事、1Sのみである事、でしょうか。KingKong Tiny 6/7のFCって事ですね。


・FuriBee F3 32-bit Brushed Flight Controller - INTEGRATED WITH DSM2 RECEIVER GREEN
FC3
 GearBestのハウスブランド、FuriBeeのフライトコントローラー。DSM2、Frsky、Flyskyレシーバーを選択できます。そう、SFHSSは無いです。とりわけ他に特出すべきところもありませんが(笑)スタンダードさは大事ですよね。



 受信機も幾つか紹介せねば、ですね。

 Frsky
・FRSKY Pro Receiver for FuriBee GT215mm / GT220mm Drone - COLORMIX 25
Rx1
 1gですよ。たった1g。


 Flysky
・FS - RX2A Pro Receiver Second Generation Agreement - COLORMIX RX2
 そして1g。AFHDSってFlysky、でしたよね?間違ってたらごめんなさい。


DSM2
・FULL SPEED DSMX Nano 2.4GHz receiver Support DSM2 - 1PC WHITE
RX3
 わずか0.6g。というかコレ、はんだ付けできますか!?


 FUTABA(SFHSS)は、ちょっとでかすぎて多分搭載無理です><
 なので割愛。



 こうして羅列したものを組み合わせると、やっぱり結構な額になりますね。GearBestではBNF(RTF)な中華フープのラインナップもさらに登場です。そちらはまた機会があれば紹介したいと思っています。

 中華フープ、楽しんでますか?
IMG_7972
 飛ばしまくってフレームぶっ壊れて買い足すって方も多いかと思います。実は私もでして、フレームパーツと言えばコッk…いやあれは6mmだからやっぱ7mmな私はBGやGBやSHでフレームを買うわけですよ。で、BGもGBも『例の粉袋』で届くのですが、正直最悪。歪んでるならまだしも運送中のトラブルと思われる破損もくらいました。
 ですがSureHobbyは基本ダンボール入りなんですよね。単品で頼んだ事が無いので確信は持てませんけど、大抵ダンボール。お陰様で複数個のフレームはそのまま(お湯で変形直したりする事も無く)使わせて頂いております。

 というわけで、いっそ全部をSureHobbyで作ってみる事は出来るかと思いまして。
 基本的にはJJRC H67をベースにします。
 もち、RTFを買ってコントローラをポイッてのでも良いかと!?w
・JJRC H67 フライング サンタ クロース 6-軸 ジャイロ 360度 ロール RC クアッドコプター RTF 2.4GHz クリスマス プレゼント Xmas ギフト
51336_300
 クリスマスシーズン終わってもこの値段。そうですか人気あるんですか。中華フープ化するにはサンタ人形は勿論、スピーカーも要らないので取っ払いましょう。T8SGなりを持ってる方はコントローラもですね。んー、かなり勿体無いです。

 というわけでフレーム+フライトコントローラ+モーター+プロペラ+バッテリー。
・フレーム JJRC H67 フライング サンタ クロース RC クアッドコプター H67-01
51676_300
 110円というお値段は魅力です。どうせならまとめ買いが良いかと。


・受信機 ボード JJRC H67 フライング サンタ クロース RC クアッドコプター H67-07
51693_300
 千円少々。モーターソケットもありますが、これは好み?無くすと少し軽くは出来ますが、過酷に使ってるとモーターが焼けますから悩みどころです。


・CW CCW モーター JJRC H67 フライング サンタ クロース RC クアッドコプター H67-04 H67-05
51687_300
 CW(時計回り)を2個、CCW(反時計回り)を2個。これで1台分となります。180円×4で720円。個体差があるので予算の許す限り買っておいたほうが良さげ。


・(四個) プロペラ JJRC H67 フライング サンタ クロース RC クアッドコプター H67-03
51683_300
 4枚セットで110円。まあでも「素」を買って予備もついてきているでしょうから、要らないかも知れませんが><

・3.7V 260mAh バッテリー JJRC H67 フライング サンタ クロース RC クアッドコプター H67-06
51691_300
 230円。これはどうだろう。沢山飛ばしたかったら沢山買うべきなのですが、パフォーマンスがすぐ落ちてしまう感じがあるんですよ、JJRCのバッテリ。

 と、ここまでで2200円。送料が悔しいですよね。バッテリーはまとめ買いでもしないと損ですわ。


 さて、お次はカメラですね。
・Turbowing Cyclops 700TVL FPV カメラ 0mW 25mW 200mW 送信機 FPV レーシング ドローン クアッドコプター用
53968_300
 3,090円。AIOタイプでも良いかと思いましたけど、なんか新発売らしいので。ちなみにDVRをカメラ部に仕込んだタイプもありますぜ。


・Turbowing Cyclops 3 DVR HD カメラ と 0mw 25mw 200mw 送信機 FPV レーシング ドローン / Deelta 翼 (DC IN 7V-26V)
53964_300
 気になるのが、DC INに7Vよりとあるんです。ひょっとしたら3.7Vの間違いかも知れませんし、カメラは5V動作なので、VTxにもステップアップレギュレータかます必要があるかも知れません。


 AIOのが良いって人にはコチラでしょうか。
・Turbowing 700TVL FPV カメラ NTSC 5.8G 48CH 25mW 送信機 レーシング ドローン クアッドコプター用
51011_300



 で、問題はキャノピー。SureHobbyには「B06-05/06みたいなカメラ付きキャノピーの開発お願いします!」って伝えているのですが、まだ無いみたいで…。
 輪ゴムとかホットボンドとか、私的にはちょっと微妙なんですよねー。やっぱ見た感じで「完成品」っぽくしたいですよ。

 そしてコントローラはJumper T8SGであればBayangプロトコル出来ますのでOKとなるわけですが、FUTABAとかFrskyとか、やりたい人もいるでしょうし、PID弄ってさらに自分好みというかAcroしたい人(H67もファーム書き換えでAcro化出来ますが)も居ますでしょうから、最新の中華フープ用FCも紹介させて頂きます。

 まずはOSD搭載タイプ。受信機別です。
・F3 WHOOP PRO F3 AIO ブラシ フライト コントローラー OSD 互換性 Inductrix E010 E010S RC ドローン用
HR5777_1
 先に紹介したカメラとVTxが別になっているカメラを使えば、OSD出来るタイプです。カメラからのVideoをFC基盤のVideo Inにつなぎ、FC基盤のVideo OutをVTxに繋げばOK、なはず。
 あとはBeta Flightでセッティングすれば、中華フープでもOSDなイカした映像をゲットできる寸法です。
 受信機別なので、FUTABAでもFrskyでも、Flyskyでも該当箇所(PPM接続かSBUS接続かでセッティングが変わりますので注意)に繋げばOK、なはず。
 重さ2.5gが吉とでるか凶と出るか。

 ちなみに私は「んー別にOSD無くても良いかなー」な人ですw
 でも、バッテリー残量やフライトタイムが画面に出てくれていれば、結構有り難いですね。姿勢を表すやつは邪魔に感じる今日此の頃です。


 まだまだこだわれば結構なお値段に達してしまうのがちと悲しいですよね。最近じゃ8.5mmモーター搭載なタイプも出始め、ますます多彩になってきています。
 お陰様でまだFC搭載部とキャノピー搭載部は互換性が保たれており、6mm、7mm、8.5mmモーターそれぞれで飛びの個性も出てくるようになりました。私はやっぱ7mmが好きかなー。

 あとはホント、個性を際立たせる(?)ためにキャノピーですよ。バキュームフォームで自作するも良しですし、他ショップであるやつを加工して作るも良しですが、ぴゃぴゃっと取り付けてしまえる一体型欲しいです。たのんますよ!SureHobbyさん!><

 航空法規制対象外ですよ〜
revell-c-me-4

・C-me Cme WiFi FPV Selfie Drone With 1080P HD Camera GPS Altitude Hold Mode Foldable RC Quadcopter
 Banggoodも一押しみたいですよ。

 めっちゃ安定!もう勝手に右往左往して、それを扱いにくいスマホで制御してなんてイライラもなくなるかも!
 飛行時間10分。
 1080P 30fps。
 GPS搭載。多分高度維持機能も搭載。室内で有効となるオプティカルフローも搭載。
28
 下にもカメラ付いているの、わかりますかねー?

 あくまでもセルフィードローンですので、ビュンスカ飛ばして楽しむのでは無く、ちょっと飛ばして写真なり動画なりを撮って楽しむタイプです。競合製品としては、Dobbyがあげられると思います。あちらもGPS、オプティカルフロー、200g以下です。Dobbyのカメラは4Kですが、動画は…。
 リモート距離もWi-Fiオペレーティング故の20m。自撮りするぶんにはこれはさしたる問題では無い?
 圧倒的にC-Meが勝利するのは、そのお値段!
 販売予定価格は100ドル切っちゃってます!

 多分モーターをブラシレスではなくブラシモーターを採用した事が軽量化とコスト削減に貢献したのではと思われます。果たして屋外でのパフォーマンスはいかほどのものかが気になりますね。

 公式サイト
・C-me
http://cmecamera.com/
 こちらによると、360°パノラマ動画撮影機能はあるのがわかる(あれね、Telloとかでもある)のですが、フォローミーなどのアクティブトラッキング機能については一切記載されておりません。ホント単純にビタホバしながら自撮りする事に特化しているんだと思われます。ゆえのアンダー199、アンダー100ドルなんだと納得しましょうよw


 ここにきて、「使い物になる」セルフィードローンを紹介しました。私の住む能登は日本海側の観光地でもあります。それはそれはナイスな景勝地多数!
 昨年は観光客と思われる方が、Dobbyでセルフィー撮影しようとしている姿を見かけたりしましたが、いよいよ観光シーズン到来(実は能登は冬のほうが、美味いもん食べられるんで、オススメなんですが)。今年はどれくらいセルフィードローンでパシャリしている光景をお見かけすることが出来るでしょうか^^

 こういうのでも「ドローン操縦士()」とか「ソウジュウケイケンガー」とか?そろそろ棲み分けするとか、なんか考えないとドローン鎖国日本が目に見えてますね><
skydio-product-go-hands-free@2x

公式PV。もうコレで良いんじゃないかってレベルですね!


 公式Getting Startedムービーはこちら。正直、マニュアルをサクッと読んでしまえばもう誰でも扱えるというコンセプトが素敵過ぎて鼻水が出ます!w

 もう「操縦する」という概念ではなく、「ぽいって放ればええねや!」なんですね。「ノーズインサークルガー」や「タイメンヒコウガー」、「ハチノジヒコウガー」も意味を成してません。障害物をどこぞのドローンよりもさらに高密度に解析し、避けながらも追いかけてきます。某テレビ番組で鬼ごっこしてたりしますが、まさにそのレベル以上の追いかけっぷりと言えますでしょうか。

Testedのハンズオンはこちら。林の木々を避けながらもぐいぐい追いかけてる様子が確認できますね。


 Skydio R1は絶賛発売中。公式サイトから購入可能です。
・Skydio
https://www.skydio.com/

 お値段は「そりゃそうだろうよ!」な$2,499.00。

 12ものナビゲーションカメラ、センシングをAIで行なうハイパワーCPU、高精度トラッキング処理、スタビライズカメラ搭載ですもの。
 あ、カメラ性能は150°FOV、4K 30fps、1080P 60fps。64Gメモリ内蔵で4K撮影で1.5時間ぶんの映像記録が可能です。文句なし!

 しかしこういうセルフィードローン、ただ車で走ったりしているところを撮影してもなんにも面白くないですよね。どうせならスノボしているところとか、ハーフパイプで1440キメてるところとか、撮りたいですよねー。私には5回くらい生まれ変わらないと無理だぁ…。

 飛行時間10分。
AAA1

 このところのドローンは、セルフィーに特化したものが続々でています。
 私はあまりセルフィーしないのですが、フィールドで活躍する人にはニーズあるんでしょうね。

・levetop T1
AAA2

 仕様は
飛行時間20分。
1080PCMOSスタビライズカメラ。
フォールダブル。
GPSとビジョンポジショニングによるオートトラッキング。
と、セルフィーを行なうにあたり欲しい機能の基本はおさえている様です。ですが衝突回避に関する記載は見当たらないのでそこが留意しておくところですね。
 重さも300gあるので、航空法規制対象となります。

 操作はスマホのみ。セルフィーだからそれで良いんでしょう。


 値段等の情報が無いので、これは買いなのかも判断出来ないところですが、スマホによるオペレーティングによってオートトラッキングがお手軽に出来るようになり、今後もセルフィードローンが次々にリリースされると予想されます。セルフィー機能が充実したドローンで、DJI以外からのスタートアップ製品が、私が調べただけで他にも数種出てきます。「今年はセルフィードローン元年」って言い出すバカが出ると思えるくらいw

公式サイトと思われるサイトはこちら
・levetop
http://www.levetop.com/

 私的に最低限セルフィードローンとして必要な機能というのは、

・アプリ制御によるオートトラッキング
・自立飛行
・願わくば200g以下
・願わくばスタビライズなカメラ

なわけですが、その程度の差(例えば「自立飛行+障害物回避」があるなしなど)はあるでしょうけど、それらの要件を満たすモデルがいくつか名乗りをあげてきました。

 ちょっとプライベートドタバタしていてまたもやブログ更新滞ってますが、ぼちぼちとご紹介してまいりたいと思っていますのでヌルくチェックしていただければと思います。ごめんなさい><

 これで敷居はさらに低くなりましたかね?

BBV2
 なんと、OSDもSFHSS受信機もオンボード化してとことん軽さに貢献したフライトコントローラボードが、ep-modelsから発売されました!

・BEE BRAIN V2 Flight Controller with SFHSS+OSD ep-ver
 ちょっと気になるのが、デフォルトでついているPH1.25をPH2.0に変更を推奨とあります。
 私は中華フープではEachineの3.7V 260mAh 45C 黒ラベルを使っていまして、そろそろバッテリーを買い足そうかと思っていたところ、春節の影響か日本への発送が『また』出来なくなっています。
 そう言えば正月の交流会では多くの方がPH1.25なスティック型の電池使ってたなと、先日の練習会でもスティック型への移行を考えている方も居ましたし、私もマカレロ的に移行していこうかと思ってた矢先に、『PH2.0変更推奨』ですか!www
 導入方法も割りとかんt…ズラッと横並びな半田ゾーン><
 RGな私には厳しいかも知れませんな!
BBV2_02
 まあカメラからの3種の線、VTxへの3種の線の計6本ですから集中すればなんとか!?
 折角軽さに貢献したFCボードなのですから、カメラもVTxも軽いのが良いですね。

 あれですかね。こういう場合は、Eachine TX01Sのプラグ部をちょん切ってはんだ付けですかね。
・Eachine TX01S NTSC 5.8G 40CH 25MW VTX 600TVL 1/3 Cmos FPV Camera for Eachine E010 E010S Tiny Whoop
ae3a67ce-922b-4fa4-9626-2ae7a8d5bfaa


 JDRAとかなんとかでは、モーターは6mm、重さは30g未満(以下?)という制限があるそうです。あ、のと古民家ステージはそういうの無いですからw
 私の考え的にはマリオカートでマリオが乗るバランスの取れたマシンもあれば、クッパが乗るやたら重いけど速度のったら凄いのとか、そういう個体差はかえって面白いんじゃないかと。コースだって、固定化するのではなく、今全国にステージが用意されつつあるんですし、ステージごとに向き不向きがあったりする方が面白いって思うんです。間違ってるかな?

 『公式レース』出場を視野に入れたい方はモーターは6mm、フレームはコックローチあたりがよろしいかと…ってそうなるとPH1.25?矛盾してますねー。

 JJRC H36フレームで6mm+PH2.0なEachine 3.7V 150mAh 45Cあたりですかね。

 既に多くの方がFUTABA T10Jとかは持ってるのでしょうけど、「これから」な人のために、低予算でもSFHSSなプロポがある事をちょいとご紹介です。

 6chでS-FHSSで今7千円弱?セールとかで5千円くらいだった気が…。
 落とし穴はこれ、モード1です。
 FUTABAご謹製の6chなプロポでも1.5万円はするので、半額で同じスペックと考えれば、お値打ちなんでしょうかね。
 最近ではおもちゃ屋さんで売ってるトイクアもモード2でお安く売られている時代なんで、そろそろ古株さん連中もモード2移行を考えたほうが良いと思いますけどねー。
 
 さて、話もどしましてBEE BRAIN V2、お値段はサンタフープ2台分な高級仕様ですが、これも法のため軽さのため致し方ないところなのかも知れません。ただ、これを用いる事で「ドローン脳」なおじさまから「それ、技適通してますか?」とかつっこまれても「は?あんたばかぁ?」でねじ伏せられるのはプライスレスですね^^

 転んでもただでは起きないかわりにまた転ぶ私です。
IMG_7976
 前の記事でおわかりのように、開封1分で見事ぶっ壊してしまったHubsan X4 H107C。

 折角ですし、転んでもただでは起きないのを知らしめるべく(誰にだ!)、トイクアレーサーにしたてあげる事にしました。
 宝箱をガサゴソしてたら出てきました往年の名フレーム!
・KingKong Q100 100mm DIY Plastic Frame Kit - YELLOW
Kingkong-q100-100-diy-fpv-rc-quadcopter-8520
※もう在庫は黄色しか無いみたいです><

 こいつに移植してやろうじゃないかと!

 本体を分解開始ぃぃぃぃ!
IMG_8023
 ややこしいのが、基盤の下側にモーター等がはんだ付けされているんですよね、Hubsan。しかもびっくりなのが、LEDのプラス配線がモーターのプラスにはんだ付けされていました。というか最初から基盤汚したはんだ付けとか。もともと「はずれ」だったみたいですハイ。
 違うブランドの工場での組み立て風景の写真を、以前見たことがありますが、並んだ机でうら若き女子集団が半田ごて片手にちまちまやってんですよ。多分バイト。そりゃ個人差だってあるってもんです。ロボットアームでピチコンピチコンやってるのとはワケが違うw

 最初うっかり基盤を裏表反対につけてしまって、テストフライトしようとしたらやたら機体がひっくり返って一人爆笑してました。

 基盤を持ち上げつつ半田するってのは、非常に難しいですね。しかもオリジナルのモーターケーブルは短すぎて線を延長しなければなりませんでした(これが失敗の原因か!?)。

 FCを本体内に、オリジナルの720Pカメラをフレームの底に、FCの上にFPVカメラ、という構成。
・Eachine TX01S NTSC 5.8G 40CH 25MW VTX 600TVL 1/3 Cmos FPV Camera for Eachine E010 E010S Tiny Whoop
ae3a67ce-922b-4fa4-9626-2ae7a8d5bfaa

 しょうもないミスを連発するもカタチになりました!
IMG_8024
 自分で言うのもアレですがかっけー!w
 トイクアレーサーの醍醐味はなんといってもデッドヒート。追尾された際後方の映像にテールランプが輝いている方が俄然インスタ映えするので、LEDは後部に集中させました。
IMG_8025
 そしていざテストフライト!

 …浮かない。

 モーターギャンギャンまわってますけど、浮きません。どうやら重たかったみたいですw
 Hubsanのモーターって弱かったんでしたっけ?

 まあ、まだ春まで日はあります。今後もぼちぼちと考えてみようと思います。
(私の中では中華フープのFCでどうよなんて考えてしまっていたり…w)

 多分、私の中で一つの伝説が生まれたと思います。

_SL1500_
 ドローン友の会には「新機種情報・お値打ち情報」なるトピックがあります。そりゃもう毎日のようにメンバーの方が「掘り出し物」を紹介していただけています。
 そこで得た情報で、なんと伝説の名機Hubsan X4 H107C (720P)がたった2,000円でセール中と!


47

 うう。もう2千円じゃないみたいですね。あ、別に480Pでも構わない方は、まだ2,000円のがあるみたいです。
 私的に残念だったのが、これ、MODE1なんですよ。並行輸入品なのにMODE1。なるほどそういう意味でセールなのでしょうか(そうじゃないでしょw)。
 まー今更MODE1に戻る気はもうとうございません私ですので、コントローラはとっととポイして、デビデボなりT8SGなりで飛ばせば良いと考えておりましたところ、タイミングよく私の手元にはHubsan最新モデルであるH122Dがあるわけで…!

参考記事:Hubsan H122D サクッとレビュー

 というわけで届きました!大雪で石川・福井への配送受付けを中止しているとかいう話も耳に入ってきてますが、Amazonさんはそんなの無視みたいです。たまたま?w

 マニュアルによりますと、最初に機体とプロポをリンクさせなければならないんですよ。私のH122Dはその作業はせずともバインドしていましたが、もしも購入されて「バインドしない」って方は是非試してみてくださいね。

・本体の電源をON(バッテリーをつなぐ)。水平な場所に置く。
・機体LEDが点滅しバインド待ち状態に。
・H122D付属プロポの電源を、カメラボタン(L1?ボタン)を押しながらON。
・機体のLEDが点灯に変わり、プロポのリンクマーク点滅が点灯に変わったら成功。
・(H107Cの場合はスロットルレバー上下)

 というわけでHubsan H107Cをまず上記のリンク確立作業をしないでバインドできるかやってみたところ、バインドしませんでした。で、一旦両方の電源を切り、上記方法を試したところバインド。

 「さーてこれで飛ばせるぞー」と、古民家ステージで、中華フープの練習に来ていた羽咋ドローンズメンバーの目の前でいざフライト!
 テイク・オフ!

 って何故かそのまま天井にドーン!

 墜落してこの有様。
IMG_7976
 ぼっきりいっちゃいました。

 箱から出してものの1分で終了。もう一同大爆笑wwwww

 まーその場で名機っぷりを堪能できなかったのは残念ではありますが、もともとフレームの弱さには定評のあるHubsanですので、時間をみて「例のアレ」行ってみようと思います。まだまだ北陸は寒波に覆われたりして、とてもアウトドアフライトは厳しいところではありますが、いつかは春が来てまた思いっきり外で遊べるシーズンが来てくれるでしょうから、それまでには!

 中国は春節です。ですがお買い物の受付けはバッチリやってるようですね。
51

・オリジナルのGoolRC Scorpion T36 2.4G 4CH 6軸ジャイロ3DフリップUFO RCクアドコプターRTF無人機1台付きExtra Battery Great Gifts Toys
RM4205R-1-1-07b0-AS6L
 いまだ謎プロトコルなGoolRC T36。「初めて」のドローンは絶対このタイプで練習しまくった方が、私は良いと思います。3.7V150mAhリポバッテリーもありったけ持って。
 販売価格¥2,042でしたが期間限定で¥1,741にて販売中です。今月一杯まで。


・Xbox 360用USB有線コントローラF1302B-4-cf95
 あっちの国ではXboxって人気なのでしょうか。それとも、「GoolRCなので」でしょうか。セールです(困惑)。評価の高いゲームコントローラをも作っちゃうのなら、トイクアのコントローラの精度もさらに力を入れて欲しいところですね。
 販売価格¥2,269のところ、セール価格¥1,134にて発売中です。2/28まで。


・オリジナルXK DHC-2 A600 5CH 2.4Gブラシレスモーター3D6G RC飛行機
RM3852EU-1
 燦然と輝く「FTR」のロゴマーク!フタバトランスミッタレディなラジコン飛行機です!XKにはホント頑張って欲しい。じゃないと私のT10Jがどんどん使われなくなっちゃう…。
 もともと¥22,699だったのが¥7,717と破格処分中。2/28まで。


・MJX B2Wバグ2W Wifi FPV RCクアドコプター
RM8131B-1-2613-ixzd
 Hubsan H501とかの対抗馬って位置付けでしょうか。MJXって技適も通してたりするモデルもあるのですが、私はコレ、持ってないのでその辺りが気になる方は検索かけてみてください。もちろんGPS&高度維持、そして1080P。
 ¥45,399なのが、今なら¥26,671。さらにクーポンコード『RC8131』を適用させて¥19,066になっちゃいます!今月一杯まで。


・オリジナルGoolRC X5C 2.4GHzの4CH 6軸ジャイロ2.0MP HDカメラRCクワッドローターワンキー戻りCFモード360°外転機能付き
RM5099R-01
 いわゆる「Syma X5C」インスパイア製品。最近ではMavicやSparkのぱk…インスパイアトイクアが軒並み出まくってますが、私はそっちよりもこっちの方が正直オススメかも。先程初めてのドローンにT36が良いと言いましたが、屋外で、ちょいと空からの映像をなんてののためにも別途1台有った方が断然楽しめますよね。気になるのは2段階レートであること、でしょうか。もちろんプロトコル不明。プロポの色からついつい「Bayangだったら良いのに…」などと思ってしまいます。
 現在セール中で、¥4,539で販売中ですが、クーポンコード『RC5099』を適用すれば¥3,744になります。今月一杯まで有効です。


・オリジナル Hubsan X4 H107D RC ミニ 5.8G FPV RTF 6軸 システム クアッドコプター  LCD 液晶 トランスミッタ カメラ付き 高画質【並行輸入品】
RM1501-14744433990621
 やばい!トイクアFPVの元祖ですぜ!(ナニゲに私、未だにコレ持ってますw)
 ノーマルレンズである事だけが惜しいマイクロFPVドローン。DVRは本体にではなく、コントローラに。別名バッテリーイーターと呼ばれるこのコントローラ。トイクアでありながらモニターを搭載しているがために実に細かいセッティングが行えます。私はスマホ用ワイドレンズのレンズだけを取り出して本体カメラにボンド付けしてますw
 ¥7,490で絶賛処分中!2/28までです。


・USB接続された多機能バックパックカジュアルデイパック
V3320B-1-37e5-NtZq
 横っちょからUSBケーブルが挿せるちょっとユニークなバッグです。ショルダー部にファスナー開閉な小物入れも搭載。
V3320B-1-37e5-NsVp

 洒落た着こなしが出来ないダサいおっさんな私でも、コレでイケてる感じになれますでしょうか。
 現在¥2,723で販売中ですが、クーポンコード『LXXBK6』にてさらにお安い¥2,042になっちゃいます。3/31まで有効です。


・Insta360 Nano S 4K 20MP 360°VRビデオカメラ
D5255B-1-6ebf-tz0i


 いやぁ、これは欲しいなぁ…。LightningなiPhoneにぶっさして使う360°カメラ。上位機種なのかブンブン振り回したりするタイプも魅力ですが、持ち歩きにかさばらないというか、iPhoneを360°カメラに拡張するというスタンスが魅力なんです。最近懸念されているバッテリーの安全性を保証する(?)PSEマークもついてますので、バッテリー警察対策もバッチリー(うわぁ…)。
 現在¥27,127で販売中なわけですが、クーポンコード『NANOSP』を適用することによって、¥25,992になります。期間は長く3/31まで有効です。

 今回のセール情報は以上です。
 春節中なので発送されるまで7〜20日ほど待たされるようですが、その他色々お値打ちセール中みたいですので、今のうちにツバつけておくというのも良いかも知れませんね。

 Cafagoがイチオシしてくるアイテムって、不思議な所ついてきますね。
sIM587-en_700x374_clearance

Up to 92% discount on clearance sale

 まずはこちら〜
・CT-CID803 Caller ID Box Call Blocker
PA3694-1-4479-8r9X

 家電の電話機に接続することで着信を遮断するアイテムらしいです。
 果たしてこれ、ニーズはあるのでしょうか><
 仮に自分スタンスで考えてみても、着信って基本ケータイにくるので、何かあっても逃げようがないんですよね。んー。
 クーポンコード『L3694PA』で$17.03になります。2/15まで有効です。


・Kingwear KW88 3G WCDMA Smartwatch
P1605W-1-2eb3-kLxI
 フルラウンドスクリーンでクールなスマートウォッチ。Android5.1搭載。3Gに対応。私はApple信者ですけど、腕時計はXiaomiのフィットネスバンドで充分。ですがお値段やかっこよさを考えると、腕時計はAndroidなスマートウォッチでも良いかなーって思うことはあります。
 クーポンコード『L1605P』で$80.36に。2/22まで有効。


・Attop XT-1 WIFI 2.4G 6-axis Gyro FPV 2.0MP Wide-Angle Camera 3D Flip Altitude Hold Foldable RC Quadcopter
RM9312GY-2-4
 もはや出揃った感もある某空撮ドローンのトイ・クローン。オモチャレベルでのスペックは、2MPカメラ、Wi-Fi FPV、3段階飛行レート、157gとまずまず。レンズの写真からの憶測ですけどワイドレンズっぽいですよ。申し訳ないですレビューの予定は無いです><
 クーポンコード『L9312RM』にて$40.63になります。2.22まで有効。


・Ultramini DLP Projector Portable
V2711-1-d243-GBTE
 かなり小型なプロジェクターです。写真のような大画面、果たして出来るのか不安にも思いますが、私が使ってる類似品は、暗い中であれば60インチくらいまでイケてました。回りが明るいと32インチくらい、と考えていた方が良いです。解像度も360Pですので「PCの画面を大きく映したい」という用途には厳しいと思います。そうですね、「レトロゲームやアニメ鑑賞をちょいと大画面で」って使い方ならコレでも良いかと。
 クーポンコード『L2711V』にて$75.59になります。2/24まで有効です。


・Xiaoyi Vehicle Data Recorder Camera
PAV0005-1-6a94-xB4q
 ダッシュカムです。1080P 30FPSとまずまずのスペック。Wi-Fiでスマホとの連動も可能。LCDディスプレイも付いています。果たしてブレ補正っぷりをはじめとする映りっぷりがいかがなものかも気になる所。
 クーポンコード『L05PEU』にて$39.31に。2/24まで有効です。


・SONOFF RF Bridge ITEAD 433MHz Smart Home Automation Module Wifi Wireless Switch
S1728-1-b1f4-Q28C
 Google HomeやAmazon Alexaにも対応したIoTモジュール、とでも言いましょうか。様々なお家の家電品のオン・オフをネット経由で制御できるものです。私には活用例が思いつかないのですが、これからはホームオートメーションが当たり前になっていくのかも知れませんね。
 クーポンコード『L1728S』にて$11.49に。2/24まで有効です。


・Retroflag NESPi Case Applying the Most Iconic Element in the Retro Game World
F1617-1-f013-juKy

 ラズパイをNESのケースにぶち込んだもの。といえばよろしいでしょうか。これで数々のゲームが遊べるハズ、なのですが、あまり深く説明しちゃいけない気がするのでw
 ラズパイですので、ひょっとしたらそれ以上の何かも実現可能にも思えます。
 クーポンコード『L1617F1』にて$16.99に。2/25まで有効です。


・Ugee M708 Draw Digital Graphics Tablet Pad
OS0108-1-1682-zgI4
 デザイナーな方、絵師な方注目のペンタブレット。36センチx21センチという大きさ、これは程よい塩梅なのでしょうか。私もそろそろこういうの使って「クリエイター」らしさを醸し出してみたいところです。ブランド名は「うげー」って読むんでしょうかねー
 クーポンコード『L108OS』にて$42.39に。2/26まで有効です。


・NOMU S10 Pro Outdoor Ragged Tough Phone
PS0020B-EU-1-ba2c-WZgC
 おお、nomuですね!S10は今も重宝しています。私はiPhoneがメインですが、S10はなにせ防水、防塵、耐衝撃性もあり、バッテリーがまるっと1日持ちますんで、外仕事の時とかSIM入れ替えてつかったりしていますよー。
 「Pro」がついてスペックも上がったものと思いますが、ノーマルでも充分なパフォーマンスですから。
 クーポンコード『L020EU』にて$143.39に。2/27まで有効です。


・HOMTOM ZOJI Z6 Tri-proof Smartphone 3G WCDMA Phone
PS0003B-EU-1-1-3700-r2rn


 こちらも防水、防塵、耐衝撃性に特化したスマホですね。Android 6.0搭載。内蔵ストレージは64G。ディスプレイは720Pとちょいと控えめですね。
 クーポンコード『L03BPS』にて$69.99に。やっすっw 2/27まで有効です。


・HOMTOM S16 Fingerprint Mobile Phone 5.5 Inch 18:9 1280*640 Pixels Screen 2GB RAM 16GB ROM
PZ0172W-EU-1-18c9-4Qud
 こちらは指紋認証付きタイプです。こちら世代的には一個新しいAndroid 7.0搭載です。側のデザインというか模様が個性的ですね。私は「ケースに入れる」派ですw
 クーポンコード『L172PZ』にて$66.99に。2/27まで有効です。


・dodocool N300 Signal Booster Support Access Point AP / Repeater
DC39_05
 かなーりコンパクトなWi-Fi 中継器。トイドローン的にいえば、最近ますます人気上昇中のHubsan H216Aは、Wi-Fi 中継器を登録することでさらにリモートの信頼性がアップするとか。普通に家庭内Wi-Fi環境でも「ちょっとここだと電波の入りが悪いな」ってところがあったりしたら、導入してみて損はないと思いますよ。
 クーポンコード『L39EDC』にて$11.99に。2/28まで有効です。


・KKMOON 3" Car DVR
K5255-1-6065-Hbij
 ダッシュカム。KKMoonは先日レビューした防犯カメラと同じブランドです。同社はカメラ系に強いブランドなのかも知れませんね。1080P 24FPS。
 クーポンコード『L5255K』にて$15.99に。2/28まで有効です。


・OnePlus 5T 6.01 inch 18:9 Mobile Phone 6GB RAM 64GB ROM
PZ0192GY-US-64-1-6483-3rgd
 あれですね、Android 7.1.1ベースのOxygen OSを搭載したスマホ。4K動画撮影、指紋認証、USB-C対応と、最新機ならではのスペックをお持ちのようです。
 クーポンコード『L192PZ』にて$465.98に。3/5まで有効です。


 我が家には行き場を失ったプロポがかなりあります…。
IMG_7222
 すでに中華フープをマルチプロトコルなプロポなり、もうBecoreとかのFCでレシーバーをFUTABAなりFrskyなりにして楽しまれている方には、大して有益なネタでは無い事を先にいっておきます。

 7mmモーターな中華フープの素は私の確認しているところでは以下の機体があります。
・Eachine E011

・Redpawz R010

・JJRC H67

・Boldclash B03 Pro

(高度維持付きモデルは割愛しますねー)

 これらは全て「Bayang」プロトコルを採用している、ほぼ同一のFCなんです。R010はモータープラグが無かったり、ROMをフラッシュする際に実は違ってたりとかありますけど、プロトコルはどれもBayang。

 で、それぞれRTFセットで発売されているわけですが、ここで残念なのは
どのコントローラもおっさんの手には小さすぎる
んです。

 私は中華フープを先ず始めたい方にはB03+B06-05というセット、それと予算に応じてのゴーグル、そして最近になってさらに種類も増えそうな感じですけどT8SGを代表とするマルチプロトコルなプロポをオススメしています。

 ドローン本体が3千円弱、カメラも3千円弱。ゴーグルは1万円強。そしてプロポも1万円強ってところですね。総額にして3万円弱。
 この出費で今日から中華フープが堪能できるわけですが、それがキツイって人は少しだけ他よりもコントローラが大きいB03なので、それで我慢(?)して飛ばして腕を磨いてもらってたり。
 もうちょっとしたらT8SGよりも使い心地が良さげなものや、将来性(?)を考慮してプロポはもっと良いものをって考えもありますから、あまり強くオススメが出来ないところなんですが、これが千円とかだったら…。

 というわけでご紹介です!
・BETAFPV TX01 Radio Transmitter (Bayang Protocol)
3_1024x1024@2x
 そのお値段なんとたったの9.99ドル!w
 千円ちょっとですね^^

 どう贔屓目に見てもトイクアのプロポなので操作性はオリジナル品よりもちょっと良い程度なのですが…!?

 っとここで私の薄ら汚れた記憶が呼び覚まされましたよ!!

 このプロポ、見たことある!ってか持ってる!!

・JJRC H98 RC Drone - RTF - GREEN

 これじゃん!
 まさにコレじゃん!w

 というわけで、現在ちゃんと部屋として使えるようにとプラスターボードを80%貼り終えた途中段階(自分で部屋つくってる)の小屋裏へダッシュ!
 無造作に山積みされているドローンやその他ガラクタの箱の山をかき分け見つけ出しました!
IMG_7971
 ちゃんと電池抜いてほったらk…保管してあってよかった!

 ですが、「外見は同じでも中身は別物」なんて事はトイクアにはよくある事。まー駄目だったら駄目で別に…でももし大丈夫だったらこれはかなり貢献しますよ!「これから中華フープの泥沼に踏み込むか」考えている多くのトイクアファンの皆さんに!

 というわけで今回は、全くの別の用事で古民家ステージへ行ったのに、何故か気がついたらスクラップから1台作り上げちゃった上に、無駄にザクっぽい塗装までしてしまってる途中でハッとして手をとめたこの1台にご登場頂きました。
IMG_7962
 とりあえずレシピですね。

フレーム
JJRC H67 スペアパーツ(丁度今話題にもなってますが、フレームはSureHobbyで買うと箱に入れてくれます。他は例のゴミ袋なので潰れるリスク大幅アップです)

モーター
・4x BoldClash CM-03 716 Insane 19000KV Coreless Brushed Motor for BWhoop B03 pro upgrate e011 7mm motor

プロペラ前
・JJRC H36


プロペラ後
・JJRC H67


キャノピー
・G83 Body Shell Chassis Propeller Combo - YELLOW

カメラ
・LST - S2 5.8G 800TVL HD Micro CMOS FPV Camera - BLACK

バッテリー
・5PCS Eachine E010S 3.7V 150mAh 45C Battery RC Quadcopter Spares Parts

 キャノピーはもう発売されてないですし、バッテリーは「また」日本への発送ができなくなっているみたいで…。なんだかなぁもう…!

 気を取り直してドキドキのバインドチェックです。ドローン本体にバッテリーをセットすると、LEDがゆっくり点滅。水平な場所に置いて、いよいよコントローラの電源をオン!
 ここで本体が細かく点滅したのちに点灯すればバインド成功です!

 !!!

 バインドしました!
IMG_7972

 ということでめでたく、エントリーな方へ新たなる組み合わせの提案が出来るようになりました。

 私が所有しているH98は初期ロット品(そうそう!箱がJJRC H5Cだったんでした!)でしたので、まずは私がレビューした当時にH98を買った方であれば、まず間違いなくBayangプロトコルであり、こうして中華フープとのバインドも成功するでしょう。
 で、もう一つ気になるところが…。

 実はこのH98、国内電波認証取得済みみたいです!

 しかもお値段2,600円ときたもんだ!w

 中林商事さんグッジョブ!もしかしたら貴方は革命を起こしたかもしれませんぜ?
 JJRC H98ですが、カメラが0.3Mというところは、賛否が別れるかもしれませんけど、飛びについては実に楽しめるモデルです。この頃からヘッドレスモード+Hモード旋回極振りによるいわゆる「ガメラモード」が楽しめるように。この楽しさは2,600円の価値は十分にあります!w

 カメラについても、ナニゲにプラグ配列がSyma X5Cと同一だった記憶が。つまり互換カメラで2.0M化するも良し、かつての「例のカメラ」でFPVするも良しという事になります。

 そう、プロポを買ったオマケでドローンがついてきても全然お得感があるんです。大きさ的に外飛ばしに向いていると思いますし、晴れて無風な時はこのH98でビュンスカ遊ぶのも良いですよー。

 FPVゴーグル付きはまだ入荷していなかったんですね><

タイトル絵
・Hubsan H122D X4 STORM 5.8G FPV マイクロ レーシング ドローン クアッドコプター 720P カメラ 標準バージョンとFatshark ゴーグルが互換性あり日本語説明書あり
51384_300

 文句なしです。

 文句あるとしたら、FPV伝送、もうちょっとヌルヌルにしてほしかった。
 以上ですw

 もうレビュー動画で全て語ったつもりですw

 「言葉」に変えたおかげで情報量が増えましたよね。自分でも気付いてびっくりしているのは、YouTube画面右下のボタンで、字幕だせるんですよね。ついでに自動翻訳も出来るのかな。以前たまに海外の方から「てめぇの動画の文字を俺らは読めないんだからなんとかしろ!」とおしかりを頂くのですが、これでそこらの問題も同時に解決したかも知れませんね。かなり間違った字幕も出まくるのですが。

 作るのはまだ大変な感じですが、以前より増して好評を頂いたりしているのと、他でギャースカ言ってるドローン脳さんへの反骨精神が私を駆り立ててくれているのでなんとかなってます。

 全然ドローンとは話が違うんですが、自分の事を棚にあげる人って、今のネットの仕組みも手伝ってか、異常に増えてますよね。友人が紹介してくれたペットにアテレコしてる動画で、多くの方がイイネなりコメントなりをしている中に批判コメントが。
 「ぜんぜん面白くない。センスない。」
 だったでしょうか。なんかそんなニュアンスなコメント。

 だったら、彼(彼女?)はどんな動画を公開しているのか、見に行ったんですけど、動画一本もあげてないんですよ。つまり、「批判だけするバカ」ってやつですね。
 いや、もしかしたら別にアカウントを持っていて、そっちで大活躍大爆笑動画を上げ続けている人なのかも知れません。

 なんというか、正々堂々さが、欠けまくってるんですよね、今の世の中。
 横綱に土が付いた事を、相撲をやってない観客が、「どぅおぁらぁぁぁ!」と座布団投げつけるそんな感じ。まぁ相撲については八百長があったりもした歴史もありますが、文句があるならテメェで相撲とって見せろってことです。

 私も以前、どこぞのキチガイ集団サイトから「じぞまえはケツホバしか出来ない下手くそ」とか言われたんです。だったらお前はどんだけ上手いのかをみせてみろとここで言ったのですが、結局見せてもらえてないです。
 ですのであえて言わせて頂きます。

 私、日本一のトイクアフライヤーです。

 とwwwww

 是非われこそはという方は、コメント欄にフライト動画へのリンク等をお願い致します。
 もちろん、私が「参った!降参であります!」となるような動画については、粗品を進呈したいと思います。

 よろしくお願いします。

 能登は「風邪ひいてる場合じゃねー!」って感じですw

jpg_640x640
・Original Xiaomi Mi Home iHealth LED Non Contact Digital Infrared Forehead Thermometer Body Thermometer for Baby Kids Adults Elders
 先に言います、オススメです。正確なしくみはわかりませんが、多分赤外線を拾ってそれで温度を測ってるのでしょう。
 使い方はいたって簡単。こめかみに3cm以内の距離で、本体のボタンを押し続けます。測定されるとブルっとなって体温が表示されます。
16
 今まで我が家は脇にあててピーとかなる体温計を使ってましたけど、たいてい風邪を引いているときって、悪寒がひどいから服を脱げだのちょっと起き上がれだのってしんどいですよね。これはその必要が無いです。せいぜい額にあてているであろう『冷えピタ』を一旦外す程度。

 色々不思議なのは、例えばうちのバカ犬の体温を測ってみようと、人間同様に額に向けてボタンを押しても計測出来ませんでした。ひょっとして皮膚が見えていないと駄目みたいです。腹に向けて計測したら測れましたw

 残念ながら(?)我が家の風邪っぴき(インフルエンザじゃなかった!)だった息子もとっくに回復し、「今届いたけどコレ、どうすんの?」的な状態になってしまいました。しかし体温計は一家に一台あって全然良いものだと思います。動作も付属していますが、単4乾電池2本です。いざという時にすぐセットできますし、デザイン的にもコンパクトでシンプルで持ちやすくて良いです。

 カメラに近すぎたのか、ピンボケ…。これはマズいですね。まーわかるから良っか!と撮り直しせず公開してます><
 といいますのも記録的ってレベルじゃない豪雪によって、今こちらプチパニック状態です。本来自宅も店も海沿いですので大した積雪は無いんですが。まぁ昨夜は覚悟していたほどは降らず、雪かきも今日になってはまだ1回だけで済んでます。既に前進筋肉痛ですけどね!